呪術 廻 戦 七海。 呪術廻戦

【呪術廻戦】第23話のネタバレ感想&考察!七海vs真人の決着は・・・!?

呪術 廻 戦 七海

最新記事 by 中年ペンギン• - 2020年6月26日• - 2020年6月25日• 残された場所には漏瑚が登場。 七海ら3人を瞬殺します。 しかし宿儺の指の気配を感じて漏瑚がかけつけると、虎杖に宿儺の指を飲ませている菜々子らの姿が。 ということで、さっそく112話のネタバレ予想します! 前話までのおさらい 呪術廻戦112話ネタバレ予想「漏瑚が意外に強すぎた件」 さて、前回は漏瑚が強すぎました。 乙骨っー!早く来てくれーっ!! — 優しいお湯 enjoy42104 七海、真希、禪院直毘人らを瞬殺です。 正直、「あれっ?漏瑚ってこんなに強かったっけ?」と思うほどでした。 というのも五条悟と戦ったときはそんな印象はなかったからです。 まあ、五条悟と比べるのもなんですが。。。 でも改めて漏瑚vs五条悟の戦闘があった2巻を読み返してみると、漏瑚も五条悟相手にいい戦いをしてました。 ニセ夏油曰く、今の漏瑚は宿儺の指、8~9本分くらいの強さだそうです。 それでも結果は五条悟の圧勝でした。 その漏瑚は七海らを相手に圧勝しているので、 七海ら<漏瑚<<<<五条悟 そんな図式になるわけです。 さて七海らは漏瑚によって焼け焦げになったけど、果たして生きているのか? 同じく2巻で、ニセ夏油、漏瑚、花御の3人で喫茶店に入ったとき、漏瑚が店内の人間を同じ技で焼け焦げにしました。 中には瞬時に骸骨姿に焼け焦げた人もいました。 それだけ火力が強いということでしょう。 となると少々呪力の強い呪術師でもかなり危うい。 ましてや真希なんて呪力が一般人なみなので、生きているかどうか疑わしいです。 もし生き残っても、ひどい後遺症とかありそうだ。 真希さん可愛いのに、顔がやけどしてたら残念で仕方ない。 そろそろ反転術式の使える人が来てくれないと。 乙骨くんとか。 【呪術廻戦】 控えめに見てもどうみても死んでるだろこれではあるけど、それでもナナミンと真希先輩と直毘人さんがこの章で死ぬとは到底思えないしここいらでそろそろ乙骨くん参戦来そうですね、一応反転術式使えますし — サダール Sata4290 呪術廻戦112話ネタバレ予想「宿儺の指10本飲んだらどうなる?」 宿儺の指の切断面全部違っててなんか良い。 こういう細かいこだわりみたいなの好き。 — 進藤 ymmomoym 指10本を一度に飲んだら、さすがに虎杖もしばらくは出てこれないでしょうね。 その間、宿儺が大暴れするのは目に見えてます。 ましてや五条悟も封印中だし。 以前、伏黒に対して宿儺は興味深そうでした。 伏黒が切り札にしている術式は何かしらを犠牲にすることで超強力な術式になりそうな感じです。 パパ黒も伏黒のそれを見抜いて、あの中で1番強いと判断して連れ去ったのかもしれませんが。 でも1番の問題は今の虎杖は秘匿死刑だったところを、宿儺の指を全部食べるまで猶予を与えられている状態です。 ということは、指を一気に食べちゃうと、死刑が早まってしまうことです。 虎杖が今まで食べたのはたぶん4本。 そして菜々子が食わせたのが1本。 これから漏瑚が食わせるのが10本。 合計で15本。 残り5本。 全部食べたらどうなるんだろうな。 虎杖の体的には耐えられるのだろうけど、宿儺は虎杖の心臓を抜き取った後、生き返る条件に ・宿儺が「契闊(けいかつ)」と唱えたら1分間、体を明け渡すこと ・この約束を忘れること 来週、やっとこの縛りが出てきそう さてどうなるか — あれきさんだー nicoxander32 というのを約束してました。 来週、もしかしてこの縛りの条件がようやく出てくるかもしれませんね。 呪術廻戦112話ネタバレ予想のまとめ 来週は漏瑚が気絶した虎杖に宿儺の指10本を飲ますが、虎杖が起きてきて抵抗する?という可能性も。 でもまだ顔に宿儺の紋様が浮き出ているから、宿儺モードの最中かもしれん。 指を飲んでただ復活するだけじゃ物語的に面白くないから、何か予想外のことが起きそうだな。 とりあえず復活した宿儺が目の前の漏瑚を瞬殺したり。。。 宿儺は1巻で五条悟に抑えられてますから、力を取り戻した今こそ、また五条悟と戦いたいと思ってるかもしれません。 となると、今は封印中だから、その封印を解いてしまうかも。 そして五条悟vs宿儺の戦闘が始まる、みたいな流れを期待したい。

