古川 組。 尼崎市で発砲!古川組か!犯人の名前や顔画像と現場(お店)の場所はどこ?

中野会VS古川組 知られざる秘話

古川 組

組織名変更を知らせる任俠団体山口組・古川組の通知書。 4月30日、神戸山口組から割って出るかたちで任俠団体山口組が尼崎市で産声をあげて以来、尼崎市に本拠を置く古川組も、それぞれに組織の傘下へと袂を分けた【】。 6月22日、その2つに割れた古川組に新たな動きがあったことが、関係者への取材でわかった。 まず、任俠団体山口組を上部団体とする三代目古川組は、組織名称を「古川組」と変更した。 その理由については、関係者に出回った通知書(写真)で述べられているが、ここにはもともとは自分たちの組織の親分だった二代目古川組の古川恵一組長に対して、「雑誌等で嘘八百を並べ、初代古川組を冒涜し、自身の保身のみに走り、軽挙妄動を繰り返す」などと辛辣な言葉が並んでいる。 これについて神戸山口組系幹部は、次のような見解を示している。 「同じ日に、(神戸山口組傘下の)二代目古川組が、三代目古川組に代替わりしている。 正式発表については、次回の神戸山口組の定例会となる見込みだが、この話はすでに三代目古川組で組長代行にあった琉真会・仲村石松会長が任俠団体山口組を離脱し、古川恵一組長率いる二代目古川組に加入した際から予測されていたことだ。 それを察して、任俠団体山口組系の三代目古川組がその名を名乗り続けると、古川組長が総裁となり、仲村会長に跡目を譲った神戸山口組系三代目古川組のほうに正当性があるように見える。 それを嫌っての組織名変更ではないか」 こうした跡目継承をめぐる対立の構図は、六代目山口組派と神戸山口組派に分裂した会津小鉄会の一件と同様に映る。 そういった意味でも、会津小鉄会同様の混乱を招かないために、組織名変更という対応を示したとも考えられる。 ただ、これについてある法律家は、このように話す。 「現在、七代目会津小鉄会の一連の騒動で、山口組関係者の間にかなりの逮捕者が出ています。 ことの発端となった、関係者へと流されたファクスを根拠として、有印私文書偽造容疑で六代目山口組の幹部らの逮捕まで踏み切ったのです。 六代目会長名義で作成されたこのファクスは、実際は原田会長や六代目山口組幹部らが捏造したものと当局は判断し、私文書偽造に問うたのだ。 山口組壊滅に向けて動き出したとおぼしき今の当局は、摘発のネタになるのであればと、それくらいのことはしかねないというのが、この法律家の見立てだ。 古川組関連の動きはそれだけではない。 六代目山口組系関係者が話すには、古川組が2つに割れた際、どちらにも参入しなかった、関東に本拠を置く下部組織が、六代目山口組の中核組織、三代目弘道会系列に加入したというのだ。 古川組が本部を置く関西とは事情が異なり、関東には今もなお「縄張り」というしきたりが受け継がれているといわれている。 今回、六代目山口組傘下に移籍した組織も、現在、自身が抱える縄張りで活動していくためには、上部団体の関係性を踏まて、そうした選択を取る必要があったのかもしれない。 今はひっそりと静まり返っている兵庫県尼崎市。 しかし、任俠団体山口組の発足は、ここ尼崎を根城としてきた古川組という有力団体にも、さまざまな影響をもたらしていることは間違いない。 所属していた組織の組長の引退に合わせて、ヤクザ社会から足を洗う。 以来、物書きとして活動を始め、『山口組分裂「六神抗」』365日の全内幕』(宝島社)などに寄稿。 去年10月、初単行本(サイゾー)を刊行。 山口組分裂騒動の詳細を記録した(同)にも執筆協力している。

次の

古川恵一(古川組組長)顔画像有!尼崎で銃撃され死亡!現場動画!神戸山口組幹部が被害者!尼崎市神田!サブマシンガン?

