フル アーマー zz。 ROBOT魂フルアーマーZZガンダム レビュー

ガンオン攻略 : フルアーマーZZガンダムの評価とステータス

フル アーマー zz

バンダイキャンディ事業部が展開する、完成品ガンダムフィギュアシリーズ「アサルトキングダム」。 その特別ライン「EX」シリーズでは、大ボリュームでさまざまなアイテムをリリースしています。 今回、そのラインに加わるのは『機動戦士ガンダムZZ』より、フルアーマーZZガンダム+メガライダー! 差し替えで強化型ZZガンダムにも換装でき、さらにめったに立体化のないメガライダーがセットされているという、かなりレアな仕様となっています。 それでは早速、パッケージを見ていきましょう。 パッケージを開けて出迎えるのは、この大ボリュームの内容物! まずは整理すると……。 並べるとこのようになります。 強化型ZZガンダム本体、フルアーマーパーツ一式、メガライダー、専用台座。 フルアーマーZZガンダムには、アニメ本編では使用しなかったハイパー・メガ・カノンも用意されています。 強化型ZZガンダム。 マッシヴながらもすらりとした体型で、バランスも非常に良好です。 武装はダブル・ビーム・ライフルが付属、左右の手は握ったものと開いたものが用意されています。 アクションポーズ! シリーズの恒例として腰回りは軟質パーツのため、無理のないアクションが実現できます。 平手もかなり気合いの入った形状で、伸びやかな五指が美しい限り。 合体直後の決めポーズもビシリと決まります。 本アイテムの目玉ともいえるメガライダー。 ガンダムチームを乗せて移動するサブフライトシステムにして、大火力のメガ粒子砲を備える火力サポートメカでもあります。 機首部分は2つのポジションが選択でき、自由に可動します。 もちろんZZガンダムが搭乗できます。 バイクにまたがったような姿を堪能できる、この立体はなかなかに新鮮。 ちょこんと機首を曲げた姿は、どこか大型犬のような愛嬌もあります。 そして真打ち、フルアーマーZZガンダム。 腰、肩を差し替え、胸、両手、両足に増加パーツを付ければこの厳めしい姿が完成です。 この状態では本体の重量もなかなかのもので、安定感は抜群。 ずっしりした手応えも嬉しいですね。 さらにハイパー・メガ・カノンを装着。 凄いボリュームですが、しっかり自立するのはさすが。 ハイパー・メガ・カノンはバックパックに接続され、接続軸がある程度可動するため安定させてグリップを握れるのも嬉しいですね。 ハイ・メガ・キャノン発射! 大きく伸びた平手ポーズはこんなときに威力を発揮します。 干渉物の多いデザインのフルアーマーZZですが、腕部の各ユニットには回転軸が設けられているため、干渉を逃がして大きなアクションをとることができます。 『Zガンダム』『ガンダムZZ』と続く、グリプス戦役からネオ・ジオン戦争までの戦い。 その進化の極北、ガンダム系MSのひとつの到達点であるZZガンダムがまるっとフルパッケージされた本セット。 ボリューム溢れる内容物はお得感もバッチリです。 同シリーズで展開された宿敵のキュベレイやクィン・マンサ、そして仲間のガンダムチームとともに飾りたいアイテムですね。 DATA アサルトキングダム EX09 フルアーマーZZガンダム&メガライダー• 彩色済みフィギュア1セット+ガム1個• 全1種• 全高約85ミリ• 発売中• 3,200円(税抜)• 発売元:バンダイキャンディ事業部 関連情報•

次の

ΖΖガンダム

フル アーマー zz

ガンプラMGに詳しい方、何卒 宜しくお願いします。 僕は『FAZZ』が好きなので購入を考えているのですが、もし『フルアーマーZZガンダム』の方の内容/質が良ければ買ってみようかと思ってます。 良い所/悪い所等、出来るだけ詳しく細かい箇所までお教え頂きたいです。 宜しくお願いします。 かなりの参考になります。 ZZの設計段階においてFAZZへのバリエーション展開が全く考慮されていなかった結果が「97個」という数ですが、 このように無理矢理キット化されたFAZZは他にも多くの欠点を抱える事になります。 どちらを購入されるにしろ製作開始前に不要パーツを全て切り落としてしまった方が精神的に楽でしょう。 ちなみにカラーリングを「原作版」にするには以下のようにします。 これも無理にフルアーマーZZのパーツを流用したのが原因です。 「フルアーマーZZやFAZZが好きだから作る」 それだけです。 説明書には「ハイパービームサーベル/ビームキャノン」とか書いてありますが、 コレはいわゆる「バンダイ設定」というヤツです。 実際キットもバックパックから抜くことは不可能ですしビーム刃も付いていません。 ZZ用のサーベル基部なら不要パーツとして入っていますが、 コレも強化型/フルアーマー仕様の長いタイプではなくカッコ悪いです。 変形についてはそもそもベースである「フルアーマーZZ」が出来ません。 Gフォートレス用を含む「ZZ」のパーツが計41個抜かれていますし、 股関節とバックパックを繋ぐフレームにフルアーマー専用のパーツを組み込みますから(破損する危険を承知でバラバラにしない限り)パーツ交換は無理です。 さらに「FAZZ」はバックパックが設定通り非変形仕様で、 バックパックに脚を納めることが出来ません。 それ以外の内容/質は同一のものとなっています。 手足は増加装甲をはずせば『変形状態にはなります』。

