ノベル クリスタル テクノロジー。 ノベルクリスタルテクノロジー 「社員クチコミ」 就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork(旧:Vorkers)

プレスリリース

ノベル クリスタル テクノロジー

ノベルクリスタルテクノロジーが手がける酸化ガリウム単結晶ウエハー 電力制御などに用いられるパワーデバイスの分野では、既存のシリコンが物性限界を迎えようとするなか、SiC(シリコンカーバイド)やGaN(窒化ガリウム)など次世代パワーデバイス材料の開発が活発化している。 すでにSiCは太陽光発電用インバーターやサーバー用途、さらには電鉄用途や本命ともいえる車載分野でも徐々に採用実績が出てきた。 ただ、今後の本格普及段階を前に、やはり当初からの課題である「コストダウン」については根本的な解決に至っていない。 今後の量産効果を考慮しても、シリコンとの差は埋めがたいものがありそうだ。 こうしたなかで、安価かつ高性能な次世代のワイドバンドギャップ(WBG)材料として注目を集めているのが、酸化ガリウムである。 そして、この物性と並んで酸化ガリウムが大きな注目を集めている理由が、シリコン並みのコストを実現できそうな点だ。 同構造を採用する京都大学発ベンチャーのFLOSFIAは下地基板に安価なサファイア基板を採用しており、低コストを武器の1つとする。 SiCは現在、昇華法と呼ばれる気相成長法を用いて結晶成長を行っているが、粉末を気化させて結晶化させるため成長効率が悪い。 さらにSiCは材料として非常に固い難削材料であるため、加工コストも大きな負担となっている。 これに対し、酸化ガリウムは半導体材料としては一般的な硬さであり、シリコンウエハーで用いるような加工装置を使うことができる。 低コストな結晶成長により、酸化ガリウム結晶およびデバイスを手がけるノベルクリスタルテクノロジー(NCT)では、2019年中にSiCよりも安い価格水準にできるとしている。 今後量産効果やさらなる工程改善が進めば、将来的にはSiCの3分の1以下に引き下げられると自信を見せる。 30年にGaNを上回る1450億円規模へ パワーデバイスを採用する顧客の間でも、酸化ガリウムに対する注目度は増している。 背景には、「SiCは今後どれだけ量産効果が進んでも、採算性の確保が容易ではない」(情報通信研究機構の東脇正高氏)といった判断が働いているからだという。 特に車載分野では今後、EVをはじめとする電動車両が中心的存在となるなか、車両価格の低減は生き残りを図るうえで欠かせない要素となっている。 こうしたなかで、車載顧客のなかでは「SiCには全幅の信頼は寄せられない」との考えも芽生えているという。 当面はSiCの開発を最優先に進めるものの、将来的には酸化ガリウムへのシフトも視野に、様々な選択肢を持っておきたいという心理が見て取れる。 富士経済が18年3月にまとめた、次世代パワーデバイスに関する市場予測によれば、2030年段階での酸化ガリウムパワーデバイスの市場規模は1450億円。 SiCの2270億円には及ばないものの、GaNの1300億円を超える規模になると予測しており、そのポテンシャルを高く評価している。 米国でも開発活発化 実際に17~18年にかけて、酸化ガリウムを手がけるベンチャー企業への出資が相次いでいる。 先述のFLOSFIAに対してはデンソーが出資を行っているほか、タムラ製作所のカーブアウトベンチャーであるNCTにはAGCが出資。 さらに同社に対しては、複数の大手企業が出資、あるいはNDAを結んだ共同開発を進めている。 酸化ガリウムの開発が盛り上がっているのは日本だけではない。 米国でも大学や研究機関が続々とプロジェクトを立ち上げて、開発体制を強化しているほか、ノースロップ・グラマン子会社のSynoptics(シノプティクス)も単結晶酸化ガリウム基板の販売をスタートさせている。 とはいえ、まだまだ酸化ガリウムの歴史は浅い。 東脇氏も「SiCと酸化ガリウムの完成度は雲泥の差がある」と認めており、いわば産まれたばかりの赤子の状態。 すでにGaNパワーデバイスでは実用化されているノーマリー・オフ動作に対しては試行錯誤の段階であるほか、実際のデバイスにする際に必要なパッケージ材料の選定など組立工程で課題を残す。 電子デバイス産業新聞 副編集長 稲葉 雅巳 参考記事.

