フレンチトースト 漬ける。 ふわふわジューシー!お店みたいな本格フレンチトーストを作るための科学

フレンチトーストの作り方。短い時間で作れる簡単レシピ

フレンチトースト 漬ける

スポンサーリンク フレンチトーストの作り方 一晩漬けこむときの注意点 フレンチトーストを一晩つけこむときには衛生面に注意してくださいね。 注意するのは以下の点です。 ・調理器具は衛生的なものを使う ・常温で寝かせない ・冷蔵庫で寝かせるときには密閉する容器をつかう 季節によっては、食中毒が心配なので、調理器具は衛生面に注意してくださいね。 また、一晩寝かせるレシピの場合は、常温で漬け込ます冷蔵庫にいれてください。 冷蔵庫の中でも、蓋のある密閉した容器をつかった方が安心です。 どこで雑菌がはいるかわからないので。 もし蓋をする容器がない場合は「ジップロック」や「ぽり袋」などを活用してみてくださいねー。 フレンチトースト 食パンやバゲット フランスパンなどもOkなレシピ 【材料】 スポンサーリンク カットした食パンを並べやすい深型トレーでも代用できます。 牛乳や卵があふれない程度の深さがいいですよー。 蓋がなければ、しっかりラップをかぶせてくださいね。 ・ラップや蓋をして密閉し、冷蔵庫にいれて一晩寝かせる ・朝卵をたっぷり吸ったパンを取り出す ・フライパンを弱火で熱し、マーガリンをいれる ・マーガリンが溶け出したらパンをいれる 火をすこーし強める ・焦げがついたら、ひっくり返し、弱火にして蓋をします。 蓋をすることで、効率よくしっかりと中に火が通りますよー。 さいごに フレンチトーストに使う食パンは、4枚切りのような「厚み」がある方が、卵や牛乳をすいこむので、ふわふわでトロトロになり美味しいです。 特に一晩寝かせるときには吸い込む時間も十分なので。 ただ、作り立ては美味しいのですが、ちょっと時間がたつと、ぶにょぶにょになっちゃって、味が落ちるのが難点ですねー。 さっと食べるなら4枚。 あとは固くなってしまったバゲットなども漬け込むレシピとしては、おすすめです。 実際は、6枚切りや5枚切りのパンを使う方が多いかなーという印象です。

次の

丸1日かけて、ホテルオークラ特製「フレンチトースト」を再現してみた

フレンチトースト 漬ける

フレンチトーストのイメージは、ホテルやカフェで食べる"ちょっと特別でおしゃれな朝食"といったところではないだろうか。 朝食としてもおやつとしても嬉しいフレンチトーストだが、ホットケーキやクレープのように頻繁に登場する家庭は少ない。 それはなぜだろうか? フレンチトーストを作るには、まず牛乳・卵・砂糖を混ぜてパンを浸して染み込ませる。 その後でフライパンにバターを溶かして焼く、これが一般的な作り方である。 一読すると簡単そうであり、面倒なポイントは見当たらない。 確かに作り方はシンプルで、必要な材料や工程も少ない。 しかし、フレンチトーストを作るには時間がかかるのである。 フレンチトーストは、硬くなってそのまま食べられなくなったパンを食べるために考えられたと言われている。 食パンに牛乳と卵を混ぜた液を浸してみればわかることだが、中までしっかりと染み込むまでにはかなりの時間を要する。 硬くなったパンならなおさらだ。 そのため、パンを液に浸す時間が長く一晩漬けこむフレンチトーストは作る上での難点なのである。 パンの厚さや硬さによっても異なるが、目安として4枚切りの食パンなら片面2時間ずつの計4時間も浸しておかなければならない。 そして、有名ホテルのフレンチトーストは、片面12時間ずつ計24時間で一晩浸してから焼かれているそうだ。 「フレンチトーストが食べたい!」と思ってからすぐに作り始めても4時間以上かかるようでは、出来上がったときには既に気持ちは他のものに移っているだろう。 ここからは、いろいろなフレンチトーストを紹介する。 甘くてとろけるような食感が魅力なフレンチトーストだが、チーズやハム、野菜などを使って作ると、デザートではなく朝食や昼食にピッタリなメニューとなる。 ハーブやアボカド、トマトソースなどとの相性も良いので、甘いものが苦手な人でも楽しむことができるだろう。 この場合には砂糖は入れず、塩コショウで仕上げるとフレンチトーストの美味しさアップだ。 フレンチトーストをデザートとして楽しむ時には、ジャムやヨーグルト、ホイップクリーム、メープルシロップ、ココアパウダー、フルーツなど、トッピング次第でいろいろな食べ方を楽しむことができる。 そして、パンの厚みや焼き加減によって変化する味や食感も楽しめる。 全体的にしっとりしたフレンチトーストも美味しいが、中はふわふわで外はカリカリのものも美味である。 また、「香港スタイルフレンチトースト」をご存知だろうか?これは、食パン2枚にカヤジャムというココナッツと卵で作られたジャムまたはピーナッツバターを塗って重ね、卵液を染み込ませ、たっぷりの油で揚げたものである。 "焼く"のではなく"揚げる"ため、見た目(もちろん味も)は"フレンチトースト"と聞いた時にイメージするものとは全く違う。 しかし、香港でフレンチトーストと言えば間違いなくこれなのである。