次の

フルアーマーΖΖガンダム

フル アーマー zz

現行新規参戦枠の標準にのっとりPとCの2枚体制。 ステータス合計値は8500。 アビリティはZ2弾MZZを思わせる先制であり、しかもHP・アタック特化…とに似ているのだが、スピードは最低タイの1000とPジ・Oよりも先制運用(先制狩りに特化)の為に突き詰めたステータスとなっている。 現時点において赤の先制狩り特化機体はほぼこれ一択である(初心者はで代用可。 Cながらのお陰でそこそこの戦力として期待が出来る)。 そのステ傾向から先制を活かすためのアビリティレベル上げは必須といえる。 先制を有効的に機能させるためのパラメータ配分のためパイロットもスピード補正が低いほうが活用しやすい。 パイロットは参戦記念のなら先制がでなくても脅威の防御力で十分にその火力を発揮できる機会もあるはずだが、ならアシストが必要なものの、クリティカル確定の高火力を強引に先手を取って叩き込むという荒業も可能である。 どちらも覚醒持ちディフェンスバーストなので基本的な防御力の高さは折り紙つきであるが…好みの分かれる所か。 ではB1弾Mのほうが壁役として安定しやすいので初心者から上級者までお勧め出来る。 それ以外のパイロットなら、火力向上スキル持ちのディフェンスバースト、や、先攻クリ確スキル持ちのあたりはミッション・対人ルールの戦闘、どちらでも活躍が見込める。 先制頼みだがやでの先手確定クリスキル持ちを起用する博打的な使い方があったが、現在はゲームシステムのバーストバトルの追加に伴って、 スピードバーストでのバーストバトル時に先制がほぼ発動しないというシステム上の罠があるので、ミッションならともかく対人ルールの戦闘では穴になって狙い打ちになるのでその手の戦闘での使用はやめた方がよい。 また、BUILD G1弾よりが登場したので、更に狙い打ちされやすくなり、バーストとアビリティの両方を封じられると言う事態も起こる可能性が出てきた。 ただしスピードバースト以外なら問題ないので、アタックバーストで先攻クリティカル確定スキル持ちのあたりの搭乗はありといえばあり。 但しその場合はスピードバーストで下から抜かれないように注意(現在では使用頻度が高いあたりに注意)。 さらに言えば追加ダメージで大幅な火力向上が望めるやそのスキルの下位互換(バーストはそのまま)にあたる&の起用も有効。 ミッション&SPライバル限定と言う条件付だが、という手もある。 証言はフルアーマーに関する話。 今回の証言で インタビュアーが女性であることが明らかになった(それとなく匂わせる文献自体はから存在していた。 ちなみに「キレイなひと」らしい)。 必殺威力もCとしては高いのでこちらでも十分に戦っていける。 見たままのディフェンダーテンプレであり重装甲MSとしての特徴が出ている。 やはり当然だが小隊必殺には組み込めないので注意。 ステータス合計値は7600。 同弾の同アビリティ持ち・CPダブルオーはHPが低め・必殺コストも重いなどミッション向けのきらいがあるので、こちらは対人向けのつもりなのだろうか。 新アビリティのせいかZZにしてはスピードも比較的高めであり、パイロットによってはさらなる上積みが望める。 しかし威力の元となるはずのアタックが低めなので、ミッションであれば突撃を活かすべく、あたりでアタックを補うのが有効だろうか。 対人なら突き詰めてB1弾Pキラや、の確定クリスキル持ち(特にコモンながら例外バースト持ちで専用機補正の入るが最適)あたりを起用するのもいいが、防御重視型故のクリ効果の低さには注意。 違いは砂漠と森林の地形適性と必殺技と通常攻撃の属性)としてが排出されこのカードの立場が非常に危うくなったが、あちらに比べて HPだけは勝っているので仕留めそこなった時の受けに回る際に気休めではあるが高いHPで生存性も期待できるだろう。 見越して覚醒持ちパイロットを乗せておくのも悪くは無い。 現在はバーストエールの存在もあるので起死回生も可能(殆どバーストバトルでエールは使えない事が多かったりするのだが)。 