もち米レシピ。 もち米のレシピ検索結果(221件)

もち粉の特徴とアレンジレシピ6選!米からできる粉の違いとは?

もち米レシピ

どうやって作るんだろう?• 手間がかかりそう・・・。 むずかしそう・・・。 って今感じましたか? 実はこの「もち米シュウマイ(肉団子)」はとても簡単にできて手間もかからないおすすめレシピなのです。 簡単に表現すると。 「ひき肉にもち米をまぶして蒸すだけ」です。 うるち米(白米)に比べてやや割高なので普段の料理で使う機会は限られているのではありませんか? そこで! 中途半端に残ったり、使う機会が少ない「もち米」を使ってメインおかずの材料に使います。 作り方の前に、今回のレシピで覚えておきたい ポイントは3つ!• もち米はしっかり吸水させてから使う• 干しシイタケは戻し汁も使う!• 蒸し器のふたにひと工夫! このポイントを頭の隅においてレシピをご覧くださいね。 記事後半ではそれぞれを詳しく解説しています。 もち米シュウマイ(肉団子/珍珠丸子) 蒸しあがったら完成です。 酢じょうゆをつけていただきます。 「もち米シュウマイ(肉団子/珍珠丸子)」を作る3つのポイント• もち米はしっかり吸水させてから使う• 干しシイタケは戻し汁も使う!• 蒸し器のふたにひと工夫! では、くわしく解説していきます もち米はしっかり吸水させてから使う もち米にしっかり吸水させて水けをきるのなら吸水なんて必要ないんじゃない? って思ったあなた。 実は、もち米に前の晩からたっぷり水に浸して一旦水けをきってから蒸すと、お米がふっくらと仕上がるのです。 前の晩から準備するのは少し面倒かもしれませんが、8時間くらい吸水することで仕上がりに違いが出ますので、当日、夕方調理するのであればもち米の吸水は当日の朝からしても大丈夫ですよ。 干しシイタケは戻し汁も使う! 干しシイタケの戻し汁には「おいしいがギュッ!と詰まっています」。 いわゆる「旨み」というものです。 ついつい戻したシイタケの方ばかりに気がいってしまいがちですが、この戻し汁も捨てずに料理に使っていきたいものです。 我が家では、炊き込みご飯のだし汁代わりにしたり、お吸い物に使っています。 「だしの旨み」がすでにあるので改めて和風だしを加える必要はありません。 使う際に気を付ける点があります。 それは、 戻す時間は半日必須です。 せっかくなので、美味しい干しシイタケの戻し方のご紹介もしておきますね。 むずかしいコツはありません。 水で浸して戻す。 ラップやふたをかぶせてもどす• 戻し時間は分量(干しシイタケの量)に関係なく半日。 ほんのちょっとしたことですが、この3点を忘れずにしてくださいね。 ついつい短時間でできるからと湯に浸して戻すと風味も旨みも軽減され、せっかくの「おいしい」がもったいないです。 蒸し器のふたにひと工夫! 〈手順6〉でも書きましたが、蒸しているとふたに水滴が付いて食材の上に落ちてくることがあります。 布でふたを覆うだけで防ぐことができるので清潔な大きい布でしっかり結んで蒸してください。 これは多くの蒸し料理にも共通していることなので、お忘れなく! 銀木のひとりごと! 見た目がちょっと変わっているので作り方をむずかしく思ってしまいがちな「もち米シュウマイ」ですが、本当に簡単にできます。 そして、蒸しものなのでひき肉の余分な脂が出ていくのでちょっぴりヘルシーという、嬉しい特典つきです(笑) 今回はひと口サイズで16個(蒸している画像では13個ですが、鍋に入りきらなかっただけです)作りました。 ひと口サイズと書きましたが、蒸すと膨らむので1個でもかなりボリュームのあるシュウマイです。 作りすぎた場合や、食べきれない時には、タッパーにクッキングシートを敷いてその上に蒸したもち米シュウマイを入れて冷凍保存できます。 冷凍保存できるということは、そう、お弁当にも持っていけるんです!! もち米をまぶしているので腹持ちもいいですよ。 blogspot. blogspot.

