立体 マスク 簡単 な 作り方。 【型紙いらずで簡単】西村大臣の折り返し付き立体マスクの作り方(ハンドメイド)動画!通販は?

手作りマスク立体【簡単】作り方まとめ!夏用マスクやハンカチや型紙なしの簡単プリーツマスクとゴムの代用品も紹介 | monjiroBLOG

立体 マスク 簡単 な 作り方

子供用布マスクの簡単な作り方1段階目は、「生地布をカットして縫い合わせる」ということです。 具体的な手作りの簡単な作り方については以下の通りです。 布生地の端を縫っていく際には、表地を上にした方が生地がずれてくる心配がなく縫いやすいのでおすすめです。 子供用布マスクの簡単な作り方1段階目:生地布をカットして縫い合わせるまでの流れ• 表地となる布を縦横17cmにカットし、中の生地のを縦17cm、横15cmの大きさにカットする。 表生地に中の生地を乗せて、端を1cmで縫っていく。 端の位置が変わらないように気をつけながら縫い、最後まで縫ったら返し縫いをする。 反対側も左右同じように1cmで縫っていく。 なお、この記事では、子供用サイズの布マスクの簡単な作り方をご紹介していますが、以下の記事では、大人用サイズの布マスクの作り方が紹介されています。 お子様用のマスクと合わせてご自身の布マスクも作りたいとお考えの方は、こちらの記事もご覧になってみてはいかがでしょうか。 子供用布マスクの簡単な作り方2段階目は、「生地布を完成させる」ということです。 具体的な作り方は以下の通りです。 折り目をつけて布生地を曲げる際には、均等になるように生地を曲げると綺麗に仕上げることができておすすめですので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。 また、子供用布マスク全体に2mmステッチをかけていく際には、縫っている最中に布マスクの生地がずれてこないように生地を押さえ、ゆっくり作業をするのがポイントです。 子供用布マスクの簡単な作り方2段階目:生地布を完成させるまでの流れ• 両面の生地を表の方に肩倒しして、縫いしろのみにアイロンをかける。 両面を真ん中で折り目をつけて、そこに向かってくるっと表の方に肩倒しをして生地を曲げる。 両面の折り曲げたところに軽くアイロンを当てる。 縫い端を隠すために、全部表にくるっとひっくり返す。 表地全体にステッチを2mmステッチをかけていく。 2段階目で生地布を完成させていますので、最後にこの過程を終えれば完成となります。 具体的な作り方は以下の通りです。 マスク用のゴムをゴム通しに通す際には、隙間を開けておくと通しやすくておすすめです。 また、ゴムを固結びする際には、手作りの簡単布マスクのゴムの長さはお子様の顔に合わせて調整すると良いでしょう。 一般的に販売されているキッズ用布マスクのゴムの長さは52cmとなっていますので、参考にしてみてくださいね。 子供用布マスクの簡単な作り方3段階目:ゴムを通すまでの流れ• マスク用のゴムをゴム通しに通し、マスクの穴の部分にゴムを通す。 ゴムを固結びする。 ゴムの結び目をマスクの中に隠す。 本格的にガーゼ布を使ってマスクを作る場合には、先に下準備としてダブルガーゼの形を整える作業があります。 具体的な作り方については以下の通りとなっています。 なお、縫いしろにアイロンをかけて生地を表に返す際には、縫い合わせた部分が内側に入るようようにするとより綺麗な仕上がりになっておすすめです。 子供用ガーゼマスクの簡単な作り方1段階目:ダブルガーゼ生地の下準備の流れ• ダブルガーゼを縦36cm、横18cmの大きさにカットする。 ダブルガーゼを2つ折りにし、端から1cm部分を縫っていく。 縫いしろを割って軽くアイロンをかけ、生地を表に返す。 全体をアイロンがけする。 具体的な作り方は以下の通りとなっています。 なお、右端から1. 