ニキビ原因 食べ物。 十代のニキビは食べているものが原因なのでしょうか?

ニキビの原因は一体…|ストレス? それとも食生活? 食べ物を見つめ直すヒントが満載

ニキビ原因 食べ物

この記事の目次• 【ニキビと食べ物】ニキビと食べ物や飲み物の密接な関係性 ニキビとは何らかの影響で皮脂腺が発達して、皮脂が多すぎたり、毛穴の出口がつまったりすることで、毛穴の外に皮脂が出られずにたまることから始まります。 ニキビとは、皮脂の分泌が増えることでふさがった毛穴が炎症を起こしている状態です。 ニキビが悪化して赤くはれたりしているのは、塞がった毛穴に「ニキビ菌」と呼ばれるアクネ菌が繁殖しているからです。 ニキビの対策には「皮脂の分泌を抑える」「毛穴のつまりを少なくする」「アクネ菌の増殖を抑える」の3点が重要になります。 肌のトラブルは、栄養バランスが乱れた結果とも言えます。 ニキビにも深く食生活が関係しており、脂っこい食事やインスタント食品、甘いスナック菓子の食べ過ぎは特に注意が必要です。 脂肪分や糖分は皮脂の栄養となりやすく、過剰にとると皮脂の分泌も増加。 皮脂が毛穴に溜まり、ニキビに繋がります。 また、脂肪分や糖分が体内に入ると、肌を健やかに保つビタミンB群が代謝のために大量に消費されて不足になりやすいです。 皮脂分泌のコントロール機能が乱れて肌が脂っぽくなり、ニキビ肌になります。 逆にカロリーを抑え過ぎる無理なダイエットも、肌に栄養が行き渡らずに荒れたり、ニキビができやすい状態になります。 大切なのは、肌やからだを育む栄養を考えながらバランスよく食べる習慣です。 日頃のスキンケアだけではなく、日々摂取する飲み物や食べ物もとても重要です。 ニキビとは体の皮膚が入れ替わっていく過程で、何かが原因で炎症が起こることが原因です。 摂取する食べ物や飲み物を改善することで、体の内側からニキビの改善にアプローチできます。 【ニキビと食べ物】ニキビができやすくなる食べ物と飲み物 ニキビができやすい食べ物や、飲み物についてご紹介します。 【ニキビができやすい食べ物】脂っぽい食べ物 脂っぽい食べ物といえば、ファーストフードや揚げ物です。 脂肪たっぷりのお肉が大好きという方は要注意です。 脂肪分が多いものは皮脂の分泌を増やします。 皮脂が過剰に分泌して毛穴が詰まると、ニキビの原因菌であるアクネ菌が繁殖しやすくなるため、肌のバランスを崩れやすくニキビができやすい原因になります。 また、チョコレート、牛乳、チーズ、ヨーグルトやアイスクリームなどに含まれる乳成分は、ニキビができた時にはなるべく避けましょう。 乳製品は炎症や皮膚の損傷を増やし、肌の老化やニキビにつながる可能性が指摘されています。 【ニキビができやすい食べ物】砂糖や砂糖を多く含む食品 糖質は適量なら体内で分解されてエネルギーになりますが、過剰に摂取すると脂肪として蓄積されてしまいます。 これが皮脂の過剰分泌の原因となるので注意しましょう。 「チョコレートでニキビが悪化する」という噂がありますが、これもチョコレートに含まれる糖分が原因といえます。 さらにいつの間にか多量に摂取してしまっているのが紅茶や、コーヒーに加える砂糖です。 これらを飲む際に毎回砂糖を加えてはいませんか? 1杯に小さじ 2杯(10g)の砂糖を加えるとして、 1日5杯飲めばそれだけで 50gの砂糖を摂取することになります。 小さい積み重ねですが、このようなことを見直せば砂糖の摂取量は抑えられます。 【ニキビができやすい食べ物】辛い食べ物 辛い食べ物を食べすぎると胃腸に負担がかかり、胃液が多く分泌さて小腸に流れ込みます。 これによって小腸は荒れた状態になり、消化吸収や自然治癒力などに影響が及ぶため、ニキビ出現に繋がります。 「ニキビを予防したい」「いち早く治したい」という場合は、辛い食べ物の摂取を適量にとどめて、胃腸に負担がかからないようにすることが大切です。 【ニキビができやすい飲み物】お酒 お酒は適量であれば問題ありませんが、飲みすぎると毛細血管が広がり、皮脂腺を刺激して肌のバランスを崩す可能性があります。 