生理 なかなか血が出てこない。 生理の血が少ない原因とは? 医師が教える過少月経の対処法|「マイナビウーマン」

生理痛はあるのに血が出ないことってありますか?

生理 なかなか血が出てこない

産婦人科専門医。 2001年、東海大学医学部卒業。 神奈川県内の病院で産婦人科医としての経験を積み、現在は厚木市の塩塚産婦人科勤務。 3児の母。 「なんでも気軽に相談できる地元の医師」を目指して日々診療を行っ... 「そろそろ生理がくる頃かな?」と思ったら、茶色いものが下着についていたという経験はありませんか?生理なのに茶色い血が出ることはあるのか、もしかしたら何かの病気ではないかと心配になると思います。 そこで今回は、生理で茶色の血が出るのか、少量の出血が長引くときの原因は何か、病気の可能性はあるのかなどをご説明します。 生理の血が茶色になることはある? 女性の子宮では、月経(生理)周期に合わせて、受精卵が着床しやすくなるための「子宮内膜」という組織が成長しています。 しかし、排卵後に受精が起こらなければ子宮内膜は不要になるため、剥がれ落ちて体外に排出されます。 このときの出血が生理です。 子宮内膜が剝がれ落ちるときには、多くの人が「血」と聞いて連想するような、赤色や暗めの赤色をした経血が排出されるのが一般的です。 しかし、生理周期や経血の量に個人差があるように、経血の色にも個人差があります。 次から説明する原因などによって、茶色っぽい血がでることもあります。 生理の血が茶色になる原因は? 経血は、酸化することで茶色っぽく変色することがあります。 経血が茶色いと、排出がうまくいっておらず、前回の生理のときに排出されるはずだった経血が子宮内に残って酸化した、あるいは、流れ出る勢いが弱くて体内にとどまっている時間が長かった、などが考えられます。 茶色っぽい血がでること自体はそれほど問題ではないことがほとんどですが、経血の排出がうまくいってないということは、ホルモンバランスが乱れている可能性はあります。 関連記事 茶色の出血の原因は、生理ではなく病気かも? 茶色の出血が大量に出たり、少量なのに長引いたりするようなときは注意が必要です。 以下のような病気にかかると、子宮内などに血液がたまり、それが酸化して茶色い血が出てくることもあります。 不妊の原因にもなり得るものなので、一度婦人科に相談し、検査を受けてみてください。 子宮内膜症 本来子宮にあるはずの子宮内膜が、子宮以外の場所にできてしまうことを「子宮内膜症」といいます。 子宮内膜症になると、不正出血や月経時の大量出血などが見られるほか、生理のときの排泄物に血が混ざる、生理痛がひどくなる、腰痛や腹痛を感じるなどの症状が出てきます。

