まっ す ー 爬虫類。 コース一覧 : まってぃーにの森

コース一覧 : まってぃーにの森

まっ す ー 爬虫類

今現在爬虫類ブリーダーとしてご飯を食べている方に質問 浅はかと思われるかもしれないですが、私は将来的に爬虫類ブリーダーでご飯を食べていきたいと考えています。 そのために現在、愛玩動 物飼養管理士の資格を取ろうと勉強をしています。 しかし、資格をとってからどうしたらいいかがわかりません。 法律の改正で対面販売が義務付けられ、ネットでの販売も難しくなった今、何をどうすればいいか全くわかりません。 もちろん、飼育スペースだとかその他諸々はじめはものすごくお金がかかるのもわかりますし、コネとかも必要になるのも分かっています。 それで食べていくと言うのはきっと死ぬほど大変で中途半端な気持ちでは出来ないことだと思います。 なので、実際この仕事で生計を立てている人のお話が聞きたいです。 よろしくお願いします。 私は爬虫類を飼育しているだけですし、それを売ってもうけようということもしていません。 とりあえず、私自身の知識が参考程度でもお役に立てばと思い回答させていただきます。 爬虫類関係ですと、日本ではワニの養殖で成功している人がいるのは知っています ペットとしてではないので少し希望とは異なるかもしれませんが、このようなものなら充分に生活できるかもしれません。 ペットとしての爬虫類となると、日本では難しいです。 たぶん、実質的には不可能な状況です。 需要が少なく、また、日本はほとんどの場所がペットになりうる爬虫類の飼育には全く適していない環境だからです。 私も実家で、ギリシャリクガメ、グリーンイグアナ、レッドコーンスネークなどを飼育しておりますが、きちんと利益が出る程度に個体数を増やしていくというのはものすごく困難だと実感している最中です。 もともと、もうけを出すことも考えておらず、ただの愛玩動物というつもりだったので現状で十分満足ですけどね。 あと、ご存知かもしれませんが爬虫類の情報雑誌がありますよ。 我が家でも購読しているのですが「ビバリウムガイド」というものです。 一応、爬虫類専門店などもある程度紹介されていますので参考になるかなと思います。 爬虫類そのものではありませんが、爬虫類用のエサという手もありかと。 主に、虫とネズミが相手になりそうですけどね。 対面販売は小売(相手が第一種動物取扱業なし)の場合です。 ブリーダーですと相手は問屋かショップになると思うので対面説明は必要ないです。 問屋とショップは必ず第一種動物取扱業持ってます。 他の方が回答しているように、ブリーダーは副業でやっている方がほとんどだと思います。 それほど儲かりません。 私の仲が良いショップがフトアゴヒゲトカゲのブリーダーと取引していますが、ノーマル1000円、レッド3000円、スーパーレッド4000〜5000円、スーパーレッドハイポシルクバック7000〜9000円で卸してもらっているそうです。 他の種類の値段も知っていますが、これ以上は小売業の方の迷惑になりますので、これくらいにしておきます。 コネは必要ないです。 電話でショップに営業すれば問題ないです。 当然ですが、問屋に卸すよりショップと直接取引した方が利益が出ます。 ネット販売は販売側と購入者との間で対面説明を受けたと表明すればネット通販ができるそうです。 ただその飼育法などをさらに購入者側に説明することを強化したということのようです。 ざる法ですね。 <実際この仕事で生計を立てている人のお話が聞きたいです> 当方はそれで生計を立てているわけでもありません。 ただ爬虫類のネット通販のところが引っかかったので投稿しました。 但し、 あらかじめ現物確認・対面説明を済ませた後、インターネット上で売買契約を行うことは可能です。 あらかじめ現物確認・対面説明を売り手と買い手が済ませた事にすればネット通販も可能と言うことですね。 資格は愛玩動物飼養管理士よりは家庭動物販売士の方が取得が楽ですね、此方は事前に行われる講習を聞いて居れば勉強は必要ないですね、その後は、保健所や動物管理センター等自治体事で管理する部署が違うので聞いてから申請して下さい、申請場所は一般的な住宅で十分とれます。 さてブリーダーとして生活していきたいとの事ですが、需要に敏感、更には需要を創出していかないとブリーダーとして生活していくのは困難ですね。 国内ブリーダーの多くは副業でして居る方が殆ど、且つお金持ちが多いですね。 種親揃えて居る内に安い価格でEUやUSから輸入されたりしますしね。 実際僕もネット販売して居た時期が有りますが小遣い程度には成りましたがそれまで掛けたランニングコスト考えたらペイは出来ないですね。 わたしはブリーダーさんを数名知っていますが、やはりブリーダーというのは副業の方が多いのが現実でありそのジャンルで人と同じ事をしていてもたいした稼ぎにはならないようです。 でも一人だけ両&爬虫類の中では他にいないようなブリーダーを知っています! わたしとしてはよくそのジャンルで成功していけたな~って毎回話を聞くたぶに驚いています。 何か人と違う魅力的なものを作出していけるなら成功する人もいるかもしれませんが… マニュアル通りに殖えていくだけのものはたくさんいますねで工夫が必要になってきますよ! わたしも一度は目指しましたが断念しました。 それとやはりたくさんお店へ通うことも大事です。何か良いきっかけがあると思います.

