マイクラ 1.15 mod。 【マイクラ1.15.2】OptiFineの導入方法とおすすめの設定【軽量化】

【マイクラ1.15.2】今すぐ使える!サバイバルで超楽しい!Minecraftの神シード値【PC版】

マイクラ 1.15 mod

Latestバージョン 「Latest」はMinecraft Forgeのバージョンが、そのマイクラのバージョンに対応する最新版であることを表しています。 新しい機能があったり、既に知られているバグが直っていたりするメリットはありますが、「Recommended」と違って安定版ではないため、 潜在的なバグが含まれている可能性があるというデメリットがあります。 Recommendedバージョン 「Recommended」はMinecraft Forgeのバージョンが、そのマイクラのバージョンに対応する最も新しい安定版であることを表しています。 「Latest」に比べると、新しい機能が無いデメリットがありますが、致命的なバグは無く、 動作が安定しているという大きなメリットがあります。 Minecraft Forgeのインストール へ行き、左のメニューからインストールしたいマイクラのバージョンのページへ行きます。 バージョン1. 2以降の場合は、 「Installer」をダウンロードします。 バージョン1. 2以前の場合は、Windowsの方は「Windows Installer」を、Mac, Linuxの方は「Installer」をダウンロードします。 マイクラを一度起動する シングルプレイのみ Minecraft Forgeはインストール時に、対象となるバージョンのマイクラのファイルを複製し、変更を加えます。 インストールしたいバージョンのマイクラを一度起動して、元になるマイクラのファイルをダウンロードする必要があります。 一度も起動したことがない場合は、ランチャーからダウンロードした Minecraft Forgeのバージョンに合うバージョンのマイクラを起動して、一旦終了します。 Minecraft Forgeをインストールする 1-1. Windowsでの起動方法 ダウンロードフォルダから、 「forge-バージョン番号-installer-win. exe」をクリックして起動します。 1-2. Mac, Linuxでの起動方法 ダウンロードフォルダから、 「forge-バージョン番号-installer. jar」をクリックして起動します。 Macで「発行元が未確認」と出た場合は、「システム環境設定」の「セキュリティとプライバシー」の、jarファイルの右にある「このまま開く」をクリックしてから、起動して下さい。 また、jarファイルにjavaが関連付けられていない場合は、コマンドラインから「java -jar ファイル名」とすると起動できます。 インストールする.

