北見 ハッカ スプレー。 ハッカ油おすすめ人気14選【虫除け効能・薬局市販品・ドラッグストア】

北見ハッカ通商 オンラインショッピング/商品詳細 ※ハッカ油スプレー

北見 ハッカ スプレー

【ハッカ油スプレー50ml】 精製水・・・45ml エタノール・・・5ml ハッカ油・・・5~10滴 ハッカ油は、漢字で書くと「薄荷」です。 ミントオイルと呼ばれることもあります。 ミントはミント属の総称で、和種ミントのハッカもそのひとつです。 洋種ミントはペパーミント、緑種はスペアミントが有名です。 和種ミントは、北海道北見で栽培されている品種があります。 北見産のハッカは明治時代から製造されはじめ、近年再び注目されています。 洋種ミントは香りが強いのが特徴で、 和種ミントは香りが柔らかくメントール率が高くなっています。 スースーするミントを使いたい場合は、和種ミントのハッカがおすすめです。 ミントスプレーの作り方 ハッカ油は、油でできています。 油と水はそのままだと混ざりあわないため、エタノールで混ぜてから水を加えます。 エタノールを5ml測り、スプレーボトルに移し替えます。 ハッカ油を5~10滴ほど加えて、よく混ぜ合わせましょう。 最初にエタノールと混ぜておくと、水を加えても分離しません。 精製水を45ml測り、スプレーボトルに入れ混ぜたら出来上がりです。 精製水は防腐効果がないため、短期間で劣化する恐れがあります。 冷蔵庫で保存して、10日くらいで使い切るのがおすすめです。 水道水の場合は、もう少し長持ちします。 50mlのハッカ油スプレーなら、短期間でも使いきれます。 小さなスプレー容器なら、50mlを入れてちょうどいい量です。 ハッカ油スプレーを入れる容器 ハッカ油は、リモネンの成分で容器を溶かしてしまいます。 スプレー容器は、ガラス製を使うと安心です。 注意が必要なのは、ポリスチレン(PS)なので、確認しておきましょう。 ポリエチレン(PE)であれば問題ありません。 ハッカ油スプレーの使い方 ハッカ油スプレーを使ったら、日常生活でたっぷり使いましょう。 天然成分で優しいため、家じゅうや衣類にも使えるのが魅力です。 夏のマスク用に 最近注目されているのが、夏マスクにハッカ油スプレーをする方法です。 夏になると不織布のマスクを付けていると、蒸れて暑くなってしまいます。 ハッカ油スプレーをマスクに吹きかけておくと、メントールの爽快感で涼しくいられます。 消臭効果もあるため、マスク内の嫌なニオイ対策にもおすすめです。 マスクのニオイが気になるのは、自分の息がダイレクトに伝わるため。 ハッカ油スプレーをしておけば、香りで自分の息のニオイが気にならなくなります。 ハッカ油スプレーをマスクに使うときは、肌に刺激がないか確かめてください。 敏感肌の方は、マスクの表側にスプレーするといいでしょう。 またハッカは香りが強いので、スプレーしすぎに注意してください。 防虫や虫除けに ハッカ油のニオイは、防虫対策に使えます。 蚊・ダニ・ゴキブリなどは、ハッカ油のニオイを苦手としているようです。 網戸や部屋の隅にハッカ油をスプレーしておくと、害虫の侵入を防ぎます。 ハッカの虫除け効果は、数時間程度です。 効果は持続しないため、虫除けとして使う場合は、こまめにスプレーしてください。 マウスウォッシュに ハッカ油は、マウスウォッシュに使えます。 コップ1杯の水に、原液1滴を垂らすと、口の中に爽快感が広がります。 歯を磨いた後や、歯を磨けないときにおすすめです。 消臭に ハッカ油は、メントールの爽やかな香りが特徴です。 水で薄めたものなら、直接肌に吹き付けても問題ありません。 汗が気になる脇にスプレーしてみましょう。 靴下やシャツなどに吹き付けて、ニオイ対策にも使えます。 フローリングや畳の掃除に ハッカ油スプレーは、フローリングや畳の掃除に使えます。 爽やかな香りが部屋中に広がり、虫除けにもなります。 天然素材でできているため、赤ちゃんがいる家庭でも安心です。 ただしペットにはニオイが強すぎるため注意してください。 猫はハッカ油のニオイを嫌がることが多く、 猫がいる家庭では使わないほうがいいでしょう。 犬には問題ないようですが、濃度を薄めて作ってください。 動物は精油の成分を体内で分解できません。 トイレ掃除に ハッカ油スプレーが大量に余ったら、トイレ掃除に使ってみてはどうでしょうか。 便器や床にスプレーしてからふき取ると、爽やかな香りが広がります。 水や洗剤で掃除をするより、ハッカ油を使ったほうが、トイレ掃除も楽しくなります。 おすすめのハッカ油 ハッカ油といっても、たくさんの種類があります。 北見産のハッカ油は、北海道でないと入手できないかもしれません。 身近に手に入りやすいハッカ油を比較してみてください。 楽天 楽天で人気があるハッカ油は、「Nicoライフ」が販売する商品です。 メディアでも紹介実績のある、「純滴」という名前のハッカ油が売られています。 純日本産のハッカです。 昔ながらの製法で、水蒸気蒸留しています。 通常価格は1,500円ですが、まれに特化で販売されている場合があります。 リンク: 北見産のハッカ油 日本産のハッカとして有名なのは、北見産のハッカ油です。 「北見ハッカ通商」が販売するハッカは、北海道のお土産品として人気があります。 北見産のハッカは、1瓶1,000円です。 スプレーボトルに入ったものや、詰め替え用などがあります。 北海道のホテルや、駅にあるお土産店などに置いてある場合が多いです。 食品添加物の指定を受けているもので、食品にも混ぜられます。 お菓子つくりとしてハッカを選ぶなら、北見産のハッカ油がおすすめです。 リンク: 薬局のハッカ油 薬局でハッカ油を買うなら、「日本薬局方」や「健栄製薬」の商品があります。 メントールを30%以上含む製品で、安定した品質が特徴です。 リンク:.

