尽力いたします。。 「ご尽力いただき」の意味と使い方・例文・類語|相手別/メール

「尽力いたします」の意味と使い方・類語・読み方・敬語・例文

尽力いたします。

「微力ながら」は頼りないイメージを持たれやすい• 「微力ながら」を嫌味と感じる人もいる それでは、詳細を見てみましょう。 「微力ながら」は頼りないイメージを持たれやすい 「微力ながら」は使うシーンによっては相手に「頼りないかも…」と思われてしまいます。 この言葉には、自分をへりくだって敬意を表すとともに、自分の力量のなさに保険をかける言葉でもあります。 依頼する仕事がもし実力が必要な場合、「微力ながら」を使ってしまうと「じゃあ」と断られてしまうかもしれません。 「微力ながら」はあくまで自分をへりくだって使う言葉であるため、自己アピールの場や実力が試される場での使用は控えるようにしましょう。 「微力ながら」を嫌味と感じる人もいる 「微力ながら」は時に嫌味に聞こえてしまうことがあります。 本当は実力があるのに、自分のことをへりくだりすぎてしまうのは注意が必要です。 相手によっては「本当は自信満々のくせに生意気だ」などと思われてしまうかもしれません。 本当に自信のある仕事の場合や、相手より実力が上だとわかる場合は「微力ながら」を使うべきではありません。• I will put the most efforts (最大限努力します)• 以上の2点の違いは、ネガティブな表現かポジティブな表現かといえるでしょう。 1つ目の「 I will put the most efforts 」には「力が及ぶかどうかわかりませんが、精一杯努力します 」という言い回しになり、相手にもポジティブな印象を与えます。 相手が困っていることに対して手を差し伸べるわけですから、言葉だけでもポジティブな印象を与えたほうが良いですよね。 ビジネスシーンで使うのであれば「 I will put the most efforts 」を使いましょう。 「 I will put the most efforts 」は以下のような例文を参考にしてください。

