遠藤 憲一。 遠藤憲一の嫁(妻)の画像!創価学会なの?身長は?昔の写真が気になる!

遠藤憲一の嫁・昌子は宝塚の元女優で倶知安出身のマネージャー?

遠藤 憲一

— 2019年 9月月7日午前4時15分PDT 生年月日 1961年6月28日 出身地 東京都品川区 身長 182㎝ 血液型 A型 学歴 横浜商工高等学校中退 所属 エンズタワー 受賞歴 2002年 第16回高崎映画祭(最優秀助演男優賞) 2002年 第1回日本DVシネマ大賞(最優秀助演男優賞) 2015年 第85回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 (ザテレビジョン特別) 2015年 第1回コンフィデンスアワード・ドラマ賞(主演男優賞) 2015年 第53回ギャラクシー賞( テレビ部門 個人賞) 遠藤憲一の凄すぎる経歴とは? 遠藤憲一さんは、東京都品川区の生まれで高校は 横浜商工高等学校(現・ 横浜創学館高等学校)に進学しました。 しかし、いざ入学してみると生徒の半分以上はツッパリで、そのほとんどがリーゼントと言う環境だったと言います。 ただ、遠藤憲一さん自身はツッパリでは無く普通の生徒で、高校入学後は野球部に入りますが、やはり周りに影響されてだんだん遊ぶようになりました。 さらに、校則で 「教科書を机に入れっぱなしにしてるのを見つけると焼却処分する」と言う校則があり、ある時遠藤憲一さんの教科書は燃やされてしまいます。 また、教科書の無い者は教室の後ろに立って授業を受けなければならず、遠藤憲一さんは最初は後ろに立っていたものの、だんだん嫌気がさし高校1年の2学期で中退してしまいました。 軽い気持ちで劇団へ 高校を中退した遠藤憲一さんは、その後アルバイトをしますがイヤな事があるとすぐに辞める 「辞め癖」がついてしまい、いくつもの職を転々とします。 そんな時に 「劇団員募集」の広告を見て軽い気持ちで入団すると、演劇の魅力にハマって行き、その後多くの役者を輩出している 「劇団無名塾」の選抜試験に合格。 本格的に役者としてのキャリアをスタートさせました。 しかし、レベルの高い「無名塾」の重圧感や規律の厳しさなどで 「辞め癖」が抜けて無かった遠藤憲一さんは、わずか10日ほどで「無名塾」を辞めてしまいます。 ただ、その後すぐに 「劇団フジ・東京宝映(現宝映テレビプロダクション)」に入り、引き続き役者としての活動は続けます。 22歳でドラマデビューも売れない日々 遠藤憲一さんは、1983年の22歳の時に 『壬生の恋歌』(NHK)でドラマデビューしています。 しかし、その後も役者として 「刑事ドラマ」「サスペンス」「時代劇」など様々な作品に出演するも、画面にも映らない役なども積極的に引き受けるなど売れない日々が続きました。 なので、遠藤憲一さんは29歳まで 「四畳半の風呂無し共同トイレのアパート」に住んでいたと言う事です。 40歳過ぎから徐々に知名度がアップ! 役者として売れない日々を過ごして来た遠藤憲一さんですが、2002年の 「太陽の季節」(TBS系)で主演の滝沢秀明さんと絡む役をつかみ、徐々に注目されるようになります。 そして、その後も連続ドラマへの出演で知名度が上がり始めると、2009年に 『湯けむりスナイパー』でとうとう 連ドラ初主演を果たしました。 この時、遠藤憲一さんはすでに47歳となっていたので、ドラマデビューから26年後に初主演を果たした事になります。 また、その後も連続ドラマの出演が続きその評価は年々高まって行きました。 特に、2015年度の春ドラマでは 『Dr. 倫太郎』『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』『不便な便利屋』の3作品にレギュラー出演するなど、超売れっ子となっています。 さらに、翌2016年にはNHK大河ドラマ 『真田丸』にも出演し、人気だけでなく役者としても高く評価され現在の地位を確立しました。 また、2017年には 「タレントCM起用社数ランキング」で 男性部門の1位になるなど、社会的な好感度でもトップとなっています。 恐らく、若い頃から役者として活動する人は多いと思いますが、そのほとんどは 食べれない時期に辞めてしまうのではないでしょうか。 