電車 遅延 な う。 列車運行状況

運行情報サイト更新状況

電車 遅延 な う

2018年度、東京圏主要路線の1カ月当たりの遅延日数は平均11. 7日だった(撮影:大澤誠) 1分1秒を争う朝のラッシュ時、通勤客を悩ます「電車の遅れ」。 国土交通省は2月10日、2018年度の東京圏主要鉄道路線の遅延発生状況について公表した。 国交省は2017年度から、遅延の状況を数値化するなどして公表する「見える化」の取り組みを進めており、鉄道各社が出す「遅延証明書」の発行日数に基づく遅れの状況や、要因の分析などを調査・公表している。 今回のデータによると、2018年度の東京圏主要45路線の1カ月(平日20日)当たり遅延証明書発行日数は平均11. 2日に1回以上の頻度で朝ラッシュ時の電車が遅れている計算だ。 調査対象の45路線のうち、遅延証明書の発行日数が10日を上回ったのは実に7割近い31路線。 2016年度・2017年度は29路線だったため、全体的に悪化した。 ワースト1位は千代田線 路線別に見ると、遅延の日数が最も多かったのは東京メトロ千代田線の19. 同線は2017年度の18. 4日からさらに悪化してワースト1位になった。 平日はほぼ毎日遅れが発生していることになる。 2位は中央快速線と中央・総武線各駅停車の19日、4位は小田急線の18. 8日、5位は埼京線・川越線の18. 3日だった。 前年度比で最も悪化したのは小田急線。 2017年度は14. 8日で45路線中13位だったが、2018年度は18. 8日と一気に4日増えた。 2018年3月に複々線化が完成して混雑率は大幅に低下した同線だが、遅延については逆の結果となった。 小田急は公式サイトで「複々線によって線路の数が増えたことで列車の遅延時間も減少」とPRしており、平均遅延時間は2017年の2分04秒から2018年度は48秒に、2分04秒以上遅延した回数も21回から4回に減ったとしている。 今回の国交省の公表と食い違うデータだ。

次の

阪急電鉄|運行情報|神戸線 宝塚線 京都線

電車 遅延 な う

社会人になり、当たり前のように会社には遅刻をせずに出社している方がほとんどだと思います。 通勤には車だけではなく電車などの公共機関を利用して、 毎日通勤している方もいらっしゃいますよね。 電車を利用して出勤している方は、電車が遅れていたり急に運休になってしまった、という体験もしたことがあるのではないでしょうか。 通勤の手段が電車であれば、当たり前のように乗れると思っている電車に乗れないと、出勤が間に合わないということもあります。 電車が遅れたり止まってしまったせいで、仕事を遅刻してしまうことがありますが、この場合鉄道会社から遅延証明書をもらうことができます。 では、この遅延証明書はどんなものなのでしょうか。 これまで電車通勤でも問題なく通えたという方も、 これから先電車の遅れなどで会社に遅刻してしまうこともあるかもしれません。 その時にすぐ対処できるように、遅延証明書について、また電車が遅延した時にはどんな行動をとるとよいのか紹介していきます。 遅延証明書とは? 天候などの影響によっても電車が遅延することもよくありますよね。 私は普段車移動ですから、あまり電車の遅延に遭遇したことがないのですが、よくニュースでも電車の遅延により大勢の人達が困っているというのを見たことがあります。 あなたのせいで遅刻するわけでもなく、でも会社に遅刻してしまったり、学校を遅刻してしまうと大変ですよね。 駅員さんなどはその場でご迷惑をおかけしていることについて謝罪があると思いますが、会社側からして一度遅刻してしまった人の信用を取り戻すのは難しいです。 そんな時に鉄道会社から遅延証明書というものをいただきましょう。 鉄道会社によって異なりますが、 電車が10分以上遅延した場合に発行しているものです。 改札口などでこの遅延証明書が配られることが多いようなので、電車の遅延で会社などに遅刻してしまう場合は、まず忘れないように受け取るといいでしょう。 電車の遅延証明書を、 会社などに提出することにより、遅刻したことに変わりはありませんが、遅刻理由の証明になるでしょう。 電車の遅延によって、遅刻してしまうことを考えるあまり、急いでしまい遅延証明書を受け取るのを忘れてしまうこともあるでしょう。 遅延証明書は当日から7日以内や最大30日以内まで、もらえる期限が設定されています。 その場で受け取るのを忘れていても、 その日の乗車券や定期券などで乗車していたことの証明が提示できれば、期限内であれば遅延証明書をもらうことができます。 遅刻がなかったことになるわけではありませんが、 はっきりした遅刻の証明となる、電車の遅延証明書はもらって、 会社などに提出するようにしましょう。 不慮の事故などで電車が遅延した時にやるべきことは? 普段から使う駅に到着した時に、電車が止まってしまうことがあります。 人身事故や機械の故障などで鉄道が止まってしまった時には、振替輸送が行われることもあります。 振替輸送とは、利用者の乗車券の区間を走ってくれたり、他の鉄道会社の経路を利用してもらうというものです。 もし不慮の事故などで乗る予定だった電車に乗れない場合、乗車券を持っていれば振替輸送で移動することができ、また振替輸送で乗った区間の運賃は請求されることもありません。 そして、もし不慮の事故などにより、電車遅延で遅刻するかもしれないと思った時にはまず、 会社に連絡を入れて、現在の状況などを説明し、遅刻することに対して申し訳ないと謝罪を入れるようにしましょう。 また、事故の状況などによってはすぐに電車が動かないこともあります。 何時間も運休状態のままになってしまうこともよくありますよね。 そんな時は、まず電車以外で移動方法がないのか確認してみましょう。 同じように電車が動かなくて困っている方も大勢いるため、駅構内は混雑していたり、電車の代わりにタクシーやバスなども使用する方が増えるため、なかなか乗れないということもあるかもしれません。 ですが、運休している電車を、開通するまで待つよりは、電車以外の移動手段で移動する方が遅刻する時間も減らせるのではないでしょうか。 電車はいつでも必ず動いているということもなく、不慮の事故などで運休になってしまうこともあります。 普段から電車通勤をしているという方は、 まずいつ運休になっても対処できるように、運休になった時の移動方法などをあらかじめ考えるようにしましょう。 このようにすることでいざ電車が止まってしまった時なども、焦らず対処ができるようになりますよ。 電車遅延で証明書を会社に出しても遅刻扱いになるの?まとめ 公共機関を使用して会社に出勤しているという方は、天候に左右されて電車が遅延したり運休になったり、不慮の事故などで長時間運休になってしまうこともよくあります。 大勢の方へ影響が出ますが、まずは遅刻をしても理由を説明できるように遅延証明書をもらう、そして電車以外の移動方法も日頃から確保しておくことで、 いざという時に焦らず対処することができますよ。 今までこのような経験がない方も、経験したことがある方も、 是非参考にしてみてくださいね。