次の

【マイクラJE】木こりMOD『CutAll』導入・設定方法【1.13.2対応】

マイクラ 1.15 mod

もくじ• マイクラMODの導入にほぼ必須なForgeとは まず、これからインストールしていくForgeが何なのかということを簡単に説明すると、 「 マイクラにMODを導入する際にほぼ必須になる非常に重要なMODの1つ」になります。 オリジナルのゲームデータにはない機能を補って、導入したい別の MODをうまく機能させる手助けをしてくれるという、マイクラに様々な機能を追加して遊びたいという方にとっては必要不可欠なものになります。 当然ながら、 MODが対応しているバージョンと同じバージョンのものでないとうまく動きません。 それを防ぐために、まずは 自分がプレイしたいMODが何バージョンなのかということを、事前にしっかり確認しておきましょう。 そのMODと同じバージョンのForgeを、次の手順でインストールしていってください。 【2020. 28追記】現在の最新バージョンである1. 2対応のForgeも、すでに公開されています。 今回は1. 2対応のもので解説していきますが、1. 2でも手順は全く同じです。 Forgeをマインクラフトに導入する手順 海外サイトからForgeインストーラーをダウンロード まずは海外サイトからForgeインストーラーをダウンロードする必要がありますので、こちらのサイトを開いてください。 >>(海外サイト) サイトを開くと、下の写真と同じ画面が現れると思います。 次に、 画面の左横に記載されているバージョンから希望のバージョンを選んでください。 今回は1. 2対応のForgeを例にインストールしていくので、1. 2を選択します。 するとすぐにインストーラーのダウンロードが開始され、画面下に『ダウンロードしたForgeをどうしますか?』という旨の確認画面が出てきます。 ここでは念のために 保存をクリックしておきましょう。 パソコン上にインストーラーを保存しておくことで、万が一Forgeを上手く導入できなかったとき、直接インストールからやり直すことが出来ます。 もしこのような手順を踏んでもForgeをうまくダウンロードできない場合、を確認してみてください。 いくつか解決方法をご紹介しています。 ForgeをPCにインストール 次は、ダウンロードしたForgeをインストールしていきます。 PCのエクスプローラー画面から 「ダウンロードファイル」を開くと、今ダウンロードしたForgeのインストーラーがあるはずです。 確認出来たら OKを選択、これで勝手にForgeがインストールされます。 インストール中は、下の写真のような画面が表示されます。 PCによって異なりますが、 1分~3分くらい、コーヒーでも飲みながらインストールが完了するのを待ちましょう。 ゲームファイルからForgeファイルを確認 インストール完了したら、 きちんとForgeがインストールされているか確認しておきます。 確認は、以下の手順で行ってください。 確認方法• Windowsキー+Rキー同時押しで検索画面を開く• minecraftを開く• versionsを開く 開いたファイルの中にforgeという名前のファイルが確認できれば、きちんとインストール出来ている証拠です。 マイクラランチャーを立ち上げる ここまでくれば、あとはマイクラランチャーを立ち上げるだけです。 14以降は下の場所から選択します。 もしランチャーの選択欄にForgeが表示されない場合は、を参考にしてみてください。 Forgeの導入方法 おわりに マイクラにMODを導入するのに必須なForgeの導入方法はお分かりいただけましたか。 モンスターを増やしたり透明にしたり、オリジナルにはないアイテムを加えてくれたり、プレイヤーをもっと楽しませてくれる数々のMOD。 そして、それらをうまく機能させてくれるForge。 ぜひインストールして、マイクラをもっと楽しんでみてくださいね。

