東出昌大今。 東出昌大と唐田えりか、杏の3人は現在どうしてる?今後の3人の生活についてもチェック!

東出昌大が謝罪会見拒否でコンフィデンスマンJP降板も? ケイジとケンジ撮影現場では孤立、共演女優の態度にも変化?

東出昌大今

1月23日発売の週刊誌『週刊文春』によって、女優・唐田えりかさん 22 との不倫、妻で女優・杏さん 33 との別居・離婚危機を報じられた俳優・東出昌大さん 32 が、 「謝罪会見は絶対にNG」として拒否しているとの情報を『女性自身』が報じています。 東出昌大さんは1月上旬に、杏さんから唐田えりかさんとの不倫の証拠を突き付けられて自宅から追い出され、その後はマンスリーマンションで一人暮らしを始めましたが、『週刊文春』に居場所をすぐ特定されてしまったため、その後は車中泊をしたり、ホテルを転々とする生活をしているとされています。 また、普段乗っていた社用車のナンバーをマスコミが把握していることから、移動の際にはレンタカーを使用するなどしているそうです。 こうした生活を送りながら、東出昌大さんは桐谷健太さんとのW主演ドラマ『ケイジとケンジ~所轄と地検の24時~』(テレビ朝日系 木曜21時)の撮影に参加しているのですが、撮影現場では気まずい雰囲気が漂っていて東出さんは孤立しているといいます。 『女性自身』の記事ではドラマ関係者が、 撮影中は出演者全員が現場をもり立てているものの、撮影終了後は共演女優陣の態度が一転し、腫れ物に触るような感じで全員が東出さんをスルーしていると語っています。 映画関係者は試写会について、 「当然、彼への質問が殺到するでしょう。 そうなると、PRどころではなくなってしまいます。 この映画に力を入れているフジテレビは『試写会の前に、謝罪会見をしてくれませんか?』と懇願しています。 しかし東出さんと所属事務所は今のところ、『会見は絶対にNG』と言っているみたいです。 みんな、頭を抱えています」と明かしています。 このように東出昌大さんが謝罪から逃げていることによって、周囲からの不満が大きくなっているといい、 「実は、すでに『コンフィデンスマンJP』シリーズ3作目の計画が進んでいるのです。 しかし東出さんがキャスティングされるかについては、かなり微妙になってきていますね。 もちろん、マネージャーは『どうにか、東出を続投させていただけないでしょうか?』と交渉していました。 しかし、肝心の彼自身が心ここにあらず。 これでは、マネージャーも報われませんよ」と同映画関係者が語っています。 『女性自身』はこのように報じているのですが、これに対してネット上では、• 現在の八方塞がりの状況は自業自得なのに、反省の態度を示す謝罪会見もしないのでは本当に終わりを迎えるのではないか? 好きにすればいいが現状の厳しさへの認識力が欠如していると感じる。 人格が甘ちゃんなのだろうね。 会見してからって好感度も上がらないし、逆に言葉尻の揚げ足を取られるだけだろうが、スポンサーがやって欲しいと言っている以上、やるしかないと思うが。 多分、会見の内容によっては唐田側が猛反論するか、真実をぶちまけるかするもね。 だからやりたくないのが本音では。 杏さんが東出との話し合いを拒否してる、との記事がいくつかあったが、凄い違和感を感じていた。 真相は分からないが、東出が逃げ回っている可能性が高いと思ってしまうな。 フジテレビの方が立ち場的に「上」であり、スポンサーも難色示したら会見を「する・しない」を東出と事務所が決めるのはどうかと思う。 このまま「だんまり」続けるともっと印象悪くなって仕事なくなるかも。 場合によってはどの局も使わない方向になりそうですね。 会見なり、コメントなり、本人の気持ちを発表しないと、色々憶測記事だされて、終わりがないよね。 ただ、他の女性にも手を出してたという話もあるし、表に出ると色々突っ込まれて、更にマイナスになる可能性もあるけど。 とにかく初動で間違えたと思う。 会見をされた方がいいと思います。 これから俳優さんとしてやっていくのなら、ここまでバッシングされて、関係者にも迷惑かかるし、ご自身もけじめとして、行うのが芸能人としての務めだと思うのですが。 ただ、杏さんとの話し合いがまだなのなら、会見をして話すことがないのかな? 逆効果になるかもですが、一度言葉にしてみてもいいと思います。 誤解があるかも知れないし。 今更何を会見するの?もう散々世間や芸能界からバッシングを受け、CMも降板したよね。 何時も思うけど、こう言う会見て必要?世間に公表するなら、妻にきちんと会い謝罪するべきなんじゃないの?• 謝罪する責任なんてないし、視聴者からしたら必要ないと思うけど自分がその立場だったら謝罪会見開いた方がいいかなって思う。 反省してますってちゃんと態度で見せて一から出直す。 まあ芸能人として今後やってくつもりなかったら開かないけど。 などのコメントが寄せられており、謝罪会見開催の有無を巡っては賛否両論となっています。 2016年に不倫スキャンダルをスクープされ、世間から猛バッシングを浴びたタレント・ベッキーさんは報道から間もなく会見を開き、各スポンサーや仕事関係者等に向けた謝罪を行いましたが、『週刊文春』が続報で、不倫相手だった『ゲスの極み乙女。 』の川谷絵音さんとまだ関係が続いていることが発覚しました。 さらに、会見の前日には「友達で押し通す予定!笑」「オフィシャルになるだけ」「ありがとう文春!」「不倫じゃありません!略奪でもありません!」「センテンス スプリング!」などのメッセージを送っていたことが判明し、これが火に油を注ぐ形となってより大きな炎上騒動に発展しました。 また、東出昌大さんが会見を開くことによって、杏さんや唐田えりかさんにも大きな影響が及ぶことから、会見するにあたっては様々な調整が必要とみられるため、とりあえず事務所のコメントだけ出して静観という構えなのかもしれません。 ちなみに、東出昌大さんの所属事務所『ユマニテ』は1月22日に発表したコメントで、 「東出の愚かさ、未熟さ、責任感の欠如が引き起こした事柄だと思います。 どのように非難されても弁解の余地はありません」「失われた信頼を回復するには、気の遠くなるような時間と努力が必要だと思います」「厳しい道とは思いますが、東出が夫として、父として、もう一度家族を再生するために、自らの生き方、姿勢を含めてその証を示していくしかないと思います。 」などと綴り、事務所としては今後の道程を厳しく見守っていくとしています。 東出昌大さん自身は会見をしたいと考えているのか、このまま沈黙を貫いて騒動が収まるのを待つつもりなのか不明ですが、黙っていることで各メディアの報道がエスカレートしていることから、『ケイジとケンジ』の放送が終了し、『コンフィデンスマンJP』関連の仕事が始まる前ぐらいに、東出さん本人が世間にも誠意を見せた方がいいのかもしれないですね。