今回はB1-014Cと同じ装甲スキルだがガンナータイプ。 ステータス合計値は7700。 成長タイプが防御型であるため系統と燃費関係こそ異なるがの大体上位互換。 アビリティ的に専用パイロットであるジュドーの高レアとの相性は良いが…辺りで使用する際は闘気・突撃・超電刃・超狙撃あたりには十分に注意したいところ。 特に突撃は追加ダメージの存在から装甲発動圏内までダメージを抑えるのが難しいのが辛い。 その他、スピードが高いガンナーなのでで火力を補う事で育成にもある程度対応できるだけでなく、を乗せることで防御と機動性を兼ね備えた使いやすい受け役に出来る…と、B1弾P版よりも柔軟な運用が出来る。 証言はB4弾時のを示唆したもので ガンダムゲームらしからぬ文字が飛び交う。 「こんなガンダムがあってもいいよね!」というこの証言から。 B8弾では通常ZZでありこちらでは久々の登場。 ステータス合計値は8200。 もちろん初の超狙撃持ちとなっている…が、、なので使い方はあまり変わらない。 そちらよりもHP重視となり、防御重視型も相俟って 重量型配分となっており生存性も高めなのが魅力。 多少開発しにくい設計図(があれば(鉄血弾以降は無関係)への道も拓ける)も注目。 証言者は久しぶりの登場となる。 鉄血弾初登場は新アビリティを引っさげてを差し置いて繋がりなのかまさかのP。 ステータス合計値は9300。 再度P化を果たした本機だが初出のPが先制狩りに完全特化した物に対して、本機は800ほどため同じ機体同士で戦うと(パイロット等の補正抜き)B1弾Pに下から抜かれる上に必殺燃費もやと同数値とパッとしない。 しかしアタック4500+クリ確アビリティの迅雷の総火力はB1弾Pを大きく凌駕するため使いどころは十分にあるだろう。 専用パイロットのジュドーは高速アタバの本弾Mより、低スピードの5弾CP、B1弾M、繚乱3弾P、繚乱4弾Rがベストだろうか。 5弾Mも低スピードだが、スキルが半分無駄(アシスト付きクリ確)になり、僚機次第でスピードが上がり追い抜かれる可能性があるので、止めた方が良い。 その他は、、、アビリティが不発だった場合後攻クリ確スキルが光るが良いだろうか。 不発対策にスピードバーストを採用したくなるところだが、先制と同じくバーストバトルによる迅雷封じが避けられないので止めた方がいいだろう。 微妙なスピードはパーツのチョバムアーマー 防御アップ、スピード-500 や、Gオーダー「重武装への換装」、「防御フィールド展開」などで強引に下げて勝負に出ることも出来るが、オーダーは他の僚機にも作用することに注意をして小隊を構築したい。 証言はこの頃のMSの設計思想が 恐竜的進化と言われたこの時代に本機は「怪獣」と呼んだ方がしっくりくるのでは?というお話。 しかし、はを用意していたのであった・・・。 ダイノロアR落ち。 しかし、超狙撃は前述の通り、過去弾…BG1弾CPがいる上に、 また、アタックを人一倍必要とするアビリティなのに、アタックが一番低い配分となっているのも辛く、大体の場合、演出技鑑賞用程度に留まってしまうだろう。 一応超狙撃を撃った後も、スピードを生かす事でリカバリーがしやすいのは利点といえるが・・・。 ここは逆に考えて超狙撃を落とす目的ではなく弱体化に絞り込んで、こちらは必殺メインで攻めてみる戦法もアリか。 ステータス合計値は8400。 性能としては、B1弾Pと似通う基礎スピード1000の先制狩り機なのだが、こちらはアタックとHPを間逆にし、更に必殺もコストを2つ下げているなど、先制の不発への対応、反撃系アビ回避の為の必殺が打ちやすくなっているなど、総合すればB1弾P版よりも長期戦に対応したセッティングとなっている。 ZZ系随一の耐久性を誇り、さらにCPボーナスで必殺強化も行えるのでジュドーを乗せる場合はおなじみの精神力スキルの開祖であるB1弾Mで耐久面はもとより必殺火力の底上げをしたり、前弾Pのスキルをより活用しやすくしたり、ディフェバ+必殺クリ確の鉄1弾Rで火力と耐久を同時に強化すると良い。 