給付 金 申請。 「一律10万円」の給付金…申請方法は?準備する書類は?【首相官邸の簡潔まとめ】

LINE、学生支援緊急給付金申請のためのLINE公式アカウントを文科省に提供:EdTechZine(エドテックジン)

給付 金 申請

特別定額給付金の申請受付が、オンライン申請と郵送申請の2つの方法にて開始されている。 千葉県君津市在住の写真家・礒村浩一氏は郵送申請を選択し、5月中に申請から受給まで完了した。 申請書類を発送してから指定口座に給付金が支払われるまでの日数は何日なのか? 体験談をお届けする。 編集部 5月25日にようやく新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全国で解除された。 これに伴い宣言中の自粛生活は一応の形で終わりを告げたことになるが、とはいえ、まだまだ油断はできず十分な感染予防策が必要な生活はまだまだ続くだろう。 この一連の大禍は経済的にも大きな打撃を全国民へ与えたことはご存知の通りだ。 それを補填することを目的に、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、給付対象の国民全員に一律10万円の現金が支給されることとなった。 ただし、支給を受けるには自ら支給申請を行なわなければならず、また実際の支給業務は、国から委託を受けた地方自治体によってなされるというわかりにくい状況となってしまった。 これは普段書類による申請書などを作成することがない人にとってはハードルが高いものだと言えるだろう。 同時に申請を処理する地方自治体にとっても大きな負担となっているようで、自治体によってその処理スピードに大きな差が出ていると聞く。 今回の特別定額給付金の申請方法には、郵送での申請とマイナンバーカードを利用するオンライン申請の2通りの方法が用意されている。 実は、私はこれまでマイナンバーカードのメリットを感じることがなくカードを作成してこなかったのだが、国がこの特別給付金制度の実施を検討すると耳にしてすぐに、慌てて家族全員のマイナンバーカード作成申込をオンラインで行なったのだ。 しかし残念ながら特別給付金給付申請開始日にはマイナンバーカードは間に合わなかった。 それゆえに出遅れてしまった感がいっぱいあり、郵送申請では給付されるまで相応の期間が必要と覚悟していたのだが、その後、土日をまたいで実質10日間ほどで無事に銀行口座へと入金がなされた。 これはちょっと嬉しい予想外であった。 書類到着を待つ間に準備を進めよう 聞くに、実はオンライン申請での処理が当初の目論み通りに進まず、結果的に郵送申請よりも給付が遅くなるという逆転現象が起こっているというではないか。 また自治体によっては給付どころか申請書さえまだ家庭に届いていないという。 いきなり降って湧いた国からの業務委託に、自治体も大変な思いをして頑張っているのだろうが、それらと比べると、我が君津市の対応はとても迅速だったと言える。 いずれ必ず給付されるとはいえ、1日でも早く現金が給付されることで、人はこんなにも安心できるのかと思ったものだ。 なお申請書は各自治体が、国の指針に沿いそれぞれ独自に作成しているので、市区町村によって書式が異なったものが届くという。 また項目の中には給付を辞退することを意思表明するチェック項目までもあり、これを選択してしまうとせっかく給付申請を行なったとしても、給付金が給付されないという残念な結果となってしまいかねない。 もちろん個人の考えで辞退される方もおられるとは思うが、この点は十分にお気をつけいただきたい点だ。 その他にも添付が必要な、本人確認用の書類 運転免許証・健康保険証・マイナンバーカード・パスポートなど のコピーや、受給時に必要な銀行口座を確認するための通帳・キャッシュカードのコピーなどを用意しなければならないなど、自宅にコピー機 あるいはコピー機能がついた複合機プリンターなど がない人にとっては、これもなかなかに手間がかかってしまう。 特に高齢者の方などは、できるだけ周囲で補助をして差し上げることも必要だろう 個人情報の保護は十分に行なわなければならないが。 このように、特別定額給付金を受け取るにはそれ相応の手間はかかってしまうが、いまこの状況下での現金給付はなによりも心強いのは確かだ。 もちろん給付金は大切な税金で賄われていることは忘れてはならず、私は自分と家族のために大切に役立てることにしている。 「まだ申請書すら届かない!! 」という方も多くいらっしゃることとは思うが、今少しの辛抱かと思われるので、今のうちに必要な書類等を準備しておかれることをお勧めする。