次の

生理がなかなか始まらないんです…|女性の健康 「ジネコ」

生理 なかなか血が出てこない

生理が来ると、面倒だなと思ったり不快感が出たりして辛くなることがあります。 つい、生理なんて来なければいいのにと思ってしまうこともあるでしょうが、生理がきっかけで身体の様子を知ることができるため、軽視すべきではありません。 生理は女性の身体の健康状態を表す大切なものなので、毎回きちんと観察するようにしましょう。 通常の生理なら赤い経血が数日続きますが、中には生理の色が黒い色をしていたり茶色い色をしていたりすることがあります。 いつもとは違う経血の色に、ギョッとしてしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 生理の血が、黒い色や茶色い色をしているのは何故なのか、その原因を探りきちんと解決していく必要があります。 毎月訪れるものだからこそ、生理と向き合い、自分の身体と向き合うことで正常な生理がどのような状態なのか知っておきましょう。 生理のしくみ 生理は身体の情報を反映しているものですから、しっかり観察する必要があります。 それにはまず、生理とは何なのかをおさらいしていきましょう。 生理とは、排卵された卵子が受精に至らず着床しなかった場合、子宮内膜の組織が剥がれおち、経血と共に膣の外に押し出されていく現象のことを言います。 生理が続く期間は3日~7日ほどですが、人により個人差があるのは、経血を膣の外に押し出す力に差があったり、血液の流れや量、質に違いがあったりするからです。 経血を膣の外に押し出す力が強く、経血の量も平均的でサラサラの状態になっている方は、比較的短い期間で生理は終わります。 しかし、経血を膣の外に押し出す力が弱く、経血の量が多くて、粘り気の強い状態になっている方は、比較的長い期間生理が続くことになります。 経血の状態について 生理が始まると、3日~7日間生理が続くことになります。 経血の量としては、生理が始まってから2日、3日くらいまでが多く、あとは減少していくことがほとんどです。 正常な生理の場合、経血はサラサラした状態で赤い色をしています。 時々、血の塊のようなものが出てくることがありますが、これは経血の量が多くて血の塊を分解する酵素の働きが追い付いていないことが関係しています。 また、血液がドロドロの状態で粘り気が強いと、血の塊が出やすくなってくるでしょう。 経血の色の原因について 生理期間中に出てくる経血の色は、基本的に赤い色をしています。 しかし、黒い色の経血や茶色い色の経血が確認されることもあるのでビックリしてしまう方もいらっしゃるでしょう。 黒や茶色の経血が出てくるのは、さまざまな理由が関係しており、一概にひとつの答えでまとめることはできません。 下記の原因を参考にしてみてください。 ナプキンの長時間使用 いつもと違う経血の色になる大きな原因のひとつとしては、まず「酸化」が挙げられるでしょう。 元々赤い色の経血として膣の外に押し出されていたのに、時間が経つにつれて酸化してしまったことから、茶色や黒っぽい色に変色してしまうケースがあります。 これは、ナプキンを長時間変えることができなかった場合に多くみられるものです。 血液は時間が経つにつれて酸化し変色してしまうという特徴があります。 よくある例として、鼻血が出たときにティッシュで血を抑えている間は真っ赤な色をしていますが、時間が経つにつれてティッシュについた鼻血は茶色い色へと変化していきます。 空気に触れ、酸化スピードが速まったからこそ、茶色っぽい色や黒っぽい色に変色してしまうのです。 膣の内部で酸化 生理期間中に、ナプキンに黒い色や茶色い色をした経血がついている場合、赤い経血が酸化している可能性があります。 しかし、トイレに行っている時やお風呂に入っているときに、膣から黒い色や茶色い色の経血が出てくることもあるでしょう。 この場合、経血が膣の内部で酸化していた可能性があります。 ひとつの原因としては、前回の生理で押し出されなかった経血が膣の内部にとどまり酸化したことが考えられます。 経血は子宮が大きく収縮することで外に押し出されますが、その力が弱いとすべての経血を押し出せないまま生理が終わってしまうことになります。 すると、次の生理が始まった時に古い経血が出てきてくるため、黒い色や茶色い色の経血が確認されるのです。 子宮を収縮させる物質が十分に分泌されていなかったり、血液循環が悪くて子宮周辺の筋肉の動きが鈍くなったりしていると、経血が残りやすくなってしまうでしょう。 膣周辺や内部の損傷 黒い色の血や茶色い血が出てくると、生理が始まったと思ってしまいますが、1日~2日で止まることもあります。 その場合、生理ではなく膣周辺や内部の組織が傷ついたことによる出血が関係している可能性があるでしょう。 膣周辺や内部の浅いところの組織が傷ついて出血すると、空気で参加して黒い色や茶色い血が出てくることがあります。 生理予定日以外の時にこのような出血が起きる場合もありますし、たまたま生理予定日と重なる場合もあります。 いずれにしても、傷が修復してくれば黒い血や茶色い血は出てこなくなるでしょう。 病気の可能性 生理の血が黒い色や茶色をしている場合、病気が関係していることもあります。 子宮内膜症や、子宮筋腫、子宮がんなどで子宮内部の組織が傷ついていることから、黒い色や茶色の血が出てきてしまうのです。 経血が黒い色や茶色をしていて、出血量が多かったり、生理日数が長く続いていたり、腹痛や発熱を伴ったりするようなら、早めに診察を受けるようにしましょう。 これらの病気は早期発見と早期治療が重要になります。 放置しておくと不妊の原因になる可能性もあるので、一度しっかり検査しておくようにしましょう。 不規則な生理周期 生理の血が黒い色や茶色をしている方のほとんどが、生理周期が不規則になる傾向があります。 生理周期が不規則になっていると、ホルモンバランスも安定しないため、より酸化した経血が出てきやすくなってしまいます。 