コロナ 収束 は いつ。 コロナはいつ、どうやって収束するのか

【コロナいつまで自粛?】休業・収束日予想【バフェット・集団免疫】

コロナ 収束 は いつ

新型コロナ収束見込み|占い師の予言をチェック! それでは、 占い師による 新型コロナ収束見込みを見ていきたいと思います! 注:占いですので必ず当たるとは限りません。 ただ、このくらいなのかな?と収束することがわかるだけでも気分は違うと思いますので、参考になればと思います。 レイコ・ローラン(占星術研究家) あくまでも占星術的な見方なので、もし当たらなかったらごめんなさい。 引用元: さらに、レイコ・ローランさんの占いによると、 東京オリンピックが新型コロナウィルスにすり替えられたとも・・・! 確かに、年が明けて世間はオリンピックムードに包まれる頃に、コロナウィルスが感染拡大を始めました。 本来なら今頃は世界中が東京オリンピックムード一色になっていたことでしょう。 それが、オリンピックから新型コロナウィルス一色に変わってしまったのです。 さらにレイコ・ローランさんは「医療オリンピック」が始まったとも。 現在、世界中が治療薬、ワクチンを開発するために、研究を繰り返しています・・・まさに医療オリンピック真っ最中なわけですね。 次におなじみ、ゲッターズ飯田さんの予言をチェックしてみましょう。 ゲッターズ飯田氏(オリジナル占術) 占い上、 新型コロナウイルスの収束はまだ先となりますが、 4月末から5月頃に節目を迎えます。 自宅にいる時間を利用して、新しい時代への生き方や考え方を変えていくことは良いのかもしれません。 2002年11月から2003年7月まで流行した「新型SARSコロナウイルス(SARS-CoV)」とよく似ている配置。 また「 天平の疫病大流行」で大仏を建てた後に静まったという話もあり、科学が発展した現代社会においても「大仏を建てよう」と機運が高まっているそうです。 引用元: 今回の新型コロナウィルスは、2002年の「SARS(サーズ)」が発生したときと星回りがよく似ている配置になっているようです。 そして、驚いたことに疫病が大流行した際に、大仏を建てると収まった、収束したという過去があったのですね!今回はどうなのでしょうか。 さらにゲッターズ飯田さんは、2020年は 「ライブ配信の年になる」と予言をされていました。 2020年について、ゲッターズ飯田さんは 「ライブ配信の年になる」と占っていました。 ライブ配信の年というのは、単純にライブ配信のことを指すのでなく、残らないコミュニケーションが鍵となってくるという意味合いです。 その象徴なのが リモートワークによるライブチャット「ZOOM」かもしれません。 これから、 人と遠距離にいながらコミュニケーションするスタイルが、一般的になっていくことでしょう。 引用元: 実際に、緊急事態宣言が出ている地域においては、企業が在宅勤務を命じたり、出張や会議もTV会議で行ったり、あるいは芸能人の方による無観客ライブやYouTubeによる動画配信であったりと、これまでの常識ではありえないことが起こっていますね。 さらにゲッターズさんのワンポイントアドバイスとして、 2020年6月18日から開始する「水星逆行」で再び混乱する暗示が出ているので、頭の片隅に覚えておくと良いでしょう。 特に、 キーワードは「家庭」で、 家族間のトラブルや恋人同士の行き違い起きやすい時期です。 独り暮らし場合は、家賃トラブルや周辺住人との揉め事が発生しやすので気をつけましょう。 引用元: 現時点においても、コロナ離婚などがtwitterのトレンドであがってきているほどです。 こんな時だからこそ、家族が一丸となってこの時期を乗り越えていきたいものですね。 そしてゲッターズ飯田さんによる、 2021年に向けてのメッセージがこちら。 新型コロナを予言していた?占い師・水晶玉子さん(占星術) 水晶玉子さんは、2019年9月に初版発行された水晶玉子さんの書籍「水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦2020」の中でゲッターズ飯田さんと対談を行っていました。 その中で、 2020年は、生涯変わらないと思っていたことが変化していく一年。 200年に一度の大きな運気の切り替わりがある と意味深な発言をされていました。 さらに、 未知のものと遭遇し、人々の意識が刷新される 未知のものとは、これはやはり新型コロナウィルスをさすのではないでしょうか。 世間では、 水晶玉子さんが新型コロナウィルスを当てたと噂になっていますね。 今、コロナウイルスで世の中が混沌してるから水晶玉子さん予言してるじゃんってゆう😱😱 — 大房和佳 WakaOofusa そして、水晶玉子さんは 2020年はテレワークが当たり前に普及すると予言しておられたのは、当初は オリンピックで特に都内勤務の方はテレワークになるであろうということだったのかもしれません。 このところ私も、今までなら、会って受ける取材も電話で、集まってする打ち合わせや対談もオンラインでやっている毎日です。 予言、当たっていますよね。 そして気になる 新型コロナウィルスの収束時期ですが、水晶玉子さんは触れておられませんが、ぜひ伺ってみたいものです。

