奥田 民生 イノセント ワールド。 奥田民生の息子の年齢と学校と名前は?嫁と離婚?再婚?家は代々木?

【ラジオ】奥田民生 「ユニコーンは友達で結成したわけじゃない」「(同じ広島出身の)吉川晃司とは並びたくない」

奥田 民生 イノセント ワールド

2009年 基本情報 出生名 奥田民生 別名 OT 生誕 1965-05-12 (55歳) 出身地 尾長 学歴 中退 ジャンル 職業 担当楽器 活動期間 - レーベル 事務所 共同作業者 公式サイト 著名使用楽器 など 奥田 民生(おくだ たみお、 - )は、の、、、。 ロックバンド・のメンバー。 身長171cm。 尾長出身。 、ロックバンド「」のボーカリストとしてデビュー。 「」「」「」など、数々のヒット曲を世に送り出し、の寵児ともいわれた。 バンドはに解散(に再結成)。 その後、約1年間の充電期間を経て、からソロ活動を開始。 以降、ソロ活動の傍ら、女性デュオ「」のプロデュースや、とのユニット「」をはじめとした様々なミュージシャンとのコラボレーションなど、バンド、ソロ、プロデュースあらゆる音楽活動において大きな成功を収めている。 ソロ活動においての代表曲は、『』、『』、『』など。 経歴 [ ] 広島市立尾長小学校、広島市立二葉中学校、卒業。 中学生の頃に、初めてを結成。 「当初は端でベースを弾いていたが、女の子がキャーキャー言い始めたため、引っぱり出されてフロントマンになった」とされる『INLIFE 男の履歴書』 の記述は誤りで、「最初からギターです」と宝島社『smart』2018年8月号にて語っている。 高校時代には、部に所属、県の新人戦で優勝した経験がある。 に進学後も、音楽活動を継続(後に専門学校は中退)。 『』のメンバーオーディションに参加するも、落選。 ユニコーン時代 [ ] 、「」にとして加入。 同年7月のオーディションに合格。 、ユニコーンは広島から上京、『』でデビューを果たす。 に発表したファーストシングル「」の大ヒットをきっかけにブレイク。 以降、「」「」「」「」などのヒット曲を生み出す。 1990年、期間限定で「」を結成、同じ事務所のBe-Modernを解散した直後の3人(現)とともに『BAND HAS NO NAME』をリリース。 1992年、同じ広島県出身であるのとのユニット「寺田」を結成してツアーを行う。 リリースはない。 2004年、後述の「ひとり股旅スペシャル 広島市民球場」の後夜祭にて、同郷ののを交えて3人で「寺田堂」を結成。 その後も等でしばしば寺田として登場し、さまざまな曲のを中心に演奏している。 「」のテーマ曲にユニコーンが起用され、同番組にも何度か出演。 その後『』にて、と共に準レギュラーとして「民生くんとアベくん」のコーナーを担当。 、『』()内で、ユニコーンは解散を発表、7年間の活動に終止符を打つ。 ソロ・プロデュース活動 [ ] およそ半年間の充電期間の後、にシングル「愛のために」でソロ活動を開始。 同曲は、ソロデビューシングルにして、自身初のを達成。 、音楽プロデューサーとして、女性デュオ「」をデビューさせる。 彼女たちの特異な脱力感、無気力感、気だるそうな立ち居振る舞いが話題になり、大ヒット。 プロデューサーとしても注目を集める。 、とのコラボレーションユニット「」を結成。 アルバム『』を発表し、年末まで活動。 のソロシングル「」のプロデュースも行い、浜田の番組『』にも出演した。 、ギター一本のライブ「ひとり股旅」ツアーを行う。 2000年代 [ ] 、北海道のローカル番組『』()に出演、率いる「大泉バンド」のデビュー曲「負け戦」を作曲。 、「」に出演。 、のシングル「美しく燃える森」に、ゲストボーカルとして参加。 ととの3人によるユニット「三人の侍」を結成し、北海道のに参加。 、のらと4人組バンド「」を結成し、ミニアルバム『O. KING』を発表。 「」に2回目の出演。 、ソロ10周年を記念して、にてコンサート「ひとり股旅スペシャル 広島市民球場」を敢行、唯一、広島市民球場でのコンサートを実現させた歌手となった。 また、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組『』(、奥田は月曜日担当)も12月に復帰(3月で卒業)。 、広島球場でのドキュメンタリーにドラマを加えた映画『』が公開。 「」を15年ぶりに再開、アルバム『II』をリリースし、にも参加。 同年、「」3回目の出演。 、「三人の侍」の全国ツアーを、4月からを皮切りに行う。 9月には、の40歳記念ツアーにらとともに参加。 また、9年振りに井上陽水奥田民生を再結成し、12月にシングル「パラレル・ラブ」をリリース。 2007年にかけてユニットとしては初のツアーを行う。 、デビュー20周年を迎える。 井上陽水奥田民生名義のセカンドアルバム「ダブルドライブ」を発表。 10月24日にトリビュートアルバム『』、『』が発売。 には、「」に4回目の出演。 に過去のアルバム(ユニコーン時代のコンピレーションは除く)を紙ジャケ仕様で再発。 、自身最高傑作と豪語するアルバム『』を発表、1年で2度の全国ツアーに出る。 には、「」に5度目となる出演を果たす。 、ユニコーン活動再開。 ユニコーンの活動と並行して、夏フェスでは「ひとり股旅(北海道ではひとりポックル)」として参加し、また同年11月公開の映画『』の音楽アドバイザーおよび劇中歌の楽曲提供、主題歌を担当するなどソロ活動も精力的に行っている。 に所属事務所のソニー・ミュージックアーティスツ(Sony Music Artists、略称SMA)顧問に就任する。 また、「」に出演(自身6度目)した。 2010年代 [ ] 、のシングル「流星とバラード」に、8年ぶり2度目のゲストボーカルとして参加。 よりレコーディングソロツアー『ひとりカンタビレ』開催。 通常のライブとは違い、各会場で新曲の制作を行うレコーディング・ライヴであり、観客の前ですべての楽器を自身でプレイ、レコーディングし、できた楽曲を配信リリースするという企画である。 追加公演を含む全10公演、10曲のレコーディングを完了させた。 これらの楽曲は後にスタジオでリミックスされ、に10thアルバム『』としてリリースされた。 プロデュース業も並行して行い、のシングルおよびアルバム「サンシャイン」の収録曲の数曲をプロデュース。 The Verbsへの正式加入が発表され、来日公演に参加。 基本、奥田は国内での活動となっているが、2015年に米ツアーに参加することが発表された。 、2004年以来となる「ひとり股旅スペシャル」を広島・にて開催。 、上記の延長として3人による新ユニット「」の結成、リリースとツアーを発表。 、地元、広島にある企業・とのタイアップにより、「」リリース。 同曲はマツダの企業CM・「Be a driver. 」のCMソングとして書き下ろされた。 2013年、5月、(くるり)とともに、「サンフジンズ」 として『JAPAN JAM』 に登場した。 、5月に生誕50年記念ライブ「OT50祭"もみじまんごじゅう"」公演を開催。 長年在籍したソニー系レーベルを離れ自主レーベル「ラーメンカレーミュージックレコード」設立を発表。 同年ににて「奥田民生ひとり股旅スペシャル@マツダスタジアム」公演を開催。 ライブ中盤にてサプライズ的にの、が登場し、打者に奥田、捕手に大瀬良、投手に前田と言う形式で「始球式」が行われた。 、の「」をプロデュース(リアレンジ)した楽曲が「全力少年produced by 奥田民生」のタイトルでリリースされる。 