次の

東出昌大の一見さわやか好青年だが性格は悪いゲス男でした。周囲の評価や評判もまとめてみた!│有名どころのそこはかとない話

東出昌大今

来歴 高校時代に第19回専属モデルでを獲得しデビュー。 高校卒業後は大学進学するも中退し、を目指してジュエリーの専門学校に進む。 からまでにも出演。 やなどのモデルとして活躍。 、映画『』で俳優デビューし、この作品をきっかけにファッションモデルとしての活動を辞め、に転身。 このとき演じた菊池宏樹役で第67回・スポニチグランプリ新人賞と 、新人俳優賞を受賞した。 にはの『』『』と上半期(4月 - 9月末)、下半期(10月 - 翌年3月末)に2作連続で出演している。 『ごちそうさん』のヒロインの夫、西門悠太郎役でブレイク。 2013年にはオリコン調べによる「ブレイク俳優ランキング」で4位にランクインした。 、映画『』で映画初主演。 、映画『』や『』での演技が評価され数々の男優賞を受賞する。 7月、9年ぶりに 春夏パリ・メンズコレクション2021に出演。 同年7月に映画「 プリンセス編」が公開予定。 私生活 2013年度後期放送のNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』での共演を機に交際に発展した女優のと、に結婚する予定であることを報道され 、同日に連名のFAXで結婚を正式発表。 2015年1月1日に埼玉県内の市役所に婚姻届を提出し結婚した。 同年に東京・港区ので結婚式を行った。 ちなみに杏との最初の出会いはドラマではなく、東出と杏がモデル時代の2006年にに出演した際、の路上で東出から声をかけたという。 に妻の杏が所属事務所のFAXで双子の第1子、第2子妊娠を発表 、双子の女児の誕生がに公表された。 に妻の杏が所属事務所のFAXで第3子妊娠を発表 、同年11月上旬に第3子となる男児が誕生した事を11月7日に発表した。 、女優・との不倫報道の影響で、出演していた4社のCMが打ち切りとなった。 人物 卒業。 特技は、、。 は父親が剣道の先生をしていたために、幼少期から剣道漬けの毎日だった。 また、高校時代はよさこいの活動も行っていた。 段位は三段である。 時間が空いている時に道場で子供たちの指導もしているという。 また、父親はのでもある。 『』では、慣れない大阪弁での演技に備え、撮影開始1か月前にへ引っ越し、や喫茶店でアルバイトしたり、を聴くなどして役作りに務めた。 趣味の一つにがある。 将棋棋士のと親交があり、よく藤森が東出の自宅を訪れて将棋の指導を行っているという。 2014年には当時のと対談したこともある。 2016年には映画『』で役を演じる関係で、実際に羽生が将棋七冠を獲得した対局(・第4局)で使用していた眼鏡を譲り受け、同作の映画監督は、東出の役作りについて「羽生さんへの心の底からの尊敬を足場にし、たたずまい、所作、棋譜、精神性まで徹底した研究に研究を重ね」たものと絶賛したが 、本人曰く「将来『羽生善治記念館』ができたらそこに所蔵されるべき品物なので、それまでお預かりするつもり」とのこと。 同作の主人公であるを演じた松山ケンイチと東出の二人に対して日本将棋連盟が初段免状を贈呈することとなり、同作公開時の舞台挨拶の際に、羽生善治が登壇して二人に免状を手渡した。 、が好きで、にも興味を持つ。 も愛好しており、不定期で放送されているNHKのテレビ番組『』に出演。 出演 テレビドラマ• 第2話(2012年6月10日、) - 吉光淳哉 役• リセット〜本当のしあわせの見つけ方〜 (2012年9月30日、) - シオン 役• (2012年10月11日 - 12月20日、) - 山田弘樹 役• (2013年2月 - 4月、) - 百目鬼静 役• (2013年4月1日 - 9月28日) - 若き日の大吉 役• (2013年9月30日 - 2014年3月29日) - 西門悠太郎 役• ザ・プレミアム「ごちそうさんっていわしたい!」 