次の

【失敗知らず!】炊飯器を使ったもち米のおいしい炊き方&おすすめレシピ|たべごと

もち米レシピ

どうやって作るんだろう?• 手間がかかりそう・・・。 むずかしそう・・・。 って今感じましたか? 実はこの「もち米シュウマイ(肉団子)」はとても簡単にできて手間もかからないおすすめレシピなのです。 簡単に表現すると。 「ひき肉にもち米をまぶして蒸すだけ」です。 うるち米(白米)に比べてやや割高なので普段の料理で使う機会は限られているのではありませんか? そこで! 中途半端に残ったり、使う機会が少ない「もち米」を使ってメインおかずの材料に使います。 作り方の前に、今回のレシピで覚えておきたい ポイントは3つ!• もち米はしっかり吸水させてから使う• 干しシイタケは戻し汁も使う!• 蒸し器のふたにひと工夫! このポイントを頭の隅においてレシピをご覧くださいね。 記事後半ではそれぞれを詳しく解説しています。 もち米シュウマイ(肉団子/珍珠丸子) 蒸しあがったら完成です。 酢じょうゆをつけていただきます。 「もち米シュウマイ(肉団子/珍珠丸子)」を作る3つのポイント• もち米はしっかり吸水させてから使う• 干しシイタケは戻し汁も使う!• 蒸し器のふたにひと工夫! では、くわしく解説していきます もち米はしっかり吸水させてから使う もち米にしっかり吸水させて水けをきるのなら吸水なんて必要ないんじゃない? って思ったあなた。 実は、もち米に前の晩からたっぷり水に浸して一旦水けをきってから蒸すと、お米がふっくらと仕上がるのです。 前の晩から準備するのは少し面倒かもしれませんが、8時間くらい吸水することで仕上がりに違いが出ますので、当日、夕方調理するのであればもち米の吸水は当日の朝からしても大丈夫ですよ。 干しシイタケは戻し汁も使う! 干しシイタケの戻し汁には「おいしいがギュッ!と詰まっています」。 いわゆる「旨み」というものです。 ついつい戻したシイタケの方ばかりに気がいってしまいがちですが、この戻し汁も捨てずに料理に使っていきたいものです。 我が家では、炊き込みご飯のだし汁代わりにしたり、お吸い物に使っています。 「だしの旨み」がすでにあるので改めて和風だしを加える必要はありません。 使う際に気を付ける点があります。 それは、 戻す時間は半日必須です。 せっかくなので、美味しい干しシイタケの戻し方のご紹介もしておきますね。 むずかしいコツはありません。 水で浸して戻す。 ラップやふたをかぶせてもどす• 戻し時間は分量(干しシイタケの量)に関係なく半日。 ほんのちょっとしたことですが、この3点を忘れずにしてくださいね。 ついつい短時間でできるからと湯に浸して戻すと風味も旨みも軽減され、せっかくの「おいしい」がもったいないです。 蒸し器のふたにひと工夫! 〈手順6〉でも書きましたが、蒸しているとふたに水滴が付いて食材の上に落ちてくることがあります。 布でふたを覆うだけで防ぐことができるので清潔な大きい布でしっかり結んで蒸してください。 これは多くの蒸し料理にも共通していることなので、お忘れなく! 銀木のひとりごと! 見た目がちょっと変わっているので作り方をむずかしく思ってしまいがちな「もち米シュウマイ」ですが、本当に簡単にできます。 そして、蒸しものなのでひき肉の余分な脂が出ていくのでちょっぴりヘルシーという、嬉しい特典つきです(笑) 今回はひと口サイズで16個(蒸している画像では13個ですが、鍋に入りきらなかっただけです)作りました。 ひと口サイズと書きましたが、蒸すと膨らむので1個でもかなりボリュームのあるシュウマイです。 作りすぎた場合や、食べきれない時には、タッパーにクッキングシートを敷いてその上に蒸したもち米シュウマイを入れて冷凍保存できます。 冷凍保存できるということは、そう、お弁当にも持っていけるんです!! もち米をまぶしているので腹持ちもいいですよ。 blogspot. blogspot.

次の

もち米のレシピ検索結果(221件)

もち米レシピ

がおいしい! ゲストさん 11:14• がおいしい! ゲストさん 11:10• がおいしい! ゲストさん 10:51• がおいしい! ゲストさん 10:42• がおいしい! ゲストさん 10:39• がおいしい! ゲストさん 10:21• がおいしい! ゲストさん 10:16• がおいしい! ゲストさん 10:13• がおいしい! ゲストさん 10:12• がおいしい! ゲストさん 10:09• がおいしい! ゲストさん 10:07• がおいしい! ゲストさん 10:07• がおいしい! ゲストさん 10:07• がおいしい! ゲストさん 09:52• がおいしい! ゲストさん 09:33.

次の