誹謗中傷 アカウント 特定。 木村花「けんけん」のツイートにいいねしたのが引き金?誹謗中傷する人の正体発覚!

テラス木村花を誹謗中傷したけんけんは誰?ツイッターを特定して逮捕出来るのか?

誹謗中傷 アカウント 特定

木村花が誹謗中傷されていたと海外メディアも報道 1000RT:【訃報】『テラスハウス』出演、木村花さんが死去 22歳 所属するプロレス団体・スターダムが発表。 HPでは「今後につきましてはご親族と相談の上、お知らせいたします」としている。 — ライブドアニュース livedoornews 木村花さんが出演していたテラスハウスは、海外でも配信されていました。 そのこともあって、海外メディアも大々的に報じています。 木村さんは亡くなる直前、インターネットで誹謗中傷を受けていたことを示唆する気がかりな内容を自身のソーシャルメディアアカウントに投稿していた。 22日に投稿されたインスタグラムの写真には、飼い猫の写真に「愛している。 楽しく長生きしてね。 ごめんね」とコメントが添えられていた。 上記はBBCからの一部抜粋。 実際に木村花さんはツイッター上で誹謗中傷を受けていたことを示唆する内容を投稿していました。 スターダムの木村花選手 昨日の夜中にリスカの画像載せて 意味深ツイートしてたから 何事も無ければいいなと思っていたのに… 本当ネットって怖っ。 — ほり hori414 実際に自傷行為を行った画像なども載せており(現在は削除済み)、ファンからは花さんを心配する声が多く寄せられていました。 木村花を誹謗中傷したアカウントは?削除でも特定可能? 木村花さんへ寄せられた誹謗中傷のリプ。 怖くなったのかアカウントごと削除。 花さんのツイートに対するリプライ欄を見ただけでもかなりの件数が削除されているのがわかります。 現在はまだ捜査中とのことでなんとも言えませんが、海外のように本格的に罪に問うことを検討し始めた場合には、Twitter社からの情報提供により削除アカウントの特定は容易に行えるでしょう。 ネットの反応 今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか? ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。 番組の打ち切りが妥当でしょう。 台本あったなら、それを示唆したディレクターにも責任取らせなきゃ。 あと叩いてた連中を芋づる式で逮捕、検挙で見せしめにしてください。 それだけやっても故人が浮かばれるとは到底思いませんが。 視聴者からの心ない誹謗中傷もですが、番組もリアリティーショーで放送するには何か事件が起こらないとと見せ場を作るようにスタッフから出演者への誘導はあったのでしょう。 出演者への心のケアしないのなら番組も打ちきりが妥当だと思います。 過去の出演者みれば、売名するために恋愛する気もないのに出演してたメンバー沢山いるし。 SNSでは面と向かって対話しない反面、何を書いても良いと言った勘違いした者も多い。 中傷した者の特定はIPアドレス及び通信履歴から特定は容易である。 今後同様の被害者が出さないためにも捜査を望む。

次の

木村花へ誹謗中傷したアカウント「けんけん」とは?twitterで粘着か|LifeNews Media

誹謗中傷 アカウント 特定

スポンサードリンク 木村花への誹謗中傷で3年A組の名言に注目。 犯人の顔画像や住所、職業等を特定するのはネットの役目ではないのでは 木村花さんを誹謗中傷したTwitterのアカウントの持ち主が誰か特定し、その顔画像や住所、職業などを曝そうとすること動き。 この動きは、気持ちがわからないわけではないという方もいるでしょう。 目には目を、同じ気持ちを味わえと。 しかし、ここで考えてほしいのが、犯人を特定することがネットを利用する私たちが行うべき役割なのでしょうか。 ここで現在注目を集めている3年A組の名言をご紹介したいと思います。 名言集・動画:3年A組 〜今から皆さんは、人質です〜木村花へのネットの誹謗中傷で注目 こちらは、現在木村花さんのネット上の誹謗中傷で注目を集めている3年A組 〜今から皆さんは、人質です〜の名言・動画です。 木村花さんの想いを考えると泣けてきました。 MINDVOICEは誰もが気軽につながれる便利なツールだ。 気の合う友達を見つけて いつでもどこでもコミュニケーションが取れる 人によっては心のよりどころになるだろう それも大切だ 否定はしない。 けど・・ その一方で、恐ろしい暴力装置にもなりえる 言葉は時として凶器になる ナイフなんて比にならないぐらい、重く鋭く心をえぐって来る だから刻んでほしいんだよ!! 右にならって吐いた、何気ないひと言が 相手を深く傷つけるかもしれない 独りよがりに 偏った正義感が束になることで いとも簡単に 人の命を奪えるかもしれないってことを そこの君に! これを見ているあなたに! 一人一人の胸に刻んでほしいんだよ 他人に同調するより 他人をけなすより まずは自分を律して 磨いてつくって行くことが大切なんじゃないのか? ってかそっちのほうが楽しいだろ その目も 口も手も 誰かを傷つけるためにあるわけじゃない! 誰かと喜びを分かち合うために 誰かと幸せをかみしめるために あるんじゃないのか?そうだろ! もっとひとに優しくなろうぜ もっと自分を大事にしようぜ 木村花への誹謗中傷Twitterアカウントは誰か顔画像、住所など特定に対するネットの反応 テラハの木村花さんを誹謗中傷していたアカウントの個人情報を特定したり罵詈雑言を投げつけるネット怖くないですか。 加害者には何をやってもいいというメンタリティが恐ろしい。 木村花さんを追い込んだ構造だと気づいてないことが恐ろしい。 — 青緑 aomldol どうかこの件をきっかけにSNS訴訟等出演者を守る体制を作って頂きたいです。 世界的にもSNSでの誹謗中傷は問題ですし、Netflixさんで感想と誹謗中傷の違いや訴訟対象の基準を定めてSNS訴訟のハードルを低くして欲しいです。 SNSは簡単に発信できるツールだからこそ 自分も含めもう一度自分のツイートが誰かを傷つけないでないか考えないといけないと思います。 果たして、犯人を特定することはこの「3年A組」の名言に反していないでしょうか。