2020年代 [ ] 2020年、日本テレビ系テレビアニメ『』の主題歌を担当。 「サテスハクション」を書き下ろした。 人物 [ ] 性格 [ ]• 非常にな一面があり『』の広島からの中継は、ほぼ見に行ったという(二葉中学からの、前(賀茂鶴オアシス)からの、からの他)。 にパーソナリティーを担当した『OH! MY RADIO』においても「可愛い」、「ブリトニーも可愛いがはもっと可愛い、ポスターも買った」、「超可愛い」などミーハーぶりを発揮していた。 「はそうでもない」らしい。 がを中心に活動していた頃、大ファンで「どんな人かは知らないけど笑顔がいい。 頑張ろうという気持ちになる」とのことから自身のライブ用の機材にグラビアの切抜きを片っ端から貼り付けていた時期があった。 の大ファンであり、『』で共に出演した際にはまともに彼女を見ることも出来ず、司会のの2人に冷やかされるほどガチガチに緊張してしまった。 井上陽水は普段の奥田の性格を非常に寡黙であると語っている。 同放送では、井上、奥田、トータス松本が飲んでいた際、松本が音楽に対するモチベーションの低下からミュージシャンを辞めて俳優転向を考えていると洩らしたところ、奥田は非常に厳しい言葉で松本を引き止めたというエピソードが井上から語られた。 井上は、普段寡黙である奥田からは考えられないようなキツい物言いをすることに驚き、松本に謝罪するよう諭したとも語った。 音楽性 [ ]• 誌からは、「日本一のロック大将」 と称えられ、からは「の大立者」ともいわれている。 には10年連続参加しており、数少ないのアーティストである。 その他にも、毎年多くのフェス、イベントに参加し、他のアーティストとの交流は多いようである。 特に同年代のアーティストとはよく絡み、、、、、、、とはしばしばテレビ、雑誌などで共演することがある。 音質に関してCDの音質に満足出来ず、に搭載モデルがない事 を嘆いていた。 アルバム『』以降はほぼ全ての作品をでもリリースしている。 以降に、レコード会社各社が導入したについても、ミュージシャン側で導入前から音質面に大きな問題がある事を把握していた、数少ない人物の1人であった。 ギターコレクターであり、かなりの数のギターを所有している。 中でも、製のギターが多く、名器・製・スタンダードを長年に渡りメインで使用してきた。 なお、40歳の誕生日に、ギブソン社からカスタムショップ製作のレスポール・スタンダード(キャンディレッド)を贈呈され、には、近年メインで使用しているレスポール・スペシャル(P-90ピックアップ、ビグスビー、TVホワイト・フィニッシュ)を忠実に再現した、カスタムショップ製作の「Gibson Custom Shop The INSPIRED BY Series Okuda Tamio Les Paul OT Special」が100本限定で製造・販売された(2008年8月1日現在。 奥田民生公式ホームページにて発表)。 2013年の「SPICE BOYS」ツアーでは、前述の1959年製レスポール・スタンダードを忠実に再現したギブソン・カスタムショップ製のレプリカモデルを(パイロットランとして)使用し、2015年に同モデルが限定生産という形で市販された。 歌詞に関しては、数々のインタビューにおいて、あまり重要視していないと語っているが、意味がないようでさまざまに解釈できるため、曲の魅力を引き立てるものとなっている。 また、「それはなにかとたずねたら」という曲において、「なべつかみ」という単語を入れたことを自慢していたらしい(スタッフ談)。 その他にも、ユニークでナンセンスな歌詞が多い。 楽曲自体にも多数見受けられるが、楽曲のタイトルもまた、有名な書籍や楽曲などのタイトルのとなっているものが多数ある。 例:「ワインのばか」(元ネタはロシアの民話『イワンのばか』)、「AND I LOVE CAR」(の「AND I LOVE HER」)、「怒りの別件」(の『』)等。 プロデュースの動機は、90年代半ば、やらがアーティストとして活動する傍ら、プロデューサー業に乗り出して目覚ましい活躍を納めていたことが大きい。 同様のことが自分に出来るかどうか挑戦してみたかった、と著書で述べている。 これによりプロデューサーとして評価され、や、のプロデュースも手がけたことがある。 趣味 [ ]• 趣味は、と車。 の、河辺裕和とは、兼ねてから親交がある。 車に関しては、のとも交流があり、4歳の頃に車のエンジン音を聞いただけで「ありゃじゃろ。 ありゃぁじゃろ。 」と言い当てた、という逸話を持つ車好きである [ ]。 歌詞の中にも、度々車やバイクに関するネタが登場し、それらの曲を集めた『』を発表している。 愛車は、、初代などの外車のほか、最近は黒のに乗っており、ととマフラーの交換や、パドルシフト仕様への改造など、車へのこだわりが垣間見られる(カーライフスタイル誌や、の番組『』でも、奥田のR1が取り上げられた)。 また、2012年にプロデュースしたの「(. のカバー)」では、曲冒頭で愛車カマロのエンジン音が録音されている。 過去に男性ファッション誌「BOON」の企画において、のやのなどの奥田仕様の別注モデルを制作したことがある。 の奥田民生モデルも限定販売を行ったことがある。 オン・オフ問わずサングラスを着用していることが多い(もともと視力は良い)が、本人曰くサングラスを着用するのは「照れ隠し」とのこと。 近年はフォーナインズのフレームを愛用している。 出身地にまつわるエピソード [ ]• 父は元広島市議会議員() (引退後は経営)だったため、子供時代は『赤旗(現『』)』配達などを手伝っていた。 「 民生(たみお)」の名もが同じ「(みんせい)」から来ている。 父親の選挙の応援時にミニライブを行ったことがある。 広島のプロスポーツチームである・の大ファンである。 2000年3月にはのポスターで、当時カープの監督だった(達川晃豊)と共演(2種類有り、うち1枚は「奥田のカープ入団会見」風のポーズ )。 また、の息子がユニコーン時代からのファンであったこともあって奥田本人が結婚式に参加して自身の曲「」などを歌った。 カープのマスコット「」の顔を奥田のイラストに変えた「民生坊や」をカープが公式グッズとして販売している(選手応援セットとして入場券とセットで販売 )。 また、で試合開始前・7回裏に放映される「」のカープファンリレー映像にも2015年版で名を連ねている。 には、において、同球場史上初のコンサート「」を行った。 なお、本ライブの開会宣言を行ったのは、当時広島東洋カープ監督であった山本浩二であった。 にマツダスタジアムにおいて、同球場開場以来初のコンサート「ひとり股旅スペシャル マツダスタジアム」を行い、ライブ発表当日(2015年シーズンの開幕戦)の始球式では広島市長の投じた球を受ける捕手役を務めた。 2012年元旦の朝刊の「カープV逸20年 私の提言」にて『負けたとき,もっと怒ろう』と題し、ファンを過激に叱咤激励する内容の寄稿を行っている。 また、2015年にがメジャーリーグから復帰した際には、所属事務所を通じて「私は泣いています」というメッセージを寄せている(ちなみに3月29日の復帰後公式戦初登板はマツダスタジアムにて現地観戦している)。 2003年、の応援チャントとして使われているユニコーン時代の曲「」の替え歌「アイシテルニイガタ」をサポーターズCDに収録するために許諾を奥田に求めたところ、奥田は「サンフレッチェ広島の敵に曲を提供することはできない」と許諾を拒否したという(当時新潟と広島は共にに所属しており、昇格争いのライバルだった)。 