雷レーダー 東京電力。 東京電力雷レーダー

気象庁

雷レーダー 東京電力

1時間前の雷を調べる(どこに落ちたの?) Yahoo! 天気の雷実況 何でもそうかもしれません。 時間との勝負です。 過去の雷を調べる場合も時間が経過するほど調べるのが難しくなります。 言い換えると、早いほど簡単です。 1時間以内の雷であれば、調べられるサイトはたくさんあります。 例えば は、1時間以内の雷を色分けして表示してくれます。 で詳しく書いていますが「Yahoo! 天気の情報=気象庁の情報」と思ってもほぼ間違いありません。 ここで表示される落雷の情報は、気象庁の落雷情報と同じですが、操作が簡単なので(というか、開いたらそのままなので)こちらを紹介しています。 また、雷はすべてが検知器で検知はされません。 雷が落ちたのに、機械で計測されなかったという場合もあります。 そういう場合のために、 では雷活動度を参考に「雷が落ちた可能性が高い」 という状況を調べることもできます。 活動レベル2のオレンジ以上ならほとんどの場合で雷が落ちています。 こちらは、雨雲レーダーの機能になるので、先に紹介した図とはちょっと違う場合があります。 3時間以内なら気象庁の落雷情報 ちょっとだけ表示が隠れていますが、3時間以内の雷なら気象庁がHPで発表しています。 スマートフォンからでも簡単にみることができますよ。 気象台HPから雷の状況を確認するときは「 」から確認します。 その後、下の「雷」をクリックすると、落雷の状況が表示されます。 また、上のスライドで時間も調整できますが3時間までしかさかのぼれません。 「雷」がページのタイトルについてないので知っている人しかわからない・・・。 若干残念ですが、拡大や縮小にも対応しているので慣れれば使いやすいページです。 こちらは、雷観測装置での雷の検出結果になります。 100%とはいきませんが、90%程度は検出してくれます。 1か月以内の雷を調べるなら 1か月も前になると「あれ?いつ雷落ちたっけ?」となってしまいがちです。 普段使わない家具が故障して 「あの時の雷が原因!?」といった時に役立つのが の過去の雷状況。 6時間ごとのデータにはなりますが、1か月の雷の状況が地図上に表示されるのは非常に便利です。 1か月以上過去の雷を調べる さぁ、ここまでくるとかなり難しいです。 地図表示してくれるサイトはおそらくありません。 最後の手段で気象観測データから確認するという方法があります。 で紹介した方法のひとつですが、 というページが気象庁にはあります。 「雷」を調べるときに気を付けたいのが「アメダス」という機械による観測結果に雷の観測は残っていません。 「気象台」や「測候所」といった人がいて観測している地点でないと記録が無いことに注意してください。 ここ10年以内であれば、人が観測をしているのは県庁所在地等にある気象台だけになります。 (昔は測候所で人が観測していたようですが) 前置きが長くなりましたが から、地点や日付を選択し最後に「 1時間ごとのデータ」を表示させるとその日のデータを見ることができます。 風や雨、気温など全部のデータが表示されますが、その下に 記事という天気の記録があり、そこに雷の有無が記載されています。 例えば では下に T のような記号がります。 このTが雷(の音が聞こえた)という意味です。 細かい説明は気象庁HPの に記載されています。 若干わかりにくいですが 地点によっては100年以上昔の雷まで調べる事が出来るので貴重なデータです。 最も精度が良いのは? 最後に、制度の良い雷の観測が見れるページを紹介します。 これまで紹介したのは、データの大本が気象庁になります。 それはそれで信頼できるのですが、みていると実は気象庁より精度よく観測している機関があります。 それは、 電力会社です。 例えば では関東エリア限定ですが、都道府県ごとの雷の状況を掲載しています。 もちろん、関東だけではなく北海道から沖縄まで各電力会社が雷を観測しています。 電力会社にとって雷は厄介なもの。 それを捉えるのは商売の上でとっても重要なので潤沢な予算で開発をしているのでしょう。 かなりの精度で雷を捉えています。 気象庁が捉えていない雷も電力会社が捉えていた・・・というのは良くあることです。 (気象庁だけが観測している雷の場合は、誤った観測のことが多い気がします。

次の

過去の雷の調べ方のまとめ(1時間前から100年前まで)

