日商簿記3級 問題集 よくわかる。 【日商簿記】3級独学におすすめのテキスト(参考書)、評判・口コミ【2020年向け】

【合格】日商簿記検定試験3級のおすすめ参考書・テキスト(独学勉強法/対策)

日商簿記3級 問題集 よくわかる

スポンサーリンク 日商簿記2級テキストの選び方 テキストは中古本でもいい? メルカリやオークションでは中古本が安く出品されています。 テキストを購入する際、 中古本でも大丈夫か気になりますよね? 日商簿記2級は 2019年6月から出題範囲の改定が行われています。 中古本の場合は、 必ず改定後のテキストを選ぶようにしましょう。 中古本でも対応は可能ですが、個人的には 最新テキストを購入することを強くオススメします! 最近、出題範囲が変更になったことで 中古本では出題傾向なども把握しにくいところがあります。 ですから、できれば 最新テキストを使いベストの状態で一発合格を狙った方がいいというのが私の考えです。 テキストは質と量! 簿記2級では、新しく 工業簿記も加わり広範囲の学習が必要となってきます。 実務経験がない方は、初出の用語に苦戦する方もいるかもしれません。 適切な質と量のテキストを選ぶことで、独学で合格するための最短ルートとなります。 テキストを選ぶ時には、学習用にテキストと練習用に問題集と複数冊活用していくことがベストです。 どちらも合格が必須条件になりますので、試験範囲は網羅しないといけません。 商業簿記の学習が進まなくなったら、工業簿記に切り替えて気分転換をするくらいの気持ちで取り組むことが大切です。

次の

2020年11月受験対策 日商簿記3級 よくわかる簿記シリーズ 厳選合格セット

日商簿記3級 問題集 よくわかる

簿記1級試験の特徴は「 ボリューミーで難しくて大変」。 商業簿記• 会計学• 工業簿記• 原価計算 の 4科目です。 (「」より) 試験時間は、• 商業簿記と会計学:90分• 工業簿記と原価計算:90分 それぞれ90分ずつの計180分となっています。 ただし、 科目ごとの得点が40%以上必要です。 4科目の合計で70点以上• 4科目それぞれで10点以上 得点しなくてはいけないということです。 結局、もう簿記1級もってるのに、資格スクールの簿記講座に通いなおすハメになりました…。 「とりあえず資格が欲しい」という方は、独学もアリだと思います。 でも、経理の実務者を目指す人は、ぜひ、はじめから予備校を利用して「深い理解」をしておいてください。 実務では、必ず差がつきます。 勉強時間については、 予備校利用で600時間程度、 独学で800-1,000時間程度と言われています(もちろん個人差はあります。 特に独学は個人差が大きいです。 プロ講師の授業の有無は、こんなにも勉強の効率を左右するということですね。 独学のメリット・デメリットまとめ 結論からいうと、 独学はかなり大変です。 このあと、 独学に適したテキストや勉強法についてはみっちり解説しますが…正直、個人的には資格スクールの利用をおすすめしたいというのが本音です。 簿記1級は価値の高い資格ですから、スクール費用くらいは軽く回収可能だと思います。 彼らの作る参考書は、あくまで 「資格スクールの授業で使うため」の参考書。 出版されている各シリーズも、その焼き直しにすぎません。 もちろん経験豊富なプロの講師の知恵が詰まった良い参考書ではあるのですが、 必ずしも独学に最適とは言えません。 講師による補足説明がないと• 内容理解のポイントはどこか• 暗記してしまったほうがいいのはどこか• 試験上重要なのはどこか• 試験を考えると飛ばしてもかまわないのはどこか といったことがわかりにくいからです。 一方、ネットスクールの会社情報には 簿記検定をメインとした書籍、教材の作成とサポートを通して学習者を支援しています。 また、現在インターネットを使用したWEB上での生講義を行っており、『とおる』シリーズや『サクッと』シリーズ・その他刊行書籍の著者等が講義を行っております。 (ネットスクールホームページより一部抜粋) と記載されています。 講座ではなく、書籍の刊行がメインであることがうかがえる文章ですね。 実際に、ネットスクールのとおる簿記シリーズは、 講義無しでも十分に理解がすすむように作られています。 例えば連結会計やヘッジ会計。 取引のイメージがつかみにくく処理も複雑でわかりにくいので、つまづきやすいです。 得点が伸び悩み、嫌いになってしまう人も少なくありません。 しかし、だからといって、それらの論点を捨ててしまうわけにはいきません。 腹をくくってその論点にどっぷりはまり、十分に理解して、得意論点に仕上げてしまうのがよいでしょう。 具体的には• 専門書を読む• 会計基準を読む といったやり方があります。 専門書は、本屋さんにたくさん並んでいます。 例えば「図解でざっくり会計シリーズ」。 ただし、それは 決して楽な道ではありません。 時間を効率的に使いたい人• 自分でペースメイクするのが苦手な人• 簿記を経理の実務で使いたい人 こういった人は、予備校(・)を利用して簿記1級を取得した方が良いでしょう。 ちなみに、独学で挑戦する場合でも、資料請求してパンフレットを見ておくのはオススメです。 カリキュラムをマネできるからです。 独学の場合は• 良いテキストをそろえる• 問題演習を重視した勉強をする• 捨て科目・捨て論点を作らず、難関論点の理解にきちんと時間をかける あたりが重要になってきます。 おすすめテキストは以下の通りです。 の参考書•

