エレキ フィールド。 フィールド

エレキフィールド

エレキ フィールド

グラスフィールドの効果• ポケモンが使用するタイプの技の威力がまでは1. 5倍に、では1. 3倍にになる• 地面にいるポケモンが受ける・・の威力が0. 5倍になる。 グラスフィールドの発生• : グラスフィールドの消滅• 5ターン経過• 他のフィールド系の場の状態の上書き• 説明文 ・ 5ターンの あいだ じめんに いる ポケモンは すこしずつ HPが かいふくする。 くさタイプの いりょくが あがる。 5ターンの間 地面に いる ポケモンは 少しずつ HPが 回復する。 くさタイプの 威力が 上がる。 効果を受けられる「地面にいるポケモン」に関してはを参照。 そのため、やなどは恩恵を受けられない。 状態・状態などにより姿を隠しているポケモンはくさタイプの威力上昇・HP回復効果を受けられない。 姿を隠しているポケモンが受けるじしん・じならし・マグニチュードの威力は半減しない。 のポケモンはが1. 5倍になる。 を持っているポケモンがグラスフィールドを発生させた場合、持続ターンが5ターンから8ターンに伸びる。 を持っていると、グラスフィールドが発生した直後に使用してが上がる。 規定の消滅ターンでは、回復処理を終わらせてから消滅する。 状態のポケモンはHPが回復しない。 かいふくふうじが終了するターンでも回復しない。 ・・以外の技の威力は一切変化しない。 基本的にじめん技を受けるポケモンは地面にいることになるが、タイプがを持っているときなど地面にいないポケモンがじしん・じならし・マグニチュードを受けた場合、威力は半減しない。 地面にいないポケモンがじしん・じならし・マグニチュードを使用した場合は地面にいるポケモンに対する威力が半減する。 フィールドにより以下の技の効果が変わる。 を使うとタイプになる。 を使うとになる。 の追加効果はになる。 特性のポケモンはグラスフィールドになるとタイプになる。 解除されると元に戻る。 発動中はは消失して破壊できなくなる。 まではこの状態になると場が緑の草一色になる。 第八世代では緑の草はうっすらと見える程度になっている。 関連項目•

次の

フィールド

エレキ フィールド

あくびとエレキフィールド・ミストフィールドの関係について、仕様が分かりづらいと思ったものをまとめてみました。 エレキフィールドの基本的な仕様ですね。 ミストフィールドの基本的な仕様と言えます。 そのため、ミストフィールド最終ターンにあくびを撃つのはアリということですね。 あくびを撃った後にサイコフィールドやグラスフィールドに上書きすることで、相手を眠らせるという立ち回りも可能になります。 まとめ エレキフィールドはあくび自体を防ぐのに対して、ミストフィールドはあくび自体を防ぐことはできない(ねむけ状態にはなる 、という点が大きな違いです。 その他の細かい仕様についても頭に入れておくことで、対戦中に慌てることもないかと思います。 何かあればもしくはコメントまでお願いします。 おまけ あくびの効果 ねむけ状態 は、やどりぎのタネや呪いと異なり、バトンタッチでは引き継がれません。 わりと勘違いしやすい気がする ramugana88.

