年末挨拶メール。 取引先への年末年始の挨拶マナーとメール例文3つ

年末年始のあいさつ

年末挨拶メール

通常業務をこなしながらも、社の内外で仕事でお世話になった方々には「年末の挨拶メール」を送らなければならない。 年末の挨拶メールを送る際の注意点と例文をチェックして、多忙な中でもビジネスパーソンとして恥ずかしくない挨拶で1年を締めくくろう。 先方が「おっ」と目を引くような年末の挨拶メールとは? 社内の上司、先輩に年末の挨拶メールを送るタイミング まず、年末の挨拶メールを送るタイミング。 同じ会社内の上司や先輩なら、 年末の最終営業日の朝からお昼くらいまでに送ろう。 相手が確実にメールを読める時間帯を選ぶことがポイントだ。 取引先、社外の人に年末の挨拶メールを送るタイミング 取引先や社外の方に年末の挨拶メールを送る場合、先方の予定を把握しているならば、先方の年内最後営業日から逆算して、 1週間前から3日前に送るのがベストだ。 年末の最終営業日は、業種や勤務体系によって会社ごとに異なる。 あなたの会社と取引先では、年末の最終出社日が違う恐れがある。 自社の年末最終営業日に挨拶メールを送って、先方がメールを見られない……なんてことにならないように、取引先の年末の最終営業日は事前に確認しておこう。 年末の挨拶メールを送るのは「最終営業日の1週間前〜3日前」が無難 先方の年末の最終営業日を知らないときは、一般的な会社の年末の最終業務日(仕事納め)となる12月28日を基準に考えて、 12月28日の1週間前から3日前が無難だろう。 12月28日が土曜日・日曜日と重なる場合は、直前の金曜日が最終営業日となるので注意が必要だ。 ちなみに、なぜ12月28日なのかといえば、この日が官公庁の「御用納め」の日だからである。 官公庁の年末年始の休暇は、翌12月29日から1月3日までと法律で定めれており、これに準じて金融機関など企業活動に関わる重要なところも休みに入るため、仕事納めに設定する企業が多いのだ。 年末の挨拶メールは、早すぎても先方に迷惑がかかる場合もあり、遅すぎたら逆に見てもらえない可能性もある。 適切な時期に年末の挨拶メールを送るように心がけてほしい。 一工夫加えてオリジナルの年末挨拶メールを作る! そして、何よりも大事なのが「年末の挨拶メールの内容」である。 実は、 出来合いの年末の挨拶メール文面にちょっとした工夫を加えるだけでかなり印象が変わる。 当然だが、年末の挨拶はメールであっても最低限のルールを守り、先方に失礼のないようにすることが何よりも大切だ。 それでは、出来合いのメール文に一工夫加えるだけで、オリジナルのメール文になる例文をチェックしていこう。 今年一年、誠にありがとうございます。 この職場で一年を無事に過ごせたのも、課長をはじめ皆様のおかげです。 感謝してもしきれません。 来年も何かとご迷惑をおかけするかもしれませんが、 ご指導ご鞭撻のほど、どうぞ宜しくお願いいたします。 年明けには、また元気な姿で皆様とお会いできますことを心より願っております。 重ね重ね、今年一年、本当にお世話になりました。 ありがとうございます。 本日の業務はまだ残っておりますが、取り急ぎ年末のご挨拶とさせていただきます。 それでは、良いお年をお過ごしください。 忘年会は本当に楽しかったです。 色々とありがとうございました。 あのお店、雰囲気もとてもよくてプライベートでも、是非使わせていただきます。 私にはちょっと分不相応かもしれませんが……。 この年末の挨拶メールのポイントは、「追伸」の部分。 ただし、あまりにもわざとらしいとおべっかになってしまうので気をつけてほしい。 年末の挨拶メールを送る相手が雲の上のような存在の上司だった場合には、追伸部分は不要だ。 今年も早いもので、年末のご挨拶をさせていただく時期となりました。 貴社(の皆様)におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 プライベートなどあれば)など公私にわたり、特段のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。 来年も誠心誠意努力していく所存ですので、より一層のご支援を賜りますよう、弊社一同心よりお願い申し上げます。 尚、弊社の年末年始の休業期間は下記の通りです。 (年末年始休業期間) 12月xx日()~1月x日() 新年は1月x日()9:00より営業開始となります。 時節柄、ご多忙のことと存じます。 くれぐれも体調などお崩しになられぬようお気をつけくださいませ。 来年も相変わらぬご高配を頂けますようお願い申し上げて、 歳末のご挨拶とさせて頂きます。 それではよいお年をお過ごしくださいませ。 取引先や社外の方に向けた年末の挨拶メールでも、相手との思い出があれば、それを入れておきたい。 そして、一番のポイントは「件名」と「年末年始の業務案内」だ。 年末の挨拶メールの件名は、文書の中身を明確にしたものがベストなので、 年末年始の営業日を挨拶メールの件名に記載してもマナー違反ではない。 どうしても「業務連絡っぽくて愛想がない」と感じる人は、【本年もお世話になりました】という件名で年末の挨拶メールを送ろう。 もし、年末に挨拶メールを送り忘れてしまったら…… とはいえ、歳末の業務に忙殺されて年末の挨拶メールを送り忘れてしまうことがあるかもしれない。 そうなれば、新年の挨拶メールで挽回するしかない。 新年の挨拶メールも、 基本構成は年末の挨拶メールと同じと考えていい。 相手の性格によっては、年末の挨拶を忘れたお詫びの一文を入れてもよいだろう。 新年の挨拶メールでは気を付けたいポイントがいくつかあるので、送る前に必ずチェックしておこう。 近年は、年末の挨拶メールを一斉送信で済ます人も少なくない。 しっかり心を込めた年末の挨拶メールを送ることで、翌年のビジネスや人間関係にも良い影響を生むかもしれない。 今回紹介した例文やテクニックを活用し、礼儀正しい年末の挨拶メールを送って1年を締めくくりたい。 関連記事.

