趣味 料理。 履歴書の趣味欄の書き方と例文

料理を趣味として楽しむ7つのコツ!【主婦向け】家事が趣味に変わる♪|がんばる主婦のじぶん時間

趣味 料理

細かい作業が好き・物を作るのが好きという方は是非、手芸・お裁縫・編み物を趣味にしてみてはいかがでしょうか。 女性から人気のある趣味5選 1.スポーツ ランニング・フットサル・ウォーキング、スノボ、野球などスポーツ全般はさわやか&健康的なイメージが強いため、女性からも人気の高い趣味になります。 現在スポーツを趣味にしていないけど、スポーツを趣味にしたい!と思っている方は是非、ジョギング&ウォーキングをオススメします。 とくに道具も必要ありませんし、スグに実践することが出来るのもこのスポーツです。 これは科学的に証明されているのです。 音楽というのは落ち込んでいる時に気分を上げてくれたり、楽しい気分にさせてくれたり、しっとりバラードを聴けば恋愛をしたくなるものです。 ですので、音楽が趣味という方もモテますし人気のある趣味の1つになります。 5.料理 女性ウケの良い趣味の中の1つがこちらの料理になります。 結婚をしても共働き夫婦は多く、この料理が出来ると結婚の強みにもなります。 また、見た目と違って家庭的な一面があるとそのギャップに萌えるという女性も!男性は料理があまり得意ではない、というイメージもあるので「料理が得意なんです」というとその意外性に魅力を感じることもあります。 同じように料理が趣味です、という女性と一緒に「今度一緒に料理を作ろう!」と誘うキッカケにも繋がるのでかなりお勧め。

次の

ミニマリストで二人暮らしが持つべき趣味は「料理」かもしれない。

趣味 料理

で400人の女性に 「好感がもてる男性の趣味は?」と聞いたところ、 56. 8 %の女性が料理と答えたのだとか。 半数以上の女性が料理を選ぶなんて、すごいですよね。 そういったことも関係しているのでしょうか。 今、料理を趣味にしたい!と思っている男性が増えているようです。 でも、料理を始めたいけど何から始めたらいいのか分からないという声も耳にします。 書店に行けば料理本はあふれているし、ネットでレシピを検索すればすぐ出てくる時代ですが、料理初心者の男性にとっては難しく感じるかもしれません。 ここでは、 包丁さえ持ったことがないというぐらいの料理初心者さんでも料理上手になれる、 最初にやるべき 3 つの方法を紹介します。 記事の目次はコチラ• まずは基本を知ることが料理上手への近道 レシピ本に書いてあることば。 大根を短冊切りにしてください。 人参をいちょう切りにしましょう。 ・・・・etc こんな風にレシピに書かれていたときすぐにできますか? どうやって切ればいいのか分からない。 という人も多いのではないでしょうか。 料理上手になるためには、まずは料理用語や野菜の切り方などの基本を知ることが大事です。 味の素のサイトがとっても便利! 料理の基本を学びたい方にピッタリのサイトを見つけました。 このサイトでは、• 計量・量り方• 食材の目安量• 調味料の目安量• 包丁の使い方• 調理器具• 切り方• 下ごしらえ• 火加減• 揚げ油の温度• だしのとり方• ご飯の炊き方• 食材の保存方法 これらが分かりやすく掲載されています。 実際に料理をするときだけじゃなく、時間があるときにのぞくだけでも、料理の知識を得ることができます。 おすすめです。 料理の基本が分かるおすすめ本 今やどんな情報でもネットで手に入れることができますが、やっぱり本は便利だと思うんです。 ネットにつながっていないときでもサッと見ることができるし、ネットと違って脱線することがありません(笑) 料理の基本が分かる本を1冊でも手元に置いておきましょう。 この本は、ある程度料理をしている人には不要かもしれません。 でも、 初心者さんにとっては教科書となる本。 人気の料理家や老舗の居酒屋が紹介するレシピも魅力の1冊です。 