さらに、アルコールの種類によってはかなりの糖分が含まれているため、飲みすぎると皮脂が過剰に分泌され、ニキビの悪化につながるのです。 ニキビ改善のためにはもちろんですが、健康のためにもお酒の飲みすぎには注意しましょう。 【ニキビと食べ物】ニキビ改善の手助けになる栄養素 次にニキビ対策にいい栄養素や、栄養素が含まれる食べ物や飲み物についてご紹介します。 【ニキビと食べ物】ニキビ改善になる栄養素は「タンパク質」 たんぱく質は基本的な栄養素ですが、現代人は不足しがちな栄養素の代表です。 適正な量のタンパク質を摂取することで、体内の新陳代謝が促進されて、肌のターンオーバーに効果的にアプローチします。 たんぱく質はお肌の構成成分なので、健康な皮膚を保つためには欠かせない栄養素です。 また、たんぱく質はダイエットにも効果的です。 筋肉量が増えることで基礎代謝がアップします。 タンパク質が含まれている食べ物は、 肉、魚、卵、大豆、大豆製品、乳製品などです。 【ニキビと食べ物】ニキビ改善になる栄養素は「ビタミンC」 コラーゲン生成を促進するビタミンCは、ニキビ改善には積極的に摂りたい栄養素です。 皮膚の再生を助けて、ニキビ跡にもアプローチします。 炎症を抑える作用もあるので、ニキビの炎症もケアしてくれますよ。 ビタミンCが含まれている食べ物は、 ピーマン 赤・黄 、菜の花、ブロッコリー、キウイ、レモン、甘がきなどです。 【ニキビと食べ物】ニキビ改善になる栄養素は「ビタミンB2」 皮膚や粘膜を保護してくれるのがビタミンB2です。 脂質の代謝を促すので、ニキビの原因の皮脂分泌をコントロールしてくれます。 ビタミンB2は水に溶けやすいので、煮たり茹でたりしたときにはスープや煮汁なども一緒に飲むようにしましょう。 ビタミンB2が含まれている食べ物は、 レバー 牛、豚、鶏 、卵、牛乳、海苔などです。 【ニキビと食べ物】ニキビ改善になる栄養素は「ビタミンB6」 ビタミンB2と同じく、皮脂分泌をコントロールして、皮膚を健康に保ちます。 お肌の保湿やうるおいにも重要な栄養素なので、乾燥が気になる方にもオススメです。 こちらも水に溶けやすいので、栄養素が溶け出た汁まで食べられる料理がオススメです。 ビタミンB6に含まれている食べ物は、 肉、魚 まぐろ、さば、かつお 、にんにく、大豆・大豆製品などです。 【ニキビと食べ物】ニキビ改善になる栄養素は「食物繊維」 便秘は、お肌の大敵です。 食物繊維を摂ることで便秘が解消されて、ニキビの改善に繋がります。 食物繊維を多く含む食べ物は、低カロリーなものも多くダイエットにもオススメです。 食事の最初に食べることで、血糖値の上昇を緩やかにしてくれる効果もあります。 食物繊維が含まれている食べ物は、 きのこ類、海藻類、こんにゃく、豆類、切干大根などです。 【ニキビと食べ物】ニキビの種類別に改善が期待できる食べ物 ニキビ全般に効果のある栄養素(食べ物)をご紹介しましたが、ニキビの種類別に改善が期待できる栄養素にご紹介します。 【ニキビと食べ物】白ニキビの改善に効果的な食べ物 肌のターンオーバーなどの原因によってふさがれた毛穴内部に、皮脂や古い角層のタンパク質がたまることで白くぽつっと盛り上がったニキビができます。 この状態を白ニキビと言います。 白ニキビがすべてのニキビの始まりですが、肉眼で見えないレベルのニキビは無数にあることが分かっています。 白ニキビができてしまった時には、改善するためにまずは全体的な食生活を見直しましょう。 油たっぷりの揚げ物や、ファーストフードなど脂の多い食べ物を摂りすぎてはいませんか? 炭水化物や甘いものをたくさん食べてはいませんか? お酒を飲みすぎてはいませんか? 深夜に夜食を食べるなど食事を食べる時間帯が乱れてはいませんか? これらの基本的な食生活を見直しましょう。 【ニキビと食べ物】黒ニキビの改善に効果的な食べ物 白ニキビができた時に毛穴が開いていると、空気に触れている皮脂が酸化して黒色に変色するのが黒ニキビと呼ばれています。 