朝 すっきり 起きる 方法。 素晴らしい朝の目覚めを手に入れる・7つの快適、早起き術!

スッキリ朝を迎えたい!目覚めがよくなる簡単な方法とは

朝 すっきり 起きる 方法

Sponsored Links 6時間30分の睡眠で朝、スッキリに! 睡眠には、 レム睡眠と ノンレム睡眠の2種類の睡眠が交互に繰り返していきます。 レム睡眠とは、浅い睡眠で「体の眠り」とも言われていて脳が完全に眠っていない状態のことをいいます。 また、このレム睡眠の時に人間は夢を見ると言います。 そして、ノンレム睡眠とは脳が完全に眠っている状態のことをいいます。 ノンレム睡眠の時は完全に脳が寝てしまっている状態なので、その時間に目覚ましをかけても目覚ましに気が付かなかったり、朝、起きてもスッキリとしなくて、また寝てしまうことになってしまいます。 ですので、朝、起きれるようにするためには、 レム睡眠の状態の浅い睡眠の時に目覚ましをかけて起きる方法が一番効果的です。 では、その浅い睡眠のレム睡眠は寝て何時間後にくるのか、 レム睡眠が一番最初にくるのが寝てから2時間後、そのあと後は1時間半を周期に浅くて起きやすいレム睡眠がやってきます。 例えば、24時に寝たとしたらレム睡眠が来る時間は、2時、3時30分、5時、6時半、8時となります。 また、目覚ましをセットする時間は、4回目のレム睡眠の時間、例だと 6時半にセットするのが一番いい時間です。 記憶の定着や健康を考えて最低で6時間以上の睡眠をとるようしましょう。 忙しくてそんな時間がないという人やたくさん寝たいからといって仕事ギリギリに起きる人も、レム睡眠の周期に合った時間に朝、起きれるように目覚ましの時間をセットしてください。 寝る前にしてはいけないこと 次に朝、スッキリと気持ちよく起きるために寝る前にやってはいけないことをいくつか紹介します。 できるかぎりやらないようにして、朝気持ちよくスッキリと起きれるようになりましょう。 運動はしない 寝る前に運動をしたら、疲れてぐっすりと眠れて朝起きれそうですが、寝る前だけは運動はしてはいけません。 ストレッチなどの軽い運動はいいのですが、筋トレやジョギングなどの激しい運動をしてしまうと、体内の温度が上がってしまい、なかなか体温が下がらないため、 「メルトニン」という睡眠ホルモンが分泌されず、なかなか眠ることができなくなります。 ですので、寝る前の運動は極力さけて寝る前の3時間以上前に、 筋トレやジョキングをすませるようにしましょう。 テレビ、スマホ、パソコンなどは使用しまい テレビ、スマホ、パソコンはブルーライトという光を出しているのですが、この光が視神経を刺激してしまい、せっかく眠くなっていたのに、目を覚めてしまい寝つきが悪くなります。 寝るのが遅くなってしまうとノンレム睡眠の時に起きることになってしまったり、睡眠不足になって起きれなくなるので、できるだけ 寝る前の1時間は避け、雑誌や漫画、読書などをして目に刺激を与えないようにしましょう。 寝る前の食事 寝る前に食事をしてしまうと、胃の消化活動が寝る前に活発になってしまい、体がなかなか寝ることができません。 ですので、朝起きるためにも寝る3時間前はできるだけ食べないようして、どうしても仕事で夜が遅くなってしまう場合は 消化がいいものを食べるようにしましょう。 カフェインをとらない みなさんも知っていると思いますが、カフェインを飲んでしまうと脳が活性化してしまい寝つきが悪くなってしまいます。 寝る前にコーヒーを飲んでしまうとコーヒーには、カフェインが含まれていて寝れなくなってしまうので飲まないようにしまよう。 また、コーヒー以外にもお茶や紅茶など、 意外とカフェインが含まれている飲み物はあるので、寝る前は水を飲むことをおすすめします。 Sponsored Links 朝起きることができるようになる簡単な方法 次は朝起きれるようになるために簡単にできる方法をたくさん紹介します。 家で手軽に出来るのでぜひ、やってみてください。 テレビの予約視聴にして、消して寝ても勝手に電源がついて音と光で起こしてもらう• カーテンを開けたまま寝て朝、 日の光で人間の脳が起きる• スリープトラッカーというスッキリ起れる時間にアラームを鳴らしてくれる時計を使う• タイマーで電気ストーブをつけて、体温を上げて目覚める• 朝、太陽の光をしっかりと全身で浴びて体内時計をリセットする• 入浴後30分以内に寝る• 脳は同じ音だと慣れてしまうので目覚まし時計を変える 最後に 今まで朝、起きれる方法を色々とご紹介してきました。 ぜひ、一度だけでもやってみて自分にあった方法を探してみてください。 また、色々とやってみたのに改善しなかったら一度お医者さんに聞いてみてください。 睡眠リズムが崩れていて起こる睡眠障害というのもあるので、一度神経科に行って見てもらうことをおすすめします。 これからは、朝からスッキリとしたいい一日を過ごせるようになりましょう。