しかし、遠藤憲一さんのように向上心を持って辞めずに続けていれば 「40歳を過ぎてもブレイクできる」と言う、良い見本を示してくれてるように思います。 今後も、遠藤憲一さんが役者としてどんな活動して行くのか非常に楽しみです。 遠藤憲一の驚きの性格と趣味!実は俳優向きでは無い!? 遠藤憲一さんは、若い頃から劇団に入りずっと役者をして来ているので、性格は良い意味で 「目立ちたがり屋」なのかな?と思っていました。 しかし、あるインタビューで以下のように答えています。 「基本、人前に立つのが苦手だし、台本を覚えるのも苦手。 自分のダメなところと常に闘いながらだから、仕事は楽しいというより、キツイと思うほうが多い。 でも、俳優を辞めようと思ったことはないし、理想形には、まだたどりつけていない。 news-postseven. html また、 「自分は役者には向いてない性格」とも話していたのでかなり意外でした。 ただ、 「役者を辞めようと思った事は無い」と断言しているので、性格的には合わないけど演技をする事は楽しいと感じているのかも知れません。 そして、遠藤憲一さんは役者だけで無くナレーターや脚本なども手掛けているので、本来はそうした 「裏方の仕事」の方が性格的には向いてるのではないでしょうか。 また、「無趣味」と話してましたが、遠藤憲一さんは 「立ち食いそば」や 「牛丼」が好物で、家の近所に数件お気に入りがあるそうです。 そのため、休みの日は朝起きて 「今日はどこに行こうか」と考えるのが好きだと話してました。 内容を確認してみると、どうやら 「創価学会の勧誘ビデオ」に遠藤憲一さんが出演していると言う事です。 ただ、遠藤憲一さんは 「役者」なので、創価学会の会員で無くとも仕事でそう言った事も引き受ける可能性があります。 しかし、そのビデオで遠藤憲一さんは 「自分が会員になったいきさつや信仰する素晴らしさ」などを細かく語っているようなので、どうやら 会員なのは本当のようです。 とは言え、創価学会に入ってる芸能人はたくさんいるので特に珍しい事ではありません。 ちなみに、以下の芸能人も創価学会の会員と言われています。 久本雅美 柴田理恵 石原さとみ 井上真央 松山ケンイチ 生田斗真 近藤真彦 槇原敬之 細川たかし この中では特に久本雅美さんが、創価学会の中でも積極的に活動されてる事で知られています。 また、ここに挙げた芸能人はごく一部でまだまだたくさんいますし、芸能人だけでなく 日本人の10人に一人は創価学会とも言われているので、芸能界にたくさんいても不思議ではありません。 遠藤憲一は創価学会の中では牙城会のメンバー!? そして、創価学会には色んなグループがあり、 独身、既婚、年齢などによって分かれていると言われています。 その中に 「牙城会」と言うグループがあり、遠藤憲一さんはそこのグループに所属している噂があります。 と言うのも、2009年に牙城会のメンバーが 「湯けむりスナイパーの遠藤憲一さんも牙城会のメンバーです」と言った発言した為に噂が広まったと言う事です。 そういう事もあり、遠藤憲一さんが創価学会と関係しているのはほぼ間違い無いと言えます。 ただ、宗教を信仰するのは悪い事では無いですし、遠藤憲一さんが創価学会の会員だからと言って何の害もありません。 しかし、創価学会は 多大な影響力を持つとも言われていて、遠藤憲一さんが近年俳優として引っ張りだことなったのは創価学会の影響とも噂されています。 逆に、創価学会の勧誘を断った俳優やタレントは 「干されて仕事が無くなる」とも噂されるので、その辺の真実がどうなのかは分かりません・・・。 ただ、 実力の無い俳優が売れ続ける事は無いと思うので、遠藤憲一さんが売れたのは確実に役者としての実力があったからだと言えます。 なので、もし高校を中退して無ければ役者にはなって無かったのかも知れません。 事実、本人も役者には向いてない性格と語り、脚本やナレーションの仕事も多くこなしてる所を見ると、本当は裏方の方が向いてるのかも知れません。 しかし、近年は役者としてもしっかり評価されてるので、やはり遠藤憲一さんには役者としてどんどん活躍して欲しいと願います!.