5cm部分を縫っていく作業を行う場合には、生地が重なって厚みがあるので、丁寧に縫うのがポイントです。 また、マスクの穴にゴムを通していく時には、マスクゴムについているゴム通しを使ってゴムをゴム通しに通すとスムーズに作業を行うことができておすすめです。 子供用ガーゼマスクの簡単な作り方2段階目:ダブルガーゼ生地を仕上げてゴムを通すまでの流れ• 生地を11cmで三つ折りにしていき、3cm程度残す。 その3cmの部分を別に三つ折りにする。 右端から1. 5cmくらいのところを縫っていく。 反対側も、端から1. 5cmくらいのところを縦に縫う。 マスクの穴にゴムを通していく。 ゴムの端を結び、マスクの両側にゴムをつけたら、結び目を生地の中に隠していく。 立体マスクの簡単な作り方1段階目は、「表布を完成させる」ということです。 具体的な作り方は以下の通りですので、参考にしてみてくださいね。 上の部分と下の部分を縫い合わせる際には、洗濯バサミやマチ針などを使ってずれないようにすると綺麗な仕上がりにすることができておすすめです。 立体マスクの簡単な作り方1段階目:表布を完成させるまでの流れ• 型紙に合わせてカットした布を、ガーゼを中心に置く。 上の部分と下の部分をそれぞれ縫いしろ1cmのところで縫い合わせる。 布を表に戻して、全体をアイロンがけする。 アイロンをかけたら、今度は反対も同様に折り曲げてアイロンをかける。 具体的な作り方は以下の通りです。 なお、三つ折りにして全体を縫い合わせる際には、手縫いでも良いのですがミシンを使うのがおすすめです。 また、この際、押さえた縫い目が隠れるようにすると良いでしょう。 立体マスクの簡単な作り方2段階目:裏布も完成させてゴムを通す• プリーツをよせて裏側にする。 プリーツを押さえて、左右の端から1cmの部分をそれぞれ縫い合わせる。 三つ折りにして全体を縫い合わせる。 100均などで販売されているマスクゴムとゴム通しを使って、ゴムをゴム通しに通す。 具体的な作り方は以下の通りとなっています。 なお、このプリーツマスクの作り方では、基本の布にダブルガーゼを使用していますが、100均のセリアには、特にキュートな柄のダブルガーゼが販売されていておすすめです。 プリーツマスクの簡単な作り方1段階目:プリーツマスク生地の下準備の流れ• ダブルガーゼを2枚用意して、1枚を縦が28cm、横が11cmにカットし、もう一枚を、縦が10cm、横が5cmになるようにカットする。 ダブルガーゼを半分に折って上から1cmの部分を一度縫う。 ダブルガーゼをひっくり返して、生地の分かれ目のところにアイロンをかける。 アイロンを当てたら、ダブルガーゼを半分に折って、中心から1. 5cmのところに印をつける。 反対側も同様に、中心から1. 5cmのところに印をつける。 具体的な作り方は以下の通りです。 幅が1cmのところで折り返してアイロンを当てる際には、折り目がつくようにするのがポイントとなっています。 また、アイロンを当てた後に、1cmのところを折り返すという作業がありますが、この作業の後に3cm幅で1cmずつの折り返しが完成している状態になっているか確認するようにしてください。 プリーツマスクの簡単な作り方2段階目:表のプリーツマスク生地を完成させる• 5cmの印をつけたところを返して、アイロンをかける。 幅が1cmのところで折り返して、アイロンを当て、反対側も同様にアイロンを当てる。 アイロンを当てたら、1cmのところを折り返す。 ダブルガーゼを表に返して、小さいダブルガーゼを中心に当て、両サイドが1cmずつ出るくらいのところを縫っていく。 生地を倒して、アイロンをかけていく。 ひっくり返して、両脇を1cmずつ織り込んでアイロンをかけていく。 具体的な作り方は以下の通りとなっています。 