のスピンオフドラマ(2014年4月14日、) - 西門悠太郎 役• 第6話(2014年8月24日、TBS) - 戸川祐介 役• (2014年11月22日、フジテレビ) - 広瀬史也 役• (2015年1月4日 - 12月13日、NHK) - 役• (2015年1月15日 - 3月19日、フジテレビ) - 門司誠人 役• (2015年6月24日、日本テレビ) - 近藤瞬二 役• (2016年3月18日、日本テレビ) - 主演・岬洋介 役• (2016年3月19日 - 4月9日、NHK) - タンダ 役• (2017年1月21日 - 3月25日)• (2017年11月25日 - 2018年1月27日)• (2016年9月16日、) - 主演・三島創 役• (2017年1月3日、NHK) - 黒松平蔵 役• (リーダーズ)II(2017年3月26日、TBS) - 日下部誠 役• (2017年4月18日 - 6月20日、TBS) - 渡辺涼太 役• (2017年9月19日 - 10月17日、WOWOWプライム) - 真壁司郎 役• (2018年4月9日 - 6月11日、フジテレビ) - ボクちゃん 役• 運勢編(2019年5月18日、フジテレビ) - ボクちゃん 役• 第2話(2018年10月13日、テレビ東京)- 押小路龍(東出昌大/本人)役• (2019年5月12日 - 6月16日、WOWOW) - 主演・佐伯修一 役• (2019年8月13日 - 8月15日、) - 東堂周作 役• (2020年1月16日 - 3月12日、テレビ朝日) - 主演・真島修平 役(とダブル主演)• スパイの妻 2020年6月6日、NHK - 津森泰治 役 映画• (2012年8月11日、) - 菊池宏樹 役• (2013年11月22日、) - 津村拓実 役• (2014年4月12日、) - 主演・鏑木旋風男 役• (2014年11月8日、彩プロ) - カラオケ店員 役• (東宝) - 島田秀雄 役• 寄生獣(2014年11月29日)• 寄生獣 完結編(2015年4月25日)• (2014年12月13日) - 主演・馬渕洸 役• (2015年9月26日) - 主演・久松勇人 役• (2016年5月7日) - 主演・中津秀利 役• (2016年6月18日) - 野上 役• (2016年10月29日) - 主演・三島創 役• (2016年11月19日) - 役• (2016年12月17日) - 上山正一 役• (2017年8月26日) - 役• (2017年9月9日) - 牧師 役• 劇場版(2017年11月11日) - 真壁司郎 役• (2018年6月1日) - 主演・檜山篤洋 役• (2018年6月30日) - 黒和直仁 役• (2018年7月7日) - 役• ピース・ニッポン(2018年7月14日) - ナビゲーター• (2018年11月1日) - 田中嘉雄 役• - ボクちゃん 役• コンフィデンスマンJP -ロマンス編-(2019年5月17日)• コンフィデンスマンJP -プリンセス編- 2020年7月23日公開予定• 2020年9月25日公開予定 - 役• 2020年3月20日公開 - ナビゲーター• (2020年秋公開予定)- 周造 役• スパイの妻 2020年10月16日 - 津森泰治 役 吹き替え• (日中合作映画 2018年2月24日) - 白龍 (リウ・ハオラン)役 ドキュメンタリー• ザ・プレミアム 史上最大の謎 の墓 〜俳優・東出昌大 の大地を行く〜(2014年11月29日、)• 緑の中の詩(2015年10月2日 - 12月4日、) - ナビゲーター• 緑の中の詩〜チャレンジャーたちの日本ダービー〜(2016年5月4日 - 5月18日、テレビ東京) - ナビゲーター• 緑の中の詩〜ルーキーたちの春〜(2016年4月6日 - 4月27日、テレビ東京) - ナビゲーター• 「黒柳徹子のユニセフ報告」世界の子どもたちと歩んだ30年〜フィリピンの危機を緊急取材〜(2016年7月27日、) - ナレーション出演• 「黒柳徹子のユニセフ報告」〜ユニセフ親善大使35周年記念 黒柳徹子が混乱のレバノンへ〜 2019年7月7日、テレビ朝日 - ナレーション出演• 「29歳で逝ったあなたへ〜東出昌大 伝説の棋士を巡る旅〜」(2016年11月23日、NHK)• 有る馬の詩〜The poetry of ARIMA〜(2016年11月30日 - 12月21日、テレビ東京) - ナビゲーター• 有る馬の詩〜The poetry of ARIMA〜(2017年11月29日 - 12月20日、テレビ東京) - ナビゲーター• 緑の中の詩〜三冠馬の遺伝子〜(2017年7月5日 - 、テレビ東京) - ナビゲーター• "原爆の絵は語る"〜ヒロシマ被爆直後の3日間(2017年8月6日、NHK総合) - ナビゲーター テレビ番組• (2017年7月31日 - 8月28日、2018年5月6日、9月3日 - 9月24日、2019年1月2日、3月4日 - 3月26日、NHK Eテレ)• (2018年1月3日、NHK BSプレミアム)• 推しボン!