次の

【最新】日商簿記3級のおすすめのテキスト&問題集&過去問をまとめて紹介【2020年度】

日商簿記3級 問題集 よくわかる

Contents• 1.参考書選びのポイント 書店に行くとたくさんの参考書が並んでいますが、簿記3級の参考書は以下の4点を中心に選ぶのがポイントです。 ・1冊で試験範囲を全て網羅しているか ・イラストが豊富で、取引の内容が分かりやすいか ・解き方のコツが記載されているか ・最新の試験範囲に対応しているか 1冊で試験範囲を全て網羅しているか 簿記3級のテキストの中には「漫画で学ぶ簿記」のように、 あくまで簿記の導入部分のみで実際の試験範囲をカバーしていない本が結構あります。 簿記は最初の取っ掛かりが難しいので、初学者向けに書かれている漫画等で最初の導入から始めるのは悪い選択肢ではありません。 しかし、あくまで 最終的なゴールは「簿記3級合格」ではないでしょうか。 そのためには、簿記の導入部分から 試験範囲の全てをカバーしている本を選んだ方が1冊で済みますし、体系的に理解ができます。 本試験レベルの応用問題も記載されている参考書がおすすめです。 イラストが豊富で、取引の内容が分かりやすいか 簿記は「会社のやり取り(取引)」を記帳することがメインの学問です。 会社勤めの方はイメージができる取引でも、高校生・大学生・主婦の方は イメージが難しい場面も出てきます。 会社の取引が具体的にイメージできるかで、仕訳の定着度も変わります。 そのため、 会社のやり取りをイラストを使用して具体的にイメージができるよう工夫されている参考書がおすすめです。 解き方のコツが記載されているか 簿記は仕訳に始まり仕訳に終わると言っても過言ではありません。 実務においては、何時間も1つの仕訳について考えることもあります。 しかし、限られた時間の中で解く試験においては、仕訳を1つ1つ丁寧に書いていては間に合いません。 そのため、 試験本番でも使える解き方のコツが載っている参考書がおすすめです。 最新の試験範囲に対応しているか 2016~2018年度の3年間に渡り、簿記2級の出題範囲改正が行われていました。 これに続き、2019年度試験(2019年6月)に、 簿記3級も試験範囲の改正が実施されています。 そのため簿記3級の参考書を選ぶ際は、 「最新の試験範囲に対応したテキストか」「テキストは最新版か」を確認することがおすすめです。 2.おすすめの参考書・問題集 簿記・会計に強い資格の学校TACが出版している参考書で、上2冊と比較すると THE・教科書というイメージの参考書です。 資格の学校が出している参考書だけあって詳しく纏まっており、 実際の本試験で使える解き方のコツが満載です。 一方、値段が高く教科書のようなテイストなので、上2冊と比べると簿記の初学者にはおすすめできませんが、 本試験への対応力が身につくという意味では最も優れています。 (参考書の内容例) 3.(番外編)簿記講座に通うのもあり 簿記は個人的に取り掛かりが一番難しく、「仕訳」を理解するところからつまづいてしまう方も多いと思います。 筆者も簿記3級の理論を理解するのにとても苦労しました。。 独学だと疑問点があっても聞くことができず、モチベーションが続かない、、といったことも多いです。 結果として不合格になってしまったり、挫折してしまうことがあります。 筆者は簿記検定をきっかけに公認会計士を目指していたため、早々に資格の学校TACに通っていました。 やはり 疑問点を聞くことができる環境に身を置いて、切磋琢磨することでモチベーションが持続し、合格を勝ち取ることができると感じています。 簿記3級の講座を開講している場所はたくさんあるため、もし独学が厳しいと感じているなら、まずは 各種スクールの資料請求(無料)をしてみましょう。 資格を専門に扱う「 」で無料で各種専門学校の資料を取り寄せることができます。 その上で独学を続けるか講座に通うかを考えて、選んだ道で簿記3級合格を勝ち取りましょう!.

次の