以下の作り方の中で、端にアイロンをかけて生地を内側に倒す作業を行う場面がありますが、この時ミシン目に沿って折り目を合わせるとスムーズに作業を行うことができておすすめです。 プリーツマスクの簡単な作り方3段階目:プリーツマスクを完成させる• 反対側も表のガーゼ布と同じようにアイロンをかけていく。 端を1cm倒して、アイロンをかけ、生地を内側に倒す。 全体をアイロンがけし、折り目の部分を縫っていく。 両サイドを本返し縫いし、反対側も同様に縫うが、反対側は返し縫いはしない。 全体のアイロンがけを行い、マスクゴムをゴム通しを使って通していく。 ゴムの両側を通せば完成! プリーツマスクを作る際に、最後に両サイドを本返し縫いをするとお伝えしましたが、以下の記事では、本返し縫いや本返し縫いと似た半返し縫いの縫い方が紹介されています。 普段ハンドメイドをされないという方や、ミシンを使われないという方はこちらの記事もぜひご覧になってみてくださいね。 上手なハンドメイドマスクのコツ1つ目は、「全体がずれないようにゆっくり作業する」ということです。 縫っている途中に全体が少しでもずれ、それに気づかず作業を進めてしまった場合でも、仕上がりに差が出てしまいます。 このため、特に立体マスクなどの全体を縫っていく場合や、表の縫い目が見える面を縫っていく際には、洗濯バサミやマチ針、ダブルクリップなどで留めておくと布がずれるのを防ぐことができておすすめです。 マチ針がある場合でも、留めたい範囲が広い場合には洗濯バサミなどを使うと良いでしょう。 早く仕上げることよりも、布やガーゼなどの生地全体がずれないようにゆっくり作業をすることに重点を置いて手作りマスクを作ってみてくださいね。 これは、ガーゼ布は、生地が柔らかくてよれやすいためです。 本返し縫いをしなくても、作業中にもしよれてしまった場合には、優しくガーゼ布を伸ばすようにすると、ガーゼ布に負担をかけることなく綺麗に伸ばすことができます。 今回は、子供用ガーゼマスク、立体マスク、プリーツマスクの手作りの簡単な作り方をご紹介した際にダブルガーゼを使用しています。 このため、これらの3種類のマスクを手作りする際には、マスクの両方の面の返し縫いをしないように注意してください。 ところで、マスクをして寝ることで、お肌の乾燥対策などの美容効果があることをご存知でしょうか。 以下の記事では、寝るときにマスクをすることのメリットとデメリットが紹介されています。 日中だけでなく、マスクは寝るときにも役立ちますので、興味のある方はこちらの記事もぜひご覧になってみてくださいね。

次の

【あさイチ】「立体的手作りマスク」の作り方!手縫いで25分!(花粉&マスク対策2020)

立体 マスク 簡単 な 作り方

子供用布マスクの簡単な作り方1段階目は、「生地布をカットして縫い合わせる」ということです。 具体的な手作りの簡単な作り方については以下の通りです。 布生地の端を縫っていく際には、表地を上にした方が生地がずれてくる心配がなく縫いやすいのでおすすめです。 子供用布マスクの簡単な作り方1段階目:生地布をカットして縫い合わせるまでの流れ• 表地となる布を縦横17cmにカットし、中の生地のを縦17cm、横15cmの大きさにカットする。 表生地に中の生地を乗せて、端を1cmで縫っていく。 端の位置が変わらないように気をつけながら縫い、最後まで縫ったら返し縫いをする。 反対側も左右同じように1cmで縫っていく。 なお、この記事では、子供用サイズの布マスクの簡単な作り方をご紹介していますが、以下の記事では、大人用サイズの布マスクの作り方が紹介されています。 お子様用のマスクと合わせてご自身の布マスクも作りたいとお考えの方は、こちらの記事もご覧になってみてはいかがでしょうか。 子供用布マスクの簡単な作り方2段階目は、「生地布を完成させる」ということです。 