次の

加藤英明

まっ す ー 爬虫類

An English page is. (英語ページは) トカゲなどの爬虫類の体調不良の原因として意外と多いのが下痢や便秘です。 爬虫類は鳴く事も無く(例外もありますが)、表情の変化も無いので、体調変化に気付き難いですが、環境変化や温度変化、その他の原因によるストレスなどで、食欲不振に陥る事があります。 元々が健康な成体であれば、比較的体力もあり、ちょっとした体調不良で命に関わる危険というのは少ないのですが、幼体などの身体が小さく体力の無い個体では、そうしたちょっとした変化が命取りになるケースも多いのが実状です。 販売店などでも、幼体に比べて成体が割高なのは、こういったリスクを踏まえての事なのかもしれませんね。 温浴というのは、変温動物である爬虫類(ここではトカゲ類)の身体を温め、腸の活性化、あるいは免疫力の活性化を図るという事を目的としたもので、単なる水浴びとは異なります。 なお、温浴の効果としては、身体を清潔にし、脱皮を促すといった事もあります。 温浴に適した温度としては、34度から37度、より好ましくは、35度前後と言われています。 温浴にはリスクもある? 体温が上がり、代謝が上がるという観点からすると、爬虫類にとって温浴は、腸内環境を整えるのに一定の効果があると考えられます。 人間も、温泉などに入ると代謝が上がり、筋肉が弛緩する関係で、食欲が増進したり、コリがほぐれたりしますよね。 しかし一方で、人間や他の動物でもそうですが、通常の体温より高い環境下に長時間居た場合、その後に疲れが押し寄せる事も多いです。 こうした事を考えると、あまり長い温浴や、体力が落ちている個体に対する温浴は、体調の悪化を早める事になる可能性がある事も考慮しておいた方が良いでしょう。 このため、消化器官が少しでも正常に働かなくなると、下痢や便秘の症状が出やすくなるのだと思われます。 つまり、こうした原因に基づく下痢や便秘を解消するためには、胃腸内における消化作用を補ってやる必要があるのです。 食物繊維では解消できない? 爬虫類の餌の中には、「食物繊維により腸内環境を整え、下痢や便秘を解消する」と記載があり、どういった繊維質が含まれているのかが細かく記載されているようなものもあります。 このため、上記のような要因に基づく下痢や便秘には、効果が薄いと考えられます。 理論的裏付けができる整腸剤とは? では、上記のような要因に基づく下痢や便秘を解消するにはどういう手法が良いのか?ズバリ、整腸作用を促し、消化作用を助けてやれば良いのです。 いやいや、それって当たり前の事でしょ?そのバランスが崩れたから体調不良になっているんじゃない!と、思うかもしれませんが、そうした、整腸作用、消化作用を増進させるペットフードもあるのです。 2つの商品はいずれも粉末ですが、水溶性のレプラーゼは、より細かな粉末に加工されています。 通常のレプラーゼは、ペットの餌にふりかけて使用するのに対し、水溶性のレプラーゼは飲み水に溶かしたり、練り餌に混ぜて使用する事ができ、食欲減退が激しい場合にも使用できるという利点があります。 どちらの製品が良いかは一概に言えませんが、その個体の体調や嗜好性によって使い分けると良いかもしれません。 ちなみに、レプラーゼの 主原料とされている乳酸菌、酪酸菌、糖化菌は、人間用の整腸薬にも、活性菌として含まれる成分です。 また、 同じく主原料として表示されているビール酵母、たん白質分解酵素、脂肪分解酵素は、いずれも分解作用を担う微生物等であるため、消化作用の増進に繋がる事は確かですね。

次の

『』by さくぱん72963 : まってぃーにの森

まっ す ー 爬虫類

人物 [ ] 研究を専門にしており、世界50カ国以上の国々に赴き、現地で希少なの捕獲を行う。 研究実績は、が日本の生態系へ与える影響など。 日本テレビ『』では、「グリル厄介」という企画に出演している。 増殖して日本の生態系に悪影響を与えている外来種を捕獲し、美味しく食べようという企画である。 『』出演の際には「爬虫類ハンター」と呼ばれており、第44回の出演者賞を受賞した。 2019年9月11日、『クレイジージャーニー』における爬虫類捕獲シーンについて、過去11回の放送で43種類の生物を捕獲したうち、15種類は事前に準備し、その場で発見したように演出したことをTBSが公表し謝罪をおこなった。 なお、ヤラセ演出について番組スタッフは加藤に知らせることなく行ったとしている。 書籍 [ ] 著書 [ ]• 『世界ぐるっと 爬虫類探しの旅 ~不思議なカメとトカゲに会いに行く~』(エムピー・ジェー、2011年4月2日、)• 『爬虫類ハンター 加藤英明が世界を巡る』(エムピー・ジェー、2018年6月25日、)• 『危険SOS! 外来生物図鑑 知る! 見る! 捕まえる!』(、2018年7月13日、)• 『池の水をぬいた! ため池の外来生物がわかる本』(、2018年8月31日、)• 『外来生物大集合! おさわがせ いきもの事典』(、2019年5月29日、)• 『マンガでわかる! 世界のすごい爬虫類: 加藤英明の爬虫類ワールドハンティング』(、2019年9月2日、)• 『加藤英明、カミツキガメを追う! 』(、2019年10月31日、)• 『ありのままに生きてます 見習いたくなるいきもの物語』(、2019年12月13日、)秦本幸弥と共著• 『図解大事典 猛毒生物』(、2020年7月13日、)-出版予定 監修 [ ]• 『は虫類・両生類 講談社の動く図鑑MOVE』(、2013年6月21日、)加藤ら監修• 『世界の美しいトカゲ』(パイインターナショナル、2017年9月11日、)• 『ゆるゆる危険生物図鑑』(学研プラス、2018年6月26日、)• 『図解大事典 超危険生物』(新星出版社、2018年7月4日、)• 『ゆるゆる外来生物図鑑』(学研プラス、2019年8月1日、) 主な出演番組 [ ]• ()上記の『池の水〜』のアドバイザーの一人である久保田潤一(NPO birth)が2016年10月9日放送『新宿DASH』のコーナーで土壌づくりの回にアドバイザーとして出演した。 脚注 [ ].

次の