永 楽屋。 日本の古本屋 / 永楽屋について

永楽屋東四郎(初代)(えいらくや とうしろう)とは

永 楽屋

July 2020 Ihee Hosotsuji links• 京都の社長. TV profile• search this site. selected entries• 125• 277• 126 archives• 13 others• mobile powered.

次の

日本の古本屋 / 永楽屋について

永 楽屋

July 2020 Ihee Hosotsuji links• 京都の社長. TV profile• search this site. selected entries• 125• 277• 126 archives• 13 others• mobile powered.

次の

永楽屋ー木曽路、妻籠宿の下駄屋さん

永 楽屋

創業は初期の元年()で、現当主の細辻伊兵衛で十四代続く京都の綿布商である。 を始め多くのブランドを展開している。 同じ京都市の企業である1946年創業の和菓子・佃煮製造小売業の永楽屋とは関連がない。 沿革 [ ] 「永楽屋 細辻伊兵衛商店」(株式会社 永楽屋)という名の由来は、から命をうけ先祖が出陣した際、(ひたたれ)にの紋が入っていたことからといわれている。 その後、 永楽屋と 大黒屋という二つの店が合併し、江戸初期の元和元年()に創業。 以来約400年、十四代にわたって綿布商を営む。 創業当初は、日本に木綿がほとんど普及していなかった為、布の反物を扱っていた。 その後、木綿が日本でも普及し始め木綿などの反物を扱う商にいち早く転換(太物とは、絹が呉服という呼び方に対しそれよりも太い糸(綿・麻など)で織られた織物)。 日本でも木綿の栽培が盛んになるにつれ商いも大きくなる。 明治16年発行の「都の魁:工商技術」の木綿の部に掲載。 京都・三条通沿い梅忠町に佇む昭和初期の永楽屋 その後、(39年)に建設に伴う国際電話局開設のため烏丸通に移転。 この時の永楽屋ビルにはの劇団アトリエ兼劇場があった。 (2年)に現住所(三条通上ル)に移転。 展開ブランド [ ] (手ぬぐい専門店)• 四条店• 祇園店• 京都駅八条口店• 宇治平等院店• 新京極三条店• 永楽屋 祇園花見小路 RAAK(手ぬぐい・ガーゼ手ぬぐい専門店)• 祇園切通し店• 宇治平等院店 伊兵衛Ihee(帆布鞄専門店)• 本店 京呉ふくほそ辻(呉服専門店)• 本店 ほそつじいへえTEAHOUSEsupported by MLESNA(フレーバーティー専門店)• 祇園店 外部リンク [ ]• 株式会社•

次の