河井克行 性格。 河井克行議員の経歴プロフィールや学歴は?評判や性格やあだ名は?

河井克行衆議院議員の経歴や家族、派閥・公約と評判まとめ|選挙区と選挙実績|選挙ネット

河井克行 性格

2019年7月の参院選で当選した河井案里参院議員の選挙違反(買収)事件で、河井克行元法相と河井杏里参院議員が逮捕されるという事態に発展しました。 法相経験者の逮捕は憲政史上初という異常事態です。 今回の事件で異例なのは、94人もの多数の地方自治体首長・議員、後援会幹部や地元有力者に対する大規模な買収事件であることのほかに、現金を受け取ったとされる大半の人が続々と受領を認めていることです。 河井夫妻の逮捕容疑は、案里容疑者を当選させるため、共謀して2019年3月下旬~6月中旬ごろ、5人に投票や票の取りまとめを依頼する目的で計170万円の現金を渡した疑いです。 また克行容疑者は単独で、2019年3月下旬~8月上旬ごろ、91人に対して116回にわたり、計約2400万円の現金を渡した疑いです。 ところで現金を受け取ったとされる大半の人が続々と受領を認めているのは、「これだけ大々的に報道されたため、観念して罪を認めたのか?」、それとも「司法取引が行われたのか?」が気になるところです。 また、参院選前に自民党本部が案里容疑者に対して、1億5千万円もの極めて多額の資金提供をしたことが、公職選挙法の「交付罪」に当たらないかも気になるところです。 1.「司法取引」があったのか? 「司法取引」とは、「刑事手続において検察官の訴訟裁量を背景に、被告人と検察官との間で処分上の利益と引き換えに、捜査あるいは公判手続における協力を得ること」です。 日本では、もともと「司法取引」が認められていませんでしたが、2016年5月に改正刑事訴訟法が成立し、2018年6月1日から司法取引が認められるようになりました。 適用第一号が「三菱日立パワーシステムズ贈賄事件」、適用第二号が「カルロス・ゴーン事件」です。 今回の「河井克行元法相と河井案里参院議員の選挙違反事件」が適用第三号となるかもしれません。 ある法曹関係者は、「 今回は被買収側は立件されない可能性」を示唆しています。 理由は、 地方議員の被買収者が約40人に上り、立件した場合、地方政界への影響が大きいとの懸念のようです。 しかし、そうだとすると、「 検察の起訴・不起訴についての恣意的判断」「 司法取引の恣意的運用」と言わざるを得ません。 検察による厳正な捜査と公正かつ厳正な処罰を望みたいと思います。 2.自民党本部からの1億5千万円の資金提供に「交付罪」が適用される可能性は? もう一つ気になるのが、現職の自民党参院議員溝手顕正氏との2人当選を図るためか、あるいは河井案里1人当選を狙って非常に多額の1億5千万円もの資金提供をしたことです。 これは他の候補者と比べても突出している(一般的に提供される選挙費用の10倍)ようです。 多額の選挙資金の提供を決定した側が、「選挙人」等に供与する資金に充てられると認識した上で提供したのであれば、公職選挙法221条の5「買収目的交付罪」(買収行為をさせる目的を持った金銭・物品の交付)に該当することになります。 検察による厳正な捜査を望みたいと思います。