次の

【ポケモン剣盾】エレキフィールド等の仕様変更について

エレキ フィールド

サンムーンの対戦、特にダブルバトルにおいて、カプ(カプ・コケコ/テテフ/ブルル/レヒレ)が使ってくる「フィールド」を知っておくことは、かなり大事です。 特定のタイプの技の効果を上げるなどのフィールドが持つ効果、特定のフィールドの恩恵を受けるポケモンの特性、特定のフィールドで作動する道具など、さまざまな要素があって複雑なので、ある程度対戦をこなさないと覚えきれなかったりもします。 ここでは、そうしたフィールドの効果を整理しておきます。 カプと「フィールド」の基本ルール• フィールドはカプの特性で発生するほか、フィールドを発生させる技もある• フィールドの影響を受けるのは地面にいるポケモンのみ。 飛行タイプ、特性「ふゆう」、「ふうせん」持ちのポケモンはフィールドの効果を受けない(ただし、フィールドによって作動する道具を持っていた場合は作動する)• フィールドの効果は通常5ターン。 「グランドコート」により8ターンにできる(グランドコートは48BPと交換、またはエンドケイブで拾う)• フィールド同士は競合し、上書きされる同時に複数のカプが場に出た場合は、素早さが もっとも遅いカプのフィールドになる• フィールド発生時に使われる道具は発生した瞬間に使われるため、遅いカプが同時に出て一瞬で上書きされても使われ、効果が出るる• 地上にいるポケモンが使う電気技を強化し、同時に、地面にいるポケモンが「ねむり」にならないようにします。 難しいのは、電気技は地面タイプに無効、なおかつ地面にいる電気タイプのポケモンは地面タイプが弱点であるところです。 非常にわかりやすい弱点を晒しているため、何とかケアしないとスカーフガブリアスに掃討されて終わります。 影響を受けるポケモンの特性 ライチュウ(サーフテール) エレキフィールド上では「すばやさ」が倍になる 技「エレキフィールド」を覚えるポケモン(アローラ図鑑) ライチュウ系、ジバコイル系、エレキブル系、トゲデマル、カプ・コケコ、デンジュモク、ドーブル エレキフィールドの影響を受ける道具 エレキシード 効果:エレキフィールド発生時に使用され、ポケモンの防御アップ 入手方法:マハロ山道で拾う/野生のトゲデマルがまれに所持 サイコフィールドの効果、影響を受けるポケモン カプ・テテフの特性「サイコメーカー」または技「サイコフィールド」によって発生。 地上にいるポケモンが使うエスパー技を強化し、同時に、地面にいるポケモンに先制技が効かないようになります。 これは、特性「いたずらごころ」による変化技も含みます。 ただし「おいかぜ」など、対戦相手にかけるわけではない技は先制して利用できます。 先制技無効は、慣れないとミスも起こりがちです。 うっかり横にウインディを並べて「しんそく」を撃ってしまうなど…。 ですが慣れれば非常に強力で、「がむしゃら」や能力アップからのバトンタッチなど、先制技で阻止されかねないコンボの成功率を上げることもできます。 影響を受けるポケモンの特性 なし。 技「サイコフィールド」を覚えるポケモン(アローラ図鑑) ヤレユータン、カプ・テテフ、ドーブル サイコフィールドの影響を受ける道具 サイコシード 効果:サイコフィールド発生時に使用され、ポケモンの特防アップ 入手方法:野生のタマタマがまれに所持 グラスフィールドの効果、影響を受けるポケモン カプ・ブルルの特性「グラスメーカー」または技「グラスフィールド」によって発生。 WCSダブルでは地面技を無効にできる飛行タイプや特性「ふゆう」の強いポケモンが少なく、地面が弱点となる電気、炎、岩、鋼、毒タイプを使う機会が多いため、このフィールドの恩恵は非常に有効です。 問題はカプ・ブルル自身をどれだけ活躍させられるか…でしょうか。 影響を受けるポケモンの特性 なし。 技「グラスフィールド」を覚えるポケモン(アローラ図鑑) ナッシー系、キュワワー、カプ・ブルル、ドーブル グラスフィールドの影響を受ける道具 グラスシード 効果:グラスフィールド発生時に使用され、ポケモンの防御アップ 入手方法:マリエ庭園/野生のアマカジがまれに所持 ミストフィールドの効果、影響を受けるポケモン カプ・レヒレの特性「ミストメーカー」または技「ミストフィールド」によって発生。 地上にいるポケモン(敵味方問わず)が状態異常にならなくなり、同時に、地面にいるポケモンが受けるドラゴン技の威力が半分になります。 眠りだけを防ぐエレキフィールドの上位互換とも言え(なお、フィールド発生前からの状態異常が治ることはありません)、カプ・テテフのおかげで状態異常を中心とした戦術はきわめて成功しにくくなっています。 影響を受けるポケモンの特性 なし。 技「サイコフィールド」を覚えるポケモン(アローラ図鑑) ピクシー系、プクリン系、ニンフィア、アシレーヌ系、カプ・レヒレ、ドーブル サイコフィールドの影響を受ける道具 ミストシード 効果:ミストフィールド発生時に使用され、ポケモンの特防アップ 入手方法:ポニの険道/野生のキュワワーがまれに所持.

次の