角川 文庫。 株式会社KADOKAWA 企業情報|企業情報・グループ企業情報

合計400冊以上を無料公開!

角川 文庫

Song• O Samba Alegre-14822• Artist• Gordon L Goodwin, ASCAP• Album• Licensed to YouTube by• AdRev for a 3rd Party on behalf of 5 Alarm Music 5 Alarm Music• Song• Lovely Things• Artist• Johnny Hawksworth, APRA TCX, PRS Zeke Miller, PRS• Album• Conceptualise JW-2284• Licensed to YouTube by• AdRev Masters Admin on behalf of JW APM, ASCAP ; APM Publishing Show more Show less.

次の

角川文庫 キャラクター文芸|角川文庫

角川 文庫

経歴 [ ] 出生から学生時代まで [ ] (現)に父・源三郎、母・ヤイの三男として生まれた。 父・源三郎は源義誕生時はを商っていたが、後に商に転じ成功している。 (昭和5年)、富山県立神通中学校(現在の)に入学した。 中学入学時に、すでににかなり深い関心を抱いていた。 中学3年生の頃、が持っていたの雑誌『』で、(釈迢空)の「大倭宮廷の剏業期」という論文を読んで感動した。 これが折口信夫との最初の出会いであった。 文学書の読書にのめり込んでいった源義は、その結果として・を苦手とするようになり、志望熱もさめていった。 そのかわり、なかんずく国文法とには抜群の出来を示すようになり、漢文の教師などは源義の質問にしばしば立ち往生させられた。 受験に失敗し、(昭和10年)に中学を卒業すると第1年目の生活に入った。 そして、勉学のために出て、平安高等予備校で学ぶことにした。 (昭和11年)に上京して東京市立一中()の補習科に通った。 で折口の著書『古代研究』に出会ったことが契機となり、父の反対を押し切って予科に入学、、折口信夫、の指導を受ける。 また折口の短歌結社「鳥船」に入会した。 (昭和16年)、臨時徴兵制度によって大学を繰り上げ卒業する。 角川書店設立・私生活 [ ] 教師を経て、(昭和20年)にで角川書店を設立した。 既にから刊行されベストセラーになっていた著『三太郎の日記』を合本として上梓し、成功を収めた。 (昭和23年)2月から(昭和24年)8月まで雑誌『表現』を刊行。 1949年5月、を創刊。 の刊行形態は(今でいう出版)、戦前既にとの二つの老舗により、開拓されていたため、新興出版社である角川書店の進出が成功するかどうか危ぶまれたが、結果として関係者が驚くほどの成果を得た。 (昭和27年)6月、俳句総合誌『』を創刊。 (昭和29年)、短歌総合誌『』創刊。 (昭和30年)、両誌でそれぞれ新人賞およびを設立。 (昭和42年)に、を設立。 (昭和36年)の設立への参加、晩年は「俳句文学館」の建設などとあわせ俳壇・歌壇の興隆に尽力した。 1952年11月に発刊した『昭和文学全集』(全25巻)は、1巻あたり15万部強の記録的な売れ行きを示し、これによって文芸出版社としての角川書店の評価が確立した。 社内では「角川天皇」、私生活の面では鬼源と綽名された癇癪持ちであると同時に漁色家でもあり、自らの家庭を顧みずに複数のを作ってを産ませるなど奔放な生き方を貫いた。 長男・は、父に対しての反逆心が出発点だったと「」ほかで述べている。 、「語り物文芸の発生」で文学博士(国学院大学)。 (昭和47年)、『雉子の聲』で第20回を受賞する。 1975年、において58歳で急死。 戒名は浄華院釈義諦。 (昭和54年)にが発足 した。 俳人として [ ] 前述のように中学時代から俳句に興味を持ち始めており、中学2年生のとき(1931年)に校友会誌に「俳人一茶の生涯」を寄稿したり、翌年より主宰の「草上」に投句するなどしていた。 角川書店設立後、1947年にの「古志」(のち「季節」に改題)に幹部同人として参加。 1958年12月、叙情性の回復と伝統への回帰を標榜し「」を創刊、死去するまで主宰を務めた。 1975年、第5句集『西行の日』でを受賞した。 代表句として、「何求(と)めて冬帽行くや切通し」(『ロダンの首』所収)「篁(たかむら)に一水まぎる秋燕」(『秋燕』所収)「花あれば西行の日と思ふべし」(『西行の日』所収)などがある。 