次の

誹謗中傷で困っている!アカウントを特定する方法と加害者が負う責任とは?

誹謗中傷 アカウント 特定

提供 思いがけない一言で人を傷つけることも(写真/gettyimages) フジテレビで放送され、Netflixでも世界配信されている恋愛リアリティショー「テラスハウス」に出演中の女子プロレスラー・木村花さん(享年22)が5月23日に亡くなった。 放送直後から木村さんのSNSに対する誹謗中傷が急増、1日100件近くもの匿名の書き込みがあったという。 こうしたことから、SNS上での匿名による誹謗中傷が木村さんを死に追い詰めたとして、大きな議論が巻き起こっている。 匿名で気軽に投稿し、見知らぬ相手や有名人にも直接コメントを返信できるSNS。 思いがけない出会いに恵まれたり、充実したやりとりができたりする一方で、横行する匿名の誹謗中傷については以前から問題視されていた。 自分は匿名であり、相手にバレることはないという慢心によるものかもしれないが、本当にそうだろうか? 最近では被害者が投稿者への法的責任を追及する場合も少なくない。 たとえば、昨年8月に茨城県守谷市の常磐自動車道で男性会社員があおり運転を受けた後に殴られた事件。 これに関連して、「逮捕された男の車に同乗し、暴行の様子をガラケーで撮影していた女だ」というデマ情報をインターネット上で流された都内在住の会社経営の女性がいた。 女性は弁護士とともに、デマ情報を公表した人や、真偽を確かめることなく拡散した人、「まとめサイト」運営者などの発信者の情報開示をツイッター社などに求め、特定できれば損害賠償を求める訴えや、名誉毀損罪などの刑事告訴に踏み切る方針を表明した。 書き込む側は軽い気持ちで投稿しているのかもしれないが、被害者にとっては耐え難い苦痛だ。 木村花さんの一件でも、一連の報道を受けてアカウントや誹謗中傷ツイートを次々と削除しているそうだが、削除して済む話ではない。 被害者が泣き寝入りしないための第一歩としてできるのは、匿名の加害者を特定することだ。 その手段が「発信者情報開示請求」。 これは、プロバイダ責任制限法で規定されている方法で、ネット上での誹謗中傷による名誉毀損やプライバシーの侵害が発生した場合、プロバイダに対して投稿者の情報(氏名、住所、メールアドレスなど)の開示を請求できる権利だ。 IPアドレスはネットワーク上にある通信機器を識別するための番号で、ネット上の住所のようなもの。 ただし、IPアドレスだけでは、書き込んだ人物の特定はできないため、IPアドレスをもとに投稿者が利用しているプロバイダを割り出し、契約者情報の開示を求めることになる。 その手順について、みずほ中央法律事務所の代表弁護士・三平聡史さんにアドバイスしてもらった。 申立に当たってまず必要なのは、自分が誹謗中傷されている書き込みの証拠だ。 ネット上で見つけ次第、片っ端からスクリーンショットをとって保存していく。 「書き込みや投稿は、その人のプライバシーを侵害する表現や名誉を毀損する表現がなされていることが前提です。 いずれにしても証拠は基本的にスクリーンショットとなります。 特定が不十分にならないためにも、スクリーンショットをとった(表示されていた)日時やURLも印刷されていた方がいいでしょう」(三平弁護士) 誹謗中傷の書き込みがあまりにも多い場合はどうすればいいのだろうか? 「SNSや掲示板などのコンテンツプロバイダの運用上、書き込みがあった時に投稿者のIPアドレスを記録することになっていますが、3カ月程度でIPアドレスの記録を消去していることが多いです。 そのため、書き込みを見つけ次第、なるべく早く、1カ月程度のうちに発信者情報開示請求手続を行う方がいいでしょう。 あまり古い書き込みだと『IPアドレスの記録がない(消去済み)』ということで特定できなくなる可能性が高まります。 ですから、新しい書き込み(1カ月程度から最大でも3カ月程度)を証拠にすることが求められます」(三平弁護士) どんなに悪質な内容であっても、時間が経てばIPアドレスという唯一の手がかりをたどれなくなってしまうため、迅速な行動が必要だ。 また、投稿やアカウントがあとになって削除されても、投稿の証拠が残っていれば発信者情報開示請求を行って追跡することができる。 この請求には決まった書式があり、そこに書き込んで証拠と一緒に送ることになるのだが、「権利の侵害が明白ではない」などの理由で却下されることも少なくない。 