小林麻央 食生活。 小林麻央 偏食で余命を縮めているのか?偏食が心配されている理由と、偏食がもたらす恐ろしい病気に注目!!

小林麻央が乳ガンになった原因は、肉食中心の生活をしていたからではないですか?...

小林麻央 食生活

北斗晶さんは、どうやらお通夜に参加されていたようなのです。 もし大切な人が亡くなったら、ショックで数日は普通の生活ができなくても仕方がないと思います。 北斗晶さんはお葬式の予定がわかっていたからこそ、ファンに対してブログを休むことを事前通知してくれていたようです。 北斗晶のブログ休止で炎上発生!心配だからコメントが欲しい 北斗晶さんがなんでこんなに心配されているかというと、ご存じの方が多いとは思いますが、乳がんを克服した経験があるからです。 身内にがんの人がいる方は、おそらくたくさんおられると思います。 私たちの身近になってしまった「がん」から生還した北斗晶さんなので、ぜひとも長生きしてほしいと期待もあるのでしょうね。 毎日ブログを更新し続けていた北斗晶さんが記事を更新しないとなって、一大事ではないかと憶測されたのでしょう。 実は、北斗晶さんが乳がんで闘病中に支えてくれた友人が亡くなったようなのです。 その友人の葬儀中は喪に服したかったのではないでしょうか。 北斗晶の応援コメント! 「おかえり」「待ってました」 北斗晶さんのブログが再開してからは、公開から役4時間ほどで、なんと1,100件もの数を超えるコメントが寄せられました。 本当に多くの人が北斗晶さんを心配していたのですね。 北斗さんへのコメントには、応援コメントがたくさん見られます。 「私の場合は切る事が出来たって事は、助かる可能性があるんだから。 可能性があるから、切ったんだし。 胸を無くしても命はなくさないだって、これで命を持って行かれたら何のために胸を取ったのか分からなくなるでしょう。 だからこれからも生きる為に頑張るつもりです」 北斗晶へは応援コメントがたくさん!中には炎上コメントも? 北斗晶さんはブログは「体調が悪いなどではありませんので」と先にコメントを出してから更新を止めました。 ところが、北斗晶さんを心配するコメントや、逆に怒っているコメントなど、アメブロ以外でははヤフーの知恵袋にまで様々なコメントが付きました。 北斗晶自身が元気だとコメント 「北斗さんのブログを毎日の励みにしてると書いてくれた方々がいて本当に嬉しかったよ。 数日休んでる間に憶測が飛んだりと色々ありましたが…私は大丈夫です」 多くのコメントは北斗さんを応援中! 中には、炎上気味のコメント「なんで説明しないんだ!」という内容のものまであり、色んな意味で注目されていることがわかりました。 ほとんどの物は、北斗晶さんを応援するコメントでしたし、今は北斗さんを応援するメッセージが日々アメブロに書き込まれています。 小林麻央は手術すれば寿命が延びた? がんは早期発見が一番 「乳がんで亡くなる人は、年間1万3000人ほどですが、かかる人は9万人を超えています。 つまり、乳がんで亡くなる人は多くない。 早期で見つければ命を落とす病気ではないのです」 北斗晶さんも小林麻央さんも定期検診はやっておられましたが、乳がんができてからは、がんが大きくなるスピードが早かったです。 この、がんの腫瘍が大きくなるスピードを甘く見ないことが大切です。 北斗晶さんや小林麻央さんの乳がんでは、世間一般の人のがんの知識も増えたと思います。 がんはどのようにして増える? がんは、最初は固まりでいますが、増えてくると他の細胞との境目が無くなっていきます。 北斗晶さんは、他の臓器へ浸透し始めたちょうどその頃に、全部取り出したのでしょう。 小林麻央さんは、全身に癌細胞が移動した後に気が付いたから遅すぎたのでしょう。 腫瘍が小さいときに手術することはとても大切です。 北斗晶と小林麻央の乳がんを振り返る 北斗晶さんは、今は元気そうに活動しておられます。 でも、心の中では、がんの再発の心配は続いておられることと思います。 がん治療では、摘出の手術したあとにもホルモン剤などを飲み続ける人もいます。 理由は、再発を防ぐためにですが、飲む薬は劇薬の場合もあります。 一番いいのは、やはりがんにならないことです。 抗がん剤治療では、途中で体が耐えられなくて亡くなる人もいます。 北斗晶さんが乳がんの手術後に、抗がん剤などの治療を受けても耐えられたのは、家族の支えとご自身に体力があったからだと思います。