の格調の高い句風を慕い、またの俳句精神に傾倒。 自身の句も二句一章の構造を持つ格調の高い句が多く、客観・写実に徹すれば叙情がにじみ出るという考えに立っていた。 中世への民俗学的関心や古典への傾倒などから難解な句を作る傾向があったが、第4句集『冬の虹』(1972年)からは日々の生活に目を向け、「軽み」に通じる平明で直接的な叙情を目指した。 「篁に」の句にちなみ、源義の忌日は「秋燕忌」(しゅうえんき)とも呼ばれる。 家族・親族 [ ]• 祖父・ 源三郎 (明治42年)没。 初代角川源三郎はもともとは現の、谷家の一族である。 水橋在の 角川源平のに入ったが、その後、源平に実子が生まれたので、して新たに角川家をたてた。 つまり、源義は二代目源三郎の子であり、その血統からいえば、谷氏の一族の裔ということになる。 谷氏は下新川地方の名族で、その遠祖はの系統、一族である。 ・(1570-92)の頃、ははじめ美濃のに仕え、のちの家臣となり、平田城6000石を知行。 天正6年(1578年)、同国の攻囲中に賀状坂の付城を固守して戦死した。 その衞好の子衞韋が後、越中へ移りに土着したのが越中谷氏の初めであるといわれる。 祖母・ シナ• 父・ 源三郎 (商、商 )(明治10年)生• 小学校にも満足に通わず幼時から刻苦して働いた。 になったり、魚を売り歩いたりして生活を支えた。 後に商として成功した。 米穀商といっても商ではなく、いわゆる廻米商だった。 やから米を買いつけ、精米して県外に移出する商業である。 母・ ヤイ• 兄・ 源三• 兄嫁・ 文子• 弟・ 源蔵• 前妻・ 冨美子• 真弓、春樹、歴彦の母。 後妻・ 1928年生-2004年没• 「河」の同人。 1949年に源義と結婚。 源義との間に一男(道夫)一女(真理)を儲けたが、いずれも成人前に亡くなった。 源義の没後「河」を主宰した。 長女・ 真弓 (歌人・作家、筆名)7月生 - 9月没• 長男・ 1月生 -• 次男・ 9月生 - その他 [ ] の小説『GEN-源氏物語秘録』やの小説『』に作中人物として角川源義が登場する。 著書 [ ]• 雉子の聲(、1972年)• 語り物文芸の発生(東京堂出版、1975年)• 幻の赦免船(、1975年)。 遺稿集• 角川源義俳句批評(角川書店、1979年)• 角川源義全集(全5巻、角川書店、1988年)• 1・2・3 古典研究• 4 俳句・俳句評論• 5 随筆 初期作品• 源義経(高田実共著、新版・、2005年)• 悲劇文学の発生・まぼろしの豪族和邇氏(、2017年) 序数句集 [ ]• ロダンの首(近藤書店、1956年)• 秋燕(狼玕堂、1966年)• 神々の饗宴(牧羊社、1969年)• 冬の虹(東京美術、1972年)• 西行の日(牧羊社、1975年)• 角川源義全句集(角川書店、1981年)• 季題別角川源義全句集(村山古郷編、角川書店、1986年)• 角川源義 花神コレクション〈俳句〉(花神社、1993年) 脚注 [ ]• 鎗田清太郎『角川源義の時代 角川書店をいかにして興したか』11頁• 大塚英良『文学者掃苔録図書館』(原書房、2015年)69頁• 毎年部門・部門の研究者に授与される学術賞、25回目(2003年)より、文学研究部門・歴史研究部門に名称が変更している。 山本健吉 『定本現代俳句』 295-296頁• 山本健吉 『定本現代俳句』 294-295頁• 四国新聞社. 2018年4月27日閲覧。 北陸銀行. 2018年4月27日閲覧。 鎗田清太郎『角川源義の時代 角川書店をいかにして興したか』30頁 参考文献 [ ]• 鎗田清太郎『角川源義の時代 角川書店をいかにして興したか』 角川書店、1995年• 『定本 現代俳句』 角川書店、1998年• 『現代俳句大事典』普及版、三省堂、2008年• 『角川源義 出版・俳句・学問への熱意 平成22年度特別展展示図録』 杉並区立郷土博物館、2010年。 関連文献 [ ]• 吉田鴻司編 『角川源義の世界 昭和俳句文学アルバム11』(梅里書房、1989年)• 加藤勝代 『わが心の出版人 角川源義・・』(、1988年)• 『角川源義読本』(『俳句』編集部編、、2005年) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 現代俳句人名事典における()• (増殖する俳句歳時記) 先代: (設立) 社長 (現 ) 初代( - ) 次代:.