黒ニキビができた時の対策は、基本的に白ニキビと変わりません。 これ以上炎症反応が進まないように、基本的な食生活を見直して体を内部から整えましょう。 【ニキビと食べ物】赤ニキビの改善に効果的な食べ物 白ニキビや黒ニキビが発生した後に、毛穴内でアクネ菌がある程度以上増殖すると、白血球がアクネ菌を攻撃するために炎症を起こして赤ニキビへ進行します。 赤ニキビへ移行してしまった時は、炎症を抑えるために抗炎症作用のある食べ物や飲み物を積極的に摂取しましょう。 具体的な栄養素はビタミンB、ビタミンCなどです。 ビタミンCが豊富な野菜や、柑橘系のフルーツがオススメです。 抗酸化力が高く、美肌に効果があるとされるアスタキサンチンが豊富な鮭などを積極的に食べるのも効果的です。 【ニキビと食べ物】黄ニキビの改善に効果的な食べ物 赤ニキビからさらに炎症が進み、ひどくなると黄ニキビに変化していきます。 増えたアクネ菌を退治するために白血球が集まって戦います。 激しい炎症を起こしているのでジクジクと痛み、見た目も赤みが強くなり、中央が膿のために黄色っぽく変化します。 これは、毛穴の中で白血球の死骸が膿として溜まった状態です。 黄ニキビができた際はもうすぐニキビも終わりのサインです。 体がしっかりと肌を回復できるように適切な栄養素を補給しましょう。 体の新陳代謝を助けるために良質なたんぱく質を意識的に摂取してください。 肉、魚、大豆を中心に偏ることなく色々な食べ物からタンパク質を摂取するように心がけましょう。 【ニキビと食べ物】日常の食事にニキビ対策の食べ物を取り入れよう! ニキビに効果のある栄養素や食品を紹介しましたが、一時的に意識して摂取しても改善になりません。 重要なのは継続して栄養素や食べ物を摂取することです。 どのようにして日常的にニキビ対策に有効な食べ物や、飲み物を摂取すればいいのでしょうか? 【ニキビと食べ物】肉、魚、大豆をバランスよく摂取する! タンパク質を摂取することがニキビ対策に大切なことはお伝えしましたが、気が付いたら肉ばかり食べていた…ということになっては脂質を多量に摂取することになりかねません。 魚・大豆類などいろいろな食べ物からタンパク質を摂取しましょう。 毎日決めるのは手間なので、あらかじめ曜日ごとに何を食べるか決めておいても良いですね 【ニキビと食べ物】1日1回乳製品を摂取する! 腸内環境の改善はニキビ対策として有効です。 ヨーグルトなど、乳酸菌の摂取は腸内フローラの改善を助け、体内を常に健康に保つ手助けをしてくれます。 毎朝ヨーグルトを食べる習慣を身につければそれほど難しくはなくクリアできるでしょう。 【ニキビと食べ物】おやつをフルーツに変える! 甘いものが食べたくなったらついコンビニでチョコレートやクッキーを食べてはいませんか? これらはとってもおいしいですが脂質と糖分の宝庫です。 スーパーで買ったオレンジを切って持っていけば安価でビタミンCたっぷりのおやつが食べられます。 【ニキビと食べ物】甘いジュースは控えて野菜ジュースにする! 甘いジュースが飲みたくなったときは少し目を横にして野菜ジュースやフルーツジュースを手に取ってみましょう。 最近はコンビニでもラインナップが増え、以前に比べて購入しやすくなりました。 野菜ジュースもかなり飲みやすく調整されていますし、フルーツジュースも100%のものを選べばビタミンCを効率的に摂取できます。 【ニキビと食べ物】飲み水にレモンを入れてレモン水にする! 普段飲んでいる水にレモンを入れてレモン水にすれば、日常的にビタミンCを摂取できます。 レモンは薄切りにして水 1Lに対して 2~3枚ほど入れれば手軽にレモン水の完成です。 【ニキビと食べ物】酒はなるべく控える! 適量なお酒は問題ありませんが毎日の多量飲酒は考えものです。 ビールが飲みたい時は、炭酸水を選んだり、どうすればお酒を飲みたい欲が満たされるか自分に問いかけてみましょう。 意外に毎日飲まなくても大丈夫なことに気付くのではないでしょうか? 最後に【日常的な対策でニキビにさよならを!】 今回は、 ニキビと食べ物の関係性や、ニキビの種類別で改善が期待できる食べ物についてご紹介しました。 ニキビに効果的な栄養素(食べ物)や、摂取するために日常的に摂取する方法について参考になれば幸いです。