具体的な作り方は以下の通りです。 折り目をつけて布生地を曲げる際には、均等になるように生地を曲げると綺麗に仕上げることができておすすめですので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。 また、子供用布マスク全体に2mmステッチをかけていく際には、縫っている最中に布マスクの生地がずれてこないように生地を押さえ、ゆっくり作業をするのがポイントです。 子供用布マスクの簡単な作り方2段階目:生地布を完成させるまでの流れ• 両面の生地を表の方に肩倒しして、縫いしろのみにアイロンをかける。 両面を真ん中で折り目をつけて、そこに向かってくるっと表の方に肩倒しをして生地を曲げる。 両面の折り曲げたところに軽くアイロンを当てる。 縫い端を隠すために、全部表にくるっとひっくり返す。 表地全体にステッチを2mmステッチをかけていく。 2段階目で生地布を完成させていますので、最後にこの過程を終えれば完成となります。 具体的な作り方は以下の通りです。 マスク用のゴムをゴム通しに通す際には、隙間を開けておくと通しやすくておすすめです。 また、ゴムを固結びする際には、手作りの簡単布マスクのゴムの長さはお子様の顔に合わせて調整すると良いでしょう。 一般的に販売されているキッズ用布マスクのゴムの長さは52cmとなっていますので、参考にしてみてくださいね。 子供用布マスクの簡単な作り方3段階目:ゴムを通すまでの流れ• マスク用のゴムをゴム通しに通し、マスクの穴の部分にゴムを通す。 ゴムを固結びする。 ゴムの結び目をマスクの中に隠す。 本格的にガーゼ布を使ってマスクを作る場合には、先に下準備としてダブルガーゼの形を整える作業があります。 具体的な作り方については以下の通りとなっています。 なお、縫いしろにアイロンをかけて生地を表に返す際には、縫い合わせた部分が内側に入るようようにするとより綺麗な仕上がりになっておすすめです。 子供用ガーゼマスクの簡単な作り方1段階目:ダブルガーゼ生地の下準備の流れ• ダブルガーゼを縦36cm、横18cmの大きさにカットする。 ダブルガーゼを2つ折りにし、端から1cm部分を縫っていく。 縫いしろを割って軽くアイロンをかけ、生地を表に返す。 全体をアイロンがけする。 具体的な作り方は以下の通りとなっています。 なお、右端から1. 5cm部分を縫っていく作業を行う場合には、生地が重なって厚みがあるので、丁寧に縫うのがポイントです。 また、マスクの穴にゴムを通していく時には、マスクゴムについているゴム通しを使ってゴムをゴム通しに通すとスムーズに作業を行うことができておすすめです。 子供用ガーゼマスクの簡単な作り方2段階目:ダブルガーゼ生地を仕上げてゴムを通すまでの流れ• 生地を11cmで三つ折りにしていき、3cm程度残す。 その3cmの部分を別に三つ折りにする。 右端から1. 5cmくらいのところを縫っていく。 反対側も、端から1. 5cmくらいのところを縦に縫う。 マスクの穴にゴムを通していく。 ゴムの端を結び、マスクの両側にゴムをつけたら、結び目を生地の中に隠していく。 立体マスクの簡単な作り方1段階目は、「表布を完成させる」ということです。 具体的な作り方は以下の通りですので、参考にしてみてくださいね。 上の部分と下の部分を縫い合わせる際には、洗濯バサミやマチ針などを使ってずれないようにすると綺麗な仕上がりにすることができておすすめです。 立体マスクの簡単な作り方1段階目:表布を完成させるまでの流れ• 型紙に合わせてカットした布を、ガーゼを中心に置く。 上の部分と下の部分をそれぞれ縫いしろ1cmのところで縫い合わせる。 布を表に戻して、全体をアイロンがけする。 アイロンをかけたら、今度は反対も同様に折り曲げてアイロンをかける。 具体的な作り方は以下の通りです。 