次の

年末のご挨拶メール(社外向け)のポイント!(例文あり)

年末挨拶メール

I would like to thank you for all of your support throughout this year. Our office will be closed for a New Year holiday until January 4th. ビジネスでの年末の挨拶では、日本と同様にして旧年中お世話になったお礼を述べると印象がいいですね。 例文のように会社の休暇日程を知らせるのに加え、お相手へホリデーシーズンのお祝いの言葉を添えるといいですね。 英語圏では、クリスマスは一年で最大のイベントでもあります。 そんな点にも気を配れたら、とても良い関係が築けるかもしれません。 例)I wish you a wonderful holiday season. 英語メール - 年末の挨拶 例文3 御社のお支えにより、本年も大きな問題なく乗り切る事が出来ました。 I humbly thank you for your business this year and look forward to continuing the business with you. humble は、謙虚で控えめな様を表す時に使う単語です。 例)She is a humble lady. (彼女は控えめな方だ。 )Don't be humble. (遠慮しないでください。 )例文では、hambly という副詞を使っています。 ビジネスメールでは、「謹んで」という意味で使ってみるといいですね。 英語メール - 年末の挨拶 例文6 季節柄ご多忙の事とは存じますが、くれぐれもお身体ご自愛ください。 2017 is coming right around the corner, and as we look back over the year, there were many challenging situations that we went through. 例)Don't look back to the past, look to a future that is much more meaningful. (過去をみないで、もっと価値のある未来を見据えなさい。 ) 英語メール - 年末の挨拶 例文10 あなたのような素晴らしいサポーターに恵まれ、幸いに存じます。 貴方様にとって良き新年でありますよにお祈りいたします。