次の

医師に聞いた「ニキビに良い食べ物」甘いものはNG?コンビニで買えるものも

ニキビ原因 食べ物

ニキビケアをしているのに、なかなかニキビが治らない。 そんなお悩みはありませんか?そんな方は食生活に問題がある可能性が高いです。 実は繰り返すニキビには食事療法はとても有効。 今回は、ニキビに効く栄養素や食べ物、ニキビの原因となる食べ物をご紹介します。 意識して食生活を改善して体質改善を試みてくださいね。 ニキビと食事の関係 ニキビに食事療法は効かない、食べ物とニキビは関係ないとおっしゃる方もいますが、食生活を意識してニキビを克服した方も多くいらっしゃいます。 ニキビ・肌荒れの飲み薬が存在することからも分かるように、ニキビに良い栄養素を取り入れることはとても大切です。 ニキビの発生は毛穴の詰まりから始まります。 その毛穴の詰まりは皮脂の過剰分泌が主な原因ですが、皮脂の過剰分泌には食事が影響していることも。 このようにニキビと食べ物は大きく関係しています。 ニキビの原因をつくらないためにも、できてしまったニキビを治すためにも、ニキビに良い食べ物を意識して選んでいく必要があるということです。 食生活改善!ニキビに効く栄養素と食べ物とは? ニキビにプラスに働く栄養素はどんなものでしょうか?のようなニキビ・肌荒れ対策の薬にヒントがあります。 BBという名のとおり、ビタミンBなどが配合されたビタミン剤は肌荒れに有効。 そして、ビタミン以外にもニキビ対策に摂って欲しい栄養素はいくつかあります。 ビタミンB群 特にニキビ肌に必要なビタミンはB2、B3(ナイアシン)、B5(パントテン酸)、B6。 どれも肌の生まれ変わりをサポートしたり、皮膚や髪に栄養を与える大切な役割をしています。 ビタミンB1とB12は神経・血液との関係が大きく、肌に必要な栄養を運ぶことに欠かせない栄養素です。 ビタミンB群が多く含まれる食品には以下のようなものがあります。 抗酸化成分であり、活性酸素から肌を守る役割を果たします。 ニキビの炎症を抑え、肌の生まれ変わりをサポートしてくれるためニキビ跡にも効果的な万能成分です。 多く含まれる食材としては赤ピーマン・黄ピーマン、アセロラジュースやゆずの皮などがあります。 ビタミンC入りのジュースも多いので比較的摂りやすい栄養素です。 ビタミンE ビタミンEもCと同じく抗酸化で有名な成分です。 ニキビの原因のひとつである活性酸素を除去する効果があり、また血行を促進することで肌へ栄養が行き届きやすくなります。 あんきも、いくら、すじこ、キャビアなどの魚卵に多く含まれます。 ビタミンA 一見肌と関係なさそうですが、実は皮膚や粘膜の働き・免疫をよくする効果があり、ニキビでアクネ菌と戦う肌にとって必要な栄養と言えます。 鶏レバー・豚レバーなどレバー類に多く含まれます。 食物繊維 便秘はニキビの原因…などと言われますが嘘ではありません。 腸内環境の悪化は自律神経を乱すだけでなく血行不良や食欲低下につながり、肌に必要な栄養が巡らない状態になってしまいます。 栄養を肌に送るためにも健康な腸内環境を目指しましょう。 食物繊維はまめ類やイモ類、ごぼうなどの根菜にも多く含まれます。 乳酸菌 乳酸菌も腸内環境を整えるために必要な栄養素です。 生きたまま腸に届くので腸内の悪玉菌とのバランスを正常化し、腸の働きをよくします。 乳酸菌はヨーグルト以外に、ぬか漬けなどの発酵食品にも多く含まれます。 具体的な対策とは? さて、たくさんの栄養素を紹介してきましたが、バランスよく摂ることはできそうですか?毎日忙しく過ごしていると難しいですよね。 簡単に摂るなら野菜ジュースやスムージーを通常の食事にプラスすると近道です。 