古川 組

私は御存知のように、反暴力団を旗印に掲げている訳ではない。 しかし、親暴力団を標榜する訳でもない。 ただ単に「暴力団は侠客になれ」と云って居るだけだ。 だってそうだろう・・・ 世の中に「男の中の男」が、ひとりでも多く居れば、世間がより楽しくなるではないか・・・ ・・・私の目指す五仁會は まさしくそれで、世の中の底辺で明るい未来を見つめることだ。 これは田岡一雄という昭和の大侠客の研究をしてみて、やっと漕ぎ着けた答えでもある。 ・・・田岡一雄は、不幸な生い立ちの中から人情の機敏に触れ、ヤクザ社会に腰を下ろした。 そして自らの経験から、不幸な生い立ちがヤクザ社会へ走らせる原動力になることを知った・・・ こんな田岡一雄の人間観察力が、こんにちの暴力団社会の基を構成したのである。 もちろんこれが、田岡一雄の背中を見て育った三代目山口組々員の原点となっていた。 これは否めない事実だろう・・・ 私が極道としてデビューした頃は、義理と人情が巷に溢れていた。 その頃は、世の中の片隅を少しだけ探せば男気があり、ヤクザ社会の倫理を教えて来たからだ。 ところが今はどうだろう・・・ ヤクザ社会に颯爽とした話しが無いのである。 どの週刊誌を見てもヤクザの大同団結だとか、平和共存を推し進める「平和外交」ばかりを特集のような感じで書いている。 ヤクザから牙を取り、政治力ばかりがクローズアップされるようでは、今どきの政治家と何等変わりなく、その時点で最早ヤクザでは無い・・・ ・・・大阪戦争で大日本正義団会長・吉田芳弘射殺事件の指揮を執った初代古川組若頭・入江秀雄 大阪戦争当時は佐々木組 は、ヤクザ組織において「仲良しクラブは要らんねん」と常に古川組幹部会で云っていた。 だから私と入江秀雄とは、幹部会でよく激論を交わした。 二人の会話を聞いて、一極会 許永中が創設した組織 会長・中村政義は「頭 入江秀雄 と兄弟 私 との話しは幹部会やのうて喧嘩でんがな」と真剣な顔をして云っていた。 それぐらい初代古川組本部事務所で、入江秀雄が射殺されるまでの幹部会は、白熱していたのである。 話しが逸れた・・・ 本来のヤクザ気質とは、一旦緩急あればドカーンと激突し、最終的に力で決着をつけて来た。 しかし今は六年間抗争ゼロと、如何にも平和共存策が実を結んだかのような記事が週刊誌の活字に溢れる・・・ 堅気の人間は、ヤクザ社会の平和共存など誰も望んでいないのだ。 ヤクザ社会を戦う「男の集団」と捉えるならボクシングと同じで、どちらかがノックアウトされるまで戦うのが男の花道だと思うからだ。 社会の裏街道を生きて行くなら、それなりに凶気も必要だし、それによって懲役に落ちるのもまた、暴力団社会に生きる者の運命 さだめ なのだ。 私は現役時代そうやって極道をして来た。 ヤクザをしていて懲役に行くのが怖いと思ったら、迷わず堅気になることだ。 30年とは云わないが、5年や10年の懲役に行くのが厭 いや なら、潔くヤクザ社会と決別することだ。 ヤクザから抗争事件という男社会の「大義」を取ったら一体何が残るのか・・・ ・・・私はヤクザ社会から8年前に破門状が出て、天下御免の堅気になった。 そして、運良く暴力団更生センターの出先機関のような団体として国から認可を受けた。 結果、暴力団員と犯罪者の自立更生支援を生涯のライフワークとして現在に至るのである。 我が国に結社の自由がある限り、暴力団がこの世から無くならないのは自明の理なのだ。 日本の国というのは、伝統の上に成り立っている。 その伝統の中に、義理や人情の世界に通じる男伊達というものがある。 だから私如き拙い男でも、国家公認の世直し活動が推進出来るのだ。 我々五仁會の活動が、やがてはアウトロー社会に生きて来た人間の道しるべになれば、私の本懐とするところである。 余談だが・・・ 現在の暴力団社会も暴力性が否定され、金の重みで人が動くような時代に変遷して来た。 人の心より、現ナマが物を云う時代になった。 なんと世知辛い世の中になったものだ。 結果的にこれも、暴力団社会の拝金主義が招いた結果なのだ。

次の

尼崎で古川恵一元組長が襲撃される。犯人の弘道会・三木一郎とは?