初潮が始まってからしばらくの間は、無排卵のため、生理周期は不規則になりやすいため、黒い色や茶色の経血が出てきやすくなるでしょう。 また、ストレスや体調不良から生理周期が不規則になって引き起こされることもあります。 毎日の習慣の積み重ねが、黒い色や茶色の経血に繋がるので、身体と心に優しい生活習慣を心掛けるようにしましょう。 妊娠の可能性 着床出血の酸化 生理予定日前後に茶色っぽい血液が出た時は、着床出血の可能性があります。 着床出血とは受精卵が子宮内膜にもぐりこむ時に内膜組織を溶かしながら進入し、溶けた組織が体外に排出されるものを指します。 溶けてから排出されるまでに多少時間がかかるので、体外に出てくる時は酸化して茶色や黒に近い色になる事もあります。 ただ、この場合は少量の出血ですぐに止まってしまうため、生理とも違う不正出血だと心配になってしまう方もいらっしゃいます。 この出血が止まった後生理予定日が過ぎても生理がこない場合は、妊娠検査薬を使ってみてはいかがでしょうか。 反対に出血が鮮血色で長く続く場合は病気や怪我の可能性がありますので、すぐ病院に行きましょう。 更年期の閉経が近い場合 ホルモンバランスの崩れが生理の黒い血につながりますが、ホルモンバランスが崩れる時とはいったいどんな時でしょう。 通常は過剰なダイエットやストレスが挙げられますが、閉経が近い場合もホルモンバランスが崩れる事があります。 40代を過ぎると卵巣機能が衰えてきて、排卵に向けて卵胞を成熟させるエストロゲンの分泌量が減少していきます。 そのためエストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れてきて、生理不順になるだけでなく生理の血液が黒くなってしまうのです。 閉経までまだまだ時間があるから大丈夫と思っても、無月経が長く続いて体が閉経後と同じようになってしまう若い方も増えていますので、気になる場合はぜひ病院を受診してください。 経血の色を改善する方法 生理の血が黒い色や茶色をしている場合、どのような方法を実行すれば改善することができるのでしょうか。 生理周期が不規則になる方ほど、黒い色や茶色の経血が出やすくなるので、まずは生理周期を安定させることが必要です。 ホルモンバランスを整える 生理周期はホルモンの分泌によりコントロールされていますが、ホルモンの分泌は毎日の生活習慣の影響を強く受けています。 夜遅くまで起きていたり、偏食になっていたり、運動不足になっていたりすると、あっという間にホルモンの分泌は乱れ、生理周期も不規則になってしまいますので、注意しましょう。 できるだけ朝早く起きる習慣を心掛け、ヘルシーな食生活を中心にしてお菓子やお酒は嗜好品として楽しみ、少しの運動をプラスするだけでも変わってきます。 生活習慣を変えていくと、経血の色だけでなく生理痛などの症状も緩和できるので、生理が辛いという方も実行してみると良いでしょう。 血液の質を変える食生活へ 生理の血が黒い色や茶色をしている場合、血液の質が悪くになっている可能性があります。 質が悪いと、血行不良になり子宮が収縮しても経血が膣の外に押し出されにくくなってしまいます。 経血がまだ残っているのに生理が終わってしまうと、古い経血が酸化して黒い色や茶色へと変色してしまいますので、血液はできるだけ質よ良いの状態にするようにしましょう。 脂っこい食事や、甘いスイーツばかり食べていると血液の質が悪くなる一方です。 食物繊維をたっぷり摂り、脂を控えることで血液の状態を向上していきましょう。 タバコとアルコール・カフェインは注意を タバコ・アルコール・カフェインを女性が摂取する場合は、生理に深く関係してくるので気をつける必要があります。 タバコの一酸化炭素が赤血球と結びついてしまい、酸素を運べなくなって動きが衰え血流障害を引き起こします。 子宮をめぐる血液も質が低下すると上手く排出できなくなり、子宮内に残り黒い血となります。 適量のアルコールは血行促進の効果があり子宮環境にはよさそうなのですが、飲みすぎれば水分不足などで同じように血液の質が低下します。 カフェインの場合は、飲みすぎると利尿効果で熱を排出して体が冷えてしまい、子宮の機能が鈍ります。 生理の血の色や異常に悩まされている方は、これらをストップするか回数を減らすようにしましょう。 血行促進のススメ 生理の血が黒い色や茶色をしている場合、血行不良になっている可能性があります。 運動不足や身体の冷えなどで血行不良が慢性化すると、経血が滞って酸化しやすくなるので注意が必要です。 毎日同じ姿勢で仕事をしている方や、外出する機会が少ない方は、血液循環が滞りやすくなります。 定期的にストレッチしたり、1駅分歩いたりして運動不足を解消していきましょう。 また、身体が冷えた状態になっていると血行不良はますます悪化してしまいます。 身体を冷やさないように腹巻や靴下などを活用し、ホッカイロや温かい飲み物で体温が低下しないようにしましょう。 シャワーで済ましてしまうという方は、湯船にしっかり浸かることで血行不良を大幅に解決することができます。 タバコも、毛細血管を収縮させて血行不良を招いてしまいますので、嗜む程度に控えるのが望ましいでしょう。 ストレスの発散 生理の血が黒い色や茶色をしている場合、ストレスが溜まっている可能性があります。 ストレスは生理周期を不規則にさせたり、ホルモンの分泌や血行不良を招いたりするものですから、できるだけうまく発散させるようにしましょう。 音楽や香り、運動や趣味など自分らしいストレス発散方法を見つけることが大切です。 ストレスが発散されれば、不規則になっていた生理周期も安定し、黒い色や茶色の経血も減ってくることでしょう。 まとめ 生理の経血が黒い色や茶色をしている場合、何が原因でどんな対処方法があるのか詳しくご紹介しました。 突然黒い色や茶色の経血が出てくると、ビックリしてしまいがちですが身体の重要なサインと捉えしっかりと原因を探るようにしましょう。 不安な場合はすぐに病院で診てもらい、原因からきちんと対処することで問題を解決していってください。

