ニーナ アレキサンダー。 ニーナの野望13

日本人が選ぶ「アニメの三大トラウマシーン」が鬱展開すぎて思い出しただけで辛くなる!【台湾人の反応】

ニーナ アレキサンダー

ニーナの野望 13 「第3子出産」 アレキサンダーと婚約したニーナ ニーナ「わたし達の将来と生まれてくる子供に乾杯!!」 アレキサンダー「乾杯!!」 ニーナ「アレク、わたし疲れちゃったわ。 家に行きましょう。 」 アレキサンダー「大丈夫かい?なんなら、おぶって行こうか?」 ニーナ「大丈夫よ。 歩けるわ。 それに人が見てるもの・・・。 」 アレキサンダー「何を言っているんだ。 僕の大切なフィアンセだし、僕の大切な子供を産む身体じゃないか。 」 --朝になって-- ニーナ「うううぅぅ・・・・来たわ・・・ううぅっ・・・。 」 アレキサンダー「そんなに暴れて、大丈夫かい?」 ニーナ「間違いないわ、この感覚。 」 ニーナ「アレク・・・陣痛が・・・うっ、うっ・・・・」 アレキサンダー「えっ?産まれちゃうの?」 ニーナ「ひっ・・・ ひっ・・・ あああぁぁ〜〜〜っ!!」 アレキサンダー「ど、どうしたらいいんだ?こんな時、男は無力だ!」 *オロオロ* アレキサンダー「落ち着け、落ち着け、自然の摂理だ。 僕まで慌ててしまったらニーナはどうなる?」 アレキサンダー「あああっ〜〜〜!!! 産まれたあああぁ〜〜!!」 生まれた子供は女の子、二人の名前から「アニータ」と名付けられた アレキサンダー「これが僕の子供か。 なんて可愛いんだろう。 そして、小さくて壊れてしまいそうだ。 」 アレキサンダー「ニーナ、よく頑張ったね。 こんな可愛い子供を産んでくれた君に感謝しているよ。 」 ニーナ「わたしも愛するアレクの子供を産めたことを神様に感謝しなくちゃね。 」 ニーナ「これでわたしも仕事に復帰できるわ。 レストランの件だけれど、明日あなたのお父さんを ここに呼ぶから、アレクも時間つくって。 」 アレキサンダー「わかった。 明日また電話してくれ。 」 --翌日-- ニーナ「そうよ、今仕事から帰ったの。 お父さんは呼んであるから、今からすぐに来て。 」 ニーナ「モティマー、お久しぶりね。 」 モティマー「ああ、お前さんにディナの家で会ったのが最後じゃったかな? まさか、うちの息子と婚約までしとったなんて驚いたわい。 」 アレキサンダー「父さんには話そうと思っていたんだよ。 」 エルザ「モティマーのおじいちゃん、いらっしゃい。 」 モティマー「こん・・・にち・・・は・・・・??」 なんじゃろう?この娘におぼえる親近感は? 孫でもないのに・・・ モティマー「それで、君たちのお願いとは何のことなのじゃ?」 アレキサンダー「僕らと一緒に来て欲しい場所があるんです。 」 --レストラン-- ニーナ「率直に言います。 このレストランを買う資金を貸していただきたいのです。 」 アレキサンダー「僕も大学を卒業したら働いて返しますから、お願いです、父さん。 」 モティマー「うむむ・・・むむ・・・。 」 モティマー「ニーナさんや、その・・・ワシの孫まで産んでもらってなんだが、 ワシも近くベスと結婚するのでな。 何かとその・・・。 」 アレキサンダー「ゴス家の相続権なら僕にだってあるはずですよ。 」 モティマー「そうじゃのう、これは相続ではなくてじゃ信用貸しということじゃのう?」 ニーナ「どうか、わたしを信用して、そこをなんとか・・・。 」 どうやら、モティマーはニーナを信用できずに資金貸しを渋っている様子だった << 続く.