~あなたに効く!著名人の極上ブックガイド~ 2018年10月13日、NHK BSプレミアム 舞台• 夜想曲集(2015年5月11日 - 5月24日 、5月30日・31日 、6月4日 広島 大ホール、6月8日 ホール)• 「BREO」(2007年、2008年)• 『はじける夏・サルサ』篇、『とろける夏・てりやき』篇(2008年)• 「(2008年)• 「」『女流一眼隊』(2008年)• 「」『若者』篇(2009年)• 「カゴメ 野菜一日これ一本」(2013年)• ルナルナ「ある日の女優」篇(2012年)• 「順風ライフ」『Dセイバー 自分を守る』篇(2013年)• 「なないろwater's」(2014年)• 新料金「東出さん」篇(2014年)• 「D-room」『父へのあいさつ』篇(2014年9月 - )• 「 ピースフィット」(2015年4月 - )• 「」「ピンときた」篇(2015年10月 - 2017年1月)• 「」(2015年11月 - )• 「麻婆豆腐の素」(2016年 - )• 「」(2016年 - )• 「炭の家」編(2017年1月20日 - 2020年1月)• 「キリン零ICHI(ゼロイチ)」(2017年4月11日 - )• 「ゴールドウェイ」編(2017年11月11日 - 2020年1月)• 「G U M・デンタルブラシ」「つやゴシとよわゴシ」編(2019年8月17日 - 2020年1月)• 「」「声の街」編(2019年10月18日 - 2020年1月)• KASHIMA the Smart Tailor CM「部長」「先輩」「リチャード」編 2019年11月4日 - 2020年1月 PV• 「言葉だけじゃたりないけど」(2012年)• 「tomorrow」(2016年) ショー• Zucca• その他• 展 印象派の誕生-描くことの自由 - (2014年7月9日 - 10月20日、) - ナビゲーター• トリビュートアルバム『風街であひませう』完全生産限定版 (2015年6月24日発売 ) - 朗読• 「第20回菜の花忌シンポジウム」(2016年2月20日、) - パネリスト• Smart HEAD• 写真集• 東出昌大写真集「西から雪はやってくる」(2017年3月13日発売 写真: アートディレクター:町田覚 出版社:) 受賞歴 2013年• 第67回 スポニチグランプリ新人賞• 新人俳優賞(『桐島、部活やめるってよ』) 2014年• 第38回新人賞(2014年)• 第80回助演男優賞(『ごちそうさん』)• 第27回石原裕次郎新人賞(『』『』)• 第88回新人男優賞(『アオハライド』、『寄生獣』、『クローズEXPLODE』、『0. 5ミリ』) 2016年• 将棋初段 (『聖の青春』) 2017年• 優秀助演男優賞『聖の青春』• 助演男優賞『聖の青春』• 第26回 助演男優賞『聖の青春』• 第8回 助演男優賞『あなたのことはそれほど』• 第93回 助演男優賞『あなたのことはそれほど』 2018年• 第10回 最優秀男優賞『寝ても覚めても』『菊とギロチン』『パンク侍、斬られて候』『OVER DRIVE』『予兆 散歩する侵略者 劇場版』• 第6回 アジアスターアワード 『フェース・オブ・アジア賞』• 第4回 エル・シネマアワード 『エル・メン賞』• 第40回 主演男優賞『寝ても覚めても』『菊とギロチン』『OVER DRIVE』• 第33回 最優秀助演男優賞 『菊とギロチン』 脚注 []• Cinema Art Online 2016年11月3日. 2017年4月10日閲覧。 鈴木隆; 広瀬登 2013年1月18日. 1-2. 2013年1月18日閲覧。 ORICON STYLE. オリコン 2013年11月27日. 2013年11月27日閲覧。 Sponichi Annex. 2014年12月26日. 2014年12月26日閲覧。 モデルプレス. 2014年12月26日. 2014年12月27日閲覧。 サンケイスポーツ. 2015年1月1日. 2015年1月1日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2015年10月5日. 2015年10月5日閲覧。 日刊スポーツ. 