次の

【呪術廻戦】七海 建人(ななみ けんと)のプロフまとめ

呪術 廻 戦 七海

スポンサーリンク まとめ 灰原は五条過去編で初登場しており、七海と共に空港で呪詛師を迎え撃つ役割を与えられていました。 灰原は冷めている七海と対照的に、常に周りには明るく振る舞っていました。 性格は根っからの善人で、現代編なら虎杖に近いモノがあるかもしれません。 灰原と七海は呪術高専東京校の同期で、一緒に任務に行くことも多かったようです。 あまり交友関係の広くなさそうな七海ですが灰原とは良く会話していましたし、数少ない同期ということもあり信頼し合っていたのではないのでしょうか。 彼には呪いが見える妹がおり、彼女には高専に来ないように強く言いつけていたようです。 自らの妹を危険にさらしたくなかったのでしょう。 灰原の好きな女性のタイプは「沢山食べる子」らしいです。 意外と珍しい好みですよね。 灰原にとっては尊敬対象であると同時に呪術師としての目標だったのではないでしょうか 灰原は2007年呪術高専2年の時、七海と共に2級呪霊の討伐任務に失敗して死亡し、任務後自分たちの等級より高い呪霊を相手にしていたことが判明し、生存した七海は絶望していました。 灰原は呪術廻戦にしては珍しい善人で、現代編に登場していないこともあり「死亡したのでは?」と予想されていました。 今回は過去編に登場した灰原雄について掘り下げてみました。 過去編で死亡したため今後登場することは無いと思われますが、もし死なずに生きていたのなら夏油も高専を裏切らなかったのでしょうか。

次の

呪術廻戦【111話】最新話確定速報!ネタバレあらすじ、感想と考察まとめ!漏瑚により両面宿儺の復活へ!|マンガタリー

呪術 廻 戦 七海

Contents• 呪術廻戦111話のネタバレ 週刊少年ジャンプ連載「呪術廻戦」の概要 呪い。 辛酸・後悔・恥辱…。 人間の負の感情から生まれる禍々しきその力は、人を死へと導く。 ある強力な「呪物」の封印が解かれたことで、高校生の虎杖は、呪いを廻る戦いの世界へと入っていく…!異才が拓く、ダークファンタジーの新境地! 前回110話のおさらい ・禪院甚爾は特級呪具遊雲を真希から強奪 ・甚爾が近接戦で陀艮を圧倒する ・伏黒の体力的に領域展開が解除間近に ・直毘人が空中に飛んだ陀艮の動きを停止 ・その隙に甚爾が陀艮に強烈な一撃を加える 前回のネタバレはこちら 呪術廻戦本誌111話のネタバレ 特級呪霊陀艮(だごん)の領域内で戦う、 真希・七海・直毘人・伏黒・甚爾の5名。 甚爾の攻撃がついに陀艮の脳天を貫き、致命傷を与えることに成功する。 陀艮はまだ意識があったが、甚爾が一瞬のうちに脳天を何度も突き刺し、 ついに陀艮は死亡するのだった。 消滅する陀艮の領域展開。 陀艮に対抗する形で領域を展開し続けた 伏黒も、やっと領域を解除。 限界を超えて領域を展開し続けたことで、 激しい息切れを起こしている。 ついに陀艮を倒すことに成功したのだが、問題は未だ健在。 その問題とは、 甚爾が味方なのか敵なのか判別しないこと。 未知数である甚爾を警戒する七海たち。 一方の 甚爾は矛先を常に強者へと向けており、次は伏黒1人に狙いを定めていた。 駅構内のガラスを突き破り、凄まじい速度で伏黒を外に放り出す甚爾。 伏黒と甚爾の1対1の戦いが始まる。 ———————— 一方で駅構内に残された七海・真希・直毘人の3名も、伏黒を追おうとする。 しかしその場に突如、 特級呪霊「漏瑚」が姿を表すのだった。 陀艮の死を憂う漏瑚。 その姿を見た3名は一瞬で察する。 漏瑚の実力は陀艮を遥かに上回っていることを。 警戒心を高める3名。 しかし勝負は一瞬で決する。 漏瑚は高速で移動を始め、七海と真希を一撃で焼き払う。 さらに、五条を除いて最速の術師と称される直毘人も、片腕を失ったことで全速力を出すことができず。 直毘人も漏瑚に一瞬で焼き払われてしまう。 ———————— 一瞬で3名の術師を葬った漏瑚。 しかし直毘人に止めを刺そうとした瞬間、 漏瑚の脳内に突如宿儺の顔が現れる。 漏瑚いわく、 どうやら宿儺の指が解放しているらしい。 渋谷のどこかで 、誰かが虎杖に指を食わせている。 そう感じ取った漏瑚は、直毘人のもとを離れ急いで 虎杖のもとへ向かっていく。 一方その頃菜々子と美々子は、宿儺を目覚めさせるため、 気絶した虎杖に宿儺の指を1本食わせていた。 しかし虎杖たちのもとに、 ついに漏瑚が到着。 宿儺の復活は予定していなかったことであり、菜々子と美々子に指を何本食わせたのだと問う漏瑚。 菜々子と美々子はもちろんそれには答えない。 漏瑚に盾ついたことで、 菜々子と美々子も一瞬で焼かれてしまう。 ———————— 気絶して横たわる虎杖を見つめる漏瑚。 宿儺復活は不測の事態ではあったが、虎杖の顔には宿儺の紋様が浮かび上がっており、 漏瑚はこのまま宿儺を復活させることを決意する。 なぜなら、 漏瑚の目的は呪霊側を勝利に導くことであり、 宿儺が復活すれば副次的にその目的が達成されると考えたから。 ニセの夏油から聞いた推測を思い出す漏瑚。 夏油いわく、本来 虎杖は指を20本取り込んでも、肉体の主導権を宿儺に譲ることはない。 しかしそれば毎日1本ずつを取り込んだ場合の話であると。 1度に10本も指を取り込めば、肉体の適応が追いつかず、一時的だが肉体の主導権は宿儺に移ることは決定的だという。 宿儺を復活させるため、 漏瑚は懐から10本の指を取り出すのだった。 111話へと続く。 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。 さらにもう1冊無料で読める! music. jpでも、無料トライアル登録するだけで 呪術廻戦を1冊無料で読むことができます! こちらも 30日以内に解約すれば料金は一切かからないので、 最新刊を読んでさらに0巻も読みたいという方は、ぜひ利用してみてください。

次の