次の

冷凍パンをフレンチトーストに変身!簡単なのに美味しい人気のレシピを大公開♡

フレンチトースト 漬ける

フレンチトーストのイメージは、ホテルやカフェで食べる"ちょっと特別でおしゃれな朝食"といったところではないだろうか。 朝食としてもおやつとしても嬉しいフレンチトーストだが、ホットケーキやクレープのように頻繁に登場する家庭は少ない。 それはなぜだろうか? フレンチトーストを作るには、まず牛乳・卵・砂糖を混ぜてパンを浸して染み込ませる。 その後でフライパンにバターを溶かして焼く、これが一般的な作り方である。 一読すると簡単そうであり、面倒なポイントは見当たらない。 確かに作り方はシンプルで、必要な材料や工程も少ない。 しかし、フレンチトーストを作るには時間がかかるのである。 フレンチトーストは、硬くなってそのまま食べられなくなったパンを食べるために考えられたと言われている。 食パンに牛乳と卵を混ぜた液を浸してみればわかることだが、中までしっかりと染み込むまでにはかなりの時間を要する。 硬くなったパンならなおさらだ。 そのため、パンを液に浸す時間が長く一晩漬けこむフレンチトーストは作る上での難点なのである。 パンの厚さや硬さによっても異なるが、目安として4枚切りの食パンなら片面2時間ずつの計4時間も浸しておかなければならない。 そして、有名ホテルのフレンチトーストは、片面12時間ずつ計24時間で一晩浸してから焼かれているそうだ。 「フレンチトーストが食べたい!」と思ってからすぐに作り始めても4時間以上かかるようでは、出来上がったときには既に気持ちは他のものに移っているだろう。 ここからは、いろいろなフレンチトーストを紹介する。 甘くてとろけるような食感が魅力なフレンチトーストだが、チーズやハム、野菜などを使って作ると、デザートではなく朝食や昼食にピッタリなメニューとなる。 ハーブやアボカド、トマトソースなどとの相性も良いので、甘いものが苦手な人でも楽しむことができるだろう。 この場合には砂糖は入れず、塩コショウで仕上げるとフレンチトーストの美味しさアップだ。 フレンチトーストをデザートとして楽しむ時には、ジャムやヨーグルト、ホイップクリーム、メープルシロップ、ココアパウダー、フルーツなど、トッピング次第でいろいろな食べ方を楽しむことができる。 そして、パンの厚みや焼き加減によって変化する味や食感も楽しめる。 全体的にしっとりしたフレンチトーストも美味しいが、中はふわふわで外はカリカリのものも美味である。 また、「香港スタイルフレンチトースト」をご存知だろうか?これは、食パン2枚にカヤジャムというココナッツと卵で作られたジャムまたはピーナッツバターを塗って重ね、卵液を染み込ませ、たっぷりの油で揚げたものである。 "焼く"のではなく"揚げる"ため、見た目(もちろん味も)は"フレンチトースト"と聞いた時にイメージするものとは全く違う。 しかし、香港でフレンチトーストと言えば間違いなくこれなのである。

次の