そうなった場合、コンテンツプロバイダがIPアドレスを開示するよう、裁判所に仮処分申請を行うことになる。 開示請求自体は弁護士を通さずに一人で行うことも可能だが、仮処分申請となると弁護士なしでは少々ハードルが高いのが現状だ。 コンテンツプロバイダへの発信者情報開示請求もしくは裁判所への仮処分申請によって、投稿者のIPアドレスが判明したら、次はその情報をもとに、投稿者が投稿時に使った携帯電話会社やインターネット接続業者など(=アクセスプロバイダ)に対して、「投稿者(=契約者)の登録情報を開示してほしい」という内容の発信者情報開示請求を行うことになる。 開示請求を受けたアクセスプロバイダは、提出された証拠をもとに検討を行い、投稿者に対して、「開示請求が来ているので開示してもいいか?」と可否を問う意見照会を行う。 しかし、匿名で誹謗中傷を行った加害者が素直に「開示してもいいです」と同意する可能性は極めて低く、その前段階としてアクセスプロバイダが開示に協力的であるとは限らない。 アクセスプロバイダ側としては、加害者はサービスを利用している顧客であり、相応の証拠がない限りは、氏名や住所といった個人情報をやすやすと開示するわけにはいかないからだ。 ここでアクセスプロバイダ側から開示請求を却下されてしまうと、裁判に持ち込まざるを得なくなる。 ここまでの流れをまとめると、 (1)誹謗中傷の証拠を集め、できれば1カ月以内に行動に移す。 (2)投稿者(加害者)のIPアドレスを調べるために、誹謗中傷が書き込まれた掲示板の運営会社やツイッター社など(コンテンツプロバイダ)に、発信者情報開示請求を行う。 (3)請求が認められなかった場合、裁判所に対して投稿者(加害者)のIPアドレスの開示請求の仮処分申請を行う。 (4)投稿者(加害者)のIPアドレスが開示されたら、その情報を元に投稿者(加害者)の個人情報を調べるために、携帯電話会社やインターネット接続業者など(アクセスプロバイダ)に対して、発信者情報開示請求を行う。 (5)アクセスプロバイダから発信者情報開示請求が却下された場合、裁判で開示を求める。 (6)投稿者(加害者)の個人情報が得られたら、その相手に対して損害賠償請求を行う。 ということになる。 さらにはここまでしても加害者を特定できないこともあり得る。 加害者が自分の名前で契約しているスマートフォンなどから投稿している場合であれば、特定はまだ容易だが、加害者にインターネットなどの知識があり、IPアドレスから自分を特定できない状態にしたうえで投稿していれば追跡は困難を極めることになる。 「匿名の投稿者が、相手に意図的にばれないようにしようと思えばそれほど手間をかけなくても実行可能です。 誹謗中傷された被害者が加害者特定のために取らなくてはいけないアクションの手間と比較すると、加害行為は極めて簡単にできてしまいます。 このような非対称性が、誹謗中傷の投稿が起きやすく、防御しきれないことの要因になっているのではないでしょうか」(三平弁護士) 誹謗中傷された側は、精神的に傷つけられるのはもちろんのこと、その投稿を鵜呑みした人によって二次的な被害をもたらされたり、社会的信用を失ったり、今回の木村花さんのように追い込まれることもある。 4月末には、発信者情報開示請求の手続きに時間がかかることや投稿者が特定できない事例が増えていることなどから、総務省が見直しの検討に入っていた。 そして5月26日、木村花さんの一連の問題を受けて、高市早苗総務相がネット上の発信者の特定を容易にし、悪意のある投稿を抑止するため制度改正を検討する意向を示した。 SNSなどが普及するにつれ、インターネット上の人権侵害は年々増加傾向にある。 新型コロナウイルスの感染拡大で感染した人などへの中傷や、今回の木村花さんの事件によって社会的な関心が高まり、制度改正への動きは被害をなくす第一歩であることには違いはない。 しかし、もとをただせば匿名で根拠なき誹謗中傷したり、一方的な正義感を振り回して悪質な投稿を行ったりする人々こそ責任を負うべきだろう。 ここで解説したように、かなりの労力や費用はかかるものの、発信者情報開示請求によって匿名加害者の追跡は可能であり、今後、総務省を中心とした見直しが進めば、裁判による責任追及へのハードルが低くなる見通しもある。 「匿名だからバレない」「軽い気持ちでやった」という言い訳は決して通用しないのだ。 (吉川明子).

次の