失業保険 120日分。 1ヶ月分の失業保険が支給された。相当な額をもらえたことにビックリ

失業給付金の支給日を残し再就職したとき残りの手当をもらう方法

失業保険 120日分

1.失業保険は何日もらえる? 失業保険は何日間もらえるのか? 1日あたりの金額よりも、むしろこちらの方が気になる人が多いかも知れません。 失業保険が何日支給されるかは、会社を辞めた理由や、辞めたときの年齢、離職日時点でどのくらいの期間雇用保険に加入していたか?といった複数の要素で決定されます。 いくらもらえるのか不安です こう書くと難しそうですが、実際は単純な場合分けですので、悩む必要はありません。 失業保険がもらえる最低日数は90日、最高は330日となっています。 なお、例外的に、障害などで就職困難な場合、失業保険が360日支給されることがあります。 まず、退職理由による分類です。 自己都合退職で会社を辞めた場合、失業保険がもらえる日数は「雇用保険に加入していた期間」だけで決まります。 つまり、離職時の年齢については考慮されません。 65歳未満であれば、何歳であっても、同じです。 (失業保険は、離職時の年齢が65歳以上だと受給できません) 雇用保険の加入期間が10年未満・・・失業保険をもらえる日数は90日 雇用保険の加入期間が10年以上20年未満・・・失業保険をもらえる日数は120日 雇用保険の加入期間が20年以上・・・失業保険をもらえる日数は150日 次に、会社都合退職や倒産などが理由で退職した場合です。 離職時の年齢が30歳未満の場合 雇用保険の加入期間が1年未満・・・失業保険をもらえる日数は90日 雇用保険の加入期間が1年以上5年未満・・・失業保険をもらえる日数は90日 雇用保険の加入期間が5年以上10年未満・・・失業保険をもらえる日数は120日 雇用保険の加入期間が10年以上20年未満・・・失業保険をもらえる日数は180日 離職時の年齢が30歳以上35歳未満の場合 雇用保険の加入期間が1年未満・・・失業保険をもらえる日数は90日 雇用保険の加入期間が1年以上5年未満・・・失業保険をもらえる日数は90日 雇用保険の加入期間が5年以上10年未満・・・失業保険をもらえる日数は180日 雇用保険の加入期間が10年以上20年未満・・・失業保険をもらえる日数は210日 雇用保険の加入期間が20年以上・・・失業保険をもらえる日数は240日 離職時の年齢が35歳以上45歳未満の場合 雇用保険の加入期間が1年未満・・・失業保険をもらえる日数は90日 雇用保険の加入期間が1年以上5年未満・・・失業保険をもらえる日数は90日 雇用保険の加入期間が5年以上10年未満・・・失業保険をもらえる日数は180日 雇用保険の加入期間が10年以上20年未満・・・失業保険をもらえる日数は240日 雇用保険の加入期間が20年以上・・・失業保険をもらえる日数は270日 離職時の年齢が45歳以上60歳未満の場合 雇用保険の加入期間が1年未満・・・失業保険をもらえる日数は90日 雇用保険の加入期間が1年以上5年未満・・・失業保険をもらえる日数は180日 雇用保険の加入期間が5年以上10年未満・・・失業保険をもらえる日数は240日 雇用保険の加入期間が10年以上20年未満・・・失業保険をもらえる日数は270日 雇用保険の加入期間が20年以上・・・失業保険をもらえる日数は330日 離職時の年齢が60歳以上65歳未満の場合 雇用保険の加入期間が1年未満・・・失業保険をもらえる日数は90日 雇用保険の加入期間が1年以上5年未満・・・失業保険をもらえる日数は150日 雇用保険の加入期間が5年以上10年未満・・・失業保険をもらえる日数は180日 雇用保険の加入期間が10年以上20年未満・・・失業保険をもらえる日数は210日 雇用保険の加入期間が20年以上・・・失業保険をもらえる日数は240日 45歳以上、60歳未満のゾーンが一番優遇されていることがお分かりいただけると思います。 2.定年は自己都合退職?会社都合退職? 定年退職の場合、自分の意思に関係なく、その年齢に達したら会社を退職することになります。 さて、この場合、自分で辞めたくて辞めるわけではありませんから、会社都合退職の扱いとなるのでしょうか? 結論から言うと、残念ですが、定年退職は、自己都合退職と同じ扱いとなります。 