現在も「アイシテルニイガタ」は新潟のサポーターズCDに収録されていない。 (寺田堂(前述)で「」と「」のパロディーを披露)、元のは同級生。 広島皆実高校の先輩には(ひとり股旅スペシャル 広島市民球場で「」をカバー)、後輩に磯部正文(元)、、らがいる。 エピソード [ ]• デビュー前、アルバイト先の喫茶店で「 民生スペシャル」という鶏肉中心の定食メニューを考案した。 そのアルバイト先の喫茶店の店長が後年当時のエピソードを綴った、アイドルやミュージシャンにありがちな暴露本を奥田に無断で出版、それに激怒した奥田は店長と絶縁したとされている。 「悩んで学んで」のPVでは一瞬だけその本が燃えているシーンがある。 1995年9月8日、5歳年上のユニコーン当時のスタイリスト美由紀(旧姓佐野)と結婚。 8月25日には音楽仲間の、、渡辺満里奈らを招いて披露宴も開催。 ユニコーン在籍時、ソロ活動もまだの段階で『PATi PATi』発の単行本『奥田民生ショウ』(、1992年)という奥田個人の本が出た (尚、13年後の2005年には本著の続編となる『奥田民生ショウ2』が発売された)• 奥田のファンだと言うとテレビで共演した時、木村が一番好きな曲と言うに書いた「海へと」を演奏した。 この時、木村が「こんないい曲、何で自分で歌わないんですか」と聞くと「いやぁ時間が無くて」と締め切りに間に合わず、やむなくPUFFYに渡したことを明かした。 後に「海へと」自体はライブ盤で民生バージョンがCD化された。 大ので、ユニコーン時代に雑誌に連載を持つほどであった。 『』では「」でとの熱戦を繰り広げた。 『』において、と「」や「」「」で対決し勝利したこともある。 シンプルなゲームが好きなようで一時期はのに熱中しており、毎日2時間はプレイしていたという。 ととの3人によるユニット「三人の侍」の全国ツアーの際、ステージにはユニットの家紋が飾られ、刀を携え、侍語のアピールに、歌詞以外は外来語を禁止、の歌を歌う時は「次はかぶとむしの歌でござる」、「アレルギーの特効薬」という曲は「腫れ物全般の特効薬」などと紹介していた。 奥田と親交のある・夫妻がホスト役を務めたの音楽番組『』では、毎年、新年最初の放送に奥田がゲスト出演するのが恒例となっていた。 ユニコーンでのデビュー前、の男性版「」のオーディションを受けていたことが、元息っ子クラブのメンバーのインタビュー記事内で明らかになっている。 影響 [ ]• 漫画家のが奥田のファンであり、奥田の楽曲をモチーフとした作品『』を発表している。 は2015年に奥田に憧れる男性を描いた漫画『』を発表。 2017年に監督により『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』のタイトルで映画化が予定され、奥田の曲も使用される。 学生時代はに憧れていたとのこと。 ライブ [ ] ライブ・バンド [ ] GOZ 第1期 1995年 - 2002年、2004年、2015年 [ ]• (Dr. 古田たかし(Dr. (松本人志から「」用のものを譲り受けた)にタオルを頭に巻いた出で立ちで、バックバンドは一切設けずアコースティックギター1本で事務用の椅子に座って演奏する。 MCでは酒を挟み、演奏曲もその時の気分で決められる。 通常のライブでは披露することの無いカバー(「」、「ああエキセントリック少年ボウイ」等)が披露されるのも特徴のひとつ。 の「ひとり股旅ツアー」終了後も単独ライブやロックフェスティバルで時折開催されるようになり、の広島市民球場ライブは、当初は球場の周辺に住宅地が多く存在するため騒音問題を懸念した球場側が難色を示していたが、ひとり股旅形式で行う事を条件に開催が実現した。 ワンマンライブ・主催イベント [ ]• 1995年 - tamio okuda TOUR "29-30"• 1996年 - 奥田民生 LIVE WORKS SPECIAL "WEEKEND NIGHT FEVER with his friends"• 1997年 - okuda tamio tour '97 股旅• 1998年 - okuda tamio tour '98 股旅ふたたび• 1999年 - okuda tamio tour '99 CANNONBALL• 2000年 - okuda tamio TOUR 2000 GOLDBLEND• 2001年 - okuda tamio tour 0102 奥田STANDARD民生CUSTOM• 2002年 - OKUDA 3 NIGHTS• 2002年 - okuda tamio live E 0203• 2003年 - okuda tamio live Ez• 2004年 - okuda tamio TOUR OT10• 2004年 - ひとり股旅スペシャル 広島市民球場• 2006年 - okuda tamio Cheap Trip 2006• 2006年 - 三人の侍〜旅情編〜• 2008年 - okuda tamio FANTASTIC TOUR 08• 2008年 - okuda tamio FANTASTIC TOUR "AGAIN" 08• 2010年 - 奥田民生ひとりカンタビレ• 2010年 - The Verbs JAPAN TRIP 2010• 2011年 - okuda tamio tour 2011-2012 〜おとしのレイら〜• 2011年 - ひとり股旅スペシャル@嚴島神社• 2013年 - 奥田民生 2013ツアー"SPICE BOYS"• 2013年 - ひとりギロッポン• 2015年 - ひとり股旅スペシャル@マツダスタジアム 出演イベント [ ]• 1993年05月10日 - Rock'nRollCIRCUS• 1995年08月12日 - KIRIN SOUND TOGETHER '95• 1996年07月28日 - 1996• 1996年08月03日 - KIRIN SOUND TOGETHER POP HILL '96• 1999年07月30日 - '99• 1999年08月28日 - '99• 2000年7月 - Beautiful Songs• 2000年07月29日 - FUJI ROCK FESTIVAL '00• 2000年08月06日 - KIRIN SOUND TOGETHER POP HILL '00• 2000年08月13日 - 2000• 2000年08月19日 - 2000 in EZO• 2001年08月04日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2001• 2001年08月25日 - SETSTOCK'01• 2001年10月09日 - 2001• 2002年03月 - Beautiful Songs 2002• 2002年08月09日,11日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2002• 2002年08月17日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2002 in EZO• 2002年09月01日 - 2002• 2002年09月22日 - SPACE SHOWER TV 2002• 2003年08月02日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2003• 2003年12月09日 - Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ 2003• 2004年08月08日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2004• 2005年07月24日 - SETSTOCK'05• 2005年08月07日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2005• 2005年08月20日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2005 in EZO• 2005年08月26日 - Ver. Episode-Q• 2005年09月03日 - '05 〜音泉魂〜• 2006年07月22日,23日 - SETSTOCK'06• 2006年08月05日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2006• 2006年08月12日 - 2006• 2006年08月17日 - ロックロックこんにちは! in 仙台• 2006年08月19日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2006 in EZO• 2007年02月 - ツアー「double shopping drive 07」• 2007年08月03日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2007• 2007年08月25日 - OTODAMA'07 〜音泉魂〜• 2008年05月23日 - Bent Beat Special'08 〜踊る大演奏会 事件はBENTで起きてるんじゃない ZEPPで起きてるんだ! 2008年08月03日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2008• 2008年08月04日,05日 - ロックロックこんにちは! Ver. 12「十二2宴」(Jyuni Hutae)• 2008年08月31日 - SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2008• 2008年09月06日 - 達 2008 -ONE-• 2008年09月07日 - OTODAMA'08 〜音泉魂〜• 2009年07月25日 - SETSTOCK'09• 2009年07月31日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009• 2009年08月15日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2009 in EZO• 2009年09月22日 - 2009• 2009年11月14日 - 追悼ライブ 2009 Munetaka Higuchi Forever Our Hero• 2010年03月20日 - ProducerBLITZ Yohito Teraoka presents Golden Circle vol. 2010年03月27日,04月24日 - 東京スカパラダイス国技館• 2010年05月16日 - 2010• 2010年07月17日 - presents フジフジ富士Q• 2010年08月08日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010• 2010年08月13日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2010 in EZO• 2010年08月19日 - のお台場フォーク村デラックス 第29夜「お台場 J-POP HIGH SCHOOL」• 2010年08月29日 - SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2010 -15th ANNIVERSARY-• 2010年12月29日 - ROCK FESTIVAL 2010• 2011年03月05日 - Presents『OK! C'MON CHABO!!! 』〜CHABO'S 60th Aniv. 2011年04月29日 - on USTREAM 『空に星が綺麗』• 2011年05月05日 - JAPAN JAM 2011• 2011年09月10日 - SPITZ 2011 SUMMER ロックロックこんにちは! Ver. 2011年12月08日 - Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ 2011• 2011年12月29日 - FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY 2011• 2012年06月09日 - Tropical Lovers Beach Festa 2012• 2012年06月28日 - 25th Anniversary -Tug of war- Vol. 2012年08月05日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2012• 2012年08月19日 - SETSTOCK'12 -10th Anniversary in Bihoku-• 2012年08月24日 - ロックロックこんにちは! Ver. 16 〜ヒーロー広場〜• 2012年08月25日 - ロックロックこんにちは! Ver. 16 〜ヒーロー広場〜• 2012年09月02日 - ENDLESS SUMMER BREEZE 2012• 2012年09月08日 - OTODAMA'11-'12 〜音泉魂〜• 2012年09月26日,10月05日,14日 - Presents 〜CRAZY FRIENDS' COMING TO TOWN〜• 2012年10月01日 - 2012 Tour "TRADROCK" by Char• 2012年10月20日 - SPARKS GO GO『SHINKIBA JUNCTION 2012〜ファン感謝でー』• 2012年11月07日 - LIVE! TOWER RECORDS 「Zepp! Step! SMA! 2012年11月23日 - 仮面チャウダーVol. 1 〜YAJIO CRAZY〜• 2012年12月07日 - GACHI・シーズン3[全? 回]其の三 VS. 奥田民生• 2012年12月08日 - Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ 2012• 2012年12月20日 -• 2013年02月27日 - 弱虫のロック論 -平山雄一第二音楽評論集リリースパーティ-• 2013年04月20日 - J-WAVE 25th ANNIVERSARY TOKYO Guitar Jamboree• 2013年04月28日 - 13• 2013年05月04日 - JAPAN JAM 2013• 2013年05月11日 - 、忌野清志郎を歌うツアー2013• 2013年05月18日 - GREENROOM FESTIVAL '13• 2013年06月04日,05日 - ずっと好きだったんじゃけぇ〜さすらいの麺カタFES!! 