なお、三つ折りにして全体を縫い合わせる際には、手縫いでも良いのですがミシンを使うのがおすすめです。 また、この際、押さえた縫い目が隠れるようにすると良いでしょう。 立体マスクの簡単な作り方2段階目:裏布も完成させてゴムを通す• プリーツをよせて裏側にする。 プリーツを押さえて、左右の端から1cmの部分をそれぞれ縫い合わせる。 三つ折りにして全体を縫い合わせる。 100均などで販売されているマスクゴムとゴム通しを使って、ゴムをゴム通しに通す。 具体的な作り方は以下の通りとなっています。 なお、このプリーツマスクの作り方では、基本の布にダブルガーゼを使用していますが、100均のセリアには、特にキュートな柄のダブルガーゼが販売されていておすすめです。 プリーツマスクの簡単な作り方1段階目:プリーツマスク生地の下準備の流れ• ダブルガーゼを2枚用意して、1枚を縦が28cm、横が11cmにカットし、もう一枚を、縦が10cm、横が5cmになるようにカットする。 ダブルガーゼを半分に折って上から1cmの部分を一度縫う。 ダブルガーゼをひっくり返して、生地の分かれ目のところにアイロンをかける。 アイロンを当てたら、ダブルガーゼを半分に折って、中心から1. 5cmのところに印をつける。 反対側も同様に、中心から1. 5cmのところに印をつける。 具体的な作り方は以下の通りです。 幅が1cmのところで折り返してアイロンを当てる際には、折り目がつくようにするのがポイントとなっています。 また、アイロンを当てた後に、1cmのところを折り返すという作業がありますが、この作業の後に3cm幅で1cmずつの折り返しが完成している状態になっているか確認するようにしてください。 プリーツマスクの簡単な作り方2段階目:表のプリーツマスク生地を完成させる• 5cmの印をつけたところを返して、アイロンをかける。 幅が1cmのところで折り返して、アイロンを当て、反対側も同様にアイロンを当てる。 アイロンを当てたら、1cmのところを折り返す。 ダブルガーゼを表に返して、小さいダブルガーゼを中心に当て、両サイドが1cmずつ出るくらいのところを縫っていく。 生地を倒して、アイロンをかけていく。 ひっくり返して、両脇を1cmずつ織り込んでアイロンをかけていく。 具体的な作り方は以下の通りとなっています。 以下の作り方の中で、端にアイロンをかけて生地を内側に倒す作業を行う場面がありますが、この時ミシン目に沿って折り目を合わせるとスムーズに作業を行うことができておすすめです。 プリーツマスクの簡単な作り方3段階目:プリーツマスクを完成させる• 反対側も表のガーゼ布と同じようにアイロンをかけていく。 端を1cm倒して、アイロンをかけ、生地を内側に倒す。 全体をアイロンがけし、折り目の部分を縫っていく。 両サイドを本返し縫いし、反対側も同様に縫うが、反対側は返し縫いはしない。 全体のアイロンがけを行い、マスクゴムをゴム通しを使って通していく。 ゴムの両側を通せば完成! プリーツマスクを作る際に、最後に両サイドを本返し縫いをするとお伝えしましたが、以下の記事では、本返し縫いや本返し縫いと似た半返し縫いの縫い方が紹介されています。 普段ハンドメイドをされないという方や、ミシンを使われないという方はこちらの記事もぜひご覧になってみてくださいね。 上手なハンドメイドマスクのコツ1つ目は、「全体がずれないようにゆっくり作業する」ということです。 縫っている途中に全体が少しでもずれ、それに気づかず作業を進めてしまった場合でも、仕上がりに差が出てしまいます。 このため、特に立体マスクなどの全体を縫っていく場合や、表の縫い目が見える面を縫っていく際には、洗濯バサミやマチ針、ダブルクリップなどで留めておくと布がずれるのを防ぐことができておすすめです。 マチ針がある場合でも、留めたい範囲が広い場合には洗濯バサミなどを使うと良いでしょう。 