その際、ニキビに悪影響となる糖質の多いジュースは避けることです。 カゴメから発売されているはビタミンA・C・Eの多いほうれん草やビタミンC・B6を含むトマト・セロリ・白菜などをブレンドしながら糖質を控えた野菜ジュースになります。 スムージー レシピのヒント 家で新鮮なフルーツと野菜でスムージーを飲むなら、ニキビ対策に必要な栄養を入れて作りましょう。 レシピのヒントはこちらです。 ビタミンB1・食物繊維・ビタミンC:ほうれん草• ビタミンB1・B2:バナナ• ビタミンC:キウイフルーツ• ビタミンA:牛乳• ビタミンB6:モロヘイヤ• 乳酸菌:ヨーグルト 上記に少し水を加えてミキサーで混ぜると、バナナの甘味とキウイの酸味に緑の野菜がマッチした美味しいグリーンスムージーの出来上がりです。 ニキビに効果あり! 美肌になれる4つの野菜ジュースレシピ ニキビの原因となる食べ物4種 今度はニキビができやすくなってしまう4つの食べ物をご紹介します。 これからご紹介するような食べ物を日常的に摂取している方は、意識して食生活を改善してみてくださいね。 糖分の摂り過ぎは注意! ケーキにジュース、チョコレート。 これらに多く含まれている糖分。 人間が生きるために不可欠な成分ですが、過剰摂取はニキビの原因になります。 糖分は、分解される時に、体内で大量のビタミンB群が消費されます。 糖質は、体の中で「ビタミンB1」の助けによって、分解されてエネルギー源になります。 残った糖質は「脂肪」として体内に蓄積され、その結果、皮脂が過剰に分泌され、皮脂で毛穴が詰まりやすくなり、ニキビや吹き出物、べたつきとなって現れます。 また、ケーキやジュースのように食物繊維が少なく糖分の高い食品はGI値が高い傾向にあります。 GI値とは食後の血糖値の上昇度を表す指標で、GI値の高い食品を食べると急激に血糖値が上がりインスリンが大量に分泌されます。 インスリンは皮脂の分泌を活発にしてしまうことも。 これもニキビの原因になります。 糖分を摂取する際には、食事やサプリメントからビタミンB群を摂取するのもよいでしょう。 アルコール類の摂り過ぎは厳禁! お酒は適量なら血行を促進し、健康によいものですが、飲み過ぎるとニキビにも悪影響があります。 お酒はかなりの糖分を含んでいます。 糖分は皮脂の原材料となりますので、糖分をたくさん撮ると、皮脂が過剰に分泌されることになります。 さらにお酒によって毛細血管が拡張し、皮脂線が刺激されてしまうことも。 また炎症をひどくすることもあるので、ニキビができている時には、特にお酒を控えるようにしましょう。 またお酒はビタミンB群を消費し、活性酸素を作り出すこともあります。 活性酸素は肌の細胞や組織を傷つけ、ニキビをはじめとする様々な肌トラブルの原因になります。 肝臓にも負担がかかり、血液が汚くなることで、血液中の毒素を増やします。 肌にとってはあまりよいこととはいえないでしょう。 百薬の長といわれるお酒ですが、ほどほどにがいいようです。 お酒を飲むとニキビができる?美肌キープのポイント5つ 辛いものの刺激がニキビをできやすくする 唐辛子など辛い食べ物は新陳代謝をアップさせるため、適量なら肌に良い影響がありますが、食べる量にも限度と言うものがあります。 突然辛いものをたくさん食べると胃腸に負担がかかり、消化や吸収の機能が低下して、ニキビができやすくなってしまいます。 またカフェインは、肌にとても大切な働きをもたらすビタミンB群の吸収を低下させます。 アルコールも内蔵に負担がかかるため、控えめにしたり、飲みかたを工夫したりすることも大切です。 ニキビがあってもコーヒーはOK! 美肌を作るコーヒーの飲み方5つの掟 油脂分が多いものはNO! ニキビの原因は、毛穴に皮脂が詰まることで、常在菌であるアクネ菌の繁殖によりニキビなどが発生すると考えられています。 アクネ菌は、すべての人に存在するため、これを完全に取り除くことはできませんが、皮脂量をコントロールすることは、とても大切です。 