次の

河井克行の悪評スキャンダルがヤバイ!出身高校大学と経歴や嫁も

河井克行 性格

スポンサーリンク 自民党の河井克行前法相、妻の案里さん夫妻の秘書2人が先月、公選法違反(買収)の罪で起訴されていますが、その後も続けられた調査で、夫妻が県内の首長や地方議員らに現金を配った可能性があるとの疑いがもたれていましたね。 そして、今日、安芸太田町の小坂真治町長が、河井案里議員が初当選した去年の参院選をめぐり現金20万円が入った封筒を渡され、受け取っていたことを明らかにしました! これは、言い逃れできない状況になってきましたね… 複数の関係者は地検の任意聴取に対し、選挙運動は克行氏が実質的に仕切り、「金のことは克行氏が全て握っていた」と証言。 克行氏の2017年、14年の衆院選でも同様に違法な報酬額が払われていたとも説明している。 地検は複数回、夫妻を任意で聴取。 克行氏が報酬額決定などに関与したかどうかも調べている。 色々とマスコミに取り上げられているのは妻の案里さんですが、実は裏で全てを操っているのは夫の河井克行氏とも言われています。 そこで、今回は「河井克行の悪評スキャンダルがヤバイ!出身高校大学と経歴や嫁も」と題して、河井克行氏の悪評スキャンダルや、出身高校大学と経歴や嫁の案里さんについて調べてみました。 Contents• 河井克行の悪評スキャンダルがヤバイ! 【安倍元補佐官暴力沙汰】元秘書が暴力とパワハラを告発 河井克行首相補佐官 聞けば聞くほど地元の評判は散々 「もっと速く走れ!」と運転席蹴る どうして政権の中枢を担うのは、こうも破廉恥な連中ばかりなのか(日刊ゲンダイ) — KK Trapelus 河井克行氏について調べてみると「パワハラ」や「セクハラ」という悪評が見つかりました。。 これはどのような事なのでしょうか? 2016年の事になりますが、元秘書に対する傷害事件とパワハラ疑惑を「週刊文春」に公表されています。 運転手に暴行 今回「週刊文春」に実名告発したのは、1999年4月から7月にかけて地元・広島市で河井補佐官の秘書兼運転手を務めたN氏(74)。 運転手になった直後から河井氏の暴力が始まり、ハンドルを握る左腕を革靴のまま蹴りつけられ、全治14日間の大ケガをしたという。 しかし、2000年にN氏自身が河井克行氏の選挙ポスターを切り裂くなどし、器物損壊て現行犯逮捕。 地元での悪評 河井克行氏のパワハラに我慢しきれず事務所を辞めた秘書は100人は超えていると言われています。 「私も『国会議員の車の運転席の後ろが汚れてるのはなんでか知ってる? 蹴るためさ』と言われ、途端に恐ろしくなりました。 二面性を持っているのです」 地元のタクシーの会長は下記のように語っています。 「うちは河井事務所から配車の要請があっても、一切お断りしています。 河井先生が乗務員の運転席を蹴るわ、人を人とも思わないような暴言を吐くからです。 『もっと速く走れ!』と法定速度以上を出すよう要求され、危うくスピード違反に加担させられそうになった乗務員もいました。 もうコリゴリですわ」 小学生時代のアダ名は「スネ夫」 河井克行氏は子供のころから性格が悪いと言われ、ついたあだ名が「スネ夫」! 実家は薬局経営で当時から裕福な家庭で育った河井克行氏は、周囲のに「僕と君らは育ちが違う」のような事を言うタイプだったようです。 やはり悪評がありながらも、支持する方が多い事も現実なのでしょうか? 「河井補佐官が選出された広島3区は昔から自民党が強い地盤です。 当然、有権者も悪評を耳にしたことはあるはずですが、他に選択肢がないので、渋々、一票を投じているのでしょう。 小選挙区制の弊害です」 このような意見もありますが、真相は分かりません。 河井克行の出身高校大学と経歴 『美しい、豊かな、華やかな、輝きと活力に満ちた新元号を期待しております』 — 河井克行 katsukawai プロフィール 名前:河井克行(かわい かつゆき) 生年月日:1963年3月11日) 出身地:広島県三原市 出身校:広島学院中学校・高等学校 慶應義塾大学法学部政治学科(専攻、東南アジアの国際政治) 好きな食べ物:広島お好み焼き、麺類 所属政党:自由民主党 慶應義塾大学法学部政治学科卒業という事で、お勉強はできる方のようですね! 1985年には大学を卒業し、松下政経塾に入塾します。 1990年には松下政経塾を卒塾し広島県に帰郷します。 経歴 1988年:米国オハイオ州デイトン市行政管理予算局国際行政研修生 1990年:同塾卒業 1991年:広島県議会議員選挙、初当選〔広島市安佐南区〕 1996年:衆議院議員総選挙、初当選〔広島県第三区選挙区〕 2003年:衆議院議員総選挙、二期目当選〔比例中国ブロック〕 2004年:外務大臣政務官に就任【第二次小泉内閣】 2005年:衆議院議員総選挙、三期目当選〔広島県第三区選挙区〕 外務大臣政務官に再任【第三次小泉内閣】 自由民主党国会対策副委員長に就任 2006年:自由民主党国防部会長に就任 2007年:法務副大臣に就任【第一次安倍改造内閣】 法務副大臣に再任【福田内閣】 2008年:自由民主党副幹事長に就任 2009年:衆議院議員総選挙、四期目当選〔比例中国ブロック〕 自由民主党国会対策副委員長に就任 2011年:自由民主党組織運動本部地方組織・議員総局長に就任 衆議院外務委員会筆頭理事に選任 2012年:自由民主党副幹事長に就任 衆議院議員総選挙、五期目当選〔広島県第三区選挙区〕 衆議院外務委員長に選任 2013年:自由民主党総務会副会長に就任 2014年:衆議院議員総選挙、六期目当選〔広島県第三区選挙区〕 2015年:内閣総理大臣補佐官に就任【第三次安倍改造内閣】 2016年:内閣総理大臣補佐官に再任【第三次安倍第二次改造内閣】 2017年:自由民主党総裁外交特別補佐に就任 衆議院議員総選挙、七期目当選〔広島県第三区選挙区〕 2018年:自由民主党総裁外交特別補佐に再任 2019年:法務大臣に就任【第四次安倍第二次改造内閣】 河井克行が嫁あんりを操ってる? 広島の恥さらし 河井夫妻 河井克行 河井あんり 『税金ドロボー』 — Mさん。 皆さん、ご存じのように、奥さまの河井案里さんも議員さんでいらしゃいます。 河井克行氏は、ご自身の選挙の手伝いをする奥さまに「君には才能がある」と立候補を強く勧めたと言われています。 公職選挙法違反の疑いや、贈収賄の疑いなどで追い詰められている、奥さまの河井案里さんですが… 実は色々な違反行為は全て河井克行氏の指示ではないかとも言われています。 河井案里さんの公職選挙法違反の疑いがマスコミに取り上げられてから法務大臣を、わずか1カ月で辞任しています。 当時、河井案里さんは科学技術振興事業団(現・科学技術振興機構)に勤務していらっしゃいました。 まとめ いかがでしたか? 今回は「河井克行の悪評スキャンダルがヤバイ!出身高校大学と経歴や嫁も」と題して、河井克行氏の悪評スキャンダルや、出身高校大学と経歴や嫁の案里さんについて調べてみました。 奥さまの公職選挙法違反の問題から始まり、次から次へと不正が問題となっている河井克行氏と奥さまの河井案里さんですが、明るみにでた問題が、今後どのようになって行くのかに注目が集まっています。