次の

角川文庫 キャラクター文芸|角川文庫

角川 文庫

行動規範・行動基準 行動規範• 1.法令・社則・企業倫理を遵守する。 2.読者やその他顧客の満足と信頼を得られる品質の高い商品やサービスを提供する。 3.取引先・得意先と公正・透明な関係を維持する。 4.市民として高い倫理観を持った企業行動を推進する。 5.反社会勢力と断固対決し一切の関係を持たない。 1.顧客の満足と信頼を得られる、品質の高い商品やサービスを提供する。 2.取引先、得意先、作家等の著作者とは公正、透明、自由な取引を行い健全で正常な関係を維持する。 3.他人の権利・財産を尊重するとともに、当社の権利・財産の保護に努める。 1.株主及び投資家等とは社会から疑惑や不信を招くことがないよう、透明度の高い、健全かつ正常な関係を維持・確立する。 2.株主の利益を念頭に、高い倫理観と責任感を持って誠実に職務を遂行する。 3.長期的・継続的に企業価値を増大させるべく、魅力ある企業作りに努める。 4.会社経営状況・企業活動全般について正しく理解を得るため適時・適切・積極的に情報を開示する。 5.インサイダー取引及びその疑いを持たれるような株式取引等を行わない。 1.お互いの人格・個性・価値観を尊重し、健全な職場環境を維持する。 2.法令・社則を遵守し、責任を持って効率的な業務遂行に努める。 3.公私の立場を峻別し、公私混同を行わない。 1.市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体とは断固として対決し、一切の関係を持たない。 2.環境問題への配慮や、ひとりひとりの社会貢献を通じて社会とともに発展することを目指す。 3.個人情報・機密情報管理の重要性を認識し、適切な管理を行い、正当な業務活動以外の理由で情報を社外に持ち出さない。 角川文庫発刊に際して 角川源義 第二次世界大戦の敗北は、軍事力の敗北であった以上に、私たちの若い文化力の敗退であった。 私たちの文化が戦争に対して如何に無力であり、単なるあだ花に過ぎなかったかを、私たちは身を以って体験し痛感した。 西洋近代文化の摂取にとって、明治以後八十年の歳月は決して短かすぎたとは言えない。 にもかかわらず、近代文化の伝統を確立し、自由な批判と柔軟な良識に富む文化層として自らを形成することに私たちは失敗して来た。 そしてこれは、各層への文化の普及滲透を任務とする出版人の責任でもあった。 一九四五年以来、私たちは再び振出しに戻り、第一歩から踏み出すことを余儀なくされた。 これは大きな不幸ではあるが、反面、これまでの混沌・未熟・歪曲の中にあった我が国の文化に秩序と確たる基礎を齎らすためには絶好の機会でもある。 角川書店は、このような祖国の文化的危機にあたり、微力をも顧みず再建の礎石たるべき抱負と決意とをもって出発したが、ここに創立以来の念願を果すべく角川文庫を発刊する。 これまで刊行されたあらゆる全集叢書文庫類の長所と短所とを検討し、古今東西の不朽の典籍を、良心的編集のもとに、廉価に、そして書架にふさわしい美本として、多くのひとびとに提供しようとする。 しかし私たちは徒らに百科全書的な知識のジレッタントを作ることを目的とせず、あくまで祖国の文化に秩序と再建への道を示し、この文庫を角川書店の栄ある事業として、今後永久に継続発展せしめ、学芸と教養との殿堂として大成せんことを期したい。 多くの読書子の愛情ある忠言と支持とによって、この希望と抱負とを完遂せしめられんことを願う。 一九四九年五月三日 角川文庫創刊の際、創業者、角川源義によって記された言葉は、今も角川文庫の巻末に掲載されているだけでなく、長く角川グループの出版活動を支える理念となっています。 現在、角川グループの事業は、映像の世界、ネットの世界へと広がってまいりましたが、これからも様々なコンテンツを創出していくうえで、創業の精神ともいえるこの言葉は、広く社員のなかで語り継がれていくでしょう。 角川憲章• 一、わたしたちが創りだすものは、人々が豊かな心を育む種子になる。 その誇りから全てが始まる。 一、わたしたちが創りだすものは、未来でありその後ろには歴史が続く。 その先見性から全てが始まる• 一、わたしたちが創りだすものは、新しい試みへの絶え間ない挑戦である。 その革新から全てが始まる。 一、わたしたちが創りだすものは、熱い想いによって成し遂げられる。 その情熱から全てが始まる。 一、わたしたちが創りだすものは、小さな歩みを地道に積み重ねたものである。 その継続から全てが始まる。 一、わたしたちが創りだすものは、文化の向上と社会の発展に寄与するものである。 その責務から全てが始まる。

次の