肉や油っぽい食べ物、ファストフードやバターをたっぷり使ったお菓子といったものは皮脂を過剰に分泌させる原因でもあります。 皮脂が必要以上に分泌されてしまうと、毛穴につまり、やがてニキビとなってあらわれてしまいます。 ニキビができやすいと感じたら、油っぽい食事やお菓子類の摂取が多いか、チェックしてみてください。 まとめ.バランスのよい食事がキレイな肌をつくる いかがでしたか。 ニキビをできにくくするためには食生活を改善することがとても大切だということをお分かりいただけたと思います。 ビタミン、食物繊維の多い食事を心がけ、嗜好品の摂取をほどほどにすることは、肌荒れだけでなく健康にもつながります。 どうしても食事では補いきれない栄養素は、サプリメントなどを利用することも有効です。 また、何を食べているかチェックするために食生活日記をつけるのもおすすめです。 これからの肌づくりのためにお役立てください。 ビタミン、ミネラル、水、食物繊維の多い食事を心がけ、嗜好品の摂取をほどほどにすることは、肌荒れだけでなく健康にもつながります。 どうしても食事では補いきれない栄養素は、サプリメントなどを利用することも有効です。 また、何を食べているかチェックするために食生活日記をつけるのもおすすめです。 これからの肌づくりのためにお役立てください。 M&Mスキンケアクリニック 副院長 今野 みどり監修.

次の

【医師監修】ニキビに効く食事とニキビ予防につながる栄養素

ニキビ原因 食べ物

大人のニキビを防ぐには?スキンケアや生活習慣のポイント 10代の肌は皮脂分泌が活発なことからニキビができやすくなりますが、成長とともに落ち着いていきます。 しかし、大人になってからもニキビの症状が続く場合は、ストレスや睡眠不足、生活リズムの乱れ、間違ったスキンケアなど、さまざまな要因が重なり合っている可能性があるのです。 繰り返す大人のニキビを防ぐ方法として、ここでは主に毎日のスキンケアや、生活習慣のポイントについてご紹介していきます。 洗顔では摩擦せず、やさしく洗う 余分な皮脂や肌についた汚れを落とすためにも、洗顔は大切です。 しかし、皮脂が気になるからと1日に朝晩の2回以上洗顔をしたり、スクラブ剤入りの洗顔料を使ったりと、肌をゴシゴシ摩擦しながら洗うのは控えましょう。 洗顔は刺激の少ない洗顔料をたっぷりと泡立て、泡をクッションにしてやさしく洗います。 すすぎはぬるめのお湯で、髪の生え際まできちんと洗い流し、清潔なタオルで水気を拭き取りましょう。 メイクをした日は、まずクレンジング剤でメイクの汚れをきちんと落とし、それから洗顔料で肌に残ったクレンジング剤を落とすようにしましょう。 スキンケアでは保湿を重視 皮脂分泌の盛んな思春期のニキビとは異なり、大人のニキビは乾燥によって、肌のバリア機能が低下することでも起こりやすくなります。 洗顔後は、スキンケア化粧品ですみやかに保湿ケアを行いましょう。 ニキビ肌のスキンケア化粧品は、低刺激で油分が少ないものを選ぶようにしましょう。 「ノンコメドジェニックテスト済み」と表記された化粧品は、ニキビのもとになりにくい処方設計です。 化粧品は清潔な手のひらに広げ、上からやさしくプッシュするようになじませます。 このとき、肌をこすったり、ニキビになりやすい肌を刺激したりしないよう注意しましょう。 メイクや紫外線対策 紫外線を浴びると、肌の乾燥が進んで角層が厚くなったり、紫外線で皮脂が酸化し、ニキビを悪化させたりすることがあります。 帽子や日傘、UVカット加工のストールなどとともに、日焼け止めを上手に活用しましょう。 ただし、紫外線対策に塗る日焼け止めのなかには、ニキビや肌荒れなどトラブルが起きやすい肌には刺激が強すぎるものも。 日焼け止めを選ぶときは、「紫外線吸収剤フリー」、「ノンケミカル」設計で肌になめらかにのびるもの、落とすときも普通の洗顔料や石けんで、刺激なく落とせるものを選ぶのがよいでしょう。 