古川 組

中野会が山口組若頭・宅見勝射殺事件後絶縁になり、俺たち中野会の者は一旦 三代目山健組・桑田兼吉組長の預かりとなった。 その後俺は 中野太郎率いる「中野会」から、古川真澄率いる「初代古川組」に移籍になった。 ・・・最初俺は 三代目山健組本部長・片岡昭生の仲介で、桑田兼吉の舎弟盃を受けることになっていた。 これは以前トップページに書いた通りだ。 だが 中野会系鈴木組に命を狙われた古川真澄としては、中野会系列を山口組に復帰させる事について、どうしても納得出来ない部分があった。 ここら辺の事情は、盛力健児著「鎮魂」の中の 古川真澄との遣り取りを読んで貰えば、この俺の話しが理解出来ると思う・・・ ・・・中野太郎散髪屋襲撃事件のあと 古川真澄を付け狙った中野会系鈴木組の若い者たちは、古川組内琉真会の組員によって拉致されたのだ。 しかし沖縄戦争で辛酸をなめ尽くした琉真会は、ヤクザの筋道を重んじる事で知られる「四代目・竹中正久」の信奉者だった。 そう云う面では竹中正久の生き様に傾倒して、極道社会を張って来たと云っても過言ではない。 だから いくら古川真澄の命を付け狙ったとはいえ、同じ山口組一門の者を殺す訳にも行かず 焼きを入れて放した・・・ 古川組では俺と呑み分けの兄弟分だった琉真会々長・仲本政英と田中茂の三人で雑談中、この話しが出た。 ・・・田中茂と云う男も竹中正久と同じで 極道として筋道を通す男で、大阪十三の中島組若頭・瀬戸山欣秀と兄弟分だった関係で 俺とも兄弟分になった。 この田中茂の兄弟分が仲本政英で、俺が古川組に行ってから 三人が意気投合して兄弟分になった。 田中茂は 若い者をそこそこ連れていたのだが、藤田 許 永中に「若い者は全員 一極会にやれ」と云われ、その通りにしたヤクザ馬鹿を絵に描いたような男だった。 藤田永中を裏切らず「「裁判の傍聴」も欠かさず行ったのは この田中茂ただひとりなのだ。 後日譚だが、田中茂は 癌で死ぬ前「藤田会長のお陰で 若い者たちに 嫁と一緒に お伊勢参りに連れて行って貰って、ほんまの大親分のような気分にしてもろた。 兄弟 嬉しかったで」と云って死んだ。 俺は色んな人間を見て来たが、この田中茂ほど 純真なヤクザは初めて見た。 それに田中茂ほど 兄弟分思いの男は、ほんの一握りだけなのだ。 余談だが、田中茂が引っ越す時 常に持ち歩いていたのが、俺と仲本政英と三人で交わした「兄弟盃」と、俺がプレゼントしたエルメスのネクタイだった。 人それぞれの考え方にもよるが、俺はネクタイはヤクザ稼業のステータスだと思っていたので その持論を田中茂に押し付けたのだ。 話しを変える。 俺が平成17年に堅気になってから、ヤクザ社会も激変した。 組織の代変わりに人情が絡むのは最初だけで、あとは当代の息を離れ 執行部と云う名の下に非情なほど組織が変貌して行く。 当たり前の話しだが、人を活かすも殺すも 組織の体質次第である。 組織が肥大化して行けば、人間の体と同じで 余分な贅肉が付き 最後は病理集団となる。 これは作家の飯干晃一が何かの本に書いていたが、俺は当初から この条理が解かっていた。 時代のサイクルというのは 一定の周期で回っているのだが、この周期を知ることで 人生の勝利者になり得るのだ。 その為には、歴史学者の本を読む事も 生きて行く上での糧になる・・・ ・・・俺は刑務所に入ったお陰で 身を入れて本を読む事が出来た。 俺の読書法は、乱読するのではなく 一冊の本をじっくり手間暇かけて読む。 云わば人生の教科書代わりに 俺は本を読むのである。 俺は頭の良い人間が 月何冊の本を読むと書いているのを聞くと、その読んだ本に自分の人情や思考力を絡めて読んでいるのかと聞きたくなる。 俺は本質的に勉強が嫌いで 本を読む事は余り好きではなかった。 その性癖は今でも変わらない。 しかし人間的向上を目指すには、読書に親しむ以外ないのである。 俺のような学の無い男が綴るブログが 読者の向上心に役立てば、これ程嬉しいことはない。 いつも拙いブログを読んで頂き 感謝する次第である。

次の