次の

「ネルノダ」新CM完成「ネルノダ 遠藤憲一登場 スッキリした目覚め」篇 3月29日からオンエア

遠藤 憲一

国家の安全を守るという任務を担うだけに、実際の関係者への取材はほぼ不可能だったと制作スタッフから聞いていたのですが、それでも可能な限りその姿を調査して描いていて、とても面白かったと思います。 国際テロが問題になっている現在にぴったりの作品かもしれません。 外事警察を含む公安警察のトップという役柄上、どしっとしていて、無駄な動きを抑え、堅いセリフをずっと話していくというシーンがほとんどでした。 こういう人物像は僕のイメージ通りなのかもしれませんが、実は一番苦手な役どころ。 内容的にはとても面白かったですが、演じるのは大変でした(苦笑)。 後に映画にもなった本作ですが、撮り方にこだわりが詰まっていました。 ピンと張り詰めた空気感のなかで、色んな角度から芝居を撮影していく、その世界観のすごさに感動したことを覚えています。 「朝の顔じゃない」って言われて(苦笑)、若い頃に何度かオーディションに落ちたことがあったので、オファーをいただいたときは「僕でいいの?」と衝撃的でした。 若いころにファンだった安田成美さんと夫婦役をやらせていただけたことも光栄でしたね。 広島・尾道市で鉄工所を経営する錠と真知子(安田成美) ドラマでは瀧本美織ちゃん演じるヒロイン・あかりのお父ちゃん役だったのですが、性格が自分に一番近い役だったなと思っています。 ヒロイン役の美織ちゃんは『てっぱん』が最初のドラマ作品。 まだ十代で、自由にのびのび演じる姿が印象的でした。 本人にも伝えましたが、大人になって再会した彼女に聞くと「だんだん演技が難しくなってきた」と言っていましたね。 男勝りのあかり(瀧本美織)は村上家の養女 連続テレビ小説は放送自体が半年、撮影はそれよりも長い期間をかけて行うので、普段から短いスパンでさまざまな役を演じている僕としては、特に思い入れのある作品になりました。 いつもはそんなことないのに、さすがに『てっぱん』の最終日は「ああ、終わったんだな」とウルウルきたかな…。 また、この作品に出たことで年配の人たちに顔を覚えてもらえた。 インタビュー とにかく羽原大介さんの脚本が素晴らしかったですね。 脚本はドラマの最初の入り口ですが、1話1話読むごとに「うわ〜すばらしい」と感じるものに出会えることは、そんなに頻繁にはないんですよね。 でも『かすていら』はそんな希有な作品のひとつで、ホームドラマが大好きなこともあり、子どもたちに囲まれて楽しくお芝居ができました。 船を浮かべて遊ぶシーンでは、すぐに船がもぐっていなくなってしまったりと、間抜けなことばかり起こしていましたが、すごくあったかい家族でしたね。 息子の誕生日に贈った大きな戦艦は… まさかの沈没! 『わろてんか』で幼いころのヒロイン・てんを演じた新井美羽ちゃんが『かすていら』でも娘役だったのですが、本当に表情が豊かですごい子だなと思っていたんですよ。 そしたら『わろてんか』でまた父娘を演じることになって、その成長ぶりに驚きました。 末っ子の玲子(新井美羽) ドラマの舞台である長崎でロケをしたことも印象的です。 土地の雰囲気はもちろん、昭和のセットも時代を感じさせてくれ、素晴らしい照明の効果も手伝ってとても好きな世界観でした。 長崎弁は大変でしたが、どちらかと言うと、そのとき感じた気持ちのままお芝居をしたいので、アドリブをポンッと入れる場面もあったんですよ。 