相田 翔子 スプー。 相田 翔子 スプー

相田翔子 ぼくのともだち 歌詞&動画視聴

相田 翔子 スプー

(終了した番組・中継を含みます)は、での販売や公式な、またはが紹介するまで、 出典として用いないで下さい。 に基づき除去される場合があります。 はいだ しょうこ 本名 拝田 祥子 別名義 千琴 ひめか(旧芸名) 生年月日 1979-03-25 (41歳) 出身地 ・ 身長 158 血液型 職業 ・・・ ジャンル ・・ 活動期間 - 活動内容 - : - :『』第19代目 - :ソロ歌手、女優、タレントとして活動 配偶者 一般人男性( - ) 著名な家族 (父) 拝田由見子(母) 所属劇団 ( - ) 事務所 (3月 - 2013年7月) (8月 - ) 公式サイト 主な作品 テレビ 『』 はいだ しょうこ((昭和54年) - )はの、、、。 本名: 拝田 祥子(はいだ しょうこ)。 所属時の芸名は、 千琴 ひめか(ちこと ひめか)。 歌劇団在団時の愛称は、 ショーコ。 『』第19代目。 を経て所属。 来歴 生い立ち 父は前で、現ミュージカルアカデミー ドリーム学院長、国際ピアノデュオ協会会員、立川市地域文化振興財団評議委員の。 母は声楽家で、ミュージカルアカデミー ドリーム声楽コース講師。 姉は薬剤師。 はいだ曰く「歌う薬剤師」で、はいだのソロCDにコーラスで参加したり、コンサートにゲスト参加したこともあり、はいだのブログにもたびたび登場している。 小学校在籍時には「全国童謡コンクール」でグランプリ賞受賞。 9歳からに師事し 、・ポップスを学び、この頃から童謡歌手としてコンサート活動を行っていた。 声楽科に進学。 モデルクラブにも所属していたことがあり、には『』のCMに出演していたことがある。 宝塚歌劇団 中学2年生の時より本格的にを目指し 、高校2年生の時に2度目の受験でに合格し、国立音楽大学附属高等学校声楽科を中退し入学。 に音楽学校を卒業後、『 千琴ひめか』の芸名でに入団()。 同期には、、、らがいる。 公演『』で初舞台を踏み、組み回り出演を経てに配属。 主に娘役として活躍したが、いわゆる『トップ』(主役)の経験はない。 には星組公演『』で、通常最低でも6年目以上でないと務められないとされる を異例の入団3年目で務めた。 秋、を退団。 『おかあさんといっしょ』 うたのおねえさん その後、からまでの5年間、の未就園児向け番組『』の第19代目として活躍した。 宝塚歌劇団出身のうたのおねえさんは、第8代目の以来となる歴代2人目。 就任時に「たくさんの子供達に自分の名前を覚えてもらいたい」という理由で、芸名を本名のひらがな表記の『 はいだしょうこ』へ変更。 番組で共演したは第10代目の。 共演したたいそうのおにいさん、おねえさんは、最初の2年間はと(当時:タリキヨコ)、その後の3年間はと。 卒業後 うたのおねえさん卒業後はソロ歌手、女優、タレントとして活躍中であるが、「おかあさんといっしょ」のファミリーコンサート やぐ〜チョコランタンのファミリーコンサート・NHKの子供番組キャラが集合したコンサートやバラエティー番組等にも出演している。 、BS-i(現在の)で、スポーツキャスターに抜擢される。 10月より系『』の毎週にレギュラーとして出演。 また8月にはソロ歌手として初の大人向けのライブを行う。 ちなみに『いいとも! 』では、一部ネット局を除き『』終了とともに放送される15秒間の予告で、その日の内容を替え歌で歌っていた。 2010年10月よりスタートする子ども・アニメ専門チャンネル「」で放送される子供向け音楽番組の『うたばこ』で初めてのを務める。 また、秋の火災予防運動ポスターモデルに協力したことから、より消防総監感謝状が贈られた。 「おかあさんといっしょ」を卒業した当初は個人事務所を作って芸能活動をしていたが、2011年3月1日に所属事務所をへ移籍。 3月7日には、初フォトエッセイの「しょうこの虹色メロディー」を出版。 同年3月29日、『笑っていいとも』を卒業。 2013年8月に所属事務所をへ移籍。 2016年にはNHK『』にの次女・役で出演し、大河ドラマ初出演を果たす。 私生活 2歳年上の一般人の男性と2012年3月25日(自身33歳の誕生日)に入籍し結婚。 結婚式はハワイで行った。 人物 特技はバレエ、ジャズダンス。 趣味はミュージカル観劇、ドライブ(助手席専門) 、温泉巡り。 宝塚歌劇団出身の芸能人では数少ない「退団後に宝塚在籍時の芸名を使用していない芸能人」である。 宝塚の所属期間が4年間と比較的短く、主役である「トップ」の経験がないこと、宝塚退団後に芸名を(全てひらがな表記ではあるが)本名に戻していること、「おかあさんといっしょ」への出演経験等から、『 元・宝塚(タカラジェンヌ)』よりも『 元・うたのおねえさん』や『 しょうこおねえさん』と呼ばれることの方が圧倒的に多い。 エピソード 「うたのおねえさん」のオーディションは、宝塚歌劇団を退団した直後に童謡歌手時代に共演した女性歌手から、『うたのおねえさんのオーディションが今行われている』と言う話を聞いて受験した。 最終選考ではいだを含めて6人残った受験者が控室で次の選考に向けて準備をしている際、ある受験者が課題の歌の歌い方を他の受験者に聞いて回っていた(この時の事に関して「おかあさんといっしょ」卒業後にはいだはラジオ番組で「 審査員の人が最終選考の控室の中にいたらしい」と言う発言をしている )。 当然ながら他の受験者は自分の練習を優先させていたが、はいだだけが自分の練習を止めてその受験者の練習を手伝った。 その事がうたのおねえさんとして選ばれる決め手になった。 イラスト には「」の番組内のコーナー「やぎさんゆうびんリクエスト」において、同番組の当時マスコットキャラクターだった『』の絵を絵描き歌で描くことになり歌いながらスプーの絵を描いたが、はいだが描いたスプーは本来のスプーのデザインとはかけ離れたイラストだった。 はいだの旧公式ブログのバナーには、この時に描かれた「スプー」のシルエットが用いられていた。 これをきっかけにはいだの絵に注目が集まり、イラスト関連の仕事もこなすようになった。 2008年には、会社のが、自社の「ココロ」をはいだにさせ、そのを内のとして配布するを行った。 ジークレスト側は「はいださんは層の人気が高く、新しいの獲得にも寄与できるのでは」としており、はいだのイラストをデザインしたのプレゼントなども実施した。 また、はいだは、ゲーム内ののなども手がけている。 2017年にはのスペシャルムービーでも、18キャラクターの作画を担当するほか、歌と声も担当している。 