本弾Rは低スピード補正+先攻時追加ダメージスキルと先制狩り+対クリ確封じに特化した性能となっている。 また、バトルタイプがディフェンダーなのが大きな違いでありこちらは、と組め、手軽に火力の底上げが出来るという点で優れるが、代わりに最大火力が低い為、最大ダメージが伸び悩む 特にステダウンされた場合 という欠点も散見される。 そういう場合も踏まえて、で最高ダメージを伸ばすという戦法もあるが、前述の総合火力の低さに加えて、成長タイプが防御重視型である点からある程度の機体レベルの上昇は必須となる。 フルアーマー(全載せ)系の機体全般(設計的には特に)を軽く貶した発言を行っている(あまつさえ、彼女の搭乗機である バンディットはが出来る重火力機体なのでブーメランになっている)が、機体性能に頼り切らないパイロットの操縦は評価している。 登場作品 機動戦士ガンダムZZ 開発系統 (成長傾向:防御力重視型) ガンダム系 格闘武器 ハイパー・ビーム・サーベル 打撃 射撃武器 ダブル・ビーム・ライフル ビーム ディフェンダー 通常武器: 射撃武器 ビルドMS BG1-070CPを使用した場合のもあり 特記事項 エゥーゴの重攻撃用MS。 のバックパック・装甲等のパーツを切り替えてアップデートを図った機体・に、更なる機能向上・戦闘力増加を狙った増加装甲ユニットを装備した形態。 カード裏面のスペックで描かれている本体重量こそ32. 7tと素のZZや強化型と変わらないが、これは あくまで本体だけの空っぽの状態での重量で推進剤やエネルギーや弾薬などを目いっぱい積み込んだ重量(全備重量)は異なっており、 それぞれ68. また、MGでは本体重量が43. 4tと設定が改められている。 バックパックのメインスラスターは新規設計の熱核ハイブリッドエンジン4発に換装され、各ユニット上には合計44基のスラスターが増設されている他、ミサイルポッドも延長されている。 となったが、各部の装甲を削ってシャープになったため機動力と運動性は極めて高い水準に仕上がっており、特に加速性能の点では既存の機体を大幅に凌駕するものとなっている。 増加パーツ内には大量の ミサイルランチャー、頭部と同様の ハイメガ・キャノンを持つ。 腹部のハイメガキャノンは簡易式であり、一発しか撃てない仕様(撃つと砲身が損傷してしまう使い捨てに近いもの)。 また、装甲表面には 耐ビームコーティングが施され、のビームの直撃にすら耐えることが可能である。 増加パーツは戦闘中に不要と判断されれば、が可能であり、 ユニット内のプロペラント及び弾薬を全て消費した際には強化型ZZガンダムに戻ることも可能。 アクシズを巡る、率いる反乱軍および率いるネオ・ジオン正規軍との三つ巴の戦闘に際し投入され、反乱軍所属の ラカン・ダカランの ドーベン・ウルフを、重装甲化で運動性が低下しているゆえに本来苦手とするはずの接近戦で撃破し、グレミーおよびを追ってアクシズ内に潜入。 プルツーも重傷を負ったものの取り戻し、ルー・エルと共にネェル・アーガマに帰還した。 その後の出撃で、素のでとの。 機体色はZZ部分が灰色で、アーマー部分は白色。 フルアーマー状態での各種データ採取が一番の目的である為、合体・変形機構はオミット(MGでは機体ランナー流用の関係上コア・ブロック・システムが残されており、ネオ・コアファイターも付属)され、増加装甲は固定式で不可になっている。 ただ、その代わりにハイメガキャノンを超える出力を持つ ハイパー・メガ・カノンを装備しており、した(近接武器を一切持たない)機体に仕上がっているほか、新たな操縦桿であるが試験的に導入されている。 名前はフルアーマーZZの頭文字から取られ、 「太っちょ」の愛称であるファッツ〔fats〕と発音される。 上位演出技: ハイメガ・ZZダイノロア ミサイルランチャーでの攻撃後に、PV通りどこから持ってきたのか、ハイパー・メガ・カノンを肩に担いで照射する。 技名はMSの 恐竜的進化の頂点に君臨する機体だけに、「ダイノ(恐竜)」「ロア(咆哮)」とその巨躯と威力を示すものであろう。

次の