2013年07月07日 - 日比谷野音90周年記念事業 Rock Beats Cancer FES Vol. 2 supported by チューリッヒ生命• 2013年07月20日 - JOIN ALIVE 2013• 2013年07月27日 - FUJI ROCK FESTIVAL '13• 2013年08月04日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013• 2013年08月11日 - 2013• 2013年08月16日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO• 2013年08月18日 - 2013• 2013年09月07日 - OTODAMA'13 〜音泉魂〜• 2013年09月22日 - 京都音楽博覧会2013• 2013年10月06日 - 仮面チャウダー 〜YAJIO CRAZY〜 チャウ大付属脂身高等学校2• 2013年11月13日,14日 - Vol. 18 〜Yohito Teraoka 20th Anniversary Special〜• 2013年11月25日 - ドラム生活40年祭〜しーたか40〜• 2013年12月07日 - Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ 2013• 2013年12月08日 - 矢野顕子 さとがえるコンサート2013• 2013年12月29日 - FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY 2013• 2014年07月17日 - SMA 40th presentsスパゴー兄弟vsチャランポ姉妹• 2014年07月20日 - JOIN ALIVE 2014• 2014年09月 - SPECIAL 2DAYS "BLACK AND WHITE" featuring 八熊慎一、奥田民生、木内健、斎藤有太 ディスコグラフィ [ ] ソロ名義の作品を記載。 、、のリリース作品は各記事を参照。 シングル [ ] 枚 発売日 タイトル 最高順位 1st 9位 2nd 2位 3rd 2位 4th 1995年 7位 5th 7位 6th 1996年 4位 7th 16位 8th 4位 9th 12位 10th 4位 11th 10位 12th 2001年 15位 13th 8位 14th 2002年 8位 15th 18位 16th 8位 17th 10位 18th 11位 19th 11位 20th 19位 21st 17位 22nd 9位 23rd 19位 24th 9位 25th 8位 26th 19位 27th -• 「さすらい」までの8cmシングルはに12cmシングルで再発された。 以下の3作品は当初、 LGCD2()で発売されたが、SMEのLGCD廃止に伴い、店頭回収、新品番にて盤がリリースされ、ジャケットの「cccd」の文字は「cd」となった。 1st〜8thが2007年12月に紙ジャケット仕様で再発売された。 1st〜11thのリマスタリングしたものをまとめた『OT REMASTERS』というBOXが2014年10月22日に発売された。 「」テーマ曲 2. に行われたレコーディングツアー「ひとりカンタビレ」にて制作された楽曲。 これらはライブ終了の3〜4時間後には配信が開始された。 録音日 タイトル 会場 最強のこれから ・DUO MISIC EXCHANGE わかります ・DRUM LOGOS えんえんととんでいく ・ RL ・磔磔 音のない音 東京都・ たびゆけばあたる ・ ひとりカンタビレのテーマ 東京都・ かたちごっこ ・ペニーレーン24 Room 503 ・ 解体ショー ・EIGHT HALL 映像作品 [ ] LIVE [ ]• tamio okuda TOUR "29-30"(1995年)• tamio okuda TOURDUST "0-30"(1995年)• TOUR 1997 股旅(1998年)• ひとり股旅(1999年)• TOUR 2000 GOLDBLEND(2000年)• (2003年)• (2005年)• okuda tamio Cheap Trip 2006(2006年)• okuda tamio FANTASTIC TOUR 08(2008年)• Lemon Hall(2011年)• (2012年)• 奥田民生2013ツアー SPICE BOYS at 中野サンプラザ(2014年)• 奥田民生ひとり股旅スペシャル マツダスタジアム(2016年)• OT clips of the years(2001年) 『29』から『GOLDBLEND』までのPVを収録。 OT clips of the years Vol. 2(2004年) 『E』、『LION』のPVを収録。 その他参加作品 [ ]• のアルバム『a piece of cake! のアルバム『月面軟着陸』(1990年)の「これは恋ではない」にで参加• のシングル「たしかめていてよ」(1998年)共同作曲、ギター、コーラス• のシングル「SWEET, BITTER, CANDY-秋 - 冬」(1998年)の2番にゲストボーカルとして参加。 30周年記念ライブアルバム『RESPECT! 、奥田民生、、、共同名義のライブアルバム『LIVE Beautiful Songs』(2000年)に参加• のシングル『明日はどっちだ! 』(2001年)の「明日はどっちだ! (CM Version)」にギターとして参加• のシングル「」(2002年)、「」(2010年)にゲストボーカルとして参加。 のアルバム『』(2004年)の「Sleep John B]」にコーラスとして参加• のアルバム『VANITY』(2005年)の「Something Wild」にヴォーカル・ギターで参加(事実上としてのテイク)。 のライブ・アルバム『』(2007年)にスペシャルゲストとして参加。 (浜田省吾の音楽プロジェクト)のアルバム『パンと羊とラブレター』(2007年)の「鳥のように消えた日 feat. 奥田民生」にボーカルとして参加。 のシングル『』(2009年)にULTIMATE LAZY for MAZINGER(LAZY、奥田民生、、)として参加。 『追悼ライブ 2009 Munetaka Higuchi Forever Our Hero』(2009年)にゲスト参加(後にDVD化)• のシングル「」をプロデュースするとともに、コーラス・ギター・パーカッション・ドラム・ベースで参加。 