ライン グループ 通話 やり方。 LINEグループ通話(無料)のやり方【iPhone/Android/PC】

ライングループ通話とは?人数制限・招待・音が聞こえない・できない原因など複数で音声・ビデオ通話のやり方【LINE】

ライン グループ 通話 やり方

かかってきた通話に出る 1.グループメンバーの誰かが通話を開始すると、参加者全員に通知が飛びます。 トークタブの通知• スマートフォンの通知 2.通知からトークルームを開き、[参加]をタップすると通話に参加できます。 パソコンの画面を共有する パソコン版のLINEアプリ限定で、パソコン画面が共有できる機能を提供しています。 0 バージョン以上でご利用いただけます。 1.パソコン版LINEよりグループのトーク画面を開き、ピデオ通話を開始します。 2.画面左下のマークをクリック。 3.シェアしたい画面を選択し、[シェア]をクリック。 4.自分のパソコン画面が共有されました。 画面シェアを終了する場合は、配信者の画面右下から[停止]をクリックして終了します。 【ポイント】背景を隠したい時には「背景ぼかし」機能 ビデオ通話時に背景を映したくない時は、「背景ぼかし」機能を使って人物以外の背景をぼかすことができます。 UPDATE 2020.

次の

LINEグループ通話(無料)のやり方【iPhone/Android/PC】

ライン グループ 通話 やり方

LINEのグループ通話は無料で200人まで可能 グループ通話機能では、 LINEのグループトークまたは複数人トーク上で無料の音声・ビデオ通話ができる機能です。 参加できる人数が最大200人にも上る点が大きな特徴で、ビデオ通話の画面では自分を含めて最大4人の顔が映し出されます。 iOSおよびAndroid版LINEアプリに加えて、PC(パソコン)版LINEにも対応しているため、複数人で通話をしながら別の作業を並行することもできます。 LINEのグループや複数人トークの作り方は、下記記事を参照してください。 LINEでグループ通話をはじめる方法(通知が届く) LINEのグループトークもしくは複数人のトークルームを開き、電話ボタンをタップしてください。 次の画面で、[音声通話]または[ビデオ通話]をタップします。 そのトークルームに参加している全メンバーに対して、「グループ音声通話が開始されました。 」という通知がなされます。 この通知メッセージには既読の表示が付きません。 そのため、グループ通話が開始されたのがわかっているのに応答しない、拒否しているというようなことを招待者に知られる心配はなく、気兼ねなく通話に参加またはスルーすることができます。 通話に入りたい時には、参加の可否を確認するポップで[OK]をタップします。 LINEグループ通話中の操作方法(招待や切り方) 通話中の招待や終了方法など、LINEのグループ通話で特徴的な操作について紹介します。 通話画面の見方と基本機能 左:音声通話の画面 右:ビデオ通話の画面 音声通話の場合は、グループメンバー全員(通話への参加を呼びかけたユーザー)のアイコンが、ビデオ通話の場合はそれぞれの顔が画面上に表れます。 発言中のメンバーのアイコン上にはマークが表示されるため、誰が発言しているのかが視覚的にわかります。 また、画面下部のマイクボタンを押すとマイクオフに、右下のスピーカーボタンを押すとハンズフリーモードになります。 まだグループ通話に参加していないメンバーに個別で招待通知する方法 LINEのグループ通話画面上に未参加メンバーがいる場合、最初のグループ通話開始の通知に気が付いていない可能性もあります。 まだ通話に参加していないメンバーに対して個別に招待通知を送りたい場合、画面上部にある人型に矢印の付いたボタンをタップします。 未参加メンバーと参加中のメンバーがひと目で分かります。 未参加メンバーの名前横にある[招待]タブをタップします。 すると、そのメンバーとの1対1トークの画面に招待通知が送られます(ただし、招待した側のトーク画面には反映されず、招待された側だけがメッセージを確認できます)。 右上は招待された側のトークリスト画面ですが、グループトークとは別のところで個別に招待が送られています。 この招待に関しても、招待者のトークに既読が付くことはありません。 LINEグループ通話を終了する方法 グループ通話からは、通話画面の赤い終話ボタンを押せば離脱できます。 参加しているメンバー全員が通話を止めた時点で、グループ通話が完全に終了してグループトークにも表示が付きます。 PC版LINEでグループ通話をはじめる方法 PC(パソコン)版LINEにも、グループ通話の機能が実装されています。 グループ通話のはじめ方は簡単です。 グループ通話画面の構成や操作については、スマホ版LINEとほぼ同一です。 画面中央に、今話しているメンバーの名前が表示されます。 PC版LINEにおける通話について詳しくは、下記記事を参照してください。

