英語 曜日 覚え 方。 こんなに簡単!英語で月(1月〜12月)の覚え方。

英語で曜日と月の覚え方は?歌と動画で楽しく学べるYouTubeの紹介。

英語 曜日 覚え 方

英語の月・曜日を簡単にマスターする5つの法則! 英語で月や曜日を覚える時、いきなり日本語から英語、しかもスペルまで覚えようとするのはなかなか難しいです。 似たような単語が多い上に文字数も多いので途中で挫折してしまいがちです。 なので、まずは英語で月や曜日を聞くとすぐに日本語が出てくるように覚えていきましょう。 すると自然に反対(日本語から英語)もマスター出来ます。 それでは早速、覚え方を紹介しています。 月の前半 1〜6月 は関連イベントと一緒に覚える 前半の1〜6月までは、その月の季節のイベントや関連することで覚えていきます。 月の後半 7〜12月 は頭文字のアルファベットで覚える 後半の7〜12月は頭文字のアルファベットに注目して覚えていきましょう。 文章だと少し分かりにくいかもしれませんので、ぜひ紙とペンを用意して書いてみて下さい。 ・7月(July) 頭文字のJを上下ひっくり返すと…7になります。 これで月は完璧ですね。 それでは次は、曜日の覚え方です。 曜日は歌で覚える! 曜日の英語・・・と言うと、とても有名な曲がありますよね。 では歌詞をまず確認してみましょう。 ・日曜日から始まる ・木曜日を2回歌っている という点です。 この2点さえ覚えておけば、いざとなったら歌を歌えば思い出せるでしょう。 楽しくダジャレで曜日を覚える とは言え、曜日の話が出る度に歌をうたっていては時間がかかってしまいますよね。 なので今度は語呂合わせで覚える方法を紹介します。 ・日曜日(Sunday) 日曜日、晴れて欲しいなお日様(サン)・サンデー ・月曜日(Monday) 月曜日、やる気マンマン・マンデー ・火曜日(Tuesday) 火曜はキスして・チューズデー ・水曜日(Wednesday) 水はウォーター(W)・ウェンズデー ・木曜日(Thursday) 木刀さすよ・サーズデー ・金曜日(Friday) 金魚のフライ・フライデー ・土曜日(Saturday) 一週間が去った・サタデー 他にも自分の覚えやすい語呂合わせがあるかもしれません。 自分流の語呂合わせを作るのも楽しく覚えられていいかもしれませんね。 月・曜日の順番をシャッフルして練習する さて、ここまで月と曜日の英語の覚え方を紹介してきましたが、だいぶ体に染み込んできましたでしょうか。 覚えられたかどうかをチェックするために、ここではシャッフル勉強法を取り入れます。 単語帳やカードの表には英語で月・曜日を書き、裏面には日本語で月・曜日をそれぞれ書きます。 それらをシャッフルして、英語側の面だけを見て日本語で答えてみましょう。 全部の月・曜日が出来るようになったら、今度は日本語の面を見えるようにし、英語でスペルを書いて答えてみましょう。 これらがスムーズにできるよううになれば完璧です。 是非トライしてみてください。 まとめ いかがでしたでか? 月・曜日が英語ですぐ出てくるようになるには、まず音やイメージで覚えることが大切です。 ここで紹介したやり方は筆者が楽しく覚えた方法になりますが、こうやって自分なりの「虎の巻」を作っておくことで、突然聞かれたときでも落ち着いて答えることができるようになります。 皆さんもこの5つのコツを使って、楽しみながら月・曜日をマスターしてくださいね。 なお、英語の数字についても色々と法則があり、覚えるのにちょっとしたコツが必要です。 「」に詳しくまとめましたのでぜひ合わせて読んでおいてください。 また、英語にも「序数」があり、日本語の「1番目、2番目、、」のような言い回しがあります。 数字と序数を混同しないよう「」も一読することをおすすめします。 あなたの英語力がさらに向上するようコツコツ知識を積み上げていきましょう! 英語の月・曜日を簡単にマスターする5つの法則! 1. 月の前半 1〜6月 は関連イベントと一緒に覚える 2. 月の後半 7〜12月 は頭文字のアルファベットで覚える 3. 曜日は歌で覚える 4. 楽しくダジャレで曜日を覚える 5. 月・曜日の順番をシャッフルして練習する.