受賞歴 [ ]• 1998年• 第16回 主題歌賞(『さすらい』、ドラマ『』主題歌) 楽曲提供 [ ]• 「Baby Baby」 作詞・作曲・編曲:奥田民生 「スロウサーフィン」 作詞・作曲・編曲:奥田民生• 「負け戦」 作詞:、作曲:奥田民生• 「女の子男の子」 作詞:奥田民生、作曲:、編曲:奥田民生• 「MELODY JUNK」 作詞:尾崎亜美、作曲:奥田民生、編曲:AMIGOS 奥田民生・・• 「バトル」 作詞:、作曲:奥田民生、編曲:• 「BEAT」 作詞:木村カエラ、作曲・編曲:奥田民生 「ROCK ON」 作詞:木村カエラ、作曲・編曲:奥田民生 「1115」 作詞:木村カエラ、作曲・編曲:奥田民生• 「スピード」 作詞・作曲:奥田民生、編曲:白井良明• 「マイウェイ」 作詞・作曲:奥田民生• 「月ひとしずく」 作詞:小泉今日子・井上陽水・奥田民生、作曲:井上陽水・奥田民生、編曲: 「オトコのコオンナのコ」 作詞:小泉今日子、作曲:奥田民生、編曲:• 「東京ナイス・ガイ」 作詞・作曲:奥田民生• 「鉄道員」 作詞:奥田民生、作曲・編曲:• 「悪い月」 作詞・作曲:奥田民生• 「竜巻きジェーン」 作詞:奥田民生 作曲:坂井紀雄• 「Sadistic Twist」 作詞:奥田民生・木村カエラ 作曲:小原礼• 清水小百合 「丘の上の少女」 作詞・作曲:奥田民生• シーラカンズ(映画『』サウンドトラック) 「ドキドキしよう」 作詞・作曲:奥田民生 「僕らの旅」 作詞・作曲:奥田民生• 「ゆくゆくは」 作詞:柴咲コウ、作曲:奥田民生・柴咲コウ、編曲:奥田民生• 「たしかめていてよ」 作詞:鈴木祥子、作曲:鈴木祥子・奥田民生、編曲:鈴木祥子・奥田民生・斎藤有太 「赤い実がはじけてた」 作詞:鈴木祥子・、作曲:鈴木祥子・奥田民生、編曲:鈴木祥子・奥田民生・斎藤有太• 「くつみがき」 作詞:、作曲:奥田民生、編曲:佐藤英二• 「」 作詞・作曲:奥田民生、編曲:• with 「俺の車」 作詞・作曲:奥田民生• 「光のオペラ」 作詞:、作曲:奥田民生、編曲:• 「」 作詞:、作曲・編曲:奥田民生 「」 作詞・作曲・編曲:奥田民生 他多数• 「人の息子」 作詞・作曲:奥田民生、編曲:森俊之• 軍団 「ハラダ記念樹」 (作詞:奥田民生・八熊慎一・PUFFY、作曲:志村正彦・永友聖也・西村晋弥)• 「SUNNYで! 松浦善博 「フィルモア最初の日」 作詞・作曲:奥田民生• 「キャベツ畑のサンマ」 作詞:、作曲:奥田民生• 「Money Song」 作詞・作曲:奥田民生・矢野顕子• 「ゴオ! 」 作詞:、作曲:奥田民生、編曲: 「地球よ 私のために廻れ! 」 作詞:朝野深雪、作曲:奥田民生、編曲:すがいゆきお・横関敦• 「君の涙に微笑みを」 作詞:、作曲:奥田民生、編曲:鈴木智文 書籍 [ ]• 『FISH OR DIE』(1999年、角川文庫) 文庫化• 『奥田民生別注武運』(1999年、)• 『奥田民生別注 武運復刻』奥田民生のただいま別注中」ダイジェスト版DVD封入(2004年、祥伝社)• 『別冊カドカワ総力特集奥田民生』カドカワムック No. 206(2004年、角川書店)• 『別冊カドカワ総力特集奥田民生』カドカワムック No. 266(2008年、角川書店)• 『奥田民生ギター弾き語り全曲集』 ゲーム [ ]• 「」(2014年) 脚注 [ ] []• 音楽ナタリー. 2016年9月15日. 2016年9月15日閲覧。 『奥田民生別注 武運』1999年、祥伝社• J-Wave OH! MY RADIO 2005年12月15日放送• 「ROCKIN'ON JAPAN」、2002年10月10日号、表紙• 、2008年2月9日、17頁• 実際にはからされていた。 奥田も後に購入。 が全リリース作品化の発表をして以降最初のシングル、「サウンド・オブ・ミュージック」発売直前、公式掲示板にスタッフから「レーベルゲートCDでのリリースとなります」との書き込みがあり、掲示板には多くの批判や通常のCD(以下)でのリリースを望む意見が書き込まれた。 これを受け奥田自身が公式サイト上で異例のコメントを発表、CCCD導入に至った経緯を説明した• 2009年1月24日閲覧。 奥田は対策としてCCCDだけでなく、アナログ盤や実験的に「 DVD-Music」(専用の再生機器が必要なと違い、一般的なDVDプレイヤーで再生可能でCD-DAよりも高音質)盤を発売したり、ジャケットに大きくフォーマット名が書かれているデザインを採用(通常CCCDロゴは帯やステッカーに表記されている為、これらが無ければ通常CDとの区別が困難)。 雑誌のインタビューでも「もめている」、「レコード会社の中で(自分が)目立ってしまっている」、「なぜ他の人は(CCCDの問題について)言わないのか」などと発言• WHAT's IN? (2004年7月号、ソニーマガジンズ)• こうしてシングル3枚を3フォーマットで発売、アルバム『LION』はさらに盤も加え4フォーマットでの発売となった。 しかし『LION』発売直前、公式サイト上でスタッフからCD-DAでのリリースがアナウンスされ、ほぼ同時期にSMEがレーベルゲートCDの撤廃を発表した。 当初、既にレーベルゲートCDで発売されている商品に関してはそのまま販売を継続するとされていたが、後にレーベルゲートCDでリリースされたシングル3作品も店頭回収、新品番にてCD-DA盤が再リリースされ、ジャケットの「 cccd」の文字は「 cd」となった。 当時のシングルのアナログ盤のB面曲がCDと同じ(それまでは未アナログ化の過去のシングルのA面曲などを収録していた)なのは「当時はCCCD問題でそれどころではなかった」と後に当時のチーフマネージャー原田公一が回想している• カドカワムック 別冊カドカワ 総力特集 奥田民生( )• 2015年1月30日閲覧。 2010年7月13日閲覧。 奥田幹二(おくだ かんじ、 - )• 『奥田民生ショウ』宇都宮美穂・著(文庫) より• 『サンケイ日本紳士年鑑 第19版』(サンケイ新聞データシステム) より• タワーレコード. 2015年10月14日閲覧。 広島東洋カープ. 2015年10月14日閲覧。 日刊スポーツ. 2015年3月27日. 2015年6月14日閲覧。 UNICORN 人に歴史あり〈其の壱〉1990年、音楽専科社• 音楽誌が書かないJポップ批評56、、2008年11月、p64• 2009年5月26日閲覧。 2009年6月30日閲覧。 ゲンダイネット. 2011年12月21日. 2012年11月26日閲覧。 (2016年5月20日)、、2016年6月13日閲覧。 2013年7月8日. 2018年9月2日閲覧。 関連項目 [ ]• - 2003年の夏限定のバンド。 メンバーはYO-KING(真心ブラザーズ)、奥田民生、大木温之(The ピーズ)、佐藤シンイチロウ(the pillows)の4人。 - 奥田が局のロゴマークを作成。 外部リンク [ ]• - チャンネル(奥田及びRAMEN CURRY MUSIC RECORDSの動画チャンネル)• - 本人によるウェブログ(終了)• ミュージックシェルフ.

次の

innocent world

奥田 民生 イノセント ワールド

44 ID:tiFzNyKp9. 」にゲスト出演。 (中略) 【民生先生が大好きな大学1年生です。 ユニコーンもカーリングシトーンズもカンタンカンタビレを見ていても、民生先生から「楽しい!」というのが伝わってきます。 そして、素晴らしい仲間に囲まれていると思います。 僕も民生先生のように、気が合う仲間を見つけたいです。 どうしたら、いろんなことを一緒に楽しめる仲間が見つかると思いますか?(19歳・男性)】 奥田:そうですね……友達ですよね、大事なのは。 あの、バンドって最初は友達同士でやるじゃないですか。 でも友達同士のままでバンドが続くっていうのは、なかなかそんなに多くないでしょう? 上手、下手もあるし。 とーやま校長:はい。 奥田:俺はユニコーンでデビューしましたけど、ユニコーンは別に友達じゃなかった……まぁ、知り合いは知り合いでしたけど(笑)。 友達で結成したわけじゃなくて、志が同じだということで……みたいな感じじゃないですか。 だからデビューしてからも……何て言ったらいいんだろうね。 そんな、友達だとは思っていないっていうか。 とーやま校長:ふぅ〜ん……はい。 奥田:いやまぁ友達なんだけど。 もっと仲いいヤツいるし、みたいな。 