次の

北見ハッカ油スプレーが超万能!虫よけや消臭・花粉症にも?そのまま使える活用法│キャンプフリークス

北見 ハッカ スプレー

ハッカの名産地である北海道は北見から届いたハッカ油です。 近頃ちょっと話題のハッカ油、理由はその 多彩な使い道と 非常に高いコストパフォーマンス、そしてその シンプルさにあります。 北見ハッカのハッカ油は食品に使うことを前提に作られているのでその安全性も食品レベル。 ほんのり甘ささえ感じるやさしい香りが他にはない特徴です。 よけいなものを一切混ぜない100%ピュアなハッカ油は汎用性もバツグン。 お菓子の香りづけに、お風呂に、疲れた首や肩に、お部屋の消臭に、ゴルフや登山等のアウトドアに。 いつでもどこでも、お守りのように持ち歩きたくなるハッカ油に、今なおハマる人が増えています。 ハッカ油っていつ使うの? A. いつでも使えます。 たとえば・・・ ゴルフや登山など、長時間外にいるようなアウトドア時にはぜひ持って行ってほしいのがハッカ油です。 うだるような暑さでも、帽子の内側などにシュッとひと吹きするだけでミントの爽快感が涼しく感じさせてくれます。 スーッとする香りにはユーカリやシトロネラに良く似たサポートも。 暑さや自然に肌を晒すときには、お守りとしてポーチやポケットにお持ちください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ セット内容 スプレー瓶(10ml)…持ち歩きしやすいポーチにおさまるサイズです。 ガラス製なので取扱いにご注意ください。 詰め替え用小瓶(20ml)…2回分の詰め替え用。 使う量を細かく調整したい時にも。 詰め替え用ミニ漏斗…スプレー瓶への移し替えに便利な小さな漏斗です。 ハーブオイル特有の「酸化しやすい性質」と「異物混入」防止等を加味し、ビーカーや試験管などに使用される耐熱・耐酸性の理化学用ビンを使用しているので、安心してお使いいただけます。 明治から始まる北見のハッカ生産は、昭和には世界の70%のシェアを誇る世界一の生産量にまでなりました。 外国産ハッカや合成ハッカの台頭によって一度は低く落ち込んでしまった北見の、ひいては日本のハッカ生産ですが、今またその品質と製品力で新たな地位を築きつつあります。 北見ハッカの強みは何と言っても独自に改良を進めた北海道原産の和種ハッカ。 そのブレンドによって他で得ることができない懐かしく馴染み深い香りを得ています。 食べることを前提に作られているので、香りもやさしく、ほんのり甘いのが特徴です。 入れすぎは風味を損ないます。 ・ゴルフ・釣り・登山等、アウトドアのお供に最適です。 ・おしぼり、ハンカチ等の着香料、お部屋の芳香、アロマの香りにもご使用ください。 ・お風呂に数滴、ミントバスをお楽しみください。 この部分は iframe 対応のブラウザで見てください。