方言でアドリブは難しいのですが、教科書ではないので方言指導の方には少し甘くしてもらって、演じさせていただきました。 インタビュー 始めに脚本の三谷幸喜さんから、プロデューサーを通して手紙をもらいました。 そこには「真田信繁(堺雅人)との最後のシーンで、景勝がどんな表情になるのか見てみたい」と書かれてあったんですよ。 その後、三谷さんと初めてお会いしたのは『真田丸』の現場ではなく、宇宙を舞台にした映画『ギャラクシー街道』の衣装合わせ。 僕はバニーガールの格好をしていて、大河を控えた初対面がこんなので「大丈夫かな〜?」と(笑)。 そのときはアレコレ聞いても分からなくなるので、景勝役について大まかにうかがい、義理の父・謙信ほどの力はないけれど、藩を守りたいという思いを持つ人物だとイメージができました。 大坂冬の陣 家康(内野聖陽)は景勝に真田丸を落とせと命じる もともと歴史はあまり知識がなかったこともあり、教師で歴史に詳しい中学時代の同級生に教えてもらったり、台本を読みながら歴史を知り、景勝のイメージを作っていったんです。 直江兼続(村上新悟)とのシーンは実は顔を見合わせているお芝居が少ないのですが、モニターチェックの段階から監督やスタッフが笑ったりしていて…。 演じる僕たちは何が面白いのか分からなかったのですが、オンエアを見てみて、何となく変な空気感なんだなと、「2人の関係がすごく面白い」と言ったスタッフの言葉をはじめて理解しました。 上杉家家老 直江兼続(村上新悟) 三谷さんの書かれる台本は練り上げられていて、読むだけで人物像が分かってしまうんですよね。 しかもト書きに一切気持ちが書かれていないので、想像させられる。 戦国時代の人は文献で資料は残っていても実際に会った人は誰もいないわけだから、三谷さんが描いた『真田丸』は登場人物それぞれのキャラクターが際だって面白かったと思います。 方言のなかでも京都弁はとくに難しいんですよ。 だけど、ただ笑わない怖い存在だけだと一本調子になってしまうので、割と早い段階から笑顔を出していたんですよ。 そうしたら監督に気づかれて「けっこう笑ってましたよね」と言われて(笑)。 怖いキャラをずっと演じていくこともできるけれど、人間には色んな面があるから、馬鹿笑いは苦手だという設定にしませんかとご提案しました。 基本的に顔が怖いので(笑)、そういう印象はできあがっているはずですから。 その提案に監督が同意してくださったので、後は自由に演じさせてもらいました。 儀兵衛、満面の笑み 第6週のラストで放送されたてんと2人の縁側のシーン。 儀兵衛は照れて指切りをしませんでしたが、いったん出した指をひっこめるというお芝居は僕が提案して付け加えました。 儀兵衛らしさがでていればいいなと思っています。 また、静かに雪が降るシーンだったので、撮影の際に特殊効果で雪を降らせようかと相談したのですが、そうすると機械を使うため音がかぶり、セリフはアフレコになると監督がおっしゃられて。 感情がにじみ出る場面だったので、雪は降らせずにそのままお芝居をさせていただき、あとでCGで雪を足してもらったんです。 できあがってから監督が「いいシーンになりました」と泣きながらいらして(笑)。 最後に印象的な場面が撮れてよかったなと思っています。 てん(葵わかな)との指切りはしないまま….