次の

朝なかなか起きれない人へ。朝からスッキリと目覚める方法はこちら!|徒然なるままに

朝 すっきり 起きる 方法

二度寝をすることでエネルギーは無くなっていく 2度寝ってなぜか気持ちイイので、ついつい「あと5分だけ…」と寝入ってしまいますよね? 特に寒い冬は、温かい布団の中にいつまでも居たいと思います。 しかし、人間は『選択をするとき』にエネルギーを使ってしまうので、実は「起きるor二度寝する」の選択肢を決定することで疲れてしまうのです。 つまり2度寝に限らず、3度寝、4度寝する人はその選択の度に疲れていってしまうということ。 朝の2度寝でエネルギーが減ってしまえば、その日1日はエネルギーを温存するためにボーっと過ごしてしまうなんてことになってしまいます。 反対に、「よし、起きよう」と思えれば選択をすることがないので、エネルギーが減らずに1日をすっきり生活することが出来るのです。 それでは早速その「朝すっきり起きる方法」をご紹介していきます。 二度寝しない方法1. 前日に夜食はとらない 夜、眠る前に夜食をとってしまうと、消化するためにエネルギーが活発に働くためにキチンと寝たつもりでも眠りが浅くなってしまい、朝も眠気が覚めません。 夜の食事は最低でも眠る4,5時間以上前には取るようにしましょう。 二度寝しない方法2. 眠る前のスマホ、PC、テレビなどはNG 脳は、見たものを見た時間に処理するわけではありません。 少し遅れて情報処理を始めるので、眠る直前にスマホ、PC,テレビなどをみていると、その情報を眠っている間に処理しなければならなくなります。 そうすると、睡眠の質が悪くなってしまい朝スッキリと目覚められないという現象が起こります。 最低でも眠る1時間前はスマホなどに触らずにリラックスタイムを設けえるようにしましょう。 二度寝しない方法3. 起きたらすぐに目が覚める効果のアロマを嗅ぐ アロマのニオイで脳細胞を活気づけることができます。 頭脳を明晰にしてくれる効果のあるアロマ精油ぶは『ローズマリー』『レモングラス』のブレンドが良いでしょう 起きたらすぐにニオイを嗅ぐようにしたり、スプレーしたりしてみましょう。 アロマを嗅ぐときは、安眠効果やリラックス効果化のあるものは逆効果になるので注意してくださいね。 二度寝しない方法5. 交感神経を刺激する 交感神経を刺激すると体が活性化するので、眠気を追い払うことが出来ます。 交感神経を刺激するには、温かいシャワーを浴びたり、ストレッチしたりすると良いでしょう。 毎日習慣づけてくださいね。 二度寝しない方法6. 誰かと話す 誰かと話すことで脳内をより鮮明にすることができます。 特に好意をもっている異性や怖い先輩などは効果的です。 話す相手がお母さんなど慣れた相手だとあまり効果がありませんので、そんな場合は大事な話や今日1日の予定など、記憶をたどったり緊張感のある話をすれば効果があります。 二度寝をしないで起きる方法〜終わりに〜 朝すっきり起きるためには、前日から気を付けなければいけないこともあります。 しかし何より大切なのは起きる気持ちです。 「もしかしたら起きれないかも」「寝坊する気がする」という方に心が傾いてしまうと高確率で二度寝してしまうので、「必ず起きるぞ」という気持ちを持ってくださいね。