月刊誌オレンジページのムック本です。 男性にはなじみがないかもしれませんが、分かりやすくて再現しやすいことで女性に人気のレシピ雑誌です。 大きめの写真がふんだんに使われていて、料理以前の疑問に答えてくれる 1 冊です。 包丁を使うときの姿勢・持ち方をマスターしよう 包丁を使うときの正しい姿勢・持ち方があるのをご存じですか? かくいう私も、自己流で包丁を使っていた時期がありました。 実は、だいぶ前に包丁でケガをして以来、恐怖感をぬぐえず、包丁を使っている姿を人に見られたくないと感じていました。 自信がなかったからです。 包丁の持ち方をマスターするだけでグンと切りやすくなる 包丁を使うときの正しい姿勢と持ち方を知った私が、 最初に驚いたのは持ち方を変えただけで切りやすくなったこと。 食材にスッと包丁を入れることができるのです。 切りやすいから食材を切るスピードもアップ。 食材を切る音もリズミカルに聞こえます。 正しい姿勢・持ち方が理にかなっていることを実感しました。 もっと早くこのことを知りたかった。 料理初心者さんは、まず包丁を使うときの姿勢と持ち方を身につけましょう。 包丁を使うときの姿勢と持ち方は動画で学ぼう 包丁を使うときの姿勢と持ち方を学ぶには、文字や写真で見るよりも動画の方がおすすめ。 包丁さばきのマネをするには時間が必要ですが、姿勢と持ち方だけなら動画の通りにマネするだけです。 最初はスピードを気にせずにゆっくり挑戦してみましょう。 スポンサードリンク モチベーションも上がる!自分の好きな料理に挑戦しよう 誰にでも好きな料理がありますよね? 「いつ行ってもつい同じものを頼んでしまう。 」とか、「一週間に一度は食べたくなるとか。 」 そんな料理を自宅で再現できたらうれしいですよね。 好きこそ物の上手なれです。 作ることに慣れてきたら、自分の好きな料理に挑戦してみましょう。 王将のパラパラチャーハンを再現 引用: みんな大好き吉野家の牛丼を再現 引用: セブン-イレブンのおでんを自宅で! 引用: 料理の腕が上達した人に伝えたい注意点 料理を始めて数カ月もたてば、いつのまにか初心者を卒業できていることでしょう。 もともと、男性の方が料理には向いていると思います。 プロの料理人には男性の方が多いですからね。 さて、趣味は料理といえる男になったあなたに伝えたいことがあります。 料理ができる男性が女性に人気がある一方で悪いイメージもあります。 以下の点に注意しましょう。 長いうんちくは嫌われる 女性よりも男性の方がはまりやすく凝りやすい傾向にあります。 料理にはまっていろいろなスパイスを集めたり、食材に凝ったりしても、 ドヤ顔でうんちくばかり話す男性は敬遠されるので要注意です。 こだわりを押しつけてはいけません 自分がこだわっているからといって周りにもそれを押しつけてはいけません。 称賛されるときは、それを必要としている人に教えてあげたときだけです。 後片付けまでが料理です 一人暮らしの男性なら心配ないと思いますが、既婚者の男性で多いのが料理だけして後片付けをしないパターン。 世の奥さま方は不満を持っていますよ。 後片付けまでが料理だということを肝に銘じましょう。 少し厳しい書き方をしてしまいましたが、これらのことをやらなければいいだけです。 難しいことはありません。 料理が上達してうんちくやこだわりを披露したくなったら、SNSで披露してはいかがでしょうか。 料理が趣味の人との出会いが見つかるかもしれませんよ。 まとめ 紹介した内容は、料理中級者さんや上級者さんには全く役に立たないかもしれません。 でも、 料理を始めたいけどなにから始めたらいいのか分からない。 という方にはきっとお役に立てると思います。 料理ができるようになると、今だけじゃなく将来的にもきっと役立ちます。 失敗を恐れずにどんどん挑戦してみましょう。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