なんなら、スパゴー(Sparks GO GO)のほうが仲いいし、みたいな(笑)。 とーやま校長:はい(笑)。 奥田:そこでユニコーンというのは、その……再結成してからは話が変わってきましたけど、割と仕事でクールに結びついているぜ、みたいな雰囲気でやっていたんですよね。 それで、そうこうしているうちに他のバンドの人とも仲良くなっていくと、話が合うとか音楽の好きなところが合うとかいう人が周りに現れてきて。 そんでまぁ、仲良くなっていくからね。 とーやま校長:はい。 (10月に配信された)『ライジングサン』あるじゃないですか。 あれに、吉川晃司さんが出られているじゃないですか。 同じ広島県の出身ですけど、二人が並んでいるところを想像したことが無かったんです。 若いときには無かったんじゃないか、って勝手に思っているんですけど? 奥田:俺は並びたくないもん、画的に。 あんな肩幅のヤツと。 俺、ものすごくショボいじゃん。 とーやま校長:(笑)。 そんな理由で? 奥田:そうよ。 画的な問題よ(笑)。 あの……同い年だし、高校のときからの知り合いなんですよ。 とーやま校長:そうなんですか?! 奥田:ちょっとね。 ほんのちょっとよ。 とーやま校長:はい。 奥田:だけど、高校を卒業する前からヤツは上京して、ソロでやるっていうか……映画を撮っているらしいよ、とかそういう話も聞きながら……。 だいぶ前に東京に行っていますから、当然、会うチャンスも無く。 俺らが東京に行ったころには、大先輩な感じじゃないですか。 だからなんかね、「同級生ですよね」とか俺が言うのも恥ずかしいじゃないですか。 とーやま校長:へぇ〜。 奥田:で、急にうちのドラムの川西さんと「最近、飲んでる」って話になって。 そこに俺も行ったんですよ。 その辺から普通に……吉川くんも、もろに広島弁でね。 やっぱり、ヤツはヤツで丸くなっている、って言ったら怒られるかもだけど……ナイフのようなヤツだからね(笑)。 (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。 91 ID:z7qx26L70. net このスレ見て奥田民生の曲をApple musicで聴いてみた。 エンジンという曲がいい感じだった。 18 ID:xWVKebts0. 86 ID:mdcJawQZ0. 87 ID:oWiAbG6l0. 25 ID:93ArHcq90. 86 ID:SCtlW5UR0. 26 ID:xWVKebts0. 65 ID:t2G7sky90. 14 ID:pRsVMszN0. net 一時、松本人志の影響受けすぎだっただろ。 37 ID:xWVKebts0. 56 ID:uCDQpXc30. 71 ID:q33zdGM00. net 若いころの粋がったキャラづくりは結構無理していたのかな。 産まれたのが10年以上後だったら、もう少し自然な形で音楽やドラマをこなしていたかもしれない。 53 ID:1BY72pWZ0. 17 ID:rFsFrA6z0. 38 ID:EoOGjUQGO. net 吉川がゲストででてたTBSの気分は上々はクソ面白かった。 未だにたまに見たくなる。 08 ID:V5YZO0pX0. 25 ID:VilNRe3y0. 67 ID:NZI9MWlc0. 93 ID:NZI9MWlc0. 72 ID:NZI9MWlc0. 40 ID:C9GQ42AI0. 58 ID:2NCdzCBI0. net 笹路さんに「年1枚のアルバムと年1回のツアーをするのがプロのミュージシャン」と教わったらしいが 1988年ごろからほぼ忠実に実行してるのは凄いと思うわ。 77 ID:2NCdzCBI0. net 向井秀徳がライブハウスでバイトしながら腕の立つメンバーを1本釣りしてバンド組んだみたいなもんか。 99 ID:2NCdzCBI0. net 民生はフジロック会場を歩いて誰からも声かけられなかったと言ってたけど 若いころあんだけモテオーラ出してた人もオッサンになるとそうなるんだなと思った。 90 ID:9WwkzzzR0. 46 ID:Bu6R4mGuO. 18 ID:vwR4h4qm0. 74 ID:d2q0XnKr0. 98 ID:ElSM0chv0. 19 ID:6OniIiuU0. 24 ID:mHI7EXi60.

次の

static.datasciencetoolkit.orgen innocent world 歌詞

奥田 民生 イノセント ワールド

奥田民生の新曲は、TVアニメ『ハクション大魔王2020』のテーマソング「サテスハクション」だ。 根強いファンを持つ『ハクション大魔王』の50年ぶりの復活を祝うように、「サテスハクション」は奥田の得意なロックンロール・チューン。 イントロの歪んだギターが、かつての『ハクション大魔王』のテーマソングを彷彿とさせる。 聞けば奥田は子供の頃、『ハクション大魔王』のファンだったという。 演奏はすべて奥田自身。 おなじみのカンタビレ・スタイルでレコーディングされた。 奥田は近年、YouTubeを駆使して音楽の新しい提供の仕方に挑戦してきた。 そんな奥田にカップリングの「プゥータのテーマ」のことや、最近の過ごし方、ライブに対する思いを聞いてみた。 取材はZOOMで行なったのだが、いつもと変わらないユーモアに満ちたインタビューになった。 特にラストのメッセージは、実に奥田らしい言葉で結ばれている。 めちゃめちゃいいから、あれを越えられるわけないじゃんと思って ーー 『ハクション大魔王2020』のテーマソングのオファーはいつ頃、来たんですか? 【 奥田 】 去年の12月くらいに。 「『ハクション大魔王』が新しくなるんですけど、お願いできますか?」って。 ーー ファン・アピールをしてたんですか? 【 奥田 】 普通に見てたけど、ファン・アピールしてたわけじゃないよ。 だから自ら、そんなにいろんなとこに声を掛けるわけないじゃないの。 ーー 『ハクション大魔王』を作ってるタツノコプロとは、コラボしたことはあったんですか? 【 奥田 】 ないんじゃないですかね。 TVアニメで言うと、『おそ松さん』の曲にはちょっと参加したりしたけどね。 ーー 自分が見ていたアニメ番組からオファーが来て、どうでした? 【 奥田 】 嬉しかったです。 でも、元々のオープニング・テーマが秀逸すぎるでしょ。 めちゃめちゃいいから、あれを越えられるわけないじゃんと思って。 みんなも「あれが聴きたいんじゃないの?」と思ったから、あの曲をカバーするとか(笑)、そういうことも考えたりしてたんですよ。 【 奥田 】 これを作るにあたって、どうしても前の曲のイメージはあるから。 だから「元々のにのっとってやってもいいですか? かぶせてきていいっすか?」みたいなね。 で、「全然、いいですよ」って言われたから、イントロは同じ感じでいいかなと思って(笑)。 ーー 「サテスハクション」っていうタイトルは、前から温めてたの? 【 奥田 】 前からあっためてないです(笑)。 ーー タイトルを決めずにレコーディングに入ったってこと? 【 奥田 】 そう。 自分はいつも、タイトルが最後だから。 タイトルがなくても、「ハクション大魔王2020のテーマ」って言えばすむから、別にたいして考えてなかった。 ーー で、レコーディングに入って。 それでレコーディングで、コーラスを歌ってるときに、ふと思いついたんです。 やってるうちにちょっとフレーズが浮かんで、「そうか!」と思って。 言ってみりゃもう「サテスハクション」というタイトルにしたほうが、わかりやすくなるでしょ。 