ウインドウズ 10 バージョン 1903。 Windows 10の新バージョン「1909」はアップグレードが簡単? 実際にやってみた 連載:山市良のマイクロソフトEYE|ビジネス+IT

「Windows10 1903」へアップデートできない不具合について解説!

ウインドウズ 10 バージョン 1903

バージョンアップしたいパソコンアクセスした際は [今すぐアップデート]でバージョンアップできます。 さらに、その他のパソコンでインストールする際に使うインストール用のDVDやUSBメモリを作成するためのプログラムも配布されています。 バージョンアップしたいWindows 10パソコンで上記のサイトにアクセスし、 [今すぐアップデート]をクリックし、ブラウザ下部に表示される [実行] をクリックします。 Windows 10 更新アシスタント が実行されると、パソコンのWindowsのバージョンと、インストールされる最新のバージョンが表示されるので確認したら [今すぐ更新]をクリックします。 Windows 10の更新プログラムのダウンロードが始まります。 3〜4GB程度のプログラムがダウンロードされるので、パソコンやインターネット環境によって時間がかかることがあります。 ダウンロードが終わると、ダウンロードされたプログラムの検証が実施されます。 プログラムの検証が終わると、Windows 10の更新(=新バージョンのインストール作業)が始まります。 この作業も時間がかかります。 再起動すると、更新プログラムの構成を実施します。 ここでも時間がかかるので、気長に待ちましょう。 更新作業がすべて終わるとWindows 10が起動します。 今回公開された最新版 Windows 10 May 2019 Update のバージョンは 1903 となります。 今回のバージョンではWindows 10標準の壁紙が変わりました。 これまでのものより明るいイメージですね。 スタートメニューで表示されるボタンが見やすくなるなど、見た目の変更点もいくつかあるようです。 まとめ Windows 10のバージョンアップは、Windowsアップデート経由で自動配信されインストールできるようになっていますが、利用環境等で自動配信が受信できないこともあります。 また、バージョンアップの作業には2〜3時間程度かかることになるので、時間に余裕がある時に自分のペースでやりたいということもあると思います。 上記の手動でのバージョンアップは自分の都合のいいときに実施できるので便利です。 Windows 10は、半年に1回のペースで新バージョンが公開され、公開したバージョンは18ヶ月でサポートを終了するというサポートライフサイクルになっていますので、継続的にアップデートを実施する必要があります。

次の

Windows 10 バージョン1903にアップデートすべきか、秋の更新(19H2)にかかわる問題

ウインドウズ 10 バージョン 1903

「Windows10 May 2019 Update(1903)」とは、2019年12月現在、Windows10の最新バージョンです。 そのため、既にOSがWindows10のパソコンではこの「May 2019 Update」が適用されていなければなりません。 ですがWindows10のバージョンが「1809」や「1803」のまま、Windows Updateで更新プログラムのチェックを行なっても「最新の状態です」と表示されてWindowsのバージョンアップができないため、「1903」がインストールできない場合があります。 また、Windows10のバージョン「1903」バージョン「1909」の累積更新プログラムである「KB4524570」のインストール時に「0x80073701」や「0x800f0988」といったエラーが発生することも問題となっています。 ハードディスクの 空き容量が不足していた場合、アップデートできない場合があります。 Windows10の大型アップデートでは「6~11 GB 以上の空き領域が必要」なのですが、「May 2019 Update(1903)」に必要な空き容量は32GB以上が推奨されています。 確認したいのは、主にローカルディスク(「Cドライブ」で Windows10 をインストールしたハードディスク、もしくはSSD)の空き容量になります。 ハードディスクの空き容量を確認して、もし足りないようであれば「ディスククリーンアップ」などで、Windows10がインストールされたパソコン内の、不要なソフトやファイルを削除して十分な空き容量を確保することが必要です。 記事内でハードディスクの空き容量を確保する手順を解説しています。 Windows10のアップデートができない不具合の原因は、前述の通り古いバージョンのIntel RSTを使用していることにあります。 古いバージョンのIntel RSTを導入しているパソコンでは「Windows 10 May 2019 Update」 Windows 10 1903 への更新がブロックされてしまう、インストールすることはできないのです。 Windows10バージョン1903のアップデートでは、Intel RST「15. 1054」以降のバージョンであればアップデートできない問題は起きないとされています。 マイクロソフトの推奨するバージョンは「15. 1044」です。 Windows10にインストールされている Intel RSTのバージョンを確認してみましょう。 削除してみると、バージョン1903へのアップデートできない不具合が起きる原因は無くなっている状態ですので、この状態で「Win10バージョン1903」のアップデートを行ってみるという対処法です。 ただし、Intel RSTを削除した場合、Windows10の標準ドライバで稼働させることになる為に一時的に機能が低下してしまいますので注意が必要です。 また、Intel Optane等を搭載している機種を使用していてIntel RSTとの関連性が高い場合はInter RSTの削除はできない可能性があり、その場合は一度Intel Optaneに関するプログラムをアンインストールしなければならないこともあります。

