サン ミュージック。 サンミュージックプロダクション

オーディション|応募受付中!<サンミュージック・アカデミー>

サン ミュージック

またまたご無沙汰しております。 今回は結構前にTwitterで告知していた、サンミュージック養成所に合格したけれど、結局辞退したっていう マコザネの体験談を書いていきます! と、言っても乃木坂2期よりも更に前の事なので正直なところ、結構曖昧な記憶だったりします。 オーディションに合格した時の通知もどこへいったか見つからず…証拠になるようなものが出てきたら、また更新しますが多分難しいと思います。 笑 大手タレント事務所と養成所の違いなど色々書いていきますので、まぁ見てってください。 なんでサンミュージック養成所を受けたのか 私がサンミュージック養成所オーディションを受けたのは2010年頃でした。 そもそも、芸能界に憧れを持った最初のきっかけが サンミュージック事務所 養成所じゃない に所属しているタレントさんが私の同級生の知人にいた事がきっかけでした。 同級生の知人って 限りなくただの他人ですが、私は猛烈にその人に話を聞きたくなって。 笑 SNSを駆使し、本人に連絡を取ることに成功して、どうやって芸能界デビューしたのかたくさん聞きました。 そのタレントさんは養成所出身からサンミュージックに入ったわけではなく、 知人が事務所に所属するまで• 路上でマジックなどの大道芸する• 夜のBarで大道芸して欲しいとお店からスカウトされる• Barに来た芸能関係者の目に留まりそこでコネクションができた• 大物芸能人と仲良くなりサンミュージックのオーディションに呼ばれた• オーディションに合格してサンミュージック事務所所属となる こんな感じの経緯で事務所に所属したそうです。 当時、 東宝シンデレラオーディションや NMB48の2期生オーディションに書類選考落ちしまくっていたマコザネ。 この話を聞く前までは、知人タレントさんのマネしたら芸能界の道が開けるカモ!なんて思っていましたが、まず最初の 路上で大道芸って時点でマネなんて到底できない…。 大道芸じゃなくてももちろんいいけれど、特技なんてないし、路上でパフォーマンスする度胸もない。 でも、普通に大手タレントオーディションを受けても書類審査すら通過できない。 …じゃあ、養成所に入ろう!と。 詐欺とかアダルト色の強い養成所を判断する力がなかったのと、単純にサンミュージック事務所に所属した知人に憧れてそのままサンミュージック養成所を受けてみようとなりました。 …若い頃のマコザネはとにかく決めたら一直線で熱いオンナでした。 笑 養成所オーディションの流れ WEB応募をして数週間後に書類審査通過の連絡が郵送できました。 そこには 一次審査に通過した為、面接にお越しくだ さいとの文字がありました。 この言葉をどれだけ待ち望んでいたことか。 事務所オーディションではなく養成所なので難易度は全然違いますが、初めての書類審査通過だったのですごく嬉しかったなぁ。 今のサンミュージック養成所と数年前に私が受けた時とでは、システムが結構違うようなので本当に参考程度にしかならないですが、私の時は 2010年頃のサンミュージック養成所• 養成所に合格すると入所金やレッスン代がかかる これはだいたいどこでもいまだに同じ• 特待生になれれば 入所金やレッスン代は免除になる• 面接は1回だけ いきなり最終面接 と、こんな感じ。 なので、面接会場の受付でお金を払ってから控室に入りました。 同じオーディションを受けた人は5人しかいなかったです。 おそらく時間で区切っていたのだと思います。 驚いたのが、 応募者の年齢層がとても広い事。 サンミュージック養成所の場合、 6歳~30歳まで所属 できるので私が受けた時も 下は小学生から上は20代後半くらいの人までいました。 面接は集団面接で、面接官5人と応募者5人。 終始和やかなムードで緊張はしなかった気がします。 聞かれた内容は、 自己PR、志望動機、今日はどうやって会場まできましたか?などの 簡単な質疑応答でした。 その後に、短い台本を渡されて演技の面接もありました。 書類審査を通過できた初めてのオーディションは結構楽しく終わり、正直手ごたえも感じました。 当時ネットの掲示板で、サンミュージックの養成所は誰でも受かるみたいな書き込みを見たので、面接に行く前から受かる事が目標ではなくて、無謀にも 特待生で合格する事を目指していました。 合格!…そして辞退。 数週間後、また郵送で先日のオーディションの結果が来ました。 まぁ当たり前なんですが特待生にはなれませんでした。 笑 で、そうなると当然合格しても入所金とレッスン代を払って、演技やダンスを学ぶことになります。 その金額をはっきりは覚えていませんが 18万円~24万円くらいだったと思います。 親が応援してくれているわけでもないし 仮に応援してくれてもこんな大金 、アルバイトしているとはいえなかなか厳しい金額。 そして、あくまでも養成所なのでお金を払ってレッスンを受けてもそこからお仕事が決まったり、デビューできるなんてことはめちゃくちゃ難しいわけです。 結局、色々考えた末に 辞退しました。 だけど、初めて書類通過したこと、初めてのオーディションの面接、この時の経験はとても自信に繋がったし、後の乃木坂2期のオーディションにもかなり活きていたと思うので、有料のオーディションかつ辞退した事も含めて受けてよかったと思っています。 大手の養成所で無料のオーディションがあれば、是非挑戦してみて欲しいです。 危ない変な養成所にはくれぐれも注意!•