出演 舞台 宝塚歌劇団所属時代• 1998年4月14日、宝塚大劇場 新人公演『エクスカリバー』• 1998年7月14日、宝塚大劇場 新人公演『皇帝』• 1998年10月27日、東京宝塚劇場 新人公演『皇帝』• 2月、宝塚大劇場『』(ジェット団の娘)• 1999年3月9日、宝塚大劇場 新人公演『WEST SIDE STORY』(カゲソロ)• 1999年5月、東京宝塚劇場『WEST SIDE STORY』(ジェット団の娘)• 1999年5月25日、宝塚大劇場 新人公演『WEST SIDE STORY』(カゲソロ)• 1999年8月、宝塚バウホール『夢・シェイクスピア』(スー)初台詞• 1999年10月19日、宝塚大劇場 新人公演『我が愛は山の彼方に』• 1999年12月1日 - 12月8日、日本青年館『夢・シェイクスピア』(スー)• 2000年1月11日、東京宝塚劇場 新人公演『我が愛は山の彼方に』• 2000年3月4日 - 3月19日、宝塚バウホール公演『聖者の横顔』(カゲソロ)• 2000年3月25日 - 3月31日、日本青年館『聖者の横顔』(カゲソロ)• 2000年5月、宝塚大劇場『』(神子S、カゲソロ)、『』(美猫、カゲソロ)• 2000年6月6日、宝塚大劇場 新人公演『黄金のファラオ』• 2000年8月、東京宝塚劇場『黄金のファラオ』(カゲソロ)、『美麗猫』• 2000年9月12日、東京宝塚劇場 新人公演『黄金のファラオ』• 2000年10月12日 - 10月27日、宝塚バウホール公演『』(白影、カゲソロ)• 2000年11月2日 - 11月7日、日本青年館『花吹雪 恋吹雪』白影、カゲソロ)• 1月、宝塚大劇場『』(女官、歌い手)、『』(女神、カゲソロ)• 2001年1月23日、宝塚大劇場 新人公演『花の業平』(伊勢斎宮恬子(文徳帝内親王))• 2001年3月、東京宝塚劇場『ベルサイユのばら2001』(クレサンテーム、エトワール)• 2001年4月10日、東京宝塚劇場 新人公演『ベルサイユのばら』(ジジ)• 2001年6月9日 - 7月1日、全国ツアー『』(ファニー、エトワール)• 2001年7月17日、ディナーショー『終楽章 -薔薇の五線譜-』• 2001年8月、宝塚大劇場『ベルサイユのばら2001』(クレサンテーム、エトワール)• 2001年9月4日、宝塚大劇場 新人公演『ベルサイユのばら』(ジジ)• 2001年10月6日 - 10月8日、宝塚バウホール• 2001年11月、東京宝塚劇場『花の業平』(女官、歌い手)、『』(マリポサ、シンガー)• 2001年12月4日、東京宝塚劇場 新人公演『花の業平』(伊勢斎宮恬子(文徳帝内親王))• 、2月25日、2月26日、2月28日、3月1日、ディナーショー『Feel』• 2002年4月、宝塚大劇場『』(シルビア)、『』(カゲソロ)• 2002年5月7日、宝塚大劇場 新人公演『プラハの春』(レポーター)• 2002年6月、東京宝塚劇場『プラハの春』(シルビア)、『LUCKY STAR! 』(カゲソロ)• 2002年7月9日、東京宝塚劇場 新人公演『プラハの春』(レポーター)• 2002年9月7日 - 9月16日、宝塚バウホール『ヴィンターガルテン』(エイミー、トーマ・ナスティヤツェフ)• 2002年9月21日 - 9月27日、日本青年館『ヴィンターガルテン』(エイミースチュワート、トーマ・ナスティヤツェフ) 宝塚歌劇団退団後• 、ブロードウェイミュージカル『』(天王洲銀河劇場) - キャリー 役• 2012年7月 - 8月、ハロー・ミュージカル! プロジェクト ミュージカル『』 - タプチム役(全国ツアー)• 2015年11月 - 12月、60周年記念ミュージカル『』(、) - ヘル夫人 役 コンサート ファミリーコンサート 公演 タイトル 出演者(一部を除く) 2003年 、 はいだしょうこ、、、 、、、、 、 、 はいだしょうこ、、、 、、、、 、、、、、、 、、、、 、 、 はいだしょうこ、、、 、、、 2004年 、 はいだしょうこ、、、 、、、 、 はいだしょうこ、、、 、、、 2005年 、、 はいだしょうこ、、 、、、、 、、、 、、 、 、 はいだしょうこ、、 、、、 、 はいだしょうこ、、 、、、、、 、 2006年 、 、 はいだしょうこ、、 、、、 、 はいだしょうこ、、 、、、、 、、 、 はいだしょうこ、、 、、、 、、 2007年 、 はいだしょうこ、、 、、、 、、 、 はいだしょうこ、、 、、、 、 はいだしょうこ、、 、、、 2008年 、 はいだしょうこ、、 、、、 、、 、、、 、、、、 、 はいだしょうこ 2009年 、、、 、、 、、 、、、 、 、、、 、、 はいだしょうこ 、 、、 ワンワンといっしょ! 夢のキャラクター大集合 公演 タイトル 出演者(一部を除く) 2014年 、、、 、、、 、、、、、 、、、 はいだしょうこ 2015年 、、、 、、、 、、 、 はいだしょうこ その他のコンサート• 〜こどもたちの未来のために〜「NHKこども朗読コンサート」()• 「はいだしょうこファミリーコンサート」• 2008年、北海道 札幌市・道新ホール• 2008年、大阪府・枚方市 野外ステージ• 2008年、愛知県・名古屋市 名古屋市公会堂 大ホール• 2008年、大阪府・高石市 アプラたかいし 大ホール• 2009年、(NEW YEAR ファミリーコンサート)滋賀県・米原市 近江公民館ときめきホール• 2009年、(ファミリーライブ)Club IKSPIARI(舞浜)• 2009年、石川県・津幡町 津幡町文化会館シグナス• 2009年、大阪府・富田林市• 2009年、大阪府・枚方市 ひらかたパーク(野外ステージ)• 2009年、兵庫県・朝来市 朝来市文化会館 和田山ジュピターホール• 2009年、兵庫県・たつの市 たつの市総合文化会館 アクアホール• 2009年、高知県・安芸市 安芸市民会館• 2009年、山梨県・韮崎市 東京エレクトロン韮崎文化ホール• 2009年、栃木県・大田原市 那須野が原ハーモニーホール• 2009年、東京都・稲城市 よみうりランド(オープンシアターEAST)• 2009年、鳥取県・鳥取市 鳥取市民会館• 2009年、京都府・城陽市 文化パルク城陽プラムホール• 2009年、奈良県・大和高田市 さざんかホール• 2009年、三重県・多気町 多気町民文化会館• 2009年、兵庫県・丹波市 丹波市春日文化ホール• 2009年、熊本県・八代市 八代市千丁文化センター• 2009年、愛知県・名古屋市 中京大学文化市民会館 オーロラホール• 2009年、北海道・札幌市 北海道厚生年金会館• 「おかあさんといっしょ ぐ〜チョコランタンファミリーステージ」• 2008年、、、、)• 2009年、福島県・福島市 福島県文化センター大ホール• おかやま国際音楽祭「ドリームコンサート for KIDS はいだしょうこコンサート」(2008年、岡山)• Sparkling Stage 夢の瞬間 とき 〜(2008年)• 「2008 LIVE FOR LIF『音楽彩』〜本田美奈子. メモリアル〜」(2008年)• 1st ALBUM 「しょうこのMy Favorite Songs」発売記念イベント• (2008年、 中央広場)• (2008年、 1Fパークウォークコート) イベント• 東京ゲームショウ2008/KDDIブース「リズミカル リスモ!