マスク かぶれ。 マスクで耳がかぶれないためのおすすめの方法4選を紹介!

不織布マスクでかぶれたので、ガーゼマスクと敏感肌コスメに変えてみた話

マスク かぶれ

スポンサーリンク マスクにかぶれてぶつぶつができた! 花粉症の時期やインフルエンザが流行る時期などはマスクを長時間使用しますよね。 そんな時、何か肌に違和感があるな・・とマスクを取ったら、顔がブツブツとかぶれていてビックリした!という人が意外といるんです。 肌荒れしたこともショックですし、もうマスクが使えないの?とそちらも気になりますよね・・・。 まずはどうしてかぶれちゃったのか、という原因から確認しましょう。 マスクによる肌荒れの原因は? マスクを使うことによって顔にぶつぶつが出来たり、赤く腫れあがったり…という場合の原因はいくつかあります。 マスクは肌を摩擦する! マスクを付けた時、マスクと肌に接触している部分は常に摩擦された状態になります。 というのも、私たちが喋ったり瞬きしたり顔を動かすたびに顔の筋肉は動き、表面の肌も一緒に動きます。 その時にマスクと接している部分の肌がこすれちゃうんですね。 マスクは柔らかい素材なので通常は大丈夫なのですが、肌の弱い人や、いつもよりも肌が乾燥していて刺激に弱い状態の時などは、摩擦による刺激で肌荒れが生じてしまいます。 マスクは蒸れる! マスクをすると自分の吐く息でマスク内は潤った状態になります。 空気が乾燥している時期などはそれで喉を守れるとも言われていますね。 また、乾燥から肌を守ってもらえるという説もあります。 けれども蒸れているということは湿度が高いということ。 つまり雑菌が繁殖しやすい状態でもあるのです。 にきびがある場合、マスクをしているとニキビが悪化するという場合もあるようで、これはマスク内の湿度が関係していると言われています。 一概には言えませんが、その湿度の高さが肌に悪影響を与えている可能性もあります。 また、マスク内の湿度が高くなるということは、肌が湿った状態になっているということですよね。 そうなると肌を保護してくれている潤い成分が流れ落ちてしまっている可能性があります。 つまり肌がとても無防備な状態になっているということ。 その状態に摩擦が加わり肌荒れが起こる・・ということも考えられます。 マスクの素材が合わない マスクにはいろいろ種類がありますが、肌がかぶれたという場合、多くの人は不繊布のマスクを使っていることが多いです。 不織布(ふしょくふ)とは繊維を機械的な方法や化学的な作用、または熱などによって絡ませたり接着したりしたものを指します。 普通の布よりも毛羽立ちがあるので、人によっては刺激を感じマスクの場合には顔がかぶれることに繋がります。 不織布が合わないかも、と思った場合にはまずは昔ながらのガーゼのマスクに替えてみましょう。 それで改善しなければ、先に述べた「摩擦」「蒸れ」が原因となっている可能性があります。 スポンサーリンク マスク素材のアレルギーの可能性は? マスクをして肌が荒れた場合、マスクの素材によるアレルギーではないかと考えますよね。 その可能性は十分にありますが、そのマスクの何に反応しているかを調べるのは思った以上に大変です。 マスク繊維の素材に反応している場合もありますし、繊維に付着させている抗菌剤に反応している場合もあります。 いくつかのマスクを試してみるのが一番ですが、むやみやたらに試すのも大変です。 敏感肌の人が使う メジャーリーガーマスク M-101というマスクがありますので、それを試して様子をみるのもいいかもしれません。 マスクによる肌荒れを治す方法は? マスクが原因と思われる肌荒れになってしまった場合、それを治すためにはまずはその原因となっている マスクを使わないことが一番です。 どうしてもマスクを使用しなければならない時には、 ・違うメーカーのマスク ・違う素材のマスク を試してみましょう。 そしてマスク内が 湿ってきたと思ったら交換しましょう。 マスクをする必要がない時にはできるだけマスクをとり、外気に肌をさらすのも大事です。 そして肌の 保湿を常に心がけるようにしましょう。 ただし香料などの刺激物が沢山入った保湿用化粧品ではなく、 赤ちゃんの肌の保湿に使われているようなスキンケア用品を選ぶほうが安心です。 マスク内の湿度は高くなっていますが、皮膚自体の水分は逃げていっている状態になっている場合がありますので、ローションやクリームなどで保湿をしっかりとしてあげてください。 もし薬を使いたい場合には、自己判断せず皮膚科で診てもらい処方されたものを使いましょうね。

次の

マスクで耳がかぶれないためのおすすめの方法4選を紹介!