次の

波瑠、遠藤憲一と現場で息ぴったり?「いろんなエンケンさんが見れて嬉しい」

遠藤 憲一

Contents• 』 『わろてんか』 『西郷どん』 『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』 映画: 『その男、凶暴につき』 『きけ わだつみのこえ』 『金融腐蝕列島』 『マークスの山』 『あずみ』 『あずみ2 Death or Love』 『妖怪大戦争』 『日本沈没』 『20世紀少年』 『クライマーズ・ハイ』 『ミックス。 』 引用:」 【画像:】 遠藤憲一さんは、1961年6月28日生まれの59歳です。 (2020年の誕生日時点) ちなみに、遠藤憲一というお名前は、芸名ではなく、本名です。 遠藤憲一さんの出演作品は、「ドクターX」や「クライマーズ・ハイ」「西郷どん」など、出演作品が多すぎて数えきれないほど! 強面なお顔立ちを活かして、悪役をメインにさまざまな役柄を演じられています。 ブラックコーヒーが似合う印象がありますが、実はブラックコーヒーは苦手。 コーヒーを飲む際には、ミルクとお砂糖は欠かせないそうですよ! 顔はどう見てもブラックが似合いそうですが。 そう言えば俳優の鶴田浩二さんも甘党でした。 【画像:】 鶴田浩二さんといえば特攻隊崩れの渋い俳優さんでしたが大の甘党でした。 以外と人は見かけによらないようですね。 人は見かけによらないものですね。 一目見ただけで、印象に残るほどの特徴的なお顔立ちですよね。 そんな遠藤憲一さん、 若い頃はものすごくイケメンだったようなのです。 若い頃の写真をいくつか用意しましたので、見てみましょう! 【画像:】 【画像:】 【画像:】 【画像:】 【画像:】 たしかに、ジャニーズにいてもおかしくないようなイケメンさんですね! 今も面影があるようなないような感じですが、雰囲気がまるで違うから驚きですね。 昔はモテモテだったに違いないでしょう。 野球をしていたのは中学生時代までで、ポジションは投手! 中学生くらいだと、チームで1番上手な子が投手をやることが多いですよね。 もしかしたら野球の腕もなかなかだったのかもしれませんね! ちなみに、 好きな球団は巨人とのことです。 しかし何故かヤクルト(当時はアトムズ)のファンクラブに入っていたそうです。 理由が笑いますが、「チケット代が安いから」という理由でアトムズ(現在のヤクルト)のファンクラブにも入っていたようですよ! そのチケット代が安かったためでしょうか、よく神宮球場に通ったそうです。 王貞治の3打席連続ホームランを生で見たというエピソードもあります。 では、高校時代はどうでしょうか? 遠藤憲一さんですが、高校時代に色々エピソードがあるそうです。 高校は、 横浜商工高等学校に進学しました。 現在の横浜創学館高等学校にあたります。 似たような名前の学校で、神奈川県立商工高等学校がありますが、それとはまた違う学校のようです。 ややこしいですね・・・。 ちなみにこの高校調べてみましたが現在 偏差値が40から50前後のようです。 当初は、県立で後に私立になったようです。 現在は、部活活動に力を入れているようです。 調べると、ハンドボール部が有名なようで、ドラマ「クローズ」の舞台になった高校のようです。 【画像:】 一芸型の学校ですかね。 そんな、横浜商工高等学校に進学した遠藤憲一さんですが、なんと わずか数か月で高校を中退 してしまうことになります。 (1)遠藤 憲一の高校は、厚木?高校は中退? 先程、遠藤憲一さんが 横浜商工高等学校に進学したこと をお伝えしましたね。 しかし、 ネットなど一部でその学校とは別に神奈川県厚木市にある高校に進学したという噂も流れています。 【画像:】 一体どういうことだ?