次の

Windows 10 バージョン1903へ手動バージョンアップする方法

ウインドウズ 10 バージョン 1903

Windowsセキュリティの「保護の履歴」の機能 は、「Windows 10」バージョン1903の「Windowsセキュリティ」アプリの新機能「Windows Defenderウイルス対策」の設定にある「 改ざん防止(Tamper Protection)」を紹介しました。 今回は、同じくWindows 10 バージョン1903でWindowsセキュリティアプリの新機能「 保護の履歴(Protection History)」を紹介します。 Windowsセキュリティアプリは、「Windows Defenderセキュリティセンター」という名前でWindows 10 バージョン1703で初めて導入され、Windows 10 バージョン1809で現在の名称に変更されました。 今回紹介する「保護の履歴」は、Windows 10 バージョン1809までの「 脅威履歴(Threat History)」を置き換え、機能を強化したものです。 「脅威履歴」は、Windows Defenderウイルス対策のスキャン結果の履歴を提供するものでした。 これを置き換える形で登場した新たな「保護の履歴」は、Windows Defenderウイルス対策のスキャン結果だけでなく、スキャンの必要性の案内、推奨事項の通知(「改ざん防止」や「リアルタイム保護」がオフの状態など)、「コントロールされたフォルダーアクセス」(Windows 10 バージョン1709で追加されたランサムウェア防止機能)でブロックされた操作の確認などを1カ所に統合します( 画面1)。 Windows Defenderオフラインにスキャン結果の確認と操作指示 「脅威履歴」は、Windows Defenderウイルス対策のリアルタイム保護で検出された脅威やオンラインのスキャン結果が対象でした。 「保護の履歴」では「 Windows Defenderオフライン」のスキャン結果と、検出された脅威への操作の指定が可能になりました。 Windows Defenderオフラインは、オンラインのWindowsとは別のインスタンスとして起動し、オフラインのWindowsから脅威を取り除くことができるスキャンツールです。 マルウェアの中には、Windowsがオンライン中、何らかの方法で感染や感染活動をウイルス対策ツールの監視から隠すものや、オンライン中では駆除が難しいものがあります。 Windows Defenderオフラインを使用すると、オフラインのWindowsのファイルシステムを対象にスキャンを実行できるため、オンライン中のマルウェアによる妨害を避け、脅威を取り除くことができる場合があります。 なお、Windows Defenderオフラインのスキャン対象は、Windowsがインストールされているドライブ(オンライン中のCドライブ)になります。 「Windows 7」や「Windows 8. 1」向けにはWindows Defenderオフラインが起動メディア(作成ツール)という形で無料ダウンロード提供されており、作成したCD/DVDまたはUSBドライブからPCを起動してスキャンを実行できます。 Windows 10 バージョン1607からは、Windows 10の一部として標準搭載されました。 (Windowsのサポート) Windows DefenderオフラインはWindows 10 バージョン1607以降に標準搭載されていますが(Windows Serverには非搭載)、他社のマルウェア対策製品を導入しており、Windows Defenderウイルス対策が無効化されている場合、Windows Defenderオフラインを開始するためのオプションが表示されないので、この機能をご存じない方もいるかもしれません。 Windows Defenderウイルス対策が有効な場合は、次の場所から開始することができます。 Windows PowerShellの「Start-MpWDOScan」を管理者権限で実行して開始することもできます。 実行するとPCが「Windows回復環境(Windows Recovery Environment、WinRE)」で再起動され、Windows Defenderオフライン用のスキャンツールが準備されてスキャンが始まります。 exe」です。 スキャンは15分以上(筆者の環境では30分程度)かかり、脅威の検出や駆除の状況がツールのUI(ユーザーインタフェース)に表示されます。 ただし、スキャンが完了すると、脅威の検出の有無にかかわらず、PCが再起動され、Windows 10が通常起動するため、スキャン中に検出された脅威の詳細を確認する方法はありません( 画面3)。 目を離していると、脅威の検出状況を見逃してしまうでしょう。 画面4 Windows 10 バージョン1903の「保護の履歴」では、Windows Defenderオフラインによるスキャンの履歴を確認できる。 この例で検出された「Eicar」はテスト用ウイルスであり、筆者が意図的に仕込んだもので実害は一切ない なお、Windows PowerShellの「Get-MpThreat」および「Get-MpThreatDetection」コマンドレットでは、以前の「脅威履歴」と同様にWindows Defenderウイルス対策のオンラインでのスキャン結果や脅威の検出を確認することはできますが、オフラインスキャンのスキャン結果には対応していません。 Windows DefenderオフラインはWinREでスキャンを実行するため、オンラインのWindowsのイベントログにはスキャン結果の記録は残りません。 オフラインスキャンの履歴を参照できるのは、新しい「保護の履歴」だけのようです。 これまでのWindows 10のオフラインスキャンは? 関連記事• 2019年春にリリースされるWindows 10の新バージョンから、ブランチ準備レベル「半期チャネル(対象指定)」が廃止されることが発表されました。 これにより、どのような影響があるでしょうか。 Windows Update for Business(WUfB)を利用していない限り、何の影響もないでしょう。 WUfBを利用しているなら、更新後に設定を確認しておきましょう。 間もなくリリースされるWindows 10の新しい機能アップデート「19H1」。 それに実装される新機能をまとめてみた。 また、同時に変更となるライフサイクルなどについても解説する。 Windows 10では従来のWindows OSと異なり、年2回、大型アップデートの提供が行われるようになった。 それに伴い、サポート期間もバージョンごとに設定されるなどの変更が行われており、かなり複雑なものとなっている。 本稿では、アップデートの提供タイミングならびにそのサポート期間などを整理する。 Windows 10の登場ですっかり変わってしまったWindows Update。 IT管理者の多くが戸惑っているに違いありません。 「Windows 10 バージョン1511 ビルド10586」に合わせ、「Windows Update for Business」が利用可能になりました。 しかし、筆者を含む多くの人が想像していたのとは違い、SaaSタイプのサービスではありませんでした。 Windows Updateによるアップデートの適用は、場合によっては不具合を起こす可能性もある。 アップデートによって不具合が発生しないことを確認してから適用するとよい。 そのためのWindows Updateによる適用を延期する方法を紹介しよう。

次の