歪んだギターの音もさ。 ーー ギターの音は、ストーンズの「サティスファクション」っぽいよね。 【 奥田 】 たまたまそうなったんです。 オリジナルのムードを出したいし。 愛を持っているよっていう意味もあって、タイトルを「サテスハクション」にして。 ーー リスペクトを込めたパロディだ! 【 奥田 】 そうそう。 パロディーが大好きだから、俺はその文化の真っ只中で生きてるから。 ビートルズだって、そういうことやってきてたわけじゃないですか。 ーー ビートルズも昔の曲を元にして、うまいことパロってるよね。 【 奥田 】 そういうのがちゃんと文化としてあるんだっていうのを、このご時世だから怒られるからやめるっていうのも、あまりにも悲しいじゃないですか。 でもやっぱり、著作権だとかは気にしなきゃいけないけどね(笑)。 昔はそういう音楽がたくさんあって、すごかったですよ ーー 「サテスハクション」は、番組のオープニングの1分半ちょうどになってる。 【 奥田 】 最初のオファーで、「1分30秒でピタっと終わってくれ」っていうのがあったんで。 曲もまだ作ってない段階でね。 だからそれはもう、ちゃんと考えて完結しました。 ーー 聴いていて、「ホントにこれしかないの??」っていう。 【 奥田 】 そうなの。 だから配信でダウンロードした人は、ちょっと怒るかも(笑)。 ーー (笑)「これっぽっち?」っていう。 【 奥田 】 そのまんまなんだもん。 でも、これはこれでいいのよ。 よく『昭和のCM大全集』とかっていうCDがあるじゃん。 ああいうの、大好きで。 ーー 基本、15秒か30秒だよね。 【 奥田 】 小林亜星さんの作った曲とかいっぱいあるじゃん。 ああいうのの仲間入りしたいという気持ちもあって(笑)。 今回の曲を書き下ろすにあたって。 あの精神をちゃんと受け継ぎたいと。 【 奥田 】 心意気的にはそういうつもりでいる。 昔はそういう音楽がたくさんあって、すごかったですよ。 ーー いさぎよい作曲だよね。 【 奥田 】 そうそう。 そんな流れです。 ーー そうやってできた「サテスハクション」は、音楽好きには楽しい話題を提供するんじゃないでしょうか。 【 奥田 】 ありがとうございます。 そんなに気にしないでできたんでよかったですよ。 そんな労力使ってない。 ーー 労力を使ったから、いい音楽できるわけじゃないからね。 いかに楽しくやるかだから。 【 奥田 】 それだとちょうどいいところだと思いますよ。 俺も、そんなに俺を出してないよ(笑)。 いくらなんでも1分半の「サテスハクション」1個だけじゃ、怒る人がいるんじゃないかって(笑)。 【 奥田 】 あれはもう、なんならインストと思ってください(笑)。 それはちょっと寂しくはあるけどね。 でもまあ、声優さんも変わってるし、新しくなってるんで、新しい『ハクション大魔王』として見ればいいと思います。 ーー そういう意味でいうと、昔の『ハクション大魔王』のどこが好きだったんですか? 【 奥田 】 なんかさ、さわやかじゃなかったじゃない(笑)。 子供向けだけど、子供子供してないのがよかった。 『タイムボカン』とか『いなかっぺ大将』も、子供向けでありながら、何気に毒がある。 ーー タツノコプロって、そういうところが特色だよね。 【 奥田 】 でも、このご時世に合わせてあるんで、今回は毒が少ない。 でもおならで出てくるプゥータっていうのを登場させただけでも、昔の『ハクション大魔王』を受け継いでるんじゃないですか(笑)。 【 奥田 】 ヘロさん! なんか、かぶってるよね、そうやって思うと。 ーー (笑)自分ではあんまり意識してなかったの? 【 奥田 】 意識はしてない。 大魔王だと思ってこれを作ったわけじゃないよ。 でも確かにリリックビデオ見たら、ヘロさんが大魔王っぽくなってたりするんだけど。 延々長いとかでも全然平気。 でも今はライブができないからさ。 ーー 秋にはライブをやれるかな? 【 奥田 】 ホント、ライブっていつできるんだと思います? 世の中的にはいちばん後回しになってるよね。 ーー ただライブ以外だと、奥田さんの活動のペースはあんまり変わっていない。 【 奥田 】 そうですね。 ーー いろんな活動形態を持ってたからこそ、他のミュージシャンよりも早く、この状況に対応できたんじゃないんですか? 【 奥田 】 タイミング的にはその前からやってたからできてるし、そこはよかったですけどね。 ーー まさかこういう状況のためにやってたわけじゃないだろうけど、不思議なめぐり合わせというかね。 【 奥田 】 確かにね。 メンバーはそれに刺激されて、自分も「カンタビレやってみようかな」とかって感じにはなってるの? 【 奥田 】 みんなはみんなで弾き語りとか、それぞれやってはいますよね。 トータス(松本)もやってたし。 ーー そんな中で、奥田さんは全然変わらないペースでやれてる。 【 奥田 】 できてはいますね。 まあ、そういうタイミングだったっちゅうか。 ーー そして今、「自分にとってライブとはなんだろう」って思うことはありますか? 【 奥田 】 やっぱりライブの体力みたいなのは、今、絶対ないわと思います。 ーー 落ちちゃってるってこと? 【 奥田 】 落ちてる、落ちてる。 だから歌とか下手になってる気がする。 ーー (笑) 【 奥田 】 なんか、パッとやろうと思ってできるような年じゃないんだな(笑)。 ーー ツアーがあれば、毎日、90分から120分は思いっきり歌ってるわけだもんね。 【 奥田 】 そうですね。 まあ、ユニコーンは楽だけど。 そういう慣れっていうのが無くなってはいるのかなとは思う。 ーー 最後にやったライブって、いつ? 【 奥田 】 2月の地球三兄弟だと思います。 大阪でやったきりです。 東京もやろうとしたけどできなかった。 ーー 再開後、最初のライブのイメージはありますか? 【 奥田 】 全然ないです。 もうなんか別に何も考えず、普通にするのがいいよね、きっと。 ーー 今年はフェスもないし、この夏はどんなふうに過ごすんですか? 【 奥田 】 まあ、なんか今やってることを、いろいろネタが尽きないようにしていくんですけど。 この状態のままアルバム作るって、なくはないよなって思いながら、いつもそういうことを気にして作ってきてるわけでもないし。 そこはそんなに気にしないでいいけどね。 でもこのままで何年もっていうわけにはいかないだろうから、また変わるだろうね。 ーー 最後に、この時期にこの記事を読んでる人に、何かメッセージがあれば。 【 奥田 】 相変わらず家にいなきゃいけない人が多いと思うんですけど、これを機に「楽器に触る」ということをやってみたら? ぜひこの暇に任せて楽器を演奏する喜びを知って欲しいなと思うんですよ。 ーー 「みんなも楽器、弾いてみたら? 楽しいよ」っていう。 【 奥田 】 そうそう。 YouTubeで自分がやってるのを見せるってのもあるけど、こんな感じでやってみたら面白いよっていうのを言いたいよね。 ーー それはいいかもしれない(笑)。 【 奥田 】 いいと思うんですよ。 逆に言うとこのタイミングが、いいタイミング。 ーー (笑) 【 奥田 】 「あのときコロナ、大変だったけど、おかげで楽器弾けるようになっちゃった」とか、いいじゃないですか。 ーー いいですね!! ありがとうございました。 【 奥田 】 ありがとうございました。 奥田民生 彼らしい流儀に満ちた新曲『ハクション大魔王2020』のテーマソングに込めた思いは、WHAT's IN? tokyoへ。 エムオン・エンタテインメント.

次の