徳島 新聞 つどい。 津乃峰スポーツ少年団

リノヴェグループの学童保育施設「5star英語学童クラブ 宝田」が、2020年4月に徳島県阿南市にオープンしました!

徳島 新聞 つどい

徳島市の市街地が焦土と化し、約千人の死者を出した徳島大空襲から75年を迎える7月4日、「徳島大空襲を語るつどい」 反核・憲法フォーラム徳島主催 が同市のとくぎんトモニプラザで開かれる。 今年は新型コロナウイルスの影響で空襲体験者による語り部活動は中止した。 空襲の様子が分かる絵や映像などを集め、戦争の悲惨さを後世に伝える。 焼夷弾から逃げる家族連れ、真っ赤に燃える家屋、並べられた焼死体など生々しい空襲の惨状が描かれている。 DVD上映では、5年前のつどいで語り部を務めた山中さんの講演や、日本の空襲被害を取り上げる。 焼け野原となった市街地の風景写真、焼夷弾の一部なども展示する。 つどいは今年で23回目。 例年は空襲体験者を語り部として招き、当時の状況や心境などを語ってもらっていた。 高開千代子代表委員 66 は「愚かな歴史を繰り返さないためにも、平和の大切さを改めて考えてほしい」と来場を呼び掛けている。 午後2~4時。 参加費 資料代 200円。 問い合わせは反核・憲法フォーラム徳島<電088 662 4678>。

次の

「居住地は発表してほしくなかった」新型コロナ、県内初感染の60代女性|社会|徳島ニュース|徳島新聞

徳島 新聞 つどい

カテゴリ キャッチボールクラシック全国大会in山梨 その他• 01月• 03月• 04月• 05月• 07月• 08月• 09月• 10月• 11月• 12月 2019年• 2018年• 01月• 02月• 2017年• 01月• 04月• 06月• 10月• 2016年• 01月• 2015年• 03月• 05月• 07月• 2014年• 04月• 11月• 12月 2013年• 09月• 10月• 2012年• 01月• 02月• 11月• 2011年• 01月• 02月• 03月• 04月• 05月• 06月• 07月• 08月• 10月• 11月• 12月.

次の

相生クラブ

徳島 新聞 つどい

阪神・淡路大震災の犠牲者を追悼し、17日の震災21年に神戸市中央区の東遊園地で開かれる「1・17のつどい」で、竹灯籠で形作る文字の公募が5日に締め切られる。 昨年までの「1・17」から変えるのか。 変えるなら、どのような文字にするのか。 つどい実行委員会の事務局によると、既に約50件が寄せられたが、さらに議論を深めようと、最終日も応募を呼び掛ける。 (高田康夫) 犠牲者追悼の象徴となってきた竹灯籠は昨年、準備や片付け作業を担ってきたボランティア団体が今年3月末での解散を決め、一時は存続が危ぶまれた。 つどいの藤本真一実行委員長は存続に向けた改革案として、規模の縮小や文字の公募を提案。 他の実行委員からは反対意見もあったが、昨年11月16日に公募を始めた。 これまでに、昨年までと同じ「1・17」のほか「未来へ」「灯(とも)し火」「再生」などが寄せられているという。 藤本委員長は「電話で泣きながら問い合わせてきてくれた人もいた。 応募者がそれぞれの文字に込めた思いが、メッセージからよく分かる」と話す。 寄せられた文字については8日の実行委で話し合い、竹灯籠で形作る文字を決める。

次の