メイクでは、油分の多いクリームタイプのファンデーションを塗り重ねると、毛穴をふさいでニキビができやすい肌には気になることがあります。 落とすときもクレンジング剤で肌を刺激することになるため、パウダータイプのファンデーションを薄くつける程度にとどめましょう。 ニキビ跡をメイクでカバーしたいときは、その部分だけコンシーラーを使うのもよいでしょう。 赤みを目立たなくするイエロー系のコンシーラーを選んで、清潔な指先やブラシでやさしく塗り、周囲をパウダーファンデーションでなじませます。 ニキビができやすい肌におすすめの食事・栄養 毎日の食事は、内側からのニキビケアにつながります。 欠食や暴飲暴食、間食をできるだけ控え、1日3回の食事からさまざまな栄養を摂取しましょう。 肌の材料となるタンパク質、肌の新陳代謝を促したり皮脂量をコントロールしたりするビタミンB2・ビタミンB6、血行を促進して肌荒れの解消を助けるビタミンE、便秘の改善に役立つ食物繊維などを積極的に摂りましょう。 タンパク質…肉や魚、卵、大豆・大豆製品、牛乳・乳製品• ビタミンB2…卵、納豆、レバー、焼き海苔• ビタミンB6…マグロやカツオ、サケ、肉、バナナ、にんにく• 食物繊維…穀物、イモ類、豆類、野菜・果物、海藻類、きのこ類 さらに大人のニキビには、肌のターンオーバーを整えるビタミンA、ストレスによる肌のバリア機能の低下を防ぐビタミンB1やビタミンCもおすすめです。 ビタミンA…ニンジンやかぼちゃなどの緑黄色野菜、チーズ、卵• ビタミンB1…胚芽米や玄米、豚肉、うなぎ、豆類、青海苔、焼き海苔• ビタミンC…赤ピーマン、芽キャベツ、ブロッコリー、レモン かつてはチョコレートやケーキ、ピーナッツ、揚げ物など、甘い食べ物や脂っこい食べ物を摂るとニキビができやすいと言われてきましたが、現在ではこれらの食べ物が、必ずしもニキビに悪影響を与えるとは言えないことが、分かってきました。 ただし、糖分の多い食べ物や動物性脂肪の多い食べ物は、皮脂の成分であるTG(トリグリセリド)を増やす可能性があります。 皮脂の過剰分泌に悩んでいる方は、控えめにしたほうがよいかもしれません。 睡眠不足を解消する 肌は、睡眠中に活発に細胞分裂を行います。 ニキビをはじめ、荒れてしまった肌をすこやかに生まれ変わらせるには、十分な睡眠が欠かせません。 睡眠で特に大切なのは、眠りに落ちて最初の3時間の間に訪れる「ノンレム睡眠(深い眠り)」です。 このときに成長ホルモンが十分に分泌されることで、肌の再生活動が盛んになります。 深くぐっすりと眠るためにも、毎日決まった時間に自然と入眠できるようなライフスタイルを心がけましょう。 ベッドに入る1~2時間前に入浴して体温を上げておく、寝る直前の飲食や、テレビ・スマホなど光を発する機器は使用しない…などの工夫をとり入れましょう。 ストレス対策などその他のポイント ストレスは大人のニキビの大敵です。 適度に体を動かしたり、入浴や香りでリラックスしたり、歌や音楽を楽しんだり、親しい知人とおしゃべりするなど、自分に合った方法でストレスを解消しましょう。 また、ニキビを潰したり、触ったりするのはNGです。 髪の毛先が触れるとニキビを刺激することになるので、髪型を短めにする、まとめるなど工夫しましょう。 顔に触れる機会の多い枕カバーやメイク用のブラシやパフなども、常に清潔にしておきましょう。 繰り返す大人のニキビにはノンステロイド処方の治療薬! 睡眠不足やストレス、偏った食生活・・・など、さまざまなことが原因で引き起こされる大人のニキビ。 原因も気になるけれど、とにかくニキビの炎症や進行を止めたい!というときは、治療薬に頼る方法もあります。 IHADA(イハダ)のアクネキュアクリームは、ニキビ・吹き出物を治療する抗炎症成分(イブプロフェンピコノール)と、殺菌成分(イソプロピルメチルフェノール)のW効果処方。 油分少なめ、なめらかにのびて肌に負担をかけないジェルクリームタイプで、上からメイクをしてもよれにくいのも特徴です。

次の