ステージ」出演(2008年10月12日)• 「鉄道の日」記念イベント『駅祭ティング2008 in 阪急梅田』(2008年)• 八千代台 ユアエルム「はいだしょうこ・ファミリーイベント」(2008年)• 「第23回全国童謡歌唱コンクール グランプリ大会」ゲスト(2008年) インストアライブ• はいだしょうこ• (2008年、イオンモール日の出店/専門店街3階キッズサークル内)• (2008年、イオンモール太田店/専門店街1階セントラルコート)• 「今井ゆうぞう はいだしょうこ クリスマス スペシャルライブ」(2008年11月1日) テレビ レギュラー• (4月 - 3月、)• (2009年10月6日 - 2011年3月29日、フジテレビ) - 火曜日レギュラー• (2010年5月4日、2010年6月1日、2010年6月8日、2010年6月15日-2011年3月1日、TBS)• うたばこ(2010年10月3日 - 、)- MC• 「はじめようスマホ」(2017年11月 - 12月(全8回)、NHK Eテレ) 声の出演• (2009年7月4日 - 、) - ヴィー 役• (2015年10月12日 - 15日、) - おくとぱすみれ 役 テレビドラマ• 第3話(2016年7月27日、) - 夏木桜 役• (2016年、) - 役 ラジオ• 「」 2019年6月13日、、パートナー 映画 声の出演• 『』 - 青い星の妖精リリアンディル 役 (2011年)(宝塚OGの大地真央と共演) CM・広報• 2010年秋の火災予防運動ポスター モデル• 「展 東京展」(2016年)• のイメージキャラクター(2019年~) 作品 CD アルバム• エンカレッジコンサート 星組(CD)(2002年1月21日) ソロ曲「命をあげよう」、「かわいい坊や」の2曲担当。 NHKおかあさんといっしょ 最新ベスト「このゆびとまれ」(2003年10月16日)• NHKおかあさんといっしょ 最新ベスト かぜのおはなし (2004年10月20日)• NHKおかあさんといっしょ 夢のビッグパレード BVーチョコランタンとゆかいな仲間たち(2005年5月1日)• NHKおかあさんといっしょ 最新ベスト おしりフリフリ (2005年10月19日)• NHKおかあさんといっしょ スペシャル ぐ〜チョコランタンとゆかいな仲間たち みんなであそぼ! 不思議な不思議なワンダーランド (2006年06月7日)• NHKおかあさんといっしょ 最新ベスト ぼよよん行進曲(2006年10月18日)• NHKおかあさんといっしょ ファミリーコンサート おいでよ! びっくりパーティーへ (2007年2月7日)• NHK おかあさんといっしょスペシャルステージ「ぐ〜チョコランタンとゆかいな仲間たち ふしぎな森へようこそ!!」(2007年6月6日)• NHKおかあさんといっしょ 最新ベスト きみのこえ (2007年10月17日)• NHKおかあさんといっしょ ファミリーコンサート さがそう! 3つのプレゼント(2008年2月6日)• おかあさんといっしょ ソングコレクション ゆめのかけら(2008年4月16日)• おかあさんといっしょ スペシャルステージ ぐ〜チョコランタンとゆかいな仲間たち みんなおいでよ!うたのパレード(2008年6月4日)• しょうこの My Favorite Songs(2008年7月16日)ファースト・ソロ・アルバム• みんなの童謡・唱歌 めだかの学校〜夕焼け小焼け(2009年7月15日)• みんなの童謡・唱歌 おもちゃのチャチャチャ〜故郷(2009年10月21日)• みんなでうたう童謡・唱歌 いぬのおまわりさん〜おやすみなさい(2010年1月21日)• みんなでうたう童謡・唱歌 ふしぎなポケット〜ヤンチャリカ(2010年4月21日)• くまモンとあそぼ! 〜えかきうた と あそびうた〜(2014年3月12日) ソロ曲「くまモンタッチ」を担当。 シングル• 「チャギントン」テーマ・ソング(2009年9月16日)• チャギントン テーマソング(通常盤)(2009年11月18日) 2作品共にアニメ『』テーマソング• たまともフォーエバー(2009年11月18日) テレビ東京系アニメ『』エンディングテーマ DVD• おかあさんといっしょ スペシャルステージ ぐ〜チョコランタンとゆかいな仲間たち みんなおいでよ!うたのパレード(2008年6月4日) 書籍• NHKおかあさんといっしょ 新・うたのえほん はじめて はじめまして(、2008年4月25日)• しょーこの虹色メロディー (、2011年3月7日) 雑誌• 朝日新聞 別刷『be on Sunday』インタビュー記事(2008年6月9日)• 『』(2008年7月号 2008年6月13日 角川マガジンズ)巻頭インタビュー• 中日新聞(夕刊) インタビュー記事掲載(2008年11月18日)• 情報誌「ショッパー」(2008年11月20日)• 日本出版社「ネコまる 2009冬号」(2008年11月21日) 脚注 [] 注釈• 「」ミュージカルアカデミー ドリーム。 「」ミュージカルアカデミー ドリーム。 2009年12月11日放送「中居正広の金曜日のスマたちへ」より。 Techinsight メディアプロダクツジャパン. 2014年9月10日. 2014年9月15日閲覧。 系「」2010年3月7日放送より。 DIGITAL: p. 2015年10月12日. 2017年9月4日閲覧。 (東京消防庁発表資料、2010年10月18日)• 、(2013年8月2日)• MANTANWEB. 2016年10月8日. 2017年9月3日閲覧。 2012年4月4日. 2017年9月3日閲覧。 TBSラジオ 2020年7月24日. 2020年8月5日閲覧。 「」、。 com. 2017年1月11日. 2017年1月12日閲覧。 2016年10月8日 NHK• 金曜ロードSHOW!. 2016年7月16日閲覧。 お笑いナタリー. 2016年8月25日. 2016年8月25日閲覧。 関連項目• 外部リンク• - - はいだしょうこ公式ブログ(新ブログ。 2010年4月1日〜)。 - - pixiv• 先代: 第19代:4月7日-3月28日 次代:• (1961年4月3日 - 1962年9月22日)• (1961年4月10日 - 1964年10月3日)• (1962年10月1日 - 1964年4月4日)• (1964年4月13日 - 1967年3月25日)• (1964年10月12日 - 1967年7月31日)• (1967年4月3日 - 1970年3月11日)• (1967年8月1日 - 1970年4月4日)• (1970年4月6日 - 1972年3月31日)• (1970年4月7日 - 1971年10月30日)• (1972年4月3日 - 1974年3月29日)• (1974年4月1日 - 1979年3月16日)• (1974年4月1日 - 1979年3月16日)• (1979年4月2日 - 1981年4月3日)• (1981年4月6日 - 1983年4月2日)• (1983年4月4日 - 1987年4月4日)• (1987年4月6日 - 1993年4月5日)• (1993年4月5日 - 1999年4月3日)• (1999年4月5日 - 2003年4月5日)• (2003年4月7日 - 2008年3月28日)• (2008年3月31日 - 2016年4月2日)• (2016年4月4日 - ).