次の

日本人が選ぶ「アニメの三大トラウマシーン」が鬱展開すぎて思い出しただけで辛くなる!【台湾人の反応】

ニーナ アレキサンダー

ニーナの野望 12 「女の武器」 ニーナはもうすぐ第3子を出産する 子供の父親はモティマーの息子アレキサンダーである 家の増築も終わったし、あとはこの子が無事に生まれてくるのを待つだけね。 もうすぐわたしはこの町で一番幸せな女になれるのよ。 ニーナ「アレク、久しぶりね。 急に呼び出してしまってごめんなさいね。 」 アレキサンダー「ニーナ、そのお腹?」 ニーナ「そうよ、もうすぐアレクはお父さんになるの。 」 アレキサンダー「そ、そうだったのか。 ずっと連絡もせずに僕こそごめんよ。 」 ニーナ「気にしないで。 貴方はまだ学生だし、勉強とか忙しいでしょうし・・・。 」 アレキサンダー「家も僕の子供のために広くしたんだね?本当に君に負担ばかりかけてしまって、すまない。 」 ニーナ「ああぁ〜。 アレク、貴方にこうして触れるのは本当に久しぶり。 逢いたかったわ。 」 アレキサンダー「もちろん、僕もいつでも逢いたいさ。 」 ニーナ「今日はね、貴方に見せたいものがあるのよ。 」 アレキサンダー「なんだろう?楽しみだなあ。 」 ニーナはアレキサンダーをあの店に連れ出した ニーナ「ここのレストランのオーナーがね、近く引退しちゃうの。 それでこのお店を売りに出しているの。 」 アレキサンダー「ふむ。 」 ニーナ「アレク、わたしこの店欲しい!」 アレキサンダー 「ぶっ。 」 *水を鼻から出す勢いでむせた* アレキサンダー「ニーナ、僕はまだ学生で稼ぎが無い。 買ってあげたいが今は無理だ。 」 ニーナ「分かっているわ。 けど、チャンスは今しかないのよ。 わたしも生まれてくる子供のために家を増築して貯金を使い果たしてしまったの。 」 ニーナ「このお店でやっていく自信はあるわ。 今以上に繁盛させてみせる。 これから生まれてくる貴方の子供のためにも。 」 アレキサンダー「でも、購入資金が今の僕らにはないじゃないか?」 アレキサンダー「僕が大学をやめて働こうか?」 ニーナ「それでは間に合わないわ。 」 ニーナ「この店で成功したら、必ずお金は返すわ。 だからお願い、貴方のお父さんにお願いできないかしら?」 アレキサンダー「わ、わかったよ。 」 ニーナ「ありがとう、愛してるわ。 アレク。 」 アレキサンダー「今度こそ、君の役に立ちたい。 資金は父さんに頼んでみるよ。 」 アレキサンダー「そうと決まったら、ニーナがこの店での成功を願って乾杯しようじゃないか?」 ニーナ「赤ちゃんが生まれたら、この店でシェフ復帰よ。 」 ニーナ「貴方が絶対に味方になってくれると信じてた。 これはわたしの気持ち。 」 アレキサンダー「えっ?もしかして?」 アレキサンダー「うわぁ〜っ!!やっぱり婚約指輪じゃないか!!!」 ニーナ「アレク、わたし達、結婚しましょうよ。 」 アレキサンダー「ああ、ああ、もちろんさ!」 アレキサンダー「僕が大学を卒業したら、すぐに式を挙げよう。 」 婚約を武器にしてアレキサンダーを確実に手中に収めたニーナだった 続く.

次の

ニーナの野望13

ニーナ アレキサンダー

君のような勘のいいガキは嫌いだよとは、が勘の鋭いに対してぶつけるである。 エド「この記事の概要ができたのはいつだっけ?」タッカー「2年前だね」 元は「」で登場した。 単行本2巻(第5話)でが口にした。 のを集めるため、である「命の士」を訪ねるエドとォンス。 タッは人を解する合成の研究でのを取得したが、2年前に妻にられ、の、大のと共に暮らしていた。 のに必要な研究成果として、再び合成に成功した「人を解する合成」を披露するタッに、合成の正体に感づいたエドが会話する場面である。 「タッさん。 人を理解する合成の研究が認められてとったのいつだっけ?」 「ええと…2年前だね」 「さんがいなくなったのは?」 「……2年前だね」 「もひとつ質問いいかな」 「と どこに行った?」 「……君のような勘のいいガキは嫌いだよ」 作数の胸であり、変したタッには少なからぬ衝撃を受けた。 強な印を植えつけた本は連載から10年以上経った今もの記憶に残り続けている。 変しやすく汎用性の高いであり、近年では上のやで小話やきの最後のとして用いられる機会が増加し、一時期となった。 する際は、1つと2つの質問の返答が結果的に同じになり、3つで核心に迫るものが度が高いとされる。 返答内容が同じでも、相対的か絶対的かを統一する必要がある。 用法 大体は、隠し事を見抜いてきた相手に対して不快感を露にしつつ応答したり、隠し事に関する相手の推測が当たっていることを暗に認めたりするときに用いられる。 または、質問をぶつけてきた相手に対して直接答える代わりに得体の知れない恐怖を漂わせながら返答するのにも適する。 以下に、などで用いられた用法をいくつか紹介。 用法1 親戚の集まりで「もいい歳だしいるだろ」ってになった。 は見栄をって「いる」と答えたら「名前は?」と聞かれたので咄嗟に「みくです」と返した。 するといとこののが「!!!」って叫んでて微笑ましかった。 君のような勘のいいガキは嫌いだよ• 用法2 「今年はのが何人くらい減ったんだっけ?」 「え~と、三万人だね」 「の年間者数って何人だっけ?」 「…三万人だね」 「もひとつ質問いいかな… 減ったはどこへ行った?」 「…君のような勘のいいガキは嫌いだよ」• 用法3 「さん、は何時開場だっけ?」 「え~と、からだね」 「まであと何時間?」 「約間だね」 「もう一つ質問いいかな? ここにいた人をえる…どこに行った」 「…君のような勘のいいガキは嫌いだよ」 「やりやがったな!でを錬成しやがったな!」• 用法4 「さん、イ級9番艦"ヌ"が失ったのってどの部分だっけ?」 「ええと、だね」 「同12番艦""が失ったのは?」 「艦尾だね」 「もひとつ質問いいかな このイ級" "とかいうの…どうやって建造した?」 「…君のような勘のいいガキは嫌いだよ」 エド「イラストがニコニコ静画に投稿されたのは?」タッカー「2年前だね」 エド「もひとつ質問いいかな あの商品どこで買った?」 タッカー「君のような勘のいい関連項目は嫌いだよ」• 「タッさん。 それ以上喋ったら今度はが切れる」.

次の