雷レーダー 東京電力

東京電力の問い合わせ時間が知りしたい!緊急時は24時間対応している 東京電力に電話で問い合わせをする時がありますよね。 引っ越しや契約の変更をしたい時、電気料金について聞きたい時、停電してしまった時などの緊急時等、ケースによって問い合わせしたいですね。 問い合わせできる時間はどうなっているでしょうか。 東京電力に対して、問い合わせできる時間は月曜日~土曜日の9時~17時までになっています。 休祝日は除きます。 東京電力の問い合わせ窓口が24時間対応しているのは、停電時の緊急時だけです。 停電時に24時間対応はありがたいですね! 電話による問い合わせは、月曜日~土曜日の9時~17時です。 ただし引っ越し手続きは、電話でなくてもインターネットでの手続きができるんです!インターネットなので24時間対応してくれますよ。 東京電力の問い合わせの電話番号一覧を知りたい 東京電力の問い合わせ窓口(カスタマーセンター)の一覧は以下の通りです。 東京電力のお客様番号の調べ方を知りたい 東京電力のお客様番号を調べるには、電気ご使用量のお知らせで確認できます。 これはいわゆる検診票ですね。 検診票は毎月自宅ポストに投函されていますので、残っていれば検診票からお客様番号を調べることができるでしょう。 検診票を紛失してしまっても、東京電力の「でんき家計簿」会員になっている場合は、でんき家計簿からお客様番号を調べることができますよ。 でんき家計簿にログインして頂き、ご利用明細を確認して頂くとお客様番号を調べることができます。 検診票がなく、でんき家計簿会員にもなっていない場合は、どうしたらいいでしょう?そんな時は、最寄のカスタマーセンターに電話してみて下さい。 あなたの個人情報を元にお客様番号を調べてくれますよ。 東京電力の雷レーダーとは? 東京電力の雷レーダーは「雨量・雷観測情報」というページで確認することができます。 この「雨量・雷観測情報」は、日本気象協会提供の雨量・雷雲情報と東京電力の観測システム提供の落雷情報を元に作成しています。 東京電力がカバーしている地域が地図としてグラフィック表示され、時間ごとに落雷が表示されるようになっています。 時間ごととは、以下の5つの間隔を指しています。 ・現在~12分前 ・12~24分前 ・24~36分前 ・36~48分前 ・48~60分前 「雨量・雷観測情報」の雷レーダーの地図は、全体地図はもちろん地域ごとの個々の地図が見られるようになっています。 ですから自分が住んでいる地域を拡大して雷データを確認しておくことができます。 東京電力の営業時間を知りたい 東京電力のカスタマーセンターの受付時間は以下の通りとなっています。 平日だけでなく土曜日も営業しています。 休祝日、年末年始はお休みです。 繋がらない場合は時間をずらして再度かけてみましょう。 あるいはインターネット手続きも利用しましょう。 お客様相談室受付時間は以下の通りとなっています。 福島第一原子力発電所関連の相談室になります。 こちらは繋がりにくい時間帯はありません。

次の

「Yahoo!天気」アプリ、最大1時間先までの落雷の可能性や激しさ、直前に発生した雷を地図上で確認できる新機能 「雷レーダー」を提供開始

雷レーダー 東京電力

新防災情報システムの開発について-当社雷レーダ情報他各種気象情報の端末表示機能の高度化- 平成8年3月8日 東京電力株式会社 当社は、このたび、 株 東芝と共同で、雷レーダ情報など各種気象情報 の端末表示機能を高度化した「新防災情報システム」を開発し、4月より運 用を開始することといたしました。 現在の防災情報システムは、平成元年度に導入されたもので、当社独自 の雷レーダ観測情報に加えて 財 日本気象協会マイコスセンター 注1 や社内各種センサ 注2 地震センサ、気象センサ、送電線着雪センサ、 塩分付着量センサ からの情報を受信・集約し、社内各事業所に設置された CRT端末装置に表示しています。 このシステムにより、平常時には電力設 備の的確な運用を、また、異常気象や非常災害の発生時には応動態勢の迅速 な整備をはかっております。 気象状況に応じてより迅速・的確に電力設備を運用・保全するためには、 より正確・詳細な気象情報が求められており、こうしたニーズに対応するた め、例えば、当社の雷レーダ観測システムは、平成6年度より順次更新を進 め、雷雲の発生状況や雨量強度のデータをより正確・詳細に観測できるよう になっております。 また、社外で一般にサービスされている気象情報につい ても、地震・津波などの情報が高度化し、天気予報もきめ細かくなってきて おりますが、今後も一層情報が詳細化していくことが予想されます。 現在、当社で防災情報システムに使用しておりますCRT専用端末装置 は、画面解像度が低く、これら詳細情報の表示が困難であったため、この たび、以前に比べて低廉で、技術的に進んだ汎用ワークステーションを活 用することにより、高精細表示ができる新防災端末装置を開発し、合わせ て、現行システムのホストコンピュータと情報伝送路についても増強を行 い、気象情報の高度化に対応可能なシステムとしたものです。 今後、このシステムを活用して、より一層の電力設備の的確な運用、異 常気象、非常災害への迅速な対応をはかり、電力の安定供給に努めたいと 思います。 なお、新防災情報システムは次の特徴を有しています。 電力運用において重要な情報である雷雲の発生状況や雨量強度の観測 データが、これまでの3. 端末装置に汎用ワークステーションを採用し、また今後の社内各種シ ステムとの情報連係を容易にするためLANを採用した。 これによって 、端末装置からホストコンピュータ側への情報検索も可能となった。 雷レーダ関係の情報で3ヶ月程度遡って検索 5. 今後の一層の気象情報高度化や当社設備更新に伴い、端末装置プログ ラムやデータをメンテナンスする場合でも、ホストコンピュータからの 遠隔操作で一括自動更新が可能であるため、運用が容易になった。 以 上 注1 財 日本気象協会マイコスセンター 気象庁の財団法人である日本気象協会が昭和53年から運用を開始 している気象情報サービスを行うための組織。 国、地方自治体、電 力、報道、航空・空港関係等各機関に気象情報をオンラインでサー ビスしている。 注2 各種センサ o地震センサ…変電所等に設置し、水平方向の加速度を計測。 o気象センサ…各事業所に設置し、風向・風速、温度、湿度を計測。 o送電線着雪センサ…送電鉄塔に設置し、送電線に付着する雪の量を、 単位長さあたりの重量として計測。 o塩分付着量センサ…変電所に設置し、碍子に付着する塩分の量を 単位面積あたりの重量として計測。 注3 落雷位置標定システム LPATS 落雷発生時、複数地点に設置された受信局 リモートレシーバ で電波を受信し、この電波の到達時間差から落雷位置を標定するシ ステム。 受信局数は最低3か所あれば標定することは可能だが、標 定精度の向上、受信局故障時のバックアップの観点から、当社では 6か所に設置している。

次の