2014年1月6日. 2015年8月22日閲覧。 2016年1月14日. 2016年1月14日閲覧。 ORICON STYLE oricon ME. 2016年5月16日. 2016年5月16日閲覧。 2017年4月1日. 2017年4月1日閲覧。 sanspo サンスポ. 2017年11月8日. 2017年11月8日閲覧。 日刊スポーツ. 2020年1月27日. 2020年2月2日閲覧。 デイリースポーツ. 2020年1月29日. 2020年2月2日閲覧。 2014年1月1日付、読売新聞大阪本社版第2部15面• - 将棋ワンストップ・ニュース 2016年3月11日• 毎日新聞 毎日新聞社. 2014年4月4日. の2016年3月25日時点におけるアーカイブ。 2020年3月17日閲覧。 - マイナビニュース・2016年6月17日• - 週刊女性PRIME・2016年11月13日• 2016年11月22日. 2020年3月17日閲覧。 映画生活. 2016年11月19日. 2017年10月9日閲覧。 ORICON STYLE 2016年1月28日. 2016年1月29日閲覧。 毎日新聞 2015年7月13日. 2015年9月10日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2019年2月14日. 2019年2月14日閲覧。 ORICON NEWS 2019年5月24日. 2019年5月25日閲覧。 クランクイン!. 2019年12月4日. 2019年12月4日閲覧。 日本放送協会. スパイの妻 - NHK. 2020年6月26日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年7月29日. 2015年7月30日閲覧。 まんたんウェブ 毎日新聞デジタル. 2016年2月5日. 2016年2月5日閲覧。 映画ナタリー. 2016年6月17日. 2016年6月17日閲覧。 映画ナタリー. 2017年1月18日. 2017年1月18日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2017年5月11日. 2017年11月8日閲覧。 CINRA. NET 株式会社 CINRA. 2017年10月6日. 2017年11月8日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2017年7月17日. 2017年11月8日閲覧。 映画ナタリー. 2016年10月22日. 2016年10月24日閲覧。 クランクイン! ハリウッドチャンネル. 2017年7月5日. 2017年11月8日閲覧。 映画ナタリー. 2018年9月4日. 2018年9月4日閲覧。 wos. bitters. 2020年6月26日閲覧。 映画『空海-KU-KAI-』公式サイト. 2017年12月11日閲覧。 マイナビニュース. 2017年7月31日. 2017年8月14日閲覧。 ナビコン・ニュース. 2014年9月12日. の2014年9月13日時点におけるアーカイブ。 2020年3月17日閲覧。 サントリー. 2015年10月8日. 2015年10月9日閲覧。 ORICON STYLE 2015年9月30日. 2015年9月30日閲覧。 プレスリリース , 富士フイルム, 2015年12月25日 , 2020年3月17日閲覧。 映画ナタリー 2016年3月1日. 2016年3月1日閲覧。 MANTANWEB 2016年3月14日. 2016年3月15日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2020年1月28日. 2020年3月17日閲覧。 日刊スポーツ 2020年1月27日. 2020年1月28日閲覧。 映画ナタリー. 2016年9月30日. 2016年10月3日閲覧。 一般社団法人 日本映画テレビプロデューサー協会. 2014年1月21日閲覧。 「第80回記念スペシャル 発表! ザテレビジョンドラマアカデミー賞」『』第20巻19号(2014年5月16日号)、、2014年5月16日、 6-12頁。 2015年1月8日閲覧。 映画ナタリー 2018年10月4日. 2019年1月23日閲覧。 映画ナタリー 2018年12月1日. 2019年1月23日閲覧。 外部リンク•