次の

はいだしょうこはどんな人?結婚・夫は?絵を書いたら・・・

相田 翔子 スプー

net 仲良しの女子プロレスラー 井上貴子ちゃんから 祈るおむすびバトンを受け取りました さっちんに相談して Winkしているおむすびを作ってみました 左 早智子のおむすび 右 翔子のおむすび Wink時代の立ち位置通りに並べてみました 大切な命を救う為に最前線で戦っていらっしゃる医療従事者の皆様へ 私達の生活を支えて下さっている皆様へ 早智子と私から 感謝の思いを込めて… そして ウィルスに感染してしまった方が 1日も早く回復されますよう 心から祈っています 心をひとつに! このバトンを 早智子と私の共通の友人でもあり 私の憧れのスター ライオネス飛鳥さんに繋げさせて頂きます! 2 : 名無し募集中。。。 net うまそう 3 : 名無し募集中。。。 net AV出てたな 4 : 名無し募集中。。。 net 片割れはエロいビデオにも出たのにまだ付き合いあるなんていい話だな 5 : 名無し募集中。。。 net 井上貴子とかライオネス飛鳥と友達って方が意外だ 6 : 名無し募集中。。。 net 相田翔子かわいいよな 7 : 名無し募集中。。。 net Winkって黒歴史じゃなかったのか 8 : 名無し募集中。。。 net 早智子って茶髪なのか 9 : 名無し募集中。。。 net 相田翔子は女子プロレス目指してたほど活発な人 10 : 名無し募集中。。。 net 再結成の話が半年前くらいにあってそこで会ったりしてたんだろ 11 : 名無し募集中。。。 net 落ちぶれたのは解散してからなのだから 別にわだかまりはないし 12 : 名無し募集中。。。 net 去年あたり復活してたような 13 : 名無し募集中。。。 net さっちんもアップフロントに引き込もう 14 : 名無し募集中。。。 net 相田翔子も事務所所有の石仮面被ったくち 16 : 名無し募集中。。。 net そういえばなんでアップフロントなんかにいるんだ 17 : 名無し募集中。。。 net スプーのえかきうた 18 : 名無し募集中。。。 net そふとAV一本出ただけだろ 19 : 名無し募集中。。。 net 相田は筋金入りだからな 友だちみんな奥歯がない 20 : 名無し募集中。。。 net 愛が止まらないと淋しい熱帯魚しか知らない 22 : 名無し募集中。。。 net 相田翔子はアップフロントだけどwinkは違うのか 23 : 名無し募集中。。。 net 相田翔子の乳首が見たかったのに 24 : 名無し募集中。。。 28 : 名無し募集中。。。 net 東村山出身 31 : 名無し募集中。。。 net 志村けん亡き後は相田翔子が 東村山の希望の星となるだろう 32 : 名無し募集中。。。 net 「そうです私が淋しい熱帯魚です」 33 : 名無し募集中。。。 06 0. net 友 36 : 名無し募集中。。。 net 創価繋がり 総レス数 36 5 KB.

次の

相田翔子 公式ブログ/『ぶりの照り焼き』

相田 翔子 スプー

(終了した番組・中継を含みます)は、での販売や公式な、またはが紹介するまで、 出典として用いないで下さい。 に基づき除去される場合があります。 相田 翔子 生誕 1970-02-23 (50歳) 出身地 、 学歴 卒 ジャンル 、 職業 、、 担当楽器 活動期間 - レーベル (1988年-1998年 ) (2003年-2004年) (2011年) (2013年 - ) 事務所 アップライトミュージック (1988年 - 1994年) P-Artists (1994年 - 1996年) BIG J (1997年 - 1999年) (2000年 - 2013年) (2013年 - ) 共同作業者 公式サイト 相田 翔子(あいだ しょうこ、 - )は、、、。 本名非公開。 別名、鈴木敬子。 からまで活動した、(活動停止済み)のメンバー。 所属は。 夫は、相澤英之の三男、相澤宏光である。 義母(夫の母)は。 義兄(夫の兄)は。 義姉(夫の兄の妻)は。 略歴 [ ] 幼少期から芸能界デビュー(1970年 - 1988年) [ ] 芸能界にデビューして一人暮らしを始めるまで、家族と共に東京都東村山市で育つ。 子供の頃は、やんちゃでイタズラ好きだったという。 3歳の時、に落ちて偶然通りかかった姉と友達に助けられたことは、でよく話題にされる。 歌が好きで、よく姉と等の歌を歌っていた。 ピンク・レディーではケイのファンであった。 小学校低学年の頃、近所の友達を集めて草芝居を行うなど活発な少女だった。 しかし、幼少期は知らない人の前で何かをすることができず、芸能界への憧れはまるでなかったという。 中学時代に憧れ、入団テストを受けるためトレーニングをしていた。 のオーディションに数回応募するが、いつも不合格で断念する。 中学2年生(当時14歳)の時に、友人の応募でオーディションを受けたことがきっかけで、で芸能プロダクションのマネージャーにスカウトされたのち、芸能プロダクションに所属、歌手としてのレッスンを受け始める。 母はかつて歌手に憧れていたためその夢を応援したが、父は芸能界への不安から反対した。 そのため当面はモデルとして活動し、歌手デビューは高校進学後にと事務所と話し合っていた。 高校時代は複数のアルバイトを経験。 高校2年生(当時16歳)の時にソロ歌手としてのデビューが予定されていたが、校則で禁止されていることを理由に辞退。 への転校も考えたが、多くの芸能人が並ぶ中でのプレッシャーに耐えられないと考え、断念。 すでにデビュー曲はレコーディングも済んでおり、現在の感覚で言えば訴訟沙汰にもなりかねない事態であったが、当時の事務所の社長の配慮もあって大事には至らなかった。 本人はこの選択を後悔しておらず、後年の談話では、その時デビューしていたら自己主張できず、消えただけだろうと語っている。 なお、「幻のデビュー曲」となったこの楽曲は、歌手が歌っていそうな硬派な路線で、翔子は大変気に入っていたという。 9月、社の雑誌『』の第9代ミスアップ・グランプリを受賞(第7代グランプリが後にWinkとしてデュオを組むことになる)。 Wink時代(1988年 - 1996年) [ ] 4月、高校卒業後に鈴木早智子とWinkを結成し、ドラマ『』 主題歌「」で歌手デビューする。 デビュー当時は、頼りなさげな素人っぽい雰囲気を残し、ブレイク前の1988年夏のキャンペーンでは観客が入らず、楽屋で泣くこともあったという。 1歳年上の鈴木早智子を「明るくて凄い優しい人だなって思って。 お姉ちゃんと同じ歳で相談とかできていいんじゃないかなと」と慕う一方、「どんどん勉強して実力をつけて。 あと、自分の書いたもの(註・詞だそうです)を人に見てもらえる位になりたい」とに対する意欲を語っている。 1988年11月、シングル3作目となるCX系ドラマ『』 の主題歌「」でブレイクを果たす。 以降、1990年3月にリリースされた「」まで5曲連続1位を獲得した。 この間人気は頂点に達し、トップアイドルの仲間入りを果たす。 さらに、ブレイク後の1989年12月には同年7月にリリースされたシングル5作目となる「」でを受賞している。 Wink時代、特に全盛期には無表情でほとんど笑わないアイドルとして知られ、当時の所属事務所からは、笑うよう叱責されていた。 本人は「当時は突然の人気に戸惑い、ずっと緊張が解けなくて笑うことができなかった」と回想している。 その一方で、オルゴール人形のように無表情で独特な振り付けは、Winkのキャラクターとして定着していく。 気負いのない素直な振舞いは、時にやる気がないとバッシングを受けることもあったが、本人はWink時代を通して音楽に打ち込み、挑戦を重ねてきた。 また、周囲に媚びを売らず大人の対応をするように教えられたことはありがたかったと後に感謝の意を述べている。 アルバムのソロ楽曲では、、、、等、海外アーティストのカヴァーを積極的に取り上げ、歌手としての表現の幅を広げる(「」を参照)。 