次の

カレンダーの読み方(日付と曜日)

英語 曜日 覚え 方

英語の月・曜日を簡単にマスターする5つの法則! 英語で月や曜日を覚える時、いきなり日本語から英語、しかもスペルまで覚えようとするのはなかなか難しいです。 似たような単語が多い上に文字数も多いので途中で挫折してしまいがちです。 なので、まずは英語で月や曜日を聞くとすぐに日本語が出てくるように覚えていきましょう。 すると自然に反対(日本語から英語)もマスター出来ます。 それでは早速、覚え方を紹介しています。 月の前半 1〜6月 は関連イベントと一緒に覚える 前半の1〜6月までは、その月の季節のイベントや関連することで覚えていきます。 月の後半 7〜12月 は頭文字のアルファベットで覚える 後半の7〜12月は頭文字のアルファベットに注目して覚えていきましょう。 文章だと少し分かりにくいかもしれませんので、ぜひ紙とペンを用意して書いてみて下さい。 ・7月(July) 頭文字のJを上下ひっくり返すと…7になります。 これで月は完璧ですね。 それでは次は、曜日の覚え方です。 曜日は歌で覚える! 曜日の英語・・・と言うと、とても有名な曲がありますよね。 では歌詞をまず確認してみましょう。 ・日曜日から始まる ・木曜日を2回歌っている という点です。 この2点さえ覚えておけば、いざとなったら歌を歌えば思い出せるでしょう。 楽しくダジャレで曜日を覚える とは言え、曜日の話が出る度に歌をうたっていては時間がかかってしまいますよね。 なので今度は語呂合わせで覚える方法を紹介します。 ・日曜日(Sunday) 日曜日、晴れて欲しいなお日様(サン)・サンデー ・月曜日(Monday) 月曜日、やる気マンマン・マンデー ・火曜日(Tuesday) 火曜はキスして・チューズデー ・水曜日(Wednesday) 水はウォーター(W)・ウェンズデー ・木曜日(Thursday) 木刀さすよ・サーズデー ・金曜日(Friday) 金魚のフライ・フライデー ・土曜日(Saturday) 一週間が去った・サタデー 他にも自分の覚えやすい語呂合わせがあるかもしれません。 自分流の語呂合わせを作るのも楽しく覚えられていいかもしれませんね。 月・曜日の順番をシャッフルして練習する さて、ここまで月と曜日の英語の覚え方を紹介してきましたが、だいぶ体に染み込んできましたでしょうか。 覚えられたかどうかをチェックするために、ここではシャッフル勉強法を取り入れます。 単語帳やカードの表には英語で月・曜日を書き、裏面には日本語で月・曜日をそれぞれ書きます。 それらをシャッフルして、英語側の面だけを見て日本語で答えてみましょう。 全部の月・曜日が出来るようになったら、今度は日本語の面を見えるようにし、英語でスペルを書いて答えてみましょう。 これらがスムーズにできるよううになれば完璧です。 是非トライしてみてください。 まとめ いかがでしたでか? 月・曜日が英語ですぐ出てくるようになるには、まず音やイメージで覚えることが大切です。 ここで紹介したやり方は筆者が楽しく覚えた方法になりますが、こうやって自分なりの「虎の巻」を作っておくことで、突然聞かれたときでも落ち着いて答えることができるようになります。 皆さんもこの5つのコツを使って、楽しみながら月・曜日をマスターしてくださいね。 なお、英語の数字についても色々と法則があり、覚えるのにちょっとしたコツが必要です。 「」に詳しくまとめましたのでぜひ合わせて読んでおいてください。 また、英語にも「序数」があり、日本語の「1番目、2番目、、」のような言い回しがあります。 数字と序数を混同しないよう「」も一読することをおすすめします。 あなたの英語力がさらに向上するようコツコツ知識を積み上げていきましょう! 英語の月・曜日を簡単にマスターする5つの法則! 1. 月の前半 1〜6月 は関連イベントと一緒に覚える 2. 月の後半 7〜12月 は頭文字のアルファベットで覚える 3. 曜日は歌で覚える 4. 楽しくダジャレで曜日を覚える 5. 月・曜日の順番をシャッフルして練習する.

次の

英語の1週間の曜日の覚え方!曜日の由来から覚える英語の1週間!