と思って調べてみましたが、厚木市の学校の噂は、 出所不明のデマだと考えられます。 実際に、遠藤憲一さんがバラエティ番組に出演した際に、 「横浜創学館高等学校に入学当時は、まじめな高校生でしたが、友人の影響で徐々に遊びに染まってしまい、中退してしまった。 引用:」 このように語っています。 高校は、 横浜商工高等学校(現・横浜創学館高等学校)を中退が正しい説のようですね。 先ほど遠藤さん自身の高校時代について語った内容で、横浜商工高等学校(横浜創学館高等学校)を中退と語っておられますがどういう事でしょうか? (2)遠藤 憲一の若い頃はかなりヤンチャでツッパリだった!? 遠藤憲一さんが進学した横浜商工高等学校(現・横浜創学館高等学校)について調べてみました! 【画像:】 【画像: 】 【画像:】 【画像: 横浜商工高等学校】 【画像:】 【画像:】 【画像:】 遠藤憲一さんが進学した当時は、商業(商業科)と工業(工業化・機械化学科)の複数の学科が設けられており、就職を目指した学校だったようです。 2003年に学校法人翔光学園 横浜創学館高等学校に名称変更がなされ、現在は世の中の普通科志向に伴い、普通科のみとなっているようです。 部活動にも力を入れている学校のため、プロ野球選手なども多く輩出しています。 そんな横浜商工高等学校に進学した遠藤さん、 在学当時はかなりヤンチャをしていたといいます。 遠藤憲一さんが進学した当時は、生徒の半数以上がツッパリだったようです。 ツッパリとは、あんまり聞き慣れない言葉ですが、 「ツッパリとは、若者が虚勢を張ること。 」 引用: という意味のヤンキー用語になります。 なんと、生徒のほとんどはリーゼント! 今の人には馴染みのない言葉ですのでイメージがわかりやすいように以下の写真を参考までに。 【画像:】 【画像:】 そんな、遠藤憲一ですが、以下にその当時の様子を掲載します。 【画像:】 【画像:】 【画像:】 この当時は、先ほどのイケメン爽やか青年路線とは、一風変わってきてますね。 もしかしたら、これが後年のイカツイヤクザ役の似合う遠藤憲一を作っていったのかもしれませんね。 もともとは真面目な性格だった遠藤憲一さんですが、周りに感化されていくうちに、 徐々に遊びに染まり、ヤンチャな高校生となったようです。 (3)遠藤 憲一の高校時代に身についた癖・習慣 高校時代に遊びを覚えた遠藤憲一さん。 後の項目でふれますが、アルバイトや入塾した所など辞めてしまう癖この時期になったようです。 芸能界と言う厳しい世界では嫌なことばかりなのに辞めてしまう癖は弱点のような気がしますが大丈夫なのでしょうか? 俳優業を長く務めている遠藤さんにも、意外な過去があるものですね! 詳しくは、後の項目で見ていきたいと思います! (4)高校中退の理由の教科書焼却事件とは? 遠藤憲一さんが、横浜商工高等学校を中退したことは既にお伝えしましたね! 「高校中退するって、遠藤さんに一体何が?」と思う人も少なくはないでしょう。 遠藤さんが中退するきっかけになったのが、 教科書焼却事件です。 当時の横浜商工高等学校では、 夏休みに机に教科書を入れっぱなしにした場合、教科書を焼却するというルールが設けられていたそうです。 学校側としては「教科書を持って帰ってちゃんと勉強してね!」と言いたかったのでしょうね。 しかし、ヤンチャを覚えた高校当時の遠藤さんは、このルールを無視してしまったそう。 そうして、ルールの通り、 遠藤さんの教科書はすべて燃やされてしまいました。 さらに、当時は「教科書を忘れた者は、教室の後ろで立って授業を受ける」といったルールまであったそう。 教科書がないことで、授業がつまらなくなってしまった遠藤憲一さんは、 高校1年生の2学期に高校を中退することを選んだようです。 よって卒アルもありません。 ここまで読んでいると、「なぜ役者になったの?」