さらに中期以降は、アルバムごとに自作曲を発表するようになる。 1993年のアルバム『(アプロデーテ)』に収録された「おしえて」は、しっとりとしたバラードの曲想にのせて、切ない恋心を歌い上げた佳曲である。 また、1994年のアルバム『』に収録された「裸足のマリオネット」は、志向を明らかにし、後のソロ活動を予見させるものとなった(「」を参照)。 1995年3月、ソロ・プロジェクトに着手する [ ]。 そして、ソロ活動とのけじめをつけるため [ ]、1996年3月をもってWinkとしての活動を停止する。 アイドルユニットとしては異例の長期にわたるWink時代の約8年間は、あらゆる意味で鈴木早智子との厚い友情と周囲の熱意に支えられたものであり、自らの芸能活動の原点となったWinkについて、本人は 「夢のようで刺激的で濃厚で鮮烈」なものだったとし、今でもWinkやその楽曲を大事に思うファン、当時のスタッフ、そして「早智子とじゃなければ私には出来なかったこと」と語っている。 また、鈴木との仲についても、「Wink時代から不仲であり、それが原因で活動を停止した」という説が囁かれたこともあったが、実際には活動停止後も会ったり電話で話したりする機会も多く、自身の結婚式にも招待するなど、現在も交流は続いている。 本格的なソロ活動開始とマイペースな音楽活動没頭(1996年 - 1998年) [ ] Wink活動停止直後の2年間は、マイペースな音楽活動に没頭した時期である。 解散の際に1人では何もできないと感じて引退も決意していたが、事務所にそれを伝えたら、相田には作詞と作曲があるではないかと言われて思いとどまった。 この時期の音楽活動の成果は、全曲自作曲による2枚のソロ・アルバム『』(5月25日)と『』(5月25日)に結実される。 この時期、自分自身と向き合い、安らげる音楽を求めて模索を続けながら、辿りついたのはであった。 ボサノヴァ界の大御所として知られるやベン・ウィットマンのプロデュースを得た『』は、ボサノヴァ風のサウンドを基調とする本格的なアコースティック・サウンドを目指したかなりの意欲作である。 しかし、これらのアルバムは必ずしも一般受けするものとはいえず、商業的な成功を収めることはできなかった。 この時期の活動について、本人はアーティストであることにこだわり過ぎていたという。 そして「表現者である限り、恥をかいてもいいから、もっとありのままの自分を表に出していこう」と決心する。 この強い決意が等への進出への大きなターニングポイントとなる。 バラエティ進出から現在(1998年 - ) [ ] 1998年11月、製作・系列のテレビ番組『』に出演、旅先での思い切りのよいレポートは好感をもって迎えられ、1999年4月からは同番組の司会に起用される。 また、2000年7月に系『』にゲスト出演し、といわれる独特のキャラクターで注目されるようになる。 以降、『』、『』、『』等、数々のバラエティ番組で司会、レギュラーを務めるとともに、『』、『』等の映画やドラマにも出演し、女優・TVタレントとしても幅広く活躍している。 また、音楽活動も精力的に展開しており、地域の音楽および往年のをカヴァーしたアルバムを発表したり、以降『』と題してライブを開催している。 現在は芸能事務所「」 に所属し、(zetimaレーベル)からCD、およびデジタル・ダウンロードシングルをリリースしている。 2006年10月28日公開の映画『 Rainbow Song』には、年下の主人公を翻弄する恋人役で出演した。 もう若くはないことを自覚し、年齢を偽ってでも可愛いらしく振舞い、主人公の気を惹こうとする女の悲しい性を丹念に表現、『』2006年11月下旬号では、「年齢不詳の女の持つ迫力をまざまざと見せつけてくれたのは衝撃ですらあった」と評された。 また、舞台出演に関しては、2007年9月に大阪松竹座で公演された『』(原作)で、幼馴染である主人公への一途な想いを抱きつつ、藩主の側室となったお福役を演じるとともに、2008年1月には、日本モンゴル親善特別公演『ジンギスカン〜わが剣、熱砂を染めよ〜』に、主人公のライバルの許婚でありながら、互いに惹かれあう主人公とそのライバルとの対決に心を痛める女性として出演していた。 2008年7月31日、医師の相澤宏光と婚姻届を提出した。 同年10月30日に東京・芝公園のザ・プリンスパークタワー東京で披露宴を開いた。 2012年1月13日、第1子となる女児を出産した。 予定日より約2か月早く1866gの体重だった。 2013年9月4日、デビュー25周年記念企画の一環として制作され、『Luz』以来およそ16年4か月ぶりとなる3枚目のオリジナル・アルバム『』をリリースした。 人物 [ ] 卒業。 身長は160cm 、足のサイズは21. 5 cm。 家族は、父・母・1歳上の姉。 「ユーモアがあって冗談をよく言う父、いつも明るく太陽のように笑っている母、親友のような姉」という。 実家は自営業(タイル)。 母方の郷里は。 家族思いで、2005年に母を亡くした直後に出演した『』では、「還暦を迎えた母のために開いたパーティーで泣いて喜んでくれた」と涙ながらに語っている。 また、夫の宏光は、元衆院議員・と女優・の三男。 独身時代は姉と一緒にマンションに住んでおり、自宅ではパンティーだけはいて上半身は裸で生活していたとのこと。 おっとりとした外見とは裏腹に、仕事に対してひたむきな姿勢を示す。 「表現者として歌を歌うことやお芝居を演じることは、多くの人に夢を与えるものでないといけないと思う。 そのためには、大袈裟かもしれないけど、命がけなんです」という。 音楽に対するこだわりも強く、女優、業など幅広く手がけるようになっても、自分のベースにあるのは音楽であり、「不器用な性格だからこそ、音楽という表現方法は欠かせないものなんです」という。 その一方、子供の頃から引っ込み思案で人見知りが強く、人前に出るのが苦手だったため、自分は芸能界には向いていないと思っていたという。 Wink時代末期には、疲労とストレスの連続からになり、自信を失って引退を考えたことや、ソロ活動を始めてからも、周囲に迷惑をかけているのではないかと心配で、落ち込むことが多かったことなども告白している。 女優、歌手、タレントに及ぶ自らの芸能活動について、テレビ番組への出演は、素の自分を表現できる場として大切にしたいという。 また、自分で曲を作って歌うことは、うまく口に出せない感情も表現できるので、ライフワークとしてずっと続けていきたいという。 一方、ここ数年はバラエティ番組への出演が減っており、女優としての活動が目立ってきている。 「今は本当に恵まれた環境で仕事ができることを実感しているんです。 でも、もっと追いこまれる場所で仕事をしてみたい。 大きな壁にぶつかってそれを乗り越えることで、自分自身も見えてくるし、周囲からも理解されると思うから」という。 趣味 多趣味かつ個性的な趣味の持ち主であり、夢中になると自分の世界に入り込んでしまう性格である。 料理:食べるのも作るのも大好きで、仕事柄外食が多いときは、自宅ではを心掛けているという。 酒も好きで、作り、やを使って自家製のを漬けており、作家のと料理本について対談したこともある。 陶芸:料理好きが高じて2007年の春に友人に誘われて陶芸をはじめる。 ずっと憧れていた世界に足を踏み入れ、熱中している。 和食器が好きで、自作のお皿に創作料理を盛り付けることが一番の夢だという。 ペットを愛する著名人として、・ピュリナ・ペットケアの第1回『ペットケア・アワード』を受賞している(2002年9月2日)。 現在、「」の資格を取得している。 恩師 高校2年の夏休みに、サイクリング部の先生の引率で、3人の友人とともに、からまで16日間の自転車旅行をしたことは、高校時代の忘れ得ない思い出だという。 その時の恩師が、高校を定年退職後にのへ留学し、中国版『』と言われる『梁山伯祝英台伝説』()について調査・研究を行い『梁山伯祝英台伝説の真実性を追う』という本を出版したで、翔子はその本に推薦の言葉を寄せている。 