早く仕上げることよりも、布やガーゼなどの生地全体がずれないようにゆっくり作業をすることに重点を置いて手作りマスクを作ってみてくださいね。 これは、ガーゼ布は、生地が柔らかくてよれやすいためです。 本返し縫いをしなくても、作業中にもしよれてしまった場合には、優しくガーゼ布を伸ばすようにすると、ガーゼ布に負担をかけることなく綺麗に伸ばすことができます。 今回は、子供用ガーゼマスク、立体マスク、プリーツマスクの手作りの簡単な作り方をご紹介した際にダブルガーゼを使用しています。 このため、これらの3種類のマスクを手作りする際には、マスクの両方の面の返し縫いをしないように注意してください。 ところで、マスクをして寝ることで、お肌の乾燥対策などの美容効果があることをご存知でしょうか。 以下の記事では、寝るときにマスクをすることのメリットとデメリットが紹介されています。 日中だけでなく、マスクは寝るときにも役立ちますので、興味のある方はこちらの記事もぜひご覧になってみてくださいね。

次の

超簡単!大きめ立体布マスクの作り方(大人用型紙あり)

立体 マスク 簡単 な 作り方

家族のためのサイズ別立体マスクの型紙 家族みんなに立体マスクを手作りしてあげたいけど、それぞれサイズがわからないという方におすすめのサイズ別立体マスクの型紙レシピです。 こちらでは、L、M、S、SSとサイズごとに型紙を紹介しています。 キレイな立体マスクを作るために、お家にカッティングボードと方眼紙がある方は、しっかりとサイズを測りながら型紙を作ってみてくださいね。 お皿を使った簡単型紙作りのアイデア 立体マスクを手作りする前に準備する型紙。 その型紙にもカーブが付いていて、カットが面倒そうだと思っちゃいますよね。 こちらでは、カッティングボードと定規を使って型紙のサイズを測ってから、コンパスの代わりにお家にあるお皿で型紙のカーブを描いています。 お家にある身の回りのアイテムで簡単に代用できちゃうなんて嬉しいですよね。 是非試してみてくださいね。 人気のノーズワイヤー入り立体マスク 自分の顔のサイズに合わせられると人気の、ノーズワイヤー入り立体マスクの作り方です。 こちらでは手作り立体マスクの材料に使う手ぬぐい、ガーゼハンカチ、マスクゴム、フェルト生地を全て100円ショップで揃えています。 材料を安く簡単手軽に揃えられるのが嬉しいですね。 ノーズワイヤーには、市販の大人用使い捨てマスクのワイヤーを使用しています。 A4用紙を折って作る簡単型紙の作り方 お家にあるA4のコピー用紙を折って、簡単に立体マスクの型紙を作ってみましょう。 A4用紙を半分に折ってサイズを測り、また用紙を折るだけで立体マスクの表面、裏面生地の型紙を1度に作れますよ。 カッティングボードがなくてもお家にあるA4用紙とペン、はさみがあれば誰でも手軽に作れちゃうところが嬉しいですね。 立体マスクの手作り方法《子供用》 手縫いで作れる人気の子供用立体マスク こちらの子供用立体マスクは、市販の子供用立体マスクを使って型紙を作り、手縫いで仕上げています。 まだお家に市販の立体マスクがあるという方は、使い切る前に是非型紙としても活用してみてくださいね。 子供が好きな模様の端切れとフェイスタオルで簡単に作れちゃいますよ。 ミシンがない方でも簡単手軽に作れるので、挑戦してみましょう。 1歳児から使える立体マスクの作り方 まだ子供が小さくて、子供用マスクでも大きすぎるくらいという方におすすめの人気の子供用立体マスクの作り方です。 こちらでは、1歳から4歳児までの小さい子供向けに小さいサイズのマスクの作り方を紹介しています。 手縫いでも簡単に作れるので、ミシンがない方にもおすすめです。 小さい子供でも、手作りマスクがあるだけで外出時の心配を減らせます。 