次の

朝早くスッキリ起きる方法9選!寒くて起きられない冬の目覚まし術

朝 すっきり 起きる 方法

朝起きられないのはスマホが原因かも?朝スッキリ起きる方法を眠りの専門家に聞いてみた 【目次】• 朝起きられない原因は寝る前のスマホと生活リズムの乱れ -この時期は布団から出られないという人が多いですが、朝起きられない原因は何なのでしょうか? 白川先生 原因はいろいろありますが、まず1つ目は、大学生のみなさんだと特に影響が出やすいのが 寝る前のスマホです。 就寝時間の30分前からスマホを見るとブルーライトが網膜を通して眠気を誘発するホルモンであるメラトニンを抑制してしまいます。 特に10代や20代前半など年齢が若いほどメラトニン抑制が強くなるので、寝る前のスマホは厳禁です。 -うすうす分かってはいましたが、やっぱり寝る前のスマホは睡眠に悪影響なのですね。 若いほど影響が大きいなんて驚きです。 白川先生 そして若い人ほど睡眠時間が足りていないのが2つ目の原因。 18歳以上の適切な睡眠時間は7~9時間です。 忙しい毎日で、なかなか睡眠時間がとれないとしても 最低でも6時間は確保してほしいところ。 5時間以下になると、起きても頭が働かなかったり、疲労も回復せず疲れを感じやすくなります。 -9時間確保はなかなか難しいですが、6時間だったらなんとかいけそうです! やっぱり就寝時間も大切ですか? 白川先生 もちろんです。 就寝時間が後ろにズレ、体のリズムが後退してていると朝に起きられなくなります。 これが3つ目の原因です。 -ズレ!? どうすれば自分の睡眠時間がズレているのかがわかるのでしょうか? 白川先生 ズレを確認するには 就寝時間と起床時間の中間時間をチェックしましょう。 中間時間は体の中の体温である深部体温が一番低いとき。 この時間が適切で規則的であれば体のリズムが社会生活に適合していると言えます。 例えば、夜12時に寝て6時に起きれば中間時間は3時のため、朝には深部体温が上がっていて起きやすいのです。 深部体温が低い状態だと起きにくいのです。 ところが夜中の3時に寝て9時に起きると中間時間は6時ですでに朝。 つまり体のリズムがより後ろにズレていることがわかります。 中間時間が夜中になるよう睡眠リズムを調整することが大切です。 -私は大体いつも夜中の1時に寝て8時に起きているので、中間時間は朝の4~5時なのでズレています! 白川先生 睡眠時間は確保されていますが、睡眠リズムがズレているとスッキリは起きられない可能性があります。 まずはリズムを整えるようにしてください。 スッキリ起きるには音と振動つきの目覚ましが最適 -原因はわかりました! ですが、この原因をすぐに改善するのはなかなか難しいですよね。 白川先生 そうでしょうね。 いつも夜中の2時に寝ている人が12時前に寝ることを習慣化するには時間がかかるでしょう。 -ぜひ、お願いします!! まず、オススメの目覚ましがあれば教えてほしいです。 白川先生 起きられないからといって大音量の目覚ましを使っていると反対にスッキリ起きるのを妨げてしまいます。 朝は脳が睡眠モードから覚醒モードに動いている途中のため、そこで大きな音を立てると気持ち良く起きられません。 スッキリ起きるには 小さな音から徐々にボリュームがあがるタイプの目覚ましが理想。 ボリュームの調節ができないようなら小さな音と少し大きな音の2台を時間差でかけるのがいいでしょう。 -起きられない人ほど大音量の目覚ましを使っている気がします! まさか逆効果だったとは…。 白川先生 最近だとスマホを目覚ましに利用している人も多いと思いますが、オススメは体動を感知して眠りが浅いタイミングで起こしてくれる目覚ましアプリ。 体が動いて覚醒し始めの浅い睡眠のときに起きれば目覚めがよく二度寝をする心配もありません。 -体の状態に合わせて起こしてくれるものが良いのですね。 よく聞くのは太陽の光を浴びて起きれば自然に目が覚めると聞きますが…。 白川先生 この時期、早朝だとまだ日光が出ていないですよ。 外光に頼ると冬の時期は朝でも暗いし、天気が悪い日は太陽が出ていないこともあります。 そもそも布団から出られないとカーテンを開けることすらできません。 それよりも、照明で調光するのが確実です。 朝は眠気を誘うメラトニンというホルモンの分泌を抑えなければいけません。 分泌は明るい光により抑えられるので 起床時間の30分ぐらい前からタイマーで部屋の照明を明るくしておくと覚醒しやすくなります。 備え付けの照明がタイマー式でない場合は光で起こしてくれる機能のある目覚ましを購入してはどうでしょうか。 -ライトつき目覚ましなら簡単に調光がしやすそうです。 他にも冬の時期に布団からすぐ出られるコツはありますか? 白川先生 冬は寒いので余計、布団から出られないですよね。 起きた後に頭を覚醒させる3つのポイント -起きたものの眠気が強くてだるかったり、二度寝に突入してしまうのを防ぐ、シャキッと覚醒へ導くテクニックがあれば知りたいです。 白川先生 一番大切なのは 朝食をよく噛んで摂ることです。 食事をすると体温が上がるので目覚めやすくなります。 目覚めに効くメニューは炭水化物、タンパク質、カフェイン。 炭水化物に含まれるブドウ糖が頭を働かせ、タンパク質は体温上昇に効果があります。 カフェインは覚醒効果を促進。 オススメはご飯と納豆と緑茶。 ハムチーズトーストにコーヒーでもいいですね。 噛むことで感覚刺激が脳に働き、強い覚醒刺激を得ることができるんです。 -やはり朝食は大事なんですね。 ただ、朝食をとらない習慣の大学生も多いんですよね…。 白川先生 朝食をとらない習慣の人ならガムを噛むだけでも感覚刺激が得られるので効果はありますよ。 -なるほど。 ほかにも方法はありますか? 白川先生 食後は熱いシャワーを浴びればより覚醒されます。 でも、湯船につかってはダメですよ。 体温が上がりすぎてしまい、その後のリバウンドで眠くなってしまうことがあるので。 -ただ、朝風呂派じゃないとシャワーを浴びる時間がないかも… 白川先生 シャワーを浴びる時間がなければ 軽いストレッチで体温を上げるのもいいでしょう。 寝起きにジョギングなどの激しい運動は循環器が弱いと突然死を招いてしまう恐れもあるので、少し体を動かすぐらいにとどめておいてください。 まとめ 慢性的な睡眠不足や睡眠の質が低いと心身ともにパフォーマンスが下がってしまいます。 理想は夜12時前には就寝すること。 もし、それより遅く寝ているのなら30分ずつでもいいので、少しずつ就寝時間を早めにすることを心掛けましょう。

次の