Winkとしての出演番組、CMなどは を参照。 レポーターとしての出演: 、 、• 番組アシスタントとしての出演: -• としての出演:2006年、、2007年• (テレビ東京 1996年5月13日)• ( 1996年5月22日、1998年4月30日)• (日本テレビ 1996年5月23日深夜)• ( 1996年6月5日深夜)• (日本テレビ 1997年6月12日深夜)• (日本テレビ 1997年7月2日)• (フジテレビ 1997年7月20日)• (フジテレビ 1997年8月18日)• ( 1998年4月29日深夜)• (日本テレビ 1998年5月20日深夜、1999年4月7日深夜)• (テレビ朝日 1998年7月21日)• (日本テレビ 1998年10月31日深夜)• (日本テレビ 1998年12月12日)• (TBSテレビ 1999年9月6日)• 不定期出演:1999年11月 - 2000年3月• レギュラー出演:10月 - 3月• ()、、• セレブリティ・ファイル( 10月 - 10月• ( 4月 - 3月)• レギュラー出演:2005年1月 - 2007年3月• 本人唯一の• ( 1月 - 3月)• (TBSテレビ)• 不定期出演:2007年8月 - 2008年3月• (テレビ朝日 2007年 - 2009年)• 準レギュラー出演:2008年4月 - 2009年3月• (TBSテレビ)• 不定期出演:2012年6月 -• ゲスト出演 2004年10月、2010年8月、2013年12月• (NHK総合)• 不定期出演:2014年1月 - 2015年3月• (NHK総合)• 不定期出演:2015年1月 -• (NHK総合、2017年8月24日)「おしゃべり日和 相田翔子 中井精也 私の鉄道LOVE」• 2015年10月から月一回「踊る!まいう〜漫遊記」コーナーレギュラー出演• アシスタント:2017年7月 -• 第16話「リリアン棒危うし! 由真の一番長い日」(・フジテレビ系、2月26日)- 由真の子分 役( 鈴木敬子名義での出演)• - SiXTEEN 16(テレビ朝日 10月20日 - 1989年2月23日 木曜深夜)• (TBSテレビ 7月 - 9月)- 大沢礼子 役• 1時間枠の連続ドラマ初レギュラー出演作品。 白いシーツの女(テレビ朝日 2月)- 真理 役• (フジテレビ 4月 - 6月)- 平栗洋子 役• 『』(テレビ朝日 4月)- 白河千春 役• 『』(TBSテレビ 4月)- 河合育代 役• (TBSテレビ 12月)- 加藤愛子 役• (第11回ゲスト)(フジテレビ 6月)- 北野奈美 役• (第6回ゲスト)(フジテレビ 11月)- 安田杏子 役• (第3シリーズ)(第1回「対決! 北町の剃刀vs南町の狼」ゲスト)(テレビ朝日 1月)- 美奈 役• 初出演作品。 (第9回ゲスト)(日本テレビ 3月)• 『』(テレビ朝日 3月)- 西山百合子 役• 京都鴨川東署迷宮課(第4回ゲスト)(テレビ朝日 6月)- 滝田奈津子 役• 『』(第8回ゲスト)( 9月)- お品 役• 健太の食探検 といっしょ! ( 2月)- 先生 役• (第17作)(第10回ゲスト)(テレビ朝日 9月)- 井上かおる(沢村かおる) 役• 土曜ワイド劇場『〜心療内科医&殺人課刑事の捜査ファイル2』(テレビ朝日 9月)- 小早川ゆかり 役• 土曜ワイド劇場『結婚詐欺殺人事件 信州千曲川殺意の旅情』(テレビ朝日 3月)- 本郷比呂子 役• (NHK総合 6月 - 7月)- 吉永悦子(谷山美鈴) 役• 連続ドラマ初主演および帯ドラマ初主演作品。 (TBSテレビ 5月)- 天野智代 役• (テレビ朝日 10月 - 12月)- 役• 月曜ゴールデン『心研ぎます! 鷹宮光次郎の旅情事件簿 刀研ぎ師の人情放浪記』(TBSテレビ 1月)- 春風うらら 役• (フジテレビ 4月 - 6月)- 大黒夏子 役• (第8回ゲスト)(テレビ朝日 5月)- 服部美晴 役• (TBSテレビ 10月)- 森岡輝子 役• (第4回ゲスト)(テレビ朝日 7月)- 早瀬吉乃 役• (NHK総合 4月 - 5月)- 荒木浩子 役• (第1回ゲスト)(日本テレビ 10月)- 相澤涼子 役• 『2 日光鬼怒川殺人ライン』(テレビ東京 1月)- 手塚由希 役• 土曜ワイド劇場『26 日光鬼怒川温泉〜殺意のライン下り!! 』(テレビ朝日 8月)- 八木佳織 役• (第5回ゲスト)( 7月)- 山本麗子 役 テレビアニメ [ ]• ( 2008年11月 - 2009年2月)- ラジオ [ ]• (系 4月 - 3月)• ( 1月 - 9月)• P-POP STATION フェスタヌーン( 4月 - 3月)• ( 7月 - 9月)• ( 10月 - 9月)• (大人トーククラブde地中海)( 9月 - 3月)• (系 2010年4月 - )• ( 2009年4月 - 2011年12月) 映画 [ ]• ゴールドラッシュ(12月 )(監督:)- 清水早苗役• (とき)(5月 東映)(監督:)- 東條光枝役• (7月 )(監督:)- 三輪多恵子役• 許されざるもの(3月 シネマパラダイス)(監督:)- 守部洋子役• (2003年9月 東映)(監督:)• (3月 )(監督:)- 有栖川加代役• Break Out! (1月 )(監督:)- 阿久根リカ役• 怨喰(うらみぐい)(6月 東映)(監督:加藤文明)- 宇田亜沙子役• Rainbow Song(2006年10月 東宝)(監督:熊澤尚人)- 森川千鶴役• 涙でいっぱいになったペットボトル 〜カンペの手紙〜(9月 メディア・ワークス)(監督:)- ミンジュ役• (5月 )(監督:)- 飯山和歌子役• (7月 )(監督:萩原健太郎)- 笛口リョーコ役 劇場用アニメ [ ]• メルヘンコメディ『フールズ FOOLS 』(1月 新宿シアターモリエール)- ソフィア役• 新版外伝『喧嘩安兵衛』(5月 )- お美代役• 第2回公演 昭和歌謡シアター『時の流れに身をまかせ』(9月 新宿スペース107)- 西園寺啓子役、初の座長公演• 大阪座 新築開場10周年記念『』(9月 大阪松竹座)- お福役• 日本親善特別公演『 〜わが剣、熱砂を染めよ〜』(1月 ル テアトル銀座)- カルカ役 コンサート [ ]• 相田翔子コンサート( フェスパホール)• 相田翔子コンサート( 大阪WTCフェスパホール)• 晩餐ライブ 1st『パリ・ジュテーム〜地中海の夜〜』(、22日 広尾ラ・クロシェット)• 晩餐ライブ 2nd『もっとありのまま〜地中海の夜〜』(、30日 広尾ラ・クロシェット)• 晩餐ライブ 3rd『はじまりは東の空』( 広尾ラ・クロシェット、 大阪フラミンゴ・ジ・アルージャ)• 晩餐ライブ 4th(、23日 広尾ラ・クロシェット)• クリスマス2005( 池袋) CM・広告 [ ]• 『肉まん・あんまん』( - )• 企業( - )• 『咲かせて消臭 花咲きポット』(10月 - 2007年9月)• 『さわやか行政サービス運動』イメージキャラクター()• ・ラカ ナビゲーター()• 『』(3月 - 2月、と共演)• 『日記』(『』編)(2010年6月 - 10月 と共演)• 『 ヘアエッセンス』(10月 - )• (4月 -2019年11月5日 と共演) ディスコグラフィ [ ] アルバム [ ]• ( ポリスター PSCR-1052)- 在籍時代のミニ・アルバム• Believe Moon -instrumental version-(作曲:相田翔子 編曲:)• Pleasure(作詞:芹沢類 作曲:門倉有希 編曲:門倉聡)• アンビバレンス(作詞:芹沢類 作曲:相田翔子 編曲:門倉聡)• LOVE(原曲:)• 黙示録(作詞:芹沢類 作曲: 編曲:門倉聡)• VOX 〜あなたには聞こえない〜(原曲:)• Believe Moon(作詞・作曲:相田翔子 編曲:門倉聡)• ( ポリスター PSCR-5455)- 全曲自作曲によるオリジナル・ファースト・アルバム• Do-Sol(作詞:芹沢類・相田翔子 作曲:相田翔子)• サヨナラしかあげない(作詞: 作曲:相田翔子)• i Julia(作詞・作曲:相田翔子)• AFRICA(作詞・作曲:相田翔子)• Vellrina 〜真珠〜(作詞・作曲:相田翔子)• 魚になりたい(作詞・作曲:相田翔子)• i Julia -instrumental version-(作曲:相田翔子)• Blue Lagoon(作詞・作曲:相田翔子)• ( ポリスター PSCR-5603)- 全曲自作曲によるオリジナル・セカンド・アルバム。 