次の

ライングループ通話とは?人数制限・招待・音が聞こえない・できない原因など複数で音声・ビデオ通話のやり方【LINE】

ライン グループ 通話 やり方

a)発言者の明確化 b)グループ通話をバックグラウンドで稼働 c)グループメンバーへの再通知 a)発言者の明確化 誰が発言しているかを明確にするため、アイコン及び名前が表示されます。 赤枠のようにボリュームアイコンと名前が表示されて誰が発言しているか視覚的に分かりやすくなっています。 b)グループ通話をバックグラウンドで稼働 グループ通話をしながら、スマホの操作を行うことができます。 グループ通話画面左上の赤枠のボタンやホームボタンをタップすることで、グループ通話を継続しながらスマホを操作することができます。 c)グループメンバーへの再通知 グループ内のメンバーで通話に参加してこない人に対して通知を送ることができます。 グループ通話画面右上の人マークから通知を送りたい人の[招待]をタップします。 グループ通話できないときの対処法 グループ通話ができないときには次の事項を確認してみましょう。 1)通話中の音量の確認 2)相手側のミュートの確認 3)通信環境の確認 4)Bluetoothの確認 5)LINEのバージョンの確認 6)スマホ端末のマイク許可設定の確認 7)相互に友だち追加しているか確認 8)無料通話に対応していない端末 9)その他 1)通話中の音量の確認 通話中の音量が小さくなっているため聞こえにくくなっている可能性があります。 スマホ端末自体の音量を上げたり、下げたりして確認してみましょう。 2)相手側のミュートの確認 相手側でミュートになっていると、相手側の音が一切聞こえません。 赤枠のマークが緑色になっているとミュート状態で、相手側に音が聞こえなくなります。 相手側でミュートになっていないかメッセージを送って確認してみましょう。 3)通信環境の確認 LINEの無料通話はインターネット回線を利用しているため、ネット回線が不安定だと電話ができないことがあります。 ネット回線の状況を確認してみましょう。 4)Bluetoothの確認 BluetoothがオンになっているとWi-Fiなどの回線と干渉しあって通話ができないことがあります。 スマホ端末でBluetoothの設定がオンになっていないか確認してみましょう。 オンの場合は、一度オフに切り替えて再度試してみましょう。 5)LINEのバージョンの確認 自分または相手側のLINEアプリのバージョンが古い場合には通話できないことがあります。 最新のバージョンになっているか確認し、古い場合にはバージョンアップしてみましょう。 6)スマホ端末のマイク許可設定の確認 iPhone端末の場合、スマホ端末の設定でLINEアプリのマイクがオフになっていても、通話しようとすると「マイクへのアクセスを許可してください。 7)相互に友だち追加しているか確認 通話をする場合には一方のみ友だち追加してるだけではダメで、相互に友だち追加する必要があります。 相手側には通話があった旨のメッセージが行くので直接の原因にはなりませんが…… 相手側に次のようなメッセージが届きます。 8)無料通話に対応していない端末 相手がフィーチャーフォン(ガラケー)端末の場合、LINEアプリの無料通話に対応していないため通話はできません。 9)その他 上記内容以外で通話できない場合、スマホ端末を再起動してください。 それでもうまくいかないようであれば、時間をおいてから再度チャレンジしてみるといいかもしれません。 あと、通話しているときにイヤホンにしてみたり、スピーカーモードにすると通話自体はできるということもあるので念のため試してみてください。 おわりに 以上、LINEのグループ通話のやり方や通話できないときの対処法についてでした。

次の