次の

河井案里・克行議員、秘書に責任押し付け永田町で非難の嵐…捜査の手が伸びない理由

河井克行 性格

3月3日のひな祭りの日の朝、衆議院第二議員会館と参議院議員会館のすべての出入り口前に大勢のマスコミ関係者が詰めかけていました。 それが、 河井克行衆議院議員と 河井案里参議院議員の事務所の強制捜査の様子を撮影するためなのは、前夜から流れていた「強制捜査の見込み」という報道から想像できました。 その時点ですでに秘書の逮捕説は出ていたのですが、神澤は半信半疑でした。 克行議員の政策秘書の高谷氏は優秀で性格がいいし、お子さんもいらっしゃるので、逮捕まではないと考えていたのです。 一方で、強制捜査の噂が出ていた頃から「今回は『上』まではいかないらしい」という話もあり、それが事実なら許せないとも思っていました。 「上まではいかない」というのは、秘書がすべての責任を押し付けられ、河井夫妻は逮捕されないということです。 気づけば、永田町には「検察と安倍政権が取引したらしい」という情報も広がっていました。 そして、克之議員が「これで安倍総理が私を守ってくれる」と周囲に言っているという話もあるほどです。 私たち秘書は「トカゲのしっぽ切りなんてあり得ない! もし高谷さんたちが捕まったら、洗いざらい本当のことを言うべきだよね!」と憤っていましたが、残念なことに、高谷氏、案里議員の公設秘書、選挙スタッフの3人が公職選挙法違反の容疑で広島地検に逮捕されてしまいました。 現時点で認否は明らかにされていませんが、彼らは圧力に負けずに詳細に説明して、がんばってほしいです。 国会女子たちは、みんな応援していますよ。 秘書たるもの、「たとえ『黒』でも、議員が『白』と言えば『白』と言う」といった忠誠心が昔は当たり前だったからです。 2009年の同じく3月3日、当時の小沢一郎衆議院議員の秘書たちが逮捕された「西松建設事件」がありました。 準大手ゼネコンの西松建設が小沢議員のほか、自民党の二階俊博衆議院議員など多くの国会議員に不正献金をしていたという疑惑です。 その日、小沢グループの議員の秘書たちは桜餅を用意して議員の帰りを待っていたそうですが、ひな祭りどころではありませんでした。 小沢議員の私設事務所に強制捜査が入って秘書たちが逮捕され、グループの議員たちも捜査の立ち会いのために深夜まで帰れなくなっていたのです。 議員会館内事務所の捜索はありませんでしたが、大騒ぎでした。 この件で複数の秘書が逮捕されたり事情聴取を受けたりしたのですが、いずれも一切疑惑を認めませんでした。 小沢グループの秘書たちは、忠誠心にかけてはピカイチなのです。 「小沢の指示」とは絶対に認めないので、拘留期間が長期にわたった秘書もいました。

次の