Intro 〜新しい水(ギター:ホメロ・ルバンボ)• 愛された薔薇(作詞・作曲:相田翔子 編曲:)• 3,2,1 and 0(作詞: 作曲:相田翔子 編曲:門倉聡)• 目覚めましょう(作詞:相田翔子 作曲:相田翔子・渡邉浩世 編曲:門倉聡・ホメロ・ルバンボ)• Andy(作詞・作曲:相田翔子 編曲:門倉聡)• 始まりは東の空(作詞・作曲:相田翔子 編曲:門倉聡)• 朝の光(作詞・作曲:相田翔子 編曲:門倉聡)• 裸で眠りましょう(作詞・作曲:相田翔子 編曲:河越重義)• 熱砂(作詞:かの香織 作曲:相田翔子 編曲:門倉聡)• 0:00 a. 〜午前0時(作詞・作曲:相田翔子 編曲:門倉聡)• 太陽の国(作詞:相田翔子 作曲:相田翔子・渡邉浩世 編曲:門倉聡)• ( ポリスター PSCR-6006)- ベスト・アルバム。 の未発表作品「冷たい月の夜」など、全15曲を収録。 冷たい月の夜(作詞・作曲:相田翔子 編曲:)• ユーロ・テイストにリメイクされた自作曲「Blue Lagoon」を収録。 L'amour est bleu(原曲:)• パリ・ジュテーム Paris, je t'aime d'amour(原曲:モーリス・シュバリエ)• マミー・ブルー Mamy blue(原曲:ポップ・トップス)• 悲しき雨音 Rhythm of the Rain(原曲:カズケーズ)- フランス語版を収録• 涙の日曜日 Bella da morire(原曲:ホモ・サピエンス)• 愛のめざめ Ho capito che ti amo(原曲:)• ピノキオ Pinocchio(原曲:)• Blue Lagoon(作詞・作曲:相田翔子 編曲:前野知常)• 君だけを愛して Io che amo solo te(原曲:セルジョ・エンドリゴ)• 愛の物語 Nos mots d'amour(原曲:)• の曲が多く含まれている。 ト・パトス 〜情熱〜 O Pastor(原曲:マドレデウス)- ギリシャ語版を収録• はかない愛だとしても Il me dit que je suis belle(原曲:パトリシア・カース)• 哀しみの影 Yesterday Yes a day(原曲:)• わたしたち20才 Questi vent'anni miei(原曲:)• グリスビーのブルース Le Grisbi(原曲:ヴィクター・ラズロ)• 悲しみの兵士 Les hommes(原曲:)• 太陽のとびら Alle porte del sole(原曲:)• デビュー25周年記念企画の一環として制作された。 for you(作詞・作曲・編曲:)• 月で泳ぐ(作詞・作曲:相田翔子 編曲:門倉聡)• 夜明けの雨はピアニッシモ(作詞: 作曲: 編曲:)• 一輪(作詞:相田翔子 作曲・編曲:)• タペストリー(作詞:及川眠子 作曲:相田翔子 編曲:門倉聡)• 1秒だけの奇蹟(作詞・作曲・編曲:)• もっと ありのまま(作詞:相田翔子 作曲:羽場仁志 編曲:佐藤準)• 時刻表のない駅(作詞・作曲:相田翔子 編曲:門倉聡)• (作詞・作曲:相田翔子 編曲:ベン・ウィットマン)- bounce-0020• (作詞:芹沢類、相田翔子 作曲:相田翔子 編曲:ロビー・ブキャナン)- ポリスター PSDR-5255• (作詞・作曲:相田翔子 編曲:河越重義)- ポリスター PSDR-5265• (作詞:戸沢暢美 作曲・編曲:門倉聡)- ポリスター PSDR-5296• 映画『(とき)』イメージソング• (作詞:、 作曲: 編曲:)- ゼティマ EPCE-5057• with 翔子名義• 映画『』主題歌• 因幡晃とのデュエット• (作詞:相田翔子 作曲・編曲:吉田次郎)- アップフロントワークス• 本人初の• さよなら 小さなCrybaby(作詞:KEIKO 作曲:羽場仁志 編曲:)• 3枚目のアルバム『』( ポリスター H00R-10008)に収録• ペンネーム「KEIKO」名義• Tears(作詞: 作曲:KEIKO 編曲:)• 7枚目のアルバム『』( ポリスター PSCR-1036)に収録• ペンネーム「KEIKO」名義• おしえて(作詞・作曲:相田翔子 編曲:門倉聡)• 10枚目のアルバム『(アプロデーテ)』( ポリスター PSCR-5016)に収録• 愛を込めて(作詞・作曲:相田翔子 編曲:小林信吾)• 11枚目のアルバム『』( ポリスター PSCR-5062)に収録• 兵士の休日(作詞・作曲:相田翔子 編曲:門倉有希)• 12枚目のアルバム『』( ポリスター PSCR-5310)に収録• 裸足のマリオネット(作詞・作曲:相田翔子 編曲:門倉聡)• 13枚目のアルバム『』( ポリスター PSCR-5334)に収録• 海に輝いて(作詞・作曲:相田翔子 編曲:)• 14枚目のアルバム『』( ポリスター PSCR-5384)に収録 Wink時代のソロ楽曲 [ ]• ジャスミンは哀しい香り• 1枚目のアルバム『』( ポリスター H33R-20010)に収録• 冬のフォトグラフ• ミニ・アルバム『』( ポリスター H25R-20013)に収録• Baby Me(原曲:ホーリー・ナイト "Baby Me")• ひきとめないで(原曲:デビー・ハリー "You got me in trouble")• 2枚目のアルバム『( ポリスター H30R-10001)に収録• 夏服のジュリエット 〜Dos Hombres〜• 銀星倶楽部 〜I'm In Mood For Dancing〜(原曲: "I'm in the mood for dancing")• 4枚目のアルバム『』( ポリスター PSCR-1010)に収録• 真冬の薔薇• 5枚目のアルバム『』( ポリスター PSCR-1017)に収録• Mysterious 〜真夏の夜の夢〜• 夜の月、昼の月(原曲: "Night and day")• 6枚目のアルバム『』( ポリスター PSCR-1025)に収録• Get My Love• 7枚目のアルバム『』( ポリスター PSCR-1036)に収録• Like A Bird• 8枚目のアルバム『』( ポリスター PSCR-1047)に収録• Celebration(原曲: "")• 9枚目のアルバム『』( ポリスター PSCR-1060)に収録• 夏に会えなくて• 10枚目のアルバム『( ポリスター PSCR-5016)に収録• 三日月の夜の小鳥たち(原曲: "I want to know what love is")• 11枚目のアルバム『』( ポリスター PSCR-5062)に収録• AIN'T NOBODY 永遠の恋人(原曲: "Ain't Nobody")• 14枚目のアルバム『』( ポリスター PSCR-5384)に収録 その他 [ ]• 花の予感(作詞: 作曲:相田翔子 編曲:)- COR-14079• ほたる列車(作詞・作曲:)- 6月• 映画『ほたるの星』挿入歌• あなたとの別れ詩(作詞:つんく 作曲: 編曲:)- 9月• 昭和歌謡シアター『時の流れに身をまかせ』劇中歌• がんばろうニッポン 愛は勝つ シンガーズ名義として参加• (作詩:B. Botkin・G. Garfield・P. Murtagh 訳詩:・ 作曲: 編曲:宮崎誠)- 2016年9月7日 KICS-3419• トリビュートアルバム『』に収録。 