次の

【女医が回答】生理の時に茶色いものが出るけど、大丈夫?

生理 なかなか血が出てこない

女性ホルモン分泌量の低下やバランスの崩れが関係しています。 婦人科で、子宮内膜の状態を診てもらうと原因がわかります。 「1週間しっかりあった生理が、最近2〜3日で終わってしまう」。 「以前よりも出血量が少なくなってきた」。 30代半ばぐらいから、こうした生理の変化にとまどう女性は増えていきますね。 考えられる理由は2つ。 1つは、年齢とともに女性ホルモンの分泌量が低下することです。 エストロゲンには妊娠に備えて子宮内膜を厚くする作用があるので、これが出なくなってくると内膜が少なくなり、月経血の量も少なくなっていきます。 2つ目には、女性ホルモンのバランスの崩れが考えられます。 内膜増殖といって、子宮内膜が肥厚しているのに出てこない状態です。 2種類の女性ホルモンのうち、エストロゲンは子宮内膜を厚くする作用を持っていて、プロゲステロンは内膜をはがして子宮の中をキレイにお掃除するという作用を持っています。 エストロゲンは十分出ているのに、プロゲステロンが出ていないと、月経量が少なくなる、あるいはダラダラと出血があるという状態になるんですね。 この子宮内膜増殖は「子宮体がん」の温床になるので、ホルモン治療(プロゲステロン補充)によって内膜をはがさなくてはいけません。 出産回数の少ない現代女性にはよくあることなので、予防的に治療をしておきたい症状です。 このように、女性ホルモンのバランスが崩れると、妊娠したいときに妊娠できなかったり、過多月経や過少月経、子宮体がんなどの原因にもなります。 治療法ですが、生理の量を正常に戻したいのか、がん予防か、妊娠なのか、目的によって変わってきます。 婦人科では、基礎体温や内診(超音波)で診察を行います。 治療法についても担当医とよく相談しましょう。

次の