次の

マインクラフト 115 影mod

マイクラ 1.15 mod

もくじ• Optifineとは、 マイクラをより快適にプレイするために海外のさんによって開発されたMODで、『Forge』と並んで多くのマイクラプレイヤーによって利用されているものの1つです。 MOJANGが開発している通常バージョンと並んで、いわゆる『 Optifineバージョン』を作ることで軽量化が実現されています。 他の要素を追加するMODと違い、オリジナルのマイクラのテクスチャーやmobを残したままプレイできるのが特徴です。 マイクラのアプデに伴い『Optifine』のアプデも活発に行われているので、常に最新のバージョンをダウンロードして遊ぶことが出来ます。 引用: このOptifineは無料で配信されているので、プレイ中に頻繁にカクつくときはぜひ導入してみましょう。 チャンクとはマイクラ内で使われる範囲の単位のことで、この読み込み チャンクを下げることでパソコンが一度に読み込む範囲を狭め、より軽くすることができます。 ただ極端にチャンクを狭めてしまうと、視界が少し悪くなってしまうこと、またモンスターの湧き範囲や植物の育成の範囲が狭まってしまうことがあるので、パソコンが反応できるギリギリの最大チャンクラインを探してみましょう。 ジャングルやムーシュルーム島を探すときに大きな冒険をするのは仕方のないことだとしても、地図埋めなどで無駄にマップを広げ過ぎると、それもゲームが重くなる原因になります。 筆者も地図埋め大好きでマップ広げまくる派なんですけれどね…同じワールドで継続して快適に遊ぶには、地図埋めなどでマップを広げるのは、ほどほどにしておくことが大切です。 パーティクルとは、様々なアイテムや環境などで表示されている煙のような効果のことです。 これらを消すことで、読み込まれるデータをより軽くすることができます。 『すべて・少し・最小』の3つの種類全てを試しましたが、パソコンのカクつき具合で言うと『全て』と『少し』の差があまりなかったように感じました。 軽量化を目的にパーティクルを下げるなら、 『最小』まで下げることをおすすめします。 特に多いのが村人増やし過ぎ問題です。 以前とは異なり、自分のためにとプレイヤーが放置していたベッドで勝手に子供を作ったりして人口を増やすようになりましたし、事あるごとにゴーレムをスポーンさせるようにもなりました。 パソコンがカクついてしまう方は、このような動くMOBの数は出来るだけ増やさないようにするか、拠点から離れた場所に置いておくのがオススメです。 (厳密にはちょっと違うのですが、大体この範囲です。 ) このエリアに多くのギミックを建てたり、または大量のMOBがいたりすると、 常にデータが読み込まれてしまう仕様上、自分が遠く離れた場所へ行ったとしてもカクツキは解消されません。 スポーン付近に拠点があると万が一死んでリスポーンした場合にも便利なのですが、同時にこのような弊害もあるので、リスポーン地点を含むスポーンチャンクは出来るだけ過疎化させておくといいでしょう。 水流やマグマ流はパソコンが重たくなる原因になるので、見つけ次第どんどん潰していきましょう。 また池や川などで水を使う場合は、できるだけ 水源にするよう心がけてください。 水流ではなく 水源にすることで、動的なデータが少なくなりパソコンへの負担を減らすことができ ます。 火はパソコンが重くなる原因としてよく言われるものですがその通りで、もしガストやブレイズに着けられた 火があちこちにあるようなら普段から消していくことを心がけてください。 パソコンのスペックが低い場合は、特に大きな負担になりがちな火。 無駄な火は消す。 現実と同じですね。 もし火を消したせいでネザーが暗くなってしまったら、 暗視のポーションを使うなどで対応してください。 家具や、水流をコントロールするのに利用されることも多いですが、実は 『書かれている文字を読み込む』というロードが看板に対して常に発生しています。 看板に文字が書かれている・書かれていないにかかわらず、『書かれているかもしれない文字を読み込む』という作業自体がパソコンに負荷をかけてしまうのです。 小さなことですが、チリも積もればなんとやら。 『看板』として利用しているなら仕方ありませんが、看板を『水流を止めるためのアイテム』や『家具』として使っているのであれば、 旗などで代用していきましょう。 海底から海面に届くまで成長し続けるコンブに対して、「年齢」なるデータや、成長のためのランダムティックなどが常に読み込まれてしまいます。 特にスポーンチャンクにあるコンブはワールドに常に負荷を与えがちなので、拠点周りのコンブを含め、可能な限り抜いておきましょう。 基本的にマイクラ1. 13までは バージョンが新しいものほどデータは重く、読み込みも遅くなっています。 特に1. 13はデータの大きさが顕著で、その重さは多くの古参プレイヤーからも苦情が出るほどでした。 マイクラの開発陣の方がなんとか1. 14以降、データの軽量化に成功したようなので、バージョンを戻す場合は1. 14辺りにしておくといいでしょう。 この方法は、もし間違った設定をしてしまうと 誤作動を起こす可能性のあるものなので注意が必要です。 特に、既に遊んでいるワールドをこの設定後に開いたりする場合は、ワールドのバックアップを取るなど対策を取りましょう。 またここからの内容はさまのサイトを参考にしています。 このメモリを変更するには、マイクラランチャーのメニュー右端の 『 起動オプション』から 『高度な設定を有効にする』をONにしなければなりません。 その際、以下の写真のような注意書きが現れますので、OKをクリックしてください。 その後、希望のバージョンを選び、下の写真の番号に沿って、• 分かりやすい名前を入力• JVMの引数をONにする• 『-Xmx 〇GB』の ギガバイト数を大きめに変更する• 保存をクリック してください。 私のパソコンのスクショである上の写真では『 -Xmx 4GB』と表示されていますが、もともとは『 -Xmx 2 GB』に設定されていました。 この数字はパソコンの種類やスペックによって1GBであったりすることもあるので、変更する際はご自身のパソコンにあった数字を設定してみてください。 このように マイクラに割り当てる容量を増やすことで、ゲームの負担を少し減らすことができます。 あとは、メイン画面へ戻って、プレイボタンの三角マークからバージョンをロードし遊んでみましょう。 マイクラが重たいときの対処法 まとめ 今回はいくつかのマイクラ軽量化の方法をご紹介いたしましたが、参考になりましたでしょうか。 この方法によって、みなさんのマイクラが少しでも軽くなることを祈っていますね。 特にチャンク変更に関しては、その手順もカンタン、リスクもなしで手軽に大幅な軽量化できるので、ぜひやってみてください。 関連>> 関連>>.

次の