次の

10万円給付金。郵送申請で予想外に入金が早かった我が町

給付 金 申請

令和2年4月20日、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、特別定額給付金事業が実施されることになり、総務省に特別定額給付金実施本部を設置いたしました。 施策の目的 「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」(令和2年4月20日閣議決定)において、「新型インフルエンザ等対策特別措置法の緊急事態宣言の下、生活の維持に必要な場合を除き、外出を自粛し、人と人との接触を最大限削減する必要がある。 医療現場をはじめとして全国各地のあらゆる現場で取り組んでおられる方々への敬意と感謝の気持ちを持ち、人々が連帯して一致団結し、見えざる敵との闘いという国難を克服しなければならない」と示され、このため、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行う。 事業費(令和2年度補正予算(第1号)計上額) 12兆8,802億93百万円• 給付事業費 12兆7,344億14百万円• 事務費 1,458億79百万円 事業の実施主体と経費負担• 実施主体は市区町村• 給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者• 受給権者は、その者の属する世帯の世帯主 給付額 給付対象者1人につき10万円 給付金の申請及び給付の方法 感染拡大防止の観点から、給付金の申請は次の 1 及び 2 を基本とし、給付は、原則として申請者の本人名義の銀行口座への振込みにより行う。 その際、受付窓口の分散や消毒薬の配置といった感染拡大防止策の徹底を図る。 (1)郵送申請方式• 市区町村から受給権者宛てに郵送された申請書に振込先口座を記入し、振込先口座の確認書類と本人確認書類の写しとともに市区町村に郵送 詳しくは• (2)オンライン申請方式(マイナンバーカード所持者が利用可能)• マイナポータルから振込先口座を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請(電子署名により本人確認を実施し、本人確認書類は不要) 詳しくは 受付及び給付開始日• 関連リンク.

次の

10万円給付金。郵送申請で予想外に入金が早かった我が町

給付 金 申請

経済産業省は、「持続化給付金」に関して、御自身で電子申請を行うことが困難な方のために、5月12日(火曜日)より、「申請サポート会場」を開設しております。 この度、5月14日(木曜日)から5月16日(土曜日)までに開設される会場55箇所が確定しましたので、公表させていただきます。 1.設置場所 5月14日(木曜日)から16日(土曜日)かけて、各都道府県に計55箇所の「申請サポート会場」を開設いたします。 12日(火曜日)に開設した4会場もあわせて、59箇所の会場が設置されます。 開設日及び場所等の詳細については、以下の「申請サポート会場一覧」を御覧ください。 2.今後の会場設置予定 5月末までに全国400箇所以上に「申請サポート会場」を設置する予定です。 5月末までに開設する会場の詳細は、5月18日の週早々に公表させていただきます。 また、6月以降も順次会場を追加する他、「申請サポート会場」が設置されていない地域には、キャラバン隊を派遣して申請をサポートします。 3.申請サポート会場 「申請サポート会場」では、電子申請の手続きをサポートさせていただきます。 必要書類のコピー(できれば現物)を御持参の上、お越しください。 なお、「申請サポート会場」は新型コロナウイルス感染防止の観点から完全事前予約制とします。 事前予約無しに御来場いただいてもサポートが受けられませんので御注意ください。 予約方法の詳細については「4.事前予約の方法」を御確認ください。 4.事前予約の方法 「申請サポート会場」は新型コロナウイルス感染防止のため、完全事前予約制としております。 予約をお取りいただいた上で、会場までお越しください。 事前に御予約のない方については、御来場を固くお断りさせていただきます。 自動ガイダンスで、予約方法を案内します。 FAX送信(同番号)でお取り寄せ頂くか、下記の「申請サポート会場 電話予約窓口(オペレーター対応)」 までお問合せください。 御不便をおかけしますが、御理解くださいますようお願い申し上げます。 申請サポート会場 電話予約窓口(オペレーター対応) 電話番号:0570-077-866 受付時間:平日、土日祝日ともに、9時~18時 5.申請サポート会場に御持参いただく書類 御持参いただいた資料をもとに、電子申請の手続きをサポートします。 会場にお越しいただく際には、以下の資料を御用意ください。 また、申請要領を確認の上、申請の特例を用いられる場合は、証拠書類等もあわせて御持参ください。 必要書類のコピー(できれば現物) 中小法人等の場合• 売上台帳や帳簿等、対象月の月間事業収入がわかるもの (2020年〇月と明確な記載があるもの)• 法人名義の口座通帳の写し(法人の代表者名義も可) 個人事業者等の場合• 売上台帳や帳簿等、対象月の月間事業収入がわかるもの (2020年〇月と明確な記載があるもの)• 申請者本人名義の口座通帳の写し• 本人確認書類(住所・氏名・明瞭な顔写真のある身分証明書) 関連資料• 御不便をおかけしますが、御理解くださいますようお願い申し上げます。 「申請サポート会場 電話予約窓口(オペレーター対応)」 電話番号:0570-077-866 受付時間:平日、土日祝日ともに、9時~18時.

次の