次の

手助けや努力を表す「尽力」の使い方と例文 「精進」などとの違い

尽力いたします。

注力と尽力の違い 注力と尽力の違いを分かりやすく言うと、 注力はある物事に対して力を入れること、力を入れて集中することを意味していて、尽力は、ある物事に対して持っている力の全てを尽くして取り組むことを意味しているという違いです。 注力というのは、物事に対して力を注ぐことを意味しています。 この言葉は、もともとは現代で作られた造語であり、辞書によっては載っていないこともあります。 何かの物事を集中して行う際などに使用される表現です。 しかし、この注力という言葉を使った場合には、どの程度の力を注いでいるのかというのは、人によって異なるものです。 注力という言葉には、力をかける具合の程度を示す意味は含まれていません。 そのため、注力という言葉を使う際には、程度を示す言葉と共に使われることもあります。 例えば「精一杯に注力して」などのように使用されることもある言葉です。 ただし「注力を注ぐ」という表現はしません。 これは注ぐという意味が重複しています。 一方の尽力というのは、物事に対して持っている力の全てを注ぎ切るという意味を持つ言葉です。 尽力の「尽」という字は、尽くすという意味を持つので、尽力という言葉だけで、全部の力を尽くすという意味になります。 尽力という言葉は、ビジネスシーンなどでもよく使用される言葉です、「御社のご尽力に感謝いたします」などのように使われ、相手側が全力をかけてくれたことに感謝をするような場面で使われる表現です。 他にも「ご尽力を賜り」「ご尽力をいただき」などのように使用されます。 「尽力を尽くす」という表現はしないので注意が必要です。 これは「注力を注ぐ」と同じように重複の表現になります。 注力の意味 注力とは、 有る事に力を入れること、力を入れて集中することを意味しています。 注力という言葉は、物事に「力」を「注ぐ」ことを意味している言葉です。 注力の「注」というのが「注意」や「注目」の「注」であると考えると分かりやすいでしょう。 注力という言葉は、何かに力を注ぐこと、力を入れて集中して行うことを意味している言葉です。 例えば「問題の解決に注力する」や「わかりやすい表現になるように注力する」などのように使用されるものです。 この注力という言葉は、現代語として登場した表現であり、辞書によっては載っていない場合もあります。 注意して力を入れることを示して「注力」と使用されたのがはじまりであり、本来は造語でした。 注力というのは、それだけで「力を注ぐ」という意味を持つ言葉なので、「注力を注ぐ」という表現をすると意味が重複してしまうので注意が必要です。 物事を集中して行う時や、力を入れて行う際に「注力する」という表現で使用するようにします。 注力というのは、物事に力を集中させる意味を持ちますが、全力を注ぐという意味は持ちません。 力の入れ加減は人によって異なるものです。 注力というのは、なるべく集中して行うという意味を持つものであると覚えておくようにしましょう。 注力の「注」という字は、そそぐ、流し込む、一点にむける、集める、解き明かすなどの意味を持つ漢字です。 つまり、注力とは、力を一点にむける、集める、流し込むなどの意味を持つ言葉であるとわかります。 注力の「注」という字を使った別の単語としては、注意深くじっと見ることを意味する「注視」、注意して見つめることや関心をもって見守ることを意味する「注目」、本文に注を加えて意味を説明することを意味する「注解」などがあります。 尽力の意味 尽力とは、 目的の実現のために力を尽くす事や、力を注ぎ切ることを意味しています。 尽力という言葉は、「力」を「尽くす」ことを意味している言葉です。 尽力の「尽」という漢字が、全てを出し切るという意味を持つと考えると分かりやすいでしょう。 尽力というのは何かの目的を実現させるために、持っている力を全て尽くすことを意味している言葉です。 例えば「地元の活性化に尽力する」などのように使用されるものです。 この尽力という言葉は、社会や人のために役に立つことを意味する「寄与」(読み方:きよ)や、わが身を犠牲にして尽くすことを意味する「献身」(読み方:けんしん)などと類語であるとされています。 このように、自分の身を犠牲にしても力を尽くしきることを意味するのが「尽力」という言葉です。 覚悟を持って、物事に全身全霊で向かっていくような意味を持つ言葉であると覚えておくようにしましょう。 尽力の「尽」という字は、つくす、出し切る、ことごとく、すっかりなどの意味を持つ漢字です。 つまり、尽力とは、力を出し切る、力をことごとくつくす、などの意味を持つ言葉であるとわかります。 尽力の「尽」という字を使った別の単語としては、忠義を尽くすことや、国家や君主に対して真心を尽くして仕えることを意味する「尽忠」、月または年の末日や終日を意味する「尽日」などがあります。 注力の例文 10.その小学校では予防歯科に注力しており、生徒の虫歯発生率の低さは全国ランキング1位である。 この言葉がよく使われる場面としては、ある物事に力を入れることや、集中して力を注ぐことを表現したい時などが挙げられます。 注力という言葉は、現代で使われるようになった造語であり、辞書によっては載っていないこともあります。 注力というのは、物事に力を注ぐことを意味している言葉ですが、どの程度の力を注ぐのかということについては、その人それぞれに個人差があります。 また対している物事の重大さによっても力をかける程度は変わってくるものです。 注力という言葉を使った場合には、力を注ぐことしかわからず、その程度については言葉だけの意味ではわからないものであると覚えておくようにしましょう。 尽力の例文 10.山田氏は長年に渡ってこの地域の発展にご尽力いただきました。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 この言葉がよく使われる場面としては、ある目的を達成するため、力を尽くして実現させることを表現したい時などが挙げられます。 尽力というのは、持てる力を全て注いで目標達成に向かっていくことを意味しています。 尽力という表現は、例文にあるようにビジネスシーンなどでもよく使用される言葉です。 目上の人や立場が上の人に力を貸して貰った場合などに「ご尽力を賜り感謝いたします」などのように使用します。 これは最大限の力を尽くしてもらって、ありがとうございます、という意味を示すものであり、感謝の言葉などと共に使われるものであると覚えておくようにしましょう。