と不思議に思いますよね。 遠藤憲一さんが、芸能界入りするきっかけとなったのは、新聞広告! アルバイトを転々として過ごしていたある日、 劇団員募集の新聞広告 が目に止まったそうです。 軽い気持ちで応募して、ある劇団に入団したそうなのですが、そこで役者の面白さに開眼! その後、 演劇界の東大として知られる「無名塾」の入団試験にもチャレンジ して、見事に合格! 「無名塾」以外は、先に入団した劇団だけでおよそ演劇のプロとしてはほど遠い実力なのに何故か合格。 ヤンチャな少年から役者へ! まさに人生の転機と呼べる時期ですね。 (1)無名塾とは 高校を中退した後に遠藤さんが入った 「無名塾」 とは一体どんなところなのでしょうか。 【画像:】 【画像:】 演劇になじみがない方にとっては、聴いたことの無い言葉かもしれませんね。 「無名塾」は、仲代達矢さんが指導を行う俳優養成所 です。 仲代達矢さんは、日本の誇る名優です。 女優や演出家として活動していた妻・宮崎恭子さんが創設し、仲代達矢さんが直接指導を行っているようです。 【画像:】 【画像:】 無名塾は、 劇団の東大 と言われるくらい、入団するのは困難と言われています。 理由は、指導教官があの名優仲代達也氏が指導教官で若い塾生を鍛え上げていくそうです。 【画像:】 この塾は、設立者が仲代達也氏の奥さんで、仲代達也氏はこの塾の主催という立場の物で元々仲代達也氏の自宅の稽古場で若い役者が自発的に集まったのが発端のようです。 入塾したら、無料でトレーニングを受けられるそうですが、入塾後のアルバイトは原則禁止という厳しい環境です。 そんな劇団の東大と言われる狭き門を見事にくぐりぬけた1人が、遠藤憲一さんです。 無名塾に合格できたくらいですから、遠藤さんの役者としての素質は相当高かったのでしょうね。 (2)無名塾の指導内容 無名塾に入ったら、本格トレーニングが開始というわけではないようです。 1年目にはまずその塾生がプロの俳優としての適性があるかどうかを見るトレーニングをしていくそうです。 その1年目を無事クリアし、プロ俳優としての適性と認められると、その後2年間の指導を受けることが出来ます。 先程もすこし書いたように、入塾している期間、アルバイトは原則禁止。 いくら役者志望とはいえ、遊ぶ時間の欲しい若者にとっては、厳しい環境ですね。 ですが、その三年間を乗り越えられないようでは、役者を務め続けるのは難しいのかもしれません。 (3)無名塾の卒業生 そんな厳しい環境でのトレーニングをクリアした無名塾の卒業生。 有名な人だけ一部ご紹介したいと思います。 ・役所広司 【画像:】 【画像:】 ・増岡徹 【画像:】 【画像:】 ・若村麻由美 【画像:】 ・真木よう子 【画像:】 【画像:】 ・滝藤賢一 【画像:】 【画像:】 ・赤間 麻里子 【画像: 】 【画像:】 ・高川裕也 【画像:】 【画像:】 ・内浦純一 【画像:】 ・村上新悟 【画像:】 ・松崎謙二 【画像:】 一度は見かけたことがあるような、大物役者さん揃いですね! (4)その後の遠藤憲一さんは 無名塾に入塾してからの遠藤憲一さんのお話に戻ります。 劇団の東大と言われる無名塾に晴れて合格し、入塾生となった遠藤憲一さんですが、なんと無名塾の卒業生ではありません。 無名塾を途中でやめてしまったのです。 それも、入塾してからわずか10日で。 当時の遠藤さんにとっては、指導が厳しかったそうですよ。 しかしそんなすごい塾に合格するぐらいなので本人は恐らく生まれ持って実力を持った方だと思います。 しかし役者のおもしろさに目覚めてしまったので、遠藤憲一は、無名塾を辞めた後も、役者としての道は諦めませんでした。 【画像:】 【画像:】 そして、その後に、 劇団フジ、東京宝映(現・宝映テレビプロダクション)に入り、役者活動を続けていました。 