料理が趣味?料理が趣味と言える人とは?

趣味 料理

最近自分がはまっているのが「どの趣味が一番労力と得られる対価の効率が良いのか」という考察である。 趣味に限らず何か努力をして習得する技術と考えることもできる。 好きだからやるのが趣味であり、実益のためにやるのが努力ではあるが趣味にも実益が必要であり努力にも好きな要素が必要である。 二つの間に明確な境界線を引くことは難しい。 そう考えたときに「料理」というのは趣味としても努力としても非常に効率が良い。 なぜならば少し上手くなるだけで十分役に立つスキルであり、人から評価されやすくなおかつ日常でも役に立つ。 そして経済的なメリットや実益も大きい。 ちなみに自分は料理がほとんどできないが、いつか始めたい趣味の候補として考えている段階である。 その料理が趣味として優れている理由をいくつかの段階に分けて考察していきたい。 1:それほど上手くなくてもいい 趣味において大事なのが少しかじるだけでも十分楽しめるという事である。 そのジャンルにおける最下層の人間や末端の実力でもある程度楽しめたり利益があるという事非常に重要なのである。 「ガチ勢」や「上級者」にならなくても楽しめるコンテンツというのは今の時代貴重であり、料理というのは「エンジョイ勢」でも十分に楽しめる貴重な趣味なのである。 料理というのは日常で役に立つスキルなため、少し作れるだけでも十分に日常で使う機会がある。 逆に「それ上手くなっても仕方ないだろ」という趣味や技術は多く、それを頑張って究めることは無駄になる物も多い。 料理はそういった「極めても無駄な技術」とまさに対極であり、少しできるだけでも役に立つし最後は食べるという事で楽しめる。 もしくは人に振る舞う喜びも得られる。 2:異性に評価されやすい 結局人間というのはある程度何かを人に評価されるために努力するのである。 よくギターや楽器を始める動機がモテるためというケースが多いが、料理は男女ともに異性から評価されやすいのである。 例えば男性は女性に対して「料理が上手い人」を結婚相手の条件に選ぶことが多い。 実際、結婚生活をした場合奥さんの方が料理を担当するケースが多く、今のご時世主婦になりたいと思ったら料理は必須である。 逆に料理ができない女性というのは、やはり男性から見て家庭の不安があるのも事実である。 「主婦志望」の女性は多いが、男性が料理ができない女性を主婦に専念させるケースはそれほど多くは無い。 不思議なもので男性というのは料理ができると言うだけで女性が魅力的に感じるし、「家庭」をイメージしやすいため結婚に至りやすいという傾向がある。 例えば森三中の村上は女性として一般的な美人の基準に当てはまらないが、料理が上手いという事で評価する男性は非常に多い。 またクッキングアイドルのまいんちゃんこと福原遥はあの見た目で更に料理まで上手いのだから完璧である。 美人でない人も美人の人も料理ができることは得であり、逆にできないことで評価が下がりやすい。 それほど男性は料理ができる女性に対して好感を持ちやすく、できないことに対してマイナスのイメージも持ちやすい。 逆に男性が料理ができた場合もこれ女性から評価されやすい。 「家事を手伝ってくれそう」というイメージがあったり、女性との会話で料理の話題は共通項として語りやすい傾向がある。 同じ趣味の異性というのは仲良くなりやすく、女性に対して料理の話が通じることは多いという基本的な事実が存在する。 また料理教室に参加することで女性との出会いがあるというのも大きい。 ただあまりにも料理が上手すぎた場合、女性側が引け目を感じることもあるらしく極め過ぎないぐらいが男性の技量としてはちょうどいいだろう。 また異性だけでなく、友達や子供からも評価されやすく「パーティするから来ないか」と誘うこともできる。 人間というのは誰もが食事を摂るため、あらゆる人に料理というスキルは評価されやすい。 たとえばギターが上手くても音楽に興味がない人からは評価されないし、ゲームが上手いことに至ってはむしろゲームなどしない方が評価されやすい。 それに対して料理というのは誰もが求めるスキルであり「需要」は非常に多い。 3:日常生活で役に立つ 自分は一人暮らし経験の中で料理ができない事の不利益を強く感じた。 結局出来合いのものを食べたりインスタント食品に頼る生活になり経済と健康の面、こういった生活はあまり推奨されていない。 経済的な面で見たときもっとも効率が悪いのは外食頼みの生活であり、次にインスタント頼みの生活でもある。 人間というのは食べることを喜びにしており、三大欲求の一つは食欲である。 この日常の生活の中で食欲が満たせないという事は大きなストレスになりやすい。 逆に食事が充実している人は幸せになりやすく幸福度が高い。 自分がしていた生活というのは裕福ではないため外食にはそれほど行けない、しかし料理ができないためインスタント食品に頼るしかないという生活だった。 つまり食事をそれほど楽しめない上に、お金は無駄にかかるという状態である。 「料理ができればこの予算でもっと美味しい物を食べられるんだろうな」と何度も思ったものである。 自分はこれだけ貧しい生活をしているという話をしたときに「その予算があれば結構いいものを作れる」と言われたことがあるのだが、「それが作れないから自分はこんな効率の悪い生活をしている」と心の中で思う事があった。 逆に言えばその人は料理ができることで予算が限られているにもかかわらず結構充実した食生活を送っているのである。 経済の面でも健康の面でも、そして心の充実の面でも料理ができることは間違いなく得である。 人間というのはほぼ毎日食事をするため、料理というのは最も役に立つスキルだと言える。 4:料理をすることが面倒ではなくなる 一人暮らしの中で最も煩わしいことが料理である。 子供のころはできたものをただ食べるという生活をしていたため、一人暮らしをしたことで親のありがたみがわかるという事は多いが、まさに自分はその状況に直面した。 大学時代に実家に帰ったとき母親の料理に感動したものである。 一方で自分が一人暮らしをしている間は「面倒なうえに美味しい料理が作れない」という状態だった。 料理が上手ければきっとその面倒な過程もいろんな工夫をして楽しくなるのだろう。 ただひたすら毎日美味しくもない料理を作るために、煩わしい行動をしている、それが自分の一人暮らし生活だった。 この過程が楽しめれば、そして美味しい物が作れれば毎日が楽しくなるのだろうと思っていた。 その結果ほとんどインスタント食品や出来合いのものを購入する生活が続いた。 「役に立たない」という状況が発生しにくいのが料理であるため、習得して損をすることは無い。 もし今後時間的な余裕があれば料理教室にでも通ってみたいと思う。 いつか自分の家にいろんな人を招待して料理を振る舞うことが自分の夢である。 elken.

次の