次の

【楽天市場】【クーポン利用で10%OFF】北見ハッカ ハッカ油セット 10ml+20ml【スプレー+詰め替え用ボトル+ミニ漏斗】

北見 ハッカ スプレー

ドンキホーテや薬局にあるハッカ油の効果1つ目は、暑さ対策です。 肌にするとすーっとした感じのするハッカ油は、暑い夏の強い味方です。 暑い時、ハッカ油スプレーなどをさっと肌にスプレーしたり、お風呂に数滴入れることで、ひんやりとした感覚を味わうことができます。 夏に暑さ対策として使う場合、ハッカ油を肌に直接つけてしまうと、刺激が強すぎる場合があり、肌の弱い人だと赤く腫れてしまう場合があるので注意が必要です。 また、体感が涼しくなるので、暑い中で過ごしてしまい、気づかずに熱中症になってしまう場合もありますので、使い方には注意も必要です。 ハッカ油の香りには、ゴキブリ、ハエ、蚊などの害虫を寄せ付けない効果があります。 虫の増える夏場には、特に欠かせないアイテムです。 山などのアウトドアに行く際も、忘れずに持っていくとよいでしょう。 蚊対策で使う場合は、ハッカ油スプレーを肌につかないように全身にスプレーしておきましょう。 アウトドアで使う場合は、定期的にスプレーするとより効果的です。 ゴキブリ対策としてつかう場合は、ハッカ油と重曹をまぜて、キッチンや玄関などにある隙間などに置いておくと良いでしょう。 他にも、ゴミにわくコバエや、布団やじゅうたんにわくダニなどにも効果があります。 虫を退治したい場所に、ハッカ油スプレーを適度にスプレーすることで効果を発揮します。 網戸などにスプレーしておくことで、虫の侵入も防止することができます。 風邪を引いた時、花粉症の時期など、鼻づまりで苦しい時に、ハッカ油の香りがつらい鼻づまりを改善してくれます。 喉が痛い場合は、お湯にハッカ油を数滴垂らし喉に吸い込むようにすると、痛みを緩和してくれる効果もあります。 鼻がつまる、喉が痛い、風邪気味などの時は、マスクにハッカ油スプレーを一拭きしておいてから使うのも効果的です。 つけすぎると喉や鼻の粘膜に刺激が強すぎる場合がありますので、つける量には注意しましょう。 また、ハッカ油には、炎症を鎮静させる効果もありますので、患部に薄く塗ることで、ちょっとした肩や腰の痛み、打ち身の痛みを緩和してくれます。 急な怪我や痛みの際にの応急処置として使うと良いでしょう。 ハッカ油の香りは、気持ちをリラックスさせ、リフレッシュさせる効果もあります。 なんとなくぼんやりしてしまう時、気分が上がらないときなどに香りを嗅ぐことで、気持ちを切り替えることにも使えます。 ハッカ油は、眠くなってしまった時、疲れたなと感じた時などに、耳の後ろに少し塗ると、すっきりとすることができます。 あまり強く香りを吸い込んでしまうと、涙が出てしまうこともありますが、頭をすっきりさせて、眠気を吹き飛ばしたい時にはおすすめの方法です。 薬局やドラッグストアで買えるハッカ油の代表は、健栄製薬のハッカ油で、20ml入り500円程度です。 