次の

電車遅延で遅刻が多い部下と1回の遅刻でパワハラ扱い?の体験談

電車 遅延 な う

弊社では遅延で遅刻の場合は、遅延証明書を提出する事で、遅刻扱いではなくなります。 確かにその路線が遅延していた事は知ってます。 が、、、お前の家じゃないじゃん。。。 私も若かりし頃、自宅以外から通勤した事など沢山ありましたが、その経路で遅延証明書なんて考えた事もなく(そもそも遅刻なんてしたことがありません…)非常に戸惑ってます。 一般的に、自宅以外の場所からの通勤でも遅延証明書でOKなものでしょうか? というか、通常家以外からの出勤で遅延証明書提出してきますか… 今後、遅延の社員全員にどこから来たのか聞く必要が。。。 が、、、お前の家じゃないじゃん。。。 私見ですが… 仕事で出張とかであれば承認でしょうが通常の「通勤」ですよね。 通勤経路…通勤費申請による経路…以外を通勤として容認するかどうかでしょうね。 家庭的事情があるのであれば個別事情も勘案することもあるでしょうが友人宅で遅延証明はどうなんでしょう。 通常経路において遅延がなければ容認しないとするのも一案かと思います。 通勤経路は遅延していませんよ として却下するのも方法ですが後は今後の事も考慮し会社としてどうするかを決めるよりないかと思います。 とりあえず。 こんばんは。 御社の規定の盲点をついた、って感じでしょうかね。 モヤモヤされる印象はうけますね。 今回をどうするのかは、上長の判断をうけるにしても、今後同様な行為を避けたいというのであれば、ルールを決めるのは方法かと思います。 線引をするということであれば、自宅住居からでなく恋人宅から出勤したとして、災害にあった場合、通勤災害とは認められない判断を受ける可能性もあるかと思いますので(住居以外の個人的な理由で移動しているため)、会社がやむを得ない事情と認めた場合に限定されることも方法かと思います。 宿泊せず、自宅に帰っていたのであれば、遅刻しなかったのでしょうから、、とか。 ところで、遅延証明書って、インターネットで印刷もできるので、通勤経路と異なる場合には、御社はどのようにしてその電車に乗っていた証明をしていただいているのでしょうか。 遅延証明書だけであり、自宅以外からを許容するのであれば、経路証明(難しいと思いますが)も必要に思えます。 " コメントありがとうございます!返信が遅くなり申し訳ありません。 質問に投降した例の社員については、最悪自宅からの通勤でも遅延は発生していたと思われるので承認しました(そしてその社員色々あってすぐ退職したんですけど) 社内ルールとしては、やはり会社に提出されているもの以外からの出社については遅延は受領しない考えです。 けど、チェックばかりが増えて大変です。。 返信が遅くなり申し訳ありません。 確かに何か災害等発生した場合には対応できません。 その辺を注意事項として改めて発信しようと思います。 「社員の良心を信じていた」という事に尽きます。 まさか自宅外の通勤経路での遅延証明書が出てくるなんて今回初めて知ったのです。 今回はたまたま、該当社員の部署のメンバーが話していたのを小耳にはさんだだけなので、実際当人から正式に言われたわけではありません。 そして実際は自宅外からの通勤で遅延証明書出していた人がいるのかもしれません… そんな事、するんですね…。

次の