マスク かぶれ

マスクかぶれの原因は蒸れ・摩擦・接触 肌には本来、細菌やウイルス、紫外線や化学薬品から私たちの身体を守るバリア機能が備わっています。 しかしこのバリア機能は、マスクによる蒸れや摩擦によってダメージを受けてしまいます。 これに加えて、蒸れは肌本来の保湿成分を減少させるため、マスクを外したときに肌が乾燥してバリア機能がさらに低下します。 また、摩擦はそれ自体が皮膚への刺激となることから、これらが相乗効果を起こして、肌トラブルが一層起こりやすくなります。 これとは別に、 マスクと肌が接触してかぶれることがあります。 その場合、マスクの素材にアレルギー反応を起こしていることが考えられます。 このように、マスクかぶれなどの肌トラブル対策には、蒸れ、摩擦、接触を避けることが重要です。 ここからは、具体的な4つ対策についてご紹介します。 その後しっかりと保湿を行って、 蒸れによって失われた保湿成分を補ってからマスクを着けるようにしましょう。 一方、触れる面積を少なくしようと小さすぎるマスクを使うと、肌とマスクの間に隙間が生じて、マスクが本来の効果を発揮できませんので注意しましょう。 また、摩擦対策にも保湿は有効です。 クリームなどで肌の上に膜を作ることで、摩擦を軽減することができます。 一つは肌に水分を与える「モイスチャライザー効果」。 蒸れて失った保湿成分を補います。 保湿成分として、セラミドや尿素、ヘパリン類似物質などが入ったものを選びましょう。 もう一つが、 肌の上に膜を作って水分の蒸発を防ぐ「エモリエント効果」。 摩擦対策としても重要です。 クリーム状の保湿剤が最適ですが、もし2種類以上の保湿剤を使う場合には、エモリエント効果の高いクリームを最後に使うようにしましょう。 かぶれない素材でできたマスクを選ぶことが大切ですが、なかなか手に入らないときには、 マスクの間にカーゼを挟むなどして、肌とマスクが直接触れないようにするとよいでしょう。 ***** マスクかぶれが悪化した場合は治療が必要です。 肌トラブルを起こしたところが赤くなっている、腫れている、熱を持っている、痛みがある場合は炎症が起きていることがあるので、一度皮膚科を受診しましょう。 英数字•

次の

マスクで耳がかぶれないためのおすすめの方法4選を紹介!

マスク かぶれ

多くの人が日常的に使うようになっている マスク。 風邪をひいた時だけではなくアレルギーの予防や乾燥予防など様々な理由で一年中着けている人も増えてきています。 ところが、このマスクで かぶれるの原因となる場合があるため、マスク選びには注意が必要です。 「マスクを着けるようになってからかぶれるようになった…もしかしたらマスクが合っていないのかな?」とお悩みではないでしょうか? マスクを外すことができれば、かぶれることも防げるのに・・・と思いますが、風邪や花粉症の時期にはマスクは必需品!マスクをつけずに過ごすということにはならないですよね。 マスクでかぶれるのは、 自分に合わないマスクをしているからかもしれません。 その原因を解消できれば、かぶれをなくす、もしくは症状を軽減できることが!かぶれないマスクの選び方についてもご紹介しますので、日常的に使用する方はぜひ注目してみてください。 マスクでかぶれる2つの原因とかぶれの対策についてみていきましょう。 スポンサードリンク 目次• マスクは素材によってガーゼマスクと不織布マスクに分類されます。 かぶれを起こす原因となるのが 不織布マスクです。 不織布マスクとは、機械的・化学的な方法で繊維を絡ませたり接着したりしたもののことです。 安価なマスクにはこのタイプのものが多いのですが、人によってはかぶれてしまうことがあります。 顔に合っていないタイプを着けていると、マスクの輪郭の部分が口の回りや頬に当たるため、こすれが生じてかぶれる原因となります。 また、ゴムひも部分に関しても、耳にこすれやすく、耳が熱をもって広範囲が痛むことさえあります。 それではかぶれの原因がわかったところで、かぶれにくいタイプのマスク選びができたらいいですよね。 次にかぶれ対策におすすめのマスクをご紹介します。 それぞれおすすめの商品をご紹介していきます。 不織布より単価が高いですが、毎日洗って取り替えて使えば経済的です。 ・シャットフィット立体ガーゼマスク 手頃な価格で肌触りが良いガーゼマスクを探している方にオススメです。 5層構成になっており、ウイルスや花粉からのガード力が高いです。 4個セットなので、洗い替えのローテーションに便利です。 しっかりした生地なので、洗って繰り返し使える丈夫なタイプです。 何枚もいらないから、高品質のマスクがほしいという方にオススメです。 ・医療用サージカルマスク メジャーリーガー ISO規格に基づく皮膚刺激性テストで刺激性ゼロの結果を出しているマスクです。 毛羽立たないため長時間着けていても快適です。 枚数が多く、価格がお手頃のマスクを探している方にオススメです。 ・コーワぴったりしっとり快適マスク 3層構造で、内側の顔に触れる面は綿ガーゼになっています。 この価格帯で内側がガーゼでのマスクはなかなかなかなかありません。 肌荒れが軽減でき、適度な湿度も保たれて快適な使用感です。 <摩擦でかぶれる人の対策> 【対策:ゴム紐がないタイプを選ぶ】 ゴム紐が耳に当たりかぶれてしまうという人はゴム紐がないタイプのマスクがおすすめです。 ・ビーエヌひもなしマスク 頬にテープで直接貼るタイプのマスクであり、何時間貼っても何度も脱着が可能な強い粘着力があります。 テープには医療用のシリコン接着剤を使用しており、安心安全です。 テープ跡が気に残らないのが嬉しいところです。 また、面白くて便利な商品も発見しました。 ・くびにかけるくん マスクのゴム紐を耳にかけないため、耳が痛くなりません。 マスクのゴム紐の摩擦で耳が痛くなる人には、特にオススメです。 安価なのがオススメですが、人によってはかぶれてしまうことがあります。 そういう場合は、ガーゼマスクを使用するのが良いでしょう。 摩擦に関しては、マスクが顔にあたってこすれた部分がかぶれを起こしてしまうことがあります。 このタイプでかぶれる場合は、ゴム紐がないマスクや先にご紹介をしたゴム紐を耳にかけなくするアイテム「くびにかけるくん」を選ぶと良いでしょう。 「マスクは安いほうが経済的にお得だよ」と思われる方も、素材の違いがあるとなれば、一度使ってみたいと思いませんか? マスクによるかぶれを起こさないよう、マスクは確実なものを選ぶようにしましょう!.

次の