つまり、失業保険がもらえる日数は、雇用保険の加入期間により、90日から150日の範囲となります。 定年退職される本人としては、何だか理不尽な扱いを受けたように感じるかも知れません。 しかし、会社都合退職として扱われるのは、「倒産や解雇などが理由で、『再就職の準備をする時間的な余裕もなく』離職を余儀なくされた場合」とされています。 定年退職の場合、年齢という予測可能な理由で退職となるのですから、この「再就職の準備をする時間的な余裕もなく」という条件を満たしていないのです。 このため、定年退職の場合は失業保険は自己都合退職を同じ日数しかもらうことはできないのです。 話が少しずれますが、定年退職された方の場合、そもそも失業保険をもらえないと思い込んでいる方も多いです。 しかし、これは勘違いです。 全く仕事をする気がないというのであれば、失業保険をもらうことはできないのですが、定年退職後であっても仕事を探す気があるのなら、遠慮なく失業保険を申請しましょう。 定年退職されたのであれば、雇用保険の加入年数もそれなりのことが多いでしょうから、失業保険も120日、150日といった期間もらえる人が多いはずです。 「定年退職したのだから、失業保険はもらえない」と思い込んで、もらえるはずだった給付金を取りこぼすのは本当にもったいないことです。 定年退職でも、失業保険はもらえる。 忘れないようにメモしておきましょう。 3.就職困難者と個別延長給付 失業保険の受給日数が60日延びるという、ボーナスをもらえる人がいます。 この延長措置は、個別延長給付といいます。 失業保険を330日もらえる人がこの個別延長給付を受けた場合、何と1年以上に渡って失業保険を受給し続けることが可能になります。 個別延長給付を受ける条件ですが、下記のようになっています。 ・倒産、解雇による離職者である ・雇い止めによる離職者である ・離職時の年齢が45歳未満である ・再就職が困難であると、ハローワークが判断した 原則は上記の通りですが、一番やっかいなのが最後の「再就職が困難であると、ハローワークが判断した」です。 条件があいまい過ぎて、どういう状況であれば個別延長給付を受けられるのか、さっぱり分からないという人が多いでしょう。 実際に個別延長給付を受けた人の傾向を見ると、これは「真面目に求職活動をこなしていた」ことが条件になるようです。 つまり、頻繁に企業に履歴書を送付し、面接に臨んでいたような場合を指します。 こういった「真面目な転職活動」をしても、なお再就職先が決まっていないという状況で「再就職が困難である」と認められるのです。 単に、「面倒なので転職活動は失業保険をもらえる最低回数しかやっていなかった」ような場合だと難しいと考えて下さい。 そのほか、特別に失業保険の受給日数が増えるのが、「障害者などの就職困難者」です。 「障害者などの就職困難者」とは、身体の障害、知的障害を指します。 その他、社会的要因で再就職が著しく阻害されている人も含みます。 この場合、下記のように失業保険を受給する日数が増えます。 離職時の年齢45歳未満 被保険者期間1年未満・・・150日 被保険者期間1年以上・・・300日 離職時の年齢45歳以上65歳未満 被保険者期間1年未満・・・150日 被保険者期間1年以上・・・360日 個別延長給付を受けられれば、さらに失業保険は増えますが・・・ 4.まとめ ・失業保険をもらえる日数は、雇用保険加入期間、辞めたときの年齢、退職理由によって大きく変わってくる。 会社都合退職が、自己都合退職より圧倒的に有利。 ・定年退職した場合でも、失業保険はもらえる(65歳未満の場合)。 しかし、失業保険をもらえる日数は自己都合退職した場合と同じ日数となる。 ・失業保険を増やすあまり知られていない方法が個別延長給付。 しかし、条件が多いため、狙って受給するのは難しい。 失業保険は、辞めたときの年齢や雇用保険加入期間に大きく左右されます。 ということは、あと少しで失業保険が増えるラインにいる人は今すぐ辞めては損をします。 退職後は当然ですが、給与という安定収入を失います。 もらえるお金は少しでも多い方がよいのですから、事前の情報収入はしっかりと行いましょう。 投稿者 投稿日: カテゴリー 投稿ナビゲーション.