コーヒーフィルターで簡単子供用立体マスク 子供用の立体マスクを手作りしたいけど、まず型紙を作るのが面倒という方におすすめなのがコーヒーフィルターを使った簡単な作り方です。 コーヒーフィルターがお家にない方は、市販のコーヒーフィルターを使ってみてください。 こちらでは100円ショップのコーヒーフィルターを使用しています。 大きさを測る手間がかなり省けるので、とても人気のある作り方ですよ。 アイロンを活用した子供用立体マスクの作り方 こちらでは、アイロンを活用した子供用立体マスクの作り方を紹介しています。 子供用マスクのサイズは12cmと15cmの2パターン紹介していて、幼児から小学生向けに作られています。 アイロンで折り目を付け、立体にさせたい部分をきちんと縫っていけばキレイな立体マスクが作れちゃいますよ。 ノーズワイヤーには針金を使用しています。 人気キャラクターの手作り立体マスク マスクを着けたがらない子供でも楽しく着けられる、人気キャラクターの手作り立体マスクです。 こちらでは、立体マスクの材料にダブルガーゼ、カラーフェルトを使用しています。 お家にフェルトが余ってるという方にもおすすめの立体マスクです。 キティちゃんやピカチュウ、くまモンなど、子供の好きなキャラクターで楽しく手作りしてみてくださいね。 立体マスクの手作り方法《大人用》 簡単型紙で作る立体マスクのレシピ こちらは手作り立体マスクの応用編、簡単な型紙で作る立体マスクの手作りレシピです。 型紙を使っていない分、ミシンで縫う箇所が通常よりも少し多くなります。 ミシンが得意な方にも是非トライしてみてほしい人気の手作りレシピです。 上質で丁寧な印象の仕上がりになるので、思わずママたちからも作り方を聞かれそうな立体マスクです。 立体マスク作りに便利なアイロンテープ 立体マスクを作ってみたいけど、ミシンもないし手縫いにも自信がないという方には、アイロンテープを使った作り方がおすすめですよ。 裾上げなどに便利で人気のアイロンテープ。 まだ使ってないのが余ってるという方は是非こちらの作り方にトライしてみてください。 アイロンテープを貼ってアイロンをかける作業を繰り返すだけで簡単に大人用立体マスクが作れます。 Tシャツをリメイクして作る立体マスク 着なくなったTシャツ、捨てるのはちょっと待ってください。 こちらでは、材料にTシャツ生地を使って立体マスクを手作りする方法を紹介しています。 わざわざガーゼ生地を用意しなくても、家にある材料で手軽に作れるところが嬉しいですね。 Tシャツ生地の立体マスクをそのまま付けるのは心配という方にも安心のフィルターポケット、人気のノーズワイヤー付きの手作りレシピです。 ニット生地を使った人気の手作り立体マスク こちらは手作り立体マスクにニット生地を使用しています。 寒暖差があったり風が強かったりと天候が変化する中、手触りの良いニット生地を使ったマスクも人気ですよ。 大人用には、こちらのようなシンプルなボーダー柄もおすすめです。 こちらでは立体マスクの型紙に市販の使い捨てマスクを使用しています。 ゴムの作り方も紹介しているので、参考にしてみてくださいね。 針も糸もいらない手作り立体マスク 立体マスクを手作りしてみたいけど、裁縫道具を揃えたり細かい作業をするのが苦手という方におすすめの作り方をご紹介します。 100円ショップでも購入できるカラーフェルトの生地を、市販の立体マスクを型紙にしてカットします。 鼻と口の部分は、市販の衣料用接着剤でくっつけるだけ、人気の立体マスクもこんなに簡単に手作り出来ちゃいますよ。 立体マスクを手作りしてみよう いかがでしたか?今回は手作り立体マスクのレシピをご紹介しました。 人気の立体マスクも、作り方さえ覚えてしまえば身近な材料で簡単に作れちゃいますよ。 色々な作り方を試して、お気に入りの1枚を手作りしてみてくださいね。

次の