とデュエット。 出版 [ ] DVD [ ]• 現在(いま)、ここにいる私 - 相田翔子写真集(、、撮影:谷口征、)• 相田翔子ハートフルエッセイ『素顔』• 雑誌『』連載(、9月 - 9月) 書籍 [ ]• 犬のココロ この子だれの子? (わんわん探偵局著、、、)• 雑誌『』903号()の連載「一番大事な家族」に掲載された愛犬樽子との交流を収録• - 旅ではじけた11人の新しい魅力(TBSサービス著、、、)• の同番組で放送された・の滞在記を収録• 妄想中学ただいま放課後(著、、、)• 雑誌『』45巻(10月)に掲載された著者との対談を収録• Brand-New Hearts(Hiroki著、、、)• 『Hiroki mode』( - )で放送された著者によるを収録• 相田翔子の「きもの」修業(、、)• 雑誌『』2007年4月号から2008年3月号の連載「小紋センス十二か月」、2008年4月号から12月号の連載「相田翔子のきもの修業十二か月」、および2008年1月号掲載「和のお稽古、始めましょ」を再構成、大幅に加筆、修正し、撮り下ろしを加えたもの 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• Wink在籍時代を含む。 2012年9月30日までは アップフロントエージェンシー名義。 の『』を例にすると、1993年版(1993年10月20日発行)から1996年版(1995年10月25日発行)の「Wink」の項では「相田翔子」が本名とされ、また、この名鑑に「相田翔子」が立項された2002年版(2001年12月1日発行)以降の版では一貫して本名記載箇所に本名が記されていない。 1988年4月27日発売のWinkのデビュー・シングル「」裏にも「相田翔子」が「本名」と記されているなど、 公式には、Winkの活動期間中は本名が「相田翔子」、少なくとも2001年以降には本名が非公開となっている。 「鈴木敬子」が本名か否かを公表している媒体は未確認。 ただし、Winkの写真『Double Tone』(、1989年8月10日)にWinkの「2人の本名はどちらも鈴木」と記されている。 相田は、2017年8月27日 日 放送の『』(関西放送)で、Wink活動停止後の「2年間、本当に、休ませていただいた、あの、テレビ一切出ないで」と語ったが、Wink活動停止後の1990年代において相田がテレビに出演しなかった年は存在せず、事実ではない。 下記「出演」「音楽・バラエティ・トーク・教養・情報・ミニ番組など」参照。 なお相田は、2006年3月5日 日 放送の『』では、「2年間ほど、 ほとんど、あの、テレビに出てない時期があって」と、『マルコポロリ』で発言したことよりは実態に近いことを述べている。 2013年10月1日以降より。 同年9月30日以前はに所属していた。 相田のWink結成直前期からの公称身長は、1987年から1988年前半頃まで161cm(『UP TO BOY』1987年11月号p. 13、1988年5月号p. 43・7月号p. 12など)、1988年後半頃から1990年頃まで159cm(『』1988年11月10日号p. 205、『UP TO BOY』1989年3月号p. 91、『Twinkle Angels』p. 130など)、1991年頃から160cm(『』1991年3月号p. 85に「身長も最近伸びて160cmぐらいになったの!」)と変遷している。 ただし、2007年当時の番組タイトル名は『』。 ただし2012年1月以降より相田本人が産休を理由に一時的に活動を休止したため同年2月以降の放送分は彼女の代理として(元OG)が2012年9月まで一時的にパーソナリティを担当していた。 2012年10月より再開。 ただし、当アルバムのライナーノーツ上では編曲者の名前が 馬飼野康二と誤ってクレジットされている。 出典 [ ]• 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p. 『テレビ・タレント人名事典(第6版)』日外アソシエーツ、2004年6月、6頁。 『』第16話「リリアン棒危うし! 由真の一番長い日」(系、1987年2月26日 木 )。 Blue Star. 2014年3月1日閲覧。 TVでた蔵. 2020年4月20日閲覧。 日本テレビ. 2006年3月5日放送. 2009年1月8日放送. 10-13• 書籍「アイドル冬の時代 今こそ振り返るその光と影」2016年9月8日発売、。 「COMING UP! 今週の推薦盤「Sugar Baby Love」いつでも、どこでも聴いて欲しい曲です Wink」(『』1988年5月9日号p. 11)。 - 2017年4月27日(2017年5月4日閲覧)。 - (グローバル・プラス) 2013年9月23日閲覧。 - BARKS(グローバル・プラス) 2013年9月23日閲覧。 "わたしたちの食". 2011年10月22日放送. テレビ朝日. 2005年8月26日放送. フードスタイル第10回「相田翔子の食生活とライフスタイル」• 『日経おとなのOFF』、日経ホーム出版、2005年11月。 : 夕刊. 2005年6月25日• : 夕刊. 2005年6月30日• 『DODA』、、2005年12月14日。 『測量』、日本測量協会、2006年7月。 Web Street 11月• 朝日新聞. 2006年3月29日• 『La Beauty』夏臨時増刊号• 相田翔子 2008年4月24日. インタビュー. の2008-05-20時点におけるアーカイブ。 2014年3月1日閲覧。 『日経マガジン増刊号』7月2日• 『読売新聞縮刷版』1996年1月21日 日 朝・夕刊に放送・出演予定記載あり。 『読売新聞縮刷版』1998年11月1日 日 朝・夕刊に放送・出演予定記載あり。 『』1996年5月13日 月 朝・夕刊番組表に放送・出演予定記載あり。 (2017年10月30日閲覧)。 『』1997年第22号「今週のTV音楽」p. 57(各地方版共通)に放送・出演・曲目予定記載あり。 『読売新聞縮刷版』1997年6月12日 木 朝・夕刊番組表に放送・出演予定記載あり。 『読売新聞縮刷版』1997年7月2日 水 朝・夕刊番組表に放送・出演予定記載あり。 『ザテレビジョン』1997年第29号「今週のTV音楽」p. 59(各地方版共通)に放送・出演・曲目予定記載あり。 『ザテレビジョン』1997年第32号「TV番組解説」p. 72に相田の番組出演中の写真とともに放送・出演予定記載あり。 (2017年11月30日閲覧)。 『ザテレビジョン』1998年第20号「今週のTV音楽」p. 59、1999年第14号「今週のTV音楽」p. 59(ともに各地方版共通)に放送・出演・曲目予定記載あり。 『読売新聞縮刷版』1998年7月21日 火 朝刊番組表に放送・出演予定記載あり。 『ザテレビジョン 首都圏版』1998年第44号深夜番組表p. 98に放送・出演予定記載あり。 『読売新聞縮刷版』1998年12月12日 土 朝・夕刊番組表に「元超アイドルA初登場」というかたちで放送・出演予定記載あり。 『読売新聞縮刷版』1999年9月6日 月 朝刊番組表に放送・出演予定記載あり。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年6月26日. 2017年6月26日閲覧。 - 2017年9月19日。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2017年5月9日. 2017年5月9日閲覧。 2016年8月11日. 2016年9月2日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年8月11日. 2016年8月12日閲覧。 外部リンク [ ]• - 公式ウェブサイト• - 公式ブログ(、- 2013年11月10日)• - (2013年11月11日 - ).

次の