次の

ハローワーク、失業保険はいつから支給?自己都合では?会社都合では?

失業保険 120日分

所定給付日数 この所定給付日数が、失業保険受給中にもらえる上限日数です。 以下では所定給付日数の求め方などについて詳しく解説します。 給付日数は「退職理由」が大きく影響する!? 計算フォームで選択したあなたの「退職した理由」はなんでしょうか?今度は別の退職理由を選択して計算するボタンをクリックしてみてください。 所定給付日数が変わった方も多いことでしょう。 その理由を以下の早見表を使って解説します。 (自己都合退職した場合) (会社都合退職した場合) 所定給付日数は、まず退職した理由で大きく2つに分けられます。 自己都合退職した場合の給付日数 自己都合で退職した場合は、雇用保険の加入期間だけが加味され所定給付日数が決定します。 加入期間が1年未満の場合は失業保険を受給することができません。 加入期間が1年以上10年未満で90日、10年以上20年未満で120日、20年以上で150日となります。 会社都合退職(特定理由離職者も含む)した場合の給付日数 会社都合で退職した人や、特定受給資格者または特定理由離職者に認定された人は、雇用保険の加入期間と、退職したときの年齢によって細かく所定給付日数が分けられます。 加入期間が1年未満(6ヶ月未満は条件を満たしません)は年齢に関係なく一律90日間。 1年以上の加入期間がある場合は、年齢によって90日~330日の間で所定給付日数が決定します。 失業保険の所定給付日数は「会社都合退職(特定受給資格者や特定理由離職も含む)」した人や、年齢の高い人を優遇する仕組みとなっています。 その理由は、会社都合退職のように「自分の意に反して退職せざるを得なかった」人は、退職後の準備ができないまま無職(無収入)になったと想定でき、また年齢の高い人(45~60歳未満)は、特に生活にお金のかかる年代であり、若い世代よりも再就職が難しい立場であることが加味されているのです。 ハローワークで受給手続きするときは「退職理由」をチェック 会社からもらう離職票には退職理由を記入する欄があります。 それを記入するのは会社であるため、しばしば退職者が思っていた内容ではないことがあります。 前述の通り、退職理由は所定給付日数に大きく作用します。 事実ではない退職理由で間違った給付日数が決定してしまわない為にも、必ず離職票の退職理由はチェックしましょう。 また自己都合退職であっても、ケースによっては会社都合退職と同じ扱いで所定給付日数が決定することがあります。 これを特定理由離職者といい、どうしても会社を辞めなくてはならない切実な理由があった場合に該当します。 詳しくは以下リンク先で詳しく解説します。 障害者や就職困難な人の所定給付日数はさらに優遇されます 障害者とは、身体障害者、知的障害者、精神障害者のことで障害者手帳を有する人をいいます。 就職困難な人とは刑法などの規定により保護観察に付された人や、社会的事情により就職が著しく阻害されている人などが該当します。 この場合は、雇用保険の加入期間が1年未満だと150日、退職時の年齢が45歳未満で加入期間が1年以上だと300日、45歳以上で加入期間が1年以上だと360日の所定給付日数が付与されます。 失業保険の1日当たりにもらえる金額はいくらなの? 失業保険の1日当たりにもらえる金額のことを「基本手当日額」といいます。 で詳しく解説していますが、基本手当日額は、退職した理由に関わらず、現役時の収入と退職時の年齢でその額が決定します。 この基本手当日額と所定給付日数を掛け算した金額が、あなたの失業保険の上限額となります。 まとめ 失業保険の上限額(満額)を決定する大きな要因となる所定給付日数。 じっくりと就職活動を行いたい人にとっては、長期間にわたり失業保険をもらえるのは非常にありがたいことです。 所定給付日数が決定するためには退職理由が大きくかかわってきますので、まずは離職票の退職理由をチェックし、その内容に不服があれば受給手続きの際にハローワーク職員に申し出ることが重要です。 放置すると誤った所定給付日数が付与され、慌てて就職活動を行うようなことにもなりかねません 退職理由は失業保険を受給するときの、最も重要な要素だと覚えておきましょう。 このサイトは現役で労務管理業務に従事する管理人の知識や経験、さらに社会保険労務士やハローワークOBなどの専門的意見を取り入れながら執筆しております。 より専門性の高い記事をご提供できるよう内容には細心の注意を払っていますが、万一記事内容に相違がある場合はからお問合せください。

次の

失業保険の受給資格と受給期間・金額を確認しよう!申請に必要なものはこれ!

失業保険 120日分

7月13日を1日目とカウントして、28日目は8月9日です。 次の日は8月10日です。 ここで先ほどの法律の内容を思い出してください。 その中には 認定日では直前の28日の失業状態を確認するとありますので、8月10日の認定日に7月13日から8月9日までの間の失業状態を確認するわけです。 その後の認定日は、これを延々と繰り返していく事になります。 給付制限期間がある場合、2回目の認定日(初回認定日の次の認定日)は 給付制限期間が終わった後になります。 よって、2回目認定日は11月2日になっているのです。 このような感じで認定日が決められます。 しかしながら困ったことに、認定日が年末年始や祝日に重なってしまうと 1週間程度前後してしまう場合があります。 例えば、今回の例で考えると、4回目の認定日は12月28日ですが、年末になってしまうので 繰上げで12月21日となる場合があります。 おそらく、ハローワークの年末年始の事情であったり、給付金の振込み日が年末年始になるので前倒しにして労働者の生活を保護してあげようという目的があったりするからだと思います。 (帰省の旅費とか、年越しの費用とか。 ) 初回認定日から2回目の認定日の間は3ヶ月近く空きますので、『2月間程度の長期海外旅行をしようかな?』とお考えの方はご注意ください。 私用の都合である限りは認定日の変更は絶対にしてくれませんので、認定日になりそうな日の1〜2週間前には帰国するようなスケジュールにしておくことを強くお勧めします。 以上のように 認定日は4週間に一度 28日単位 で区切られて決定されます。 初回講習日の時に 認定日のカレンダーを配られますので遠い先の認定日までは数える必要はありませんが、初回と2回目の認定日くらいは早めに確認しておいた方がいいですね。 初回認定日において求職活動実績は何回必要?.

次の