次の

「挨拶のメール」文例集・書き方・文章・書式・文例・例文・例・雛形・見本

年末挨拶メール

今年も残すところわずかとなりました。 最終営業日が近づくにつれて慌ただしくなり、つい後回しになりがちな、年末の挨拶。 中には「ご挨拶メール」を送付したいけれど、どのようなことを書けばいいかわからず、時間ばかり経っている方もいるかもしれません。 そこでこの記事では、何かと迷いがちな挨拶文の例文をいくつか紹介します。 合わせて、読んでもらいやすくなる「ご挨拶メール」のポイントや、年末の挨拶用に粗品を送る際などに添付できる手紙の例文も掲載。 これらを参考にして、クライアントの心に残る挨拶状を作成してみましょう。 年末の挨拶は、新年の仕事に繋がる可能性もあります。 年末作業だと思わず、相手の顔を思い浮かべながら丁寧に書いていくようにしましょう。 それだけで、伝わる内容が変わってくるはずです。 年末のご挨拶メールはいつ頃送る? まず、クライアントの年内最終営業日と、できれば担当者の予定をさりげなく伺っておいた方がいいでしょう。 担当者が有給を使い早目に休みをとっている場合もあります。 クライアントの最終営業日よりも数日前に送るようにしましょう。 もし事前にきいておくタイミングを逃したならば、2019年の場合は最終営業日を27日と考えておくと無難です。 年末のご挨拶メールの件名は? メールの件名欄はわかりやすい内容とします。 本文も伝えたいことを整理した上で、記していくことが大切です。 それでは例文を見ていきましょう。 年末のご挨拶メール例文(社外向け) まずは、一般的なご挨拶メール例文を紹介します。 手紙では「拝啓」「敬具」のビジネス文章が基本ですが、メールではあまり使われていません。 「拝啓」と時候の挨拶のかわりに「お世話になっております」が一般的です。 しかしそれでは味気ないと感じる場合は、「早いもので本年も残すところ、あとわずかとなりました。 」などの一文を加えると良いでしょう。 早いもので本年も残すところ、あとわずかとなりました。 〇〇様には1年間大変お世話になり、心より感謝しております。 なお、弊社の年内の営業は12月00日までとなり、新年は1月00日から営業開始となります。 来年も本年同様のご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。 参考: 一般的なメール用挨拶文は「メール例文1」のような構成となります。 最初に「感謝」を告げ、「要件」を伝え「締めの言葉」で終わります。 年末の挨拶メールで気持ちを伝えたい場合は、「メール例文1」の「感謝」の部分を、しっかりと記し今後の展望にも触れると良いでしょう。 具体的には「メール例文2」のようになります。 〇〇様のご支援により、同プロジェクトは円滑に進めることができました。 来年は、さらにその内容を充実させていく所存ですので、より一層のご支援のほどよろしくお願いいたします。 なお、弊社の年末年始の休業期間は、下記の通りです。 年末年始休業期間:2019年12月00日(〇)~2020年1月00日(〇) 時節柄、ご多忙のこととは存じますが、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。 来年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。 参考: 次に、もう少し堅めの印象の年末の挨拶メールを紹介します。 平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 誠に勝手ながら、弊社は、下記の期日を年末年始休業とさせていただきます。 年末年始休業期間:2019年12月00日(〇)~2020年1月00日(〇) 年末年始休業期間は何かとご迷惑をおかけいたしますが、 何卒ご了承のほど、お願い申し上げます。 この例文を使う場合は、次の「社内向け年末のご挨拶メール 例文1」にもあるように「追伸」を加え、エピソードを交えながら感謝を伝える方法もあります。 来年も何かとご迷惑をおかけするかもしれませんが、 ご指導ご鞭撻のほど、どうぞ宜しくお願いいたします。 本日の業務はまだ残っておりますが、取り急ぎ年末のご挨拶とさせていただきます。 それでは、良いお年をお過ごしください。 忘年会の際は、色々とありがとうございました。 ご提案いただいたお店は、とても雰囲気がよくプライベートでも、ぜひ使わせていただきます。 私にはちょっと分不相応かもしれませんが、ランチ時ならどうにかなりそうです……。 このように、社内の人間にあてるメールの場合は「追伸」の部分で、相手の気持ちを温かくするような言葉を加えると良いでしょう。 上司や先輩に対して褒めるフレーズを並べすぎると、逆に信頼をなくす恐れがあります。 ほどほどとし、感謝したいポイントを思い浮かべながら、あまり飾り過ぎない言葉でエピソードを入れたご挨拶メールとしましょう。 次はエピソード中心の挨拶メール例文を紹介します。 ありがとうございます。 来年はそうしたミスを減らしていく所存ですので、引き続きご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 それでは良いお年をお迎えください。 次は取引先に粗品と共に送る挨拶状の際に使える例文を紹介します。 手紙の場合は「拝啓」から始まる文章が基本です。 お歳暮を贈る際にも使えるので、フォーマットとして持っておくと便利です。 【番外編】挨拶状(手紙)を送る場合 拝啓 歳末の候、ますますご清栄とお喜び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り、心よりお礼申し上げます。 お陰様で弊社も無事に年の瀬を迎えることができました。 これもひとえに〇〇様のお力添えによるものと感謝しております。 来年も変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。 敬具 参考: 挨拶は基本を抑え、相手を思い浮かべながら書こう 年末は繁忙期のため、ご挨拶メールのタイミングを逃しがちです。 忘れないようにしっかりと用意しておきましょう。 また件名は「年末のご挨拶」や「年末年始のお知らせ」などにして、他のメールに埋もれさせない工夫をすると読んでもらいやすくなります。 そして何よりも相手の顔を思い浮かべて、丁寧に気持ちを伝えていきましょう。 そうすれば受け取った相手も、きっと喜んでくれるはずです。 年始の挨拶の文例を見てみる.

次の