次の

「ご尽力」は上司やお世話になった人へのメールに使おう!意味や使い方を徹底解説

尽力いたします。

「尽力いたします」という言葉は、「一生懸命に頑張ります」という意味で、前向きに努力をするといったニュアンスが込められる言葉です。 「尽力いたします」という言葉は、ビジネスシーンや礼儀を重んじる状況で使われることが多い言葉です。 主に目上の人や、社外の人に対して使うことが多いと言われています。 敬意を表すべき人に対して、今後の意欲を示す時に使われます。 「尽力いたします」という言葉は敬語の表現になることから、通常は目下の人に対して使うことはありませんが、冗談交じりに使われるケースも考えられますので、「絶対に使われない」、「使ってはいけない」ということではありません。 尽力いたしますの「尽」と「力」の意味 「尽力いたします」の「尽」と「力」の意味を知ることで、より深く「尽力いたします」という言葉を理解することができるため、詳しく見てみましょう。 「尽」という漢字が持つ意味は、「全てを出し尽くす」、「全部を費やす」、「尽きてしまう」、「無くなる」といった意味合いがあります。 「尽」は「じん」と読みます。 また、「尽」という漢字の代わりに「盡」という字が用いられるケースもまれにあります。 「力」という漢字には意味がたくさんありますが、「尽力」という言葉に含まれる意味合いとしては、「努力」、「骨を折る」、「自分の働き」といった意味です。 「力」は「りょく」と読むことから、「尽力」と書いて「じんりょく」と読みます。 尽力いたしますの意味を英語で表現すると「effort」 尽力いたしますの意味を英語で表現する際には「effort」という英単語が役立ちます。 「effort」という英単語には、「努力」や「頑張り」といった意味合いがあることから、「尽力いたします」の意味である「一生懸命に頑張ります」と同じニュアンスを含ませることができます。 例えば、「御社のために尽力いたします」という英語表現は、「I will make an effort for your company」という言い方で表現できます。 このように「尽力」という言葉を使う人には、意欲や覇気がある人が多いと言われており、エネルギッシュな人ほど、言葉に力強さが宿ると言われています。 その一方で現代では若い人でも「覇気がない」と言われるケースも少なくありません。 以下の記事では覇気がない人の特徴などについて紹介しているので、ぜひご覧ください。 「尽力いたします」の使い方の1番目は、「御社に貢献できるよう尽力いたします」という表現です。 この使い方は、就職試験などでよく見受けられるフレーズです。 「貢献」という言葉には、「良い結果をもたらす」、「何かに対して役に立つ」といった意味合いがあることから、「御社に貢献できるよう尽力いたします」には、「会社に良い結果をもたらせるように一生懸命頑張ります」といったニュアンスが込められます。 ちなみに「御社」という言葉は、口頭で話す際に使われることが多い言葉と言われています。 文章の場合は「貴社」と表現することが一般的だと言われています。 就職試験などで提出する履歴書や、メールなどの文字として意思表示をする際には「貴社」を使うと良いでしょう。 この使い方は、社外の人や目上の人が、自社や自分のために協力してくれたり、力を貸してくれたりした時に、お礼の言葉として使われるフレーズです。 ちなみに、社外の人や目上の人に対して「力を尽くしてくれてありがとう」といった内容の発言をすることは失礼ではないかと感じる人も少なくありません。 しかし、「ご尽力いただき感謝いたします」という表現は敬語表現であり、相手に対する敬意や尊敬の気持ちを表したフレーズですので、相手に対して失礼な言動にあたるということはありません。 相手に対して感謝の気持ちをしっかりと伝えるためにも、ここで適切な敬語表現を押さえておきましょう。 「ご期待に添えるよう」という表現には「あなたの要望にこたえられるように」という意味があります。 「ご期待に添えるよう尽力いたします」という言葉は、相手から要望を伝えられた時の返答として使われます。 「尽力いたします」と同様、「ご期待に添えるよう」という言葉も敬語表現ですので、主に目上の人や社外の人に対して使われます。 例えば、上司から「今月の営業成績は素晴らしかったから、来月もこの調子で頼むよ」などと言われた際に「ご期待に添えるよう尽力いたします」といった返答をする際に使うことができる表現です。 「一翼を担えるよう」という表現には「重要な役割を果たせるように」という意味があります。 そのため、「当社の一翼を担えるよう尽力いたします」と表現することで、並々ならぬ意気込みがあることを表現することができます。 ちなみに「一翼を担う」という表現については、「一役を担う」や「一躍を担う」など、読み方を間違っている人や、「一役買う」や「一端を担う」という使い方と混同している人も少なくありません。 以下の記事では「一翼を担う」の正しい意味や使い方について詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。 尽力いたしますの敬語表現の1番目は、「尽力させていただきます」という表現です。 「尽力させていただきます」という使い方は、お客様からの要望があった際などの返答として多く見受けられるフレーズです。 「尽力させていただきます」という表現は、いただいた要望の中でも比較的実現が難しいものについて使われる傾向があります。 「難しい要望ですが、できる限りの対応はさせていただきます」というニュアンスで「尽力させていただきます」を使う人は少なくありません。 この場合、「要望の実現ができない可能性もある」ということを暗に示唆することによって、いざ要望が実現できなかった時に相手が抱く不満を和らげたいといった意図などから、使われることが多いフレーズです。 「尽力いたします」という言葉には、「一生懸命に頑張ります」という意味合いがあることから、ほぼ同じ意味の言葉であると考えられています。 そのため、「全力で頑張ります」という言葉は、「尽力いたします」の類語であると言われています。 尽力いたしますの意味を理解して適切に感情を表現しましょう 「尽力いたします」という言葉は、ビジネスシーンや礼儀を重んじる状況で使うことができる表現であることから、意味や使い方を理解しておくと役立ちます。 「尽力していきたい」と間違えている人も多いことから、「尽力して参ります」という表現を覚えるだけでもすぐに有効活用できる言葉遣いです。 相手を敬う気持ちや丁寧に接する態度を込めたうえで仕事への意欲や、感謝の気持ちを伝えることができることができるため、人間関係を良好に保つだけでなく、仕事を円滑に進めることなど、たくさんのことに役立つ表現と言われています。 ちょっとした言葉遣いや態度によって、相手に与える印象が異なるということは多々ありますので、少しずつ社会人としてのレベルを上げていくためにも、尽力いたしますの意味を理解して適切に感情を表現しましょう。

次の