次の

追悼・小林麻央 ブログに綴らなかった最期の自宅療養25日間(1)一時危篤で自宅療養を決意

小林麻央 食生活

北斗晶さんは、どうやらお通夜に参加されていたようなのです。 もし大切な人が亡くなったら、ショックで数日は普通の生活ができなくても仕方がないと思います。 北斗晶さんはお葬式の予定がわかっていたからこそ、ファンに対してブログを休むことを事前通知してくれていたようです。 北斗晶のブログ休止で炎上発生!心配だからコメントが欲しい 北斗晶さんがなんでこんなに心配されているかというと、ご存じの方が多いとは思いますが、乳がんを克服した経験があるからです。 身内にがんの人がいる方は、おそらくたくさんおられると思います。 私たちの身近になってしまった「がん」から生還した北斗晶さんなので、ぜひとも長生きしてほしいと期待もあるのでしょうね。 毎日ブログを更新し続けていた北斗晶さんが記事を更新しないとなって、一大事ではないかと憶測されたのでしょう。 実は、北斗晶さんが乳がんで闘病中に支えてくれた友人が亡くなったようなのです。 その友人の葬儀中は喪に服したかったのではないでしょうか。 北斗晶の応援コメント! 「おかえり」「待ってました」 北斗晶さんのブログが再開してからは、公開から役4時間ほどで、なんと1,100件もの数を超えるコメントが寄せられました。 本当に多くの人が北斗晶さんを心配していたのですね。 北斗さんへのコメントには、応援コメントがたくさん見られます。 「私の場合は切る事が出来たって事は、助かる可能性があるんだから。 可能性があるから、切ったんだし。 胸を無くしても命はなくさないだって、これで命を持って行かれたら何のために胸を取ったのか分からなくなるでしょう。 だからこれからも生きる為に頑張るつもりです」 北斗晶へは応援コメントがたくさん!中には炎上コメントも? 北斗晶さんはブログは「体調が悪いなどではありませんので」と先にコメントを出してから更新を止めました。 ところが、北斗晶さんを心配するコメントや、逆に怒っているコメントなど、アメブロ以外でははヤフーの知恵袋にまで様々なコメントが付きました。 北斗晶自身が元気だとコメント 「北斗さんのブログを毎日の励みにしてると書いてくれた方々がいて本当に嬉しかったよ。 数日休んでる間に憶測が飛んだりと色々ありましたが…私は大丈夫です」 多くのコメントは北斗さんを応援中! 中には、炎上気味のコメント「なんで説明しないんだ!」という内容のものまであり、色んな意味で注目されていることがわかりました。 ほとんどの物は、北斗晶さんを応援するコメントでしたし、今は北斗さんを応援するメッセージが日々アメブロに書き込まれています。 小林麻央は手術すれば寿命が延びた? がんは早期発見が一番 「乳がんで亡くなる人は、年間1万3000人ほどですが、かかる人は9万人を超えています。 つまり、乳がんで亡くなる人は多くない。 早期で見つければ命を落とす病気ではないのです」 北斗晶さんも小林麻央さんも定期検診はやっておられましたが、乳がんができてからは、がんが大きくなるスピードが早かったです。 この、がんの腫瘍が大きくなるスピードを甘く見ないことが大切です。 北斗晶さんや小林麻央さんの乳がんでは、世間一般の人のがんの知識も増えたと思います。 がんはどのようにして増える? がんは、最初は固まりでいますが、増えてくると他の細胞との境目が無くなっていきます。 北斗晶さんは、他の臓器へ浸透し始めたちょうどその頃に、全部取り出したのでしょう。 小林麻央さんは、全身に癌細胞が移動した後に気が付いたから遅すぎたのでしょう。 腫瘍が小さいときに手術することはとても大切です。 北斗晶と小林麻央の乳がんを振り返る 北斗晶さんは、今は元気そうに活動しておられます。 でも、心の中では、がんの再発の心配は続いておられることと思います。 がん治療では、摘出の手術したあとにもホルモン剤などを飲み続ける人もいます。 理由は、再発を防ぐためにですが、飲む薬は劇薬の場合もあります。 一番いいのは、やはりがんにならないことです。 抗がん剤治療では、途中で体が耐えられなくて亡くなる人もいます。 北斗晶さんが乳がんの手術後に、抗がん剤などの治療を受けても耐えられたのは、家族の支えとご自身に体力があったからだと思います。

次の

小林麻央の癌はいつから? 遺伝かストレスが原因? がんの経緯についても|トピグーチャンネル

小林麻央 食生活

始めまして。 それはどうでしょうか。 肉中心の食生活が一番の原因とは言えないのではないかと思います。 反対に気を付けて野菜中心の食生活を送っておられる方でも、癌やその他の病気になる事もあります。 その一方では、好き勝手に暴飲暴食しても癌は愚か、病気一つもせずにピンピンと健康な方もいます。 他にも母親からの遺伝の問題だろうとも言われ、確かにそれも一つの原因ではあるかとは思いますが、癌や他の病気の遺伝子を家族から受け継いでいても発症しないままで没する方もいます。 私は、以上の事から、ストレスが最大の要因ではないかと思います。 麻央さんの場合、旦那さんが梨園と言う特殊な世界にいますから、覚悟して嫁に行っていても、自信が気付かぬ内に相当なストレスが溜っていったのではないかと思います。 色々な事件も報道されて賑わしましたし、病は気からと申しますから。 あくまで私個人の見解です。

次の