次の

NCT,2インチ酸化ガリウムエピウエハの量産を開始

ノベル クリスタル テクノロジー

回答者 3. 0 年収 基本給(月) 残業代(月) 賞与(年) その他(年) 400万円 21万円 4万円 100万円 -- 給与制度: 基本給は職能給と年齢給の合算 職能給はベーシッククラス、リーダー 係長、班長 クラス、管理職クラスの3つに分かれており、ベーシッククラスの間は同年齢でも他社より給与はかなり低い。 リーダークラスからはそこそこの給与が貰えるためどれだけ早くリーダークラスになれるかが重要。 基本的に30代半ば前後でリーダークラスにはなれる。 年齢給は20代から40代くらいまではピッチ給がどんどん上がっていき、そこからは減少へ転じる。 家賃補助が東京工場の場合全くなく、独身かつ30歳まで入れるオンボロアパートに月1万ではいれる、大阪工場の場合借上げ社宅に上限6. 5万に1万ではいれるので、恩恵は大阪工場のほうが大きい。 ただし、補助の対象となるのが非常にシビアなため多くの人が実費で家賃を払っている。 (通勤に2時間弱かかる距離でも対象にならない) 評価制度: 年次昇給については五段階評価がされ、それぞれの評価に応じて号が進んでいく。 評価については各部で割り当てられるポイントが決まっており、相対的な評価により決まる。 つまり、その年どんなに頑張っても同じ年に評価の高い人が多かった場合、良い評価を貰えることはない。 また、最終的な評価は総務部が管理しているため全体的な評価で判断し調整している。 回答者 3. 3 ここが一番の現在における改善点と言えます。 デジタル機器を扱う会社である時に、経営トップはデジタル機器、オムニ販売チャネルの激変に追従する視点が不足しているし、その勉強も出来ていない。 またその不足を補完する人材の確保、適材配置が完全に道半ばである。 また未来に向けたコアコンピータンスとなる技術、特に全社横断のソリューションビジネスをリードする人材は外からどんどん持って来ないと行けないのは明らかで、今後継続成長を追求して行く上で極めて大きい問題視点としてクローズアップされる論議になるでしょう。 同時に優秀な若手人材にハイポジション、高級を与え挑戦させ、失敗させ、経験させる場を作る人事改革をもっと論議すべきである。 以上、日本の企業は多かれ少なかれ多くが同じ問題を抱えているが、それでもキヤノンでこれから長期間勤めあげようと社員は、きっと新しい息吹の吹き込まれた未来を夢見ていいかも知れない。 それだけの健全なDNAを持っている会社でもある。 但しその前に相当な荒波、特に外圧を覚悟する必要はあるであろう。

次の

旭硝子、次世代パワー半導体材料のノベルクリスタルテクノロジー社に出資-酸化ガリウムウェハーを共同開発 :日本経済新聞

ノベル クリスタル テクノロジー

酸化ガリウムウェハー パワー半導体は、サーバー・家電製品・電車・生産設備などさまざまな電気機器に組み込まれ、電圧や電流の制御を行ない電力の消費を抑える電子部品である。 電気自動車や再生可能エネルギーの更なる普及にともない、その需要は2030年には現在の約2倍に増大することが見込まれている。 パワー半導体の市場規模は急速に拡大し、2025年に3兆8千億円規模、2030年に4兆7千億円規模に増大する見込みだ。 またパワー半導体の要求性能は日々向上しており、現在パワー半導体材料として使用されているシリコン材料より、高電圧で使用でき、大電流でも電力損失の少ない材料が求められている。 酸化ガリウムは、次世代パワー半導体材料として開発が進んでいるSiC 炭化ケイ素 やGaN 窒化ガリウム と比較し、その材料の特性上、さらに高電圧・大電流で使用できる可能性があり、高い量産性が見込まれる新規材料だ。 次世代パワー半導体の材料として注目されており、2030年には200億円規模の市場が見込まれている。 AGC旭硝子は酸化ガリウムウェハーの将来性に注目し、本材料を開発・製造するノベルクリスタルテクノロジー社に出資することを決定した。 AGC旭硝子が半導体関連部材事業で培った材料・加工・量産技術を応用し、ノベルクリスタルテクノロジー社と共同開発を実施することで、酸化ガリウムウェハーおよび次世代パワー半導体の実用化を加速していく。 ノベルクリスタルテクノロジーは2015年に創業した、株式会社タムラ製作所からのカーブアウトベンチャーであり、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の技術移転ベンチャーとしての認定会社だ。 パワー半導体材料である、酸化ガリウム単結晶基板とエピタキシャル膜の製造・開発を手掛けている。 2017年11月には、タムラ製作所との共同で、世界初の酸化ガリウムエピタキシャル膜を用いたトレンチMOS型パワートランジスタの開発に成功するなど、世界に先駆けて酸化ガリウムを用いたパワー半導体の実用化に向けた取り組みを進めている。

次の