次の

不倫の東出昌大が恐れる、杏による“第2・第3の暴露”

東出昌大今

東出はいくつかのCM降板が決定し、今後のドラマ出演についての動向が不安視されており、唐田に関しては芸能活動を続けられるかどうか……といった議論にまで発展している。 また、同ニュースはこれまでの不倫騒動以上に、ニュース記事のコメント欄やSNSでさまざまな意見が投稿されているのも特徴的だ。 今こそ、テレビや映画業界の関係者たちに本音を聞いてみた。 まずは、某局で人気ドラマの演出を手掛けていたこともある元ディレクターで、現在はコンテンツ部で働くA氏に聞いた。 「下手ですね。 やる気はあるけどセンスがないのでこちらとしても演出をするのに手を焼きました。 『セリフに深みがない……』とスタッフたちに陰で言われていたと聞きました」 さらにA氏は続ける。 「東出さんは、俳優としての挫折もないまま、デビュー作の映画『桐島、部活やめるってよ』がハマり役で評価されたことで、良くも悪くも勘違いしてしまったのだと思います。 ただ、あの作品で演じた菊池という役の高校生は、何でもできてしまうがゆえに無気力さを抱えている青年。 「東出さんといえば、とにかくマジメな印象です。 『聖の青春』という映画では、羽生善治さんになりきるために所作などをひたすら練習したという話を聞きました。 ああいうセリフと感情がリンクしていない男性って日常だと結構いるんです。 「『大根役者か?』と聞かれたら間違いなくそうですけど(笑)、私自身はキライな役者ではないです。 『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)のボクちゃんという役なんかは、小心者でちょっとヌケている感じがしっくりきていましたし。 脚本家目線でいうと、アテ書き(本人のキャラクターや演技力などに合わせて人物像を作る)をできれば、東出さんに合う役はたくさんあると思います。 ところが、今は原作モノが多いうえに東出さんは主演級を務めることが多いので、合わない役を振られてしまうんですよね……。 それはそれで残念なのだが……。 <取材・文/木田トウセイ> 【木田トウセイ】 テレビドラマとお笑い、野球をこよなく愛するアラサーライター。

次の