英語 曜日 覚え 方

誰でもおそらく過去に、英語で 『週の 曜日の言い方』や、 『一年の 月の言い方』を習っていると思います。 今のところ日本の学校では、中学一年生で習うようですね。 英語の基本中の基本ともいえる、 『曜日』『月』を表す英単語。 一生懸命スペルを覚えた方も、たくさんいると思います。 だから、多くの人は、なんとなくでも『月』や『曜日』に対する英単語を知っているかと思います。 でも・・・ 「ちゃんとした発音がわからない!」 「うまく言えない!」 「この発音でいいのか自信がない!」 ・・・ということ、結構多いんじゃないでしょうか??? なぜなら、学校では 「発音」ってあまりやらないですよね。 英語ネイティブの発音を聞く機会がない。 先生も日本人なので、 ネイティブ発音ができるわけではない。 ・・・そういった理由から、日本の学校では、簡単な単語すら「発音」を身につける機会があまりないように思います。 でも本来は、 つづりと発音は、セットで覚える必要があります。 実際に海外の人とコミュニケーションするために英語を使うなら、 「読む・書く・聞く・話す」を幅広くこなさなければなりません。 今回は、 英語で『曜日』と『月』をバッチリ覚えたい人に! 実際に海外の子ども達が、英語で『月』や『曜日』を覚えるために、教材として使われている 「歌のYouTube動画」を紹介します。 英語圏の(あるいは世界で英語を学ぶ)子ども達が、実際に見て楽しんでいるものです。 オーストラリアの学校でも、先生はこういったものを子ども達に見せて、楽しく英語を教えているのです。 英語を勉強中の中学・高校生にも、今から英語をやりなおしたい社会人の人にも、幼児のお子さんと英語を楽しみたい親御さんにも。 すべての「英語学習者」におススメです。 『曜日』『月』の英語表記一覧表 最初にメモとして、 各『曜日』『月』に対応する英単語をリストアップしておきます。 スペルなどの確認に利用していただければと思います。 すべて、YouTubeで視聴できます。 実際に、息子もkindyでこの歌をよく歌っていたみたいです。 (家に帰って歌っていました) ちょっとアップテンポで、聞いてて楽しくなる歌です。 いつの間にか、口ずさみたくなりませんか~? 曜日を覚えるだけでなく、小さな声で歌ったり、大きな声で歌ったり、手をたたいたり、足踏みしたり・・・と、表情をつけて楽しく歌えるようになっています。 さすが、よく考えられています! リンク先のYouTubeページの方で、[もっと見る] をクリックすると、 歌詞が書いてあります。 それをチェックしながら視聴するのもおすすめです。 英語の『月(Months Of The Year)』の歌 英語の月を覚えられる歌を紹介します。 こちらも、すべてYouTubeです。 英語圏で定番の童謡『テン・リトル・インディアンズ(Ten Little Indians)』のメロディに合わせて、ひたすらシンプルにJanuary ~ December を繰り返す、「月の言い方を覚えられる」歌。 テンポがゆっくりで、伴奏もシンプルなので、発音もわかりやすく、特に初心者の人におすすめです。 ベーシックながらも、単語のアクセントの場所を聴きながら覚えられてよいと思います。 ほとんどの方が知っているメロディなので、すぐに口ずさむことができますね。 この歌は、ミディアムテンポで耳馴染みがよい歌です。 お手本の発音を聞きながら、楽しく自分も「言ってみる」ことができます。 うまく発音することはあまりこだわらず・・・アクセントをまねるだけでも、結構良い発音練習になると思います。 YouTubeのリンクの方では、[もっとみる]を開くと歌詞が見られます。 ちょっとへなちょこな歌と、かわいいアニメーションが、見てて楽しい! 特に、APRIL、SEPTEMBER、DECEMBER のフレーズのハズシ具合が、個人的に好きですね(笑)。 これも、歌はシンプルなようでいて、意外と覚えにくい発音やアクセントを、しっかりと覚えることができます。 また、スペルも大きく表示されるので、視聴しながら覚えることもできるのでは? まとめ とにかく覚えるしかない、英語の『曜日』と『月』の言い方。 スペルは見て書いて覚えるしかありませんが、発音は「聞いて言う」ことが大切です。 実際に、英語ネイティブが月や曜日を言うのを、ほとんど聞いたことがない!という人も多いのでは? 日本にいると、確かにネイティブの発音を聞く機会はあまり多くないかもしれません。 ですが、ネット上にはさまざまな動画がアップロードされており、 子ども達が楽しく英語の単語を覚えられるように作られたコンテンツも、たくさんあるんです。 今回紹介した動画は、英語圏の先生達が、普段の授業の中で使用しているものです。 ぜひ、日本で英語を学ぶみなさんにも、活用していただきたいです! 日本の学校では、現在どんなふうに英語の授業が行われているのか、わかりませんが、 日本の学校でもこうしたYouTube動画を授業でどんどん使ったらよいのでは、と思います。 先生自身も発音を覚えられるし、生徒も楽しく英語学習ができますよね~。 また、YouTubeなら、 家で自主的に、繰り返し見られるのも、よい点です。 何より、 楽しんで覚えられることが一番! 大人の方は、恥ずかしがらずに(笑)、YouTubeを見ながら一緒に歌ってみてください。

次の