健栄製薬のハッカ油は、定価は860円ですが、薬局や通販などでは、500円前後で購入できます。 健栄製薬のハッカ油は、昔から薬局で購入できる定番のハッカ油で、滴下式の容器に入っていますので、ハッカ油スプレーを作る際の材料として使いやすいハッカ油です。 通常時の単価としてはドンキホーテで購入できるハッカ油より安いでしょう。 ハッカ油スプレーは、ハッカ油、精製水、無水エタノールから作られます。 材料はこの3つを用意しましょう。 用途によって分量が変わりますので、使い方に応じて、量って使いましょう。 ハッカ油スプレーの作り方は、まず、ハッカ油と無水エタノールをよく混ぜて、スプレーボトルに入れます。 そこに、さらに精製水を入れてよく混ぜればできあがりです。 スプレーボトルは、ポリスチレン(PS)の物を使ってしまうと、ハッカ油の効果で溶けてしまう場合がありますので、注意しておきましょう。 虫除けや、掃除に使うハッカ油スプレーの場合は、たくさん精製水を用意する必要が出てきますので、水道水で代用することも可能です。 制汗スプレーや消臭スプレーなど、直接肌につけるものに使うものを使う場合は、精製水を使う方が良いでしょう。 ハッカ油スプレーの種類と分量• 虫除けスプレー…無水エタノール10ml、ハッカ油20~60滴、精製水90ml• 制汗スプレー…無水エタノール10ml、ハッカ油5滴、精製水90ml• 消臭スプレー…無水エタノール10ml、ハッカ油10滴、精製水90ml• ハッカ油スプレーは、作ってから1週間〜10日程度で使い切りましょう。 日光の当たらない涼しい場所で保管しましょう。 冷蔵庫などで保存しても良いでしょう。 また、ハッカ油はポリスチレン(PS)を溶かしてしまいますので、保存容器には、ガラス製、陶器製、ポリプロピレン(PP 、ポリエチレン(PE)などを選ぶようにしましょう。 気になる場合は、ガラス、陶器製がおすすめです。 ガラス製、陶器製を使う場合は、使うごとにアルコール消毒、煮沸消毒するとさらに安心です。 便利なハッカ油をより活用しましょう ハッカ油は、消臭、防虫、リラックスなどの年間を通して使える効果、暑さ対策、鼻づまり対策など、時期に応じて使える効果など、様々な便利効果があります。 ドンキホーテや薬局などで、手軽に購入することができ、値段も他のアロマオイルなどと比べるとかなりリーズナブルです。 夏に暑さ対策として使う際、ひんやりした感覚になるので水分の摂取を忘れてしまったり、ポリスチレン製の容器を溶かしてしまったりと、注意しておきたい点もありますが、知っておけば問題のないことばかりです。 気軽に購入でき、便利なハッカ油を知って、より活用しましょう。 ハッカ油こと、ペパーミントのオイルは、日本でも馴染みの深いアロマオイルの一つですが、日本に古来から伝わっているクロモジの精油も、日本の暮らしにぴったりのアロマオイルです。 クロモジのアロマオイルについては、こちらの記事もチェックしてみてください。

次の