次の

「サンミュージック」所属の芸人の芸歴等 : 芸歴 DATABASE

サン ミュージック

練習の合間には笑顔を魅せる宮川。 奥は速見佑斗コーチ 体操界の「プロ選手」といえば五輪2連覇の内村航平(31=リンガーハット)があまりにも有名だが、実は意外なプロ選手が女子体操界にいる。 リオ五輪女子団体メンバーの宮川紗江(20=高須クリニック)だ。 2018年夏のパワハラ騒動で渦中の人となった宮川は現在、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(75)から支援を受け、大手芸能プロ「サンミュージック」に所属。 東京五輪出場を目指し、徳洲会体操クラブを拠点に練習に励んでいる。 騒動から約1年半が経過し、宮川は「今思えば、結果的にプラスにすることができて良かった」と口にする。 当面の目標は4月の全日本選手権だが、早くも「東京五輪の後が楽しみ」と目を輝かせる。 チームに所属しない宮川は練習以外でプロとして活動の場を広げる。 4月にはラジオに出演、その後も体操の魅力を世間に伝えるため様々なプロジェクトを行うという。 サンミュージック所属だけにお笑い芸人ライブへのゲスト登場、バラエティー番組出演の可能性もあり得る。 「パワハラ騒動を芸人にイジられたら?」と問うと「全然、大丈夫ですよ! もうネタにできますが、あまり体操界にご迷惑をかけないように…」と笑った。 パワハラ告発の際にはたった一人で会見を実施。 新型コロナウイルス感染拡大による五輪開催の可否についても明確な意見を持っている。 「祈るっていう言葉は使いたくない。 日本だけではなく、世界中の問題なので。 練習ができない選手もいる。 すべての選手がいい状態でやってほしい。 数々の辛酸をなめた宮川には、理想の結末が見えているのかもしれない。

次の

Sun Music Studio

サン ミュージック

「売りたい側」が評価する実務型の評価基準 サンミュージックアカデミーのオーディションは、かなり特徴的な形式で行われます。 社内のマネージャーを集めたオーディションを頻繁に行うことで、人材を売り込む側の評価を意識し、それに対応できるスキルを人材の中に育てて行くのです。 さらに、オーディションによっては、芸能プロダクションの人脈を活用し、外部から関係者を多数招待しています。 大手芸能プロダクションならではのネットワークがスクールにも反映されているので、実力さえあれば在学中からチャンスに巡り合う可能性も非常に高いです。 スクールの成り立ちから考えても、現場直結型・実務型の要素が非常に強く、現場の空気をいち早くつかむことのできるスクールだと言えるでしょう。 アイドルを目指す人にはあまり向いていないかも サンミュージックアカデミーの場合、実力派の人材育成に重きを置いています。 逆に言うと、運や流行に左右されやすいアイドルの育成にはあまり向いてないスクールとも言えます。 確かに、本当に売れるアイドルには当然実力も要求されるわけですが、芸能界で長く仕事をしていくことを考えたら、一過性のスキルよりも長く続けるために別のスキルが必要になってきます。 サンミュージックアカデミーの場合は、どちらかというと後者に重点を置いているため、「とりあえず一旦売れればいい」といった人材の育て方はしません。 アイドルに憧れる若い人には少し辛いスクールかもしれませんが、それは人材を大切にしているからこそ譲れない部分なのです。 サンミュージックアカデミーの総評 サンミュージックアカデミーは、完全に人材重視の育成方法を取っています。 それは、芸能界で生き残るのはどのような人材か、芸能プロダクション運営で見極めているからです。 芸能プロダクションに突出した人材を抱えているからこそ、人材の育て方に至るまで十分な経験則を持っているのです。 逆に言うと、サンミュージックアカデミーに入学を許された時点で、それなりの地力はあると考えていいでしょう。 入学後のサンミュージックアカデミーも、現場直結型ですので、ほかのスクールと比べると非常にチャンスは多いと言えます。 また、最近ではカズレーザーさんなど、マルチな才能を持った人材がスクール出身者として出てきているため、スクールや芸能プロダクションの人脈といった点でも今後一層期待できそうです。 特に、芸能界でより長期にわたって仕事をしていきたいと考えるなら、サンミュージックアカデミーを選択の一つとするのも良いのではないでしょうか。

次の