ちなみに、東京宝映(現・宝映テレビプロダクション)には、遠藤さんのほかにもかなり有名な俳優さんたちが所属しています。 ・榎木孝明 【画像・】 ・稲川淳二 【画像:】 【画像:】 ・小栗淳 【画像:】 【画像:】 ・大場久美子 【画像:】 ・高木美保 【画像:】 【画像:】 ・ちはる 【画像:】 【画像:】 ・つるの剛士 【画像:】 【画像:】 ・松平健 【画像:】 【画像: 】 なかなか豪華な顔ぶれですね! ここに入るのもかなり厳しい門なのではないでしょうか。 (5)デビュー作は こうして、役者としての腕を少しずつ磨いていった遠藤憲一さんは、 22歳のときにテレビドラマでデビューを果たしました。 そのドラマというのは、 1983年に放送された時代劇 「壬生の恋歌」です。 そこで、遠藤さんは、猪俣蛾次郎の役を演じました。 【画像:】 【画像:】 私もこのドラマですがリアルタイムで見た記憶がありますがその当時遠藤憲一さんが出演していることに気がつきませんでした。 内容は、新撰組の一般隊士にスポットを当てた作品です。 新撰組と言えば、通常、近藤勇・土方歳三・沖田総司の3人が主役となるのが一般的ですよね。 この「壬生の恋歌」では、その他の無名の一般隊士の恋模様なども描いた青春ドラマとなっています。 ちなみにこのドラマには、遠藤憲一さんの他にも、今となっては大物俳優となった人たちが多く出演しています。 その一部を見ていきますね。 ・三田村邦彦 【画像:】 【画像:】 ・内藤剛志 【画像:】 【画像:】 ・渡辺謙 【画像:】 【画像:】 ・遠藤憲一 【画像:】 ・杉田かおる 【画像:】 【画像:】 こうしてドラマデビューを飾った遠藤憲一さんは、その後もさまざまなドラマに出演。 刑事ドラマにサスペンス、時代劇など下積みを重ね続けました。 「ビデオシネマ」の時代になると、遠藤憲一の持ち味である眼力のある強面の風貌を生かして極道物で数多くの悪役俳優を演じ知名度を高めていきました。 目玉焼きって、「卵割って焼くだけでしょ?」と料理をしたことがない人は思うかもしれませんが、意外と難しいんですよね。 まず、うまく割れないと形が崩れてしまうし、焼き加減を少し間違えると味が全く変わってしまいます。 目玉焼きづくり名人の遠藤さんは、焼き加減をしっかりと見極めて、薄皮で半熟の目玉焼きを作ることが出来るそうなのです。 スゴイですね! 普段、料理はしないそうですが、性格は意外とマメなのかもしれませんね。 そんな性格が、お芝居にも活きているのでしょう。 編集してた回に遠藤憲一さんが出ていらした。 若い頃もイケメンでいらした! — 道場のばら hananatuhana あと今日見た回には若い時の遠藤憲一が出ててびっくり。 若い頃は結構イケメン。 — コケシン kokesius なんというか、若い頃の遠藤憲一さんがイケメンすぎる。 いくら悪役がサマになるとはいえ、まさかこの後パンク風衣装に身を包んでオカマ言葉で喋るようなことになろうとは。 — 昭和 kabwo 今の遠藤憲一も好きだけど、若い頃はもっとイケメンだな — りえ kanori0811 遠藤憲一さんは今も渋いですが若い頃はイケメンでしたね 最近では中島健人さんとの共演が良かったですね。 引用: 概ね、世間の声は、評価が高いようですね。 今もなかなかのルックスだと思いますが、昔のお顔もかなりのイケメンさんでしたね! 高校時代にはヤンチャしたエピソードもあれば、お料理に関するギャップあるエピソードもあり。 ちょっぴり意外性を感じる過去を見ることが出来ました! 今もテレビドラマに大忙しの遠藤さん、今後の活躍も楽しみですね! 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の