次の

新型コロナウイルスの終息時期はいつ?【専門家の予想まとめ】

コロナ 収束 は いつ

こんにちは!takochiです。 中国の武漢が発症とされる『新型コロナウィルスによる肺炎』の話題で、毎日ニュースやネットがザワザワしています。 日々、感染者も拡大し続けており、怖いですね。 年末から年明け、春にかけてはインフルエンザも流行しますから、人混みに出かけるにはよほどの注意が必要となってきますね。 とはいえ、最も有効な予防手段といわれるマスクが売り切れ続出です。 takochigが住んでいる近所のドラッグストアでは「お一人様一箱まで」との表示で販売されていましたが、一箱で終息(収束)まで持つとは到底思えません。 一体、いつまで続くのでしょう? 夏には東京オリンピックも控えていますから、なんとかその前までに落ち着いてほしいものです。 追記1 東京オリンピック、2021年に延期となりました。 中止にならなくて良かったです。 今回は、 コロナウィルスが原因となって発生したSARSとMERSを参考に、新型コロナウイルス肺炎の、終息(収束)期間を予想してみました。 コロナウイルス 新型肺炎 の終息 収束 期間はいつ?MERSの場合 MERSの場合をみてみましょう。 MERSが発生したのは2012年9月です。 発生国はサウジアラビアでした。 しかし、 このとき感染拡大はしていません。 MERSの場合も自然宿主はコウモリであるとされ、媒介したのはラクダでした。 やはり動物からヒトへの感染でしたね。 最初の感染者は、2015年4月29日から5月3日までバーレーンをはじめとする中東に出張後、5月4日に仁川国際空港を通じて帰国した、韓国の68歳の男性です。 感染していたことを知らずに帰国。 この男性の 発症は5月11日でした。 さらに、この男性が入院していた病室のエアコンを通じて、院内感染が起こったことにより、韓国国内に感染が拡大してしまったのです。 感染のピークは2015年6月1日。 その後感染者数は減少し、韓国政府は2015年7月28日に「事実上のMERS終息宣言」を出しています。 しかしその後、2015年10月15日に同じ患者に再びMERS陽性反応が出たため、 WHOによる正式な終息宣言は、2015年12月23日に出されました。 発症から終息宣言まで7ヶ月以上かかっています。 コロナウイルス 新型肺炎 の終息 収束 期間を予想! コロナウィルスが原因となって発生したSARSとMERSを参考に、今回の新型コロナウイルス肺炎の終息も、 7〜8ヶ月ほどかかるのではないかという声もあります。 1月30日までに、中国での感染者数は4000人を超え、死者数は170人を超えました。 新型コロナウイルスによる中国での死亡者数累計推移。 効果があるとみて既存薬を投与する動きもでてきましたが、治療法の開発は途上で、解明に向けた国際協調も求められている状況です。 nikkei. 東京オリンピックの開催日は7月24日です!! ちなみに WHOが終息宣言を出す基準は、 『ウィルス患者がいなくなってから28日間経過すること』 となっています。 逆算すると、最低でも6月20日〜25日頃にはウィルス患者がいない状態になっていなくてはなりません。 こうして冷静に考えると、特効薬の完成を期待して待つよりは、Sarsの時と同様に 感染が確認された 患者の隔離と、検疫の徹底強化により終息するという方法が、一番的確なのでしょうね。 結論として、 個人にできる「感染を未然に防ぐ」ことが一番早い終息への道のようです。 現時点での による肺炎:致死率約3% インフルエンザ:致死率0. SARSの終息宣言は、2003年7月5日です。 発生から、約8ヶ月後の終息でした。 サウジアラビアで発生したMERSは、発生が2012年5月でしたが、発症者か出たのは2015年5月でした。 WHOによる正式な終息宣言は、2015年12月23日。 発症から終息宣言まで7ヶ月以上かかっています。 このことから今回の新型コロナウイルスの終息期間を予想すると、やはり7〜8ヶ月はかかるだろうという声もあります。 「感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)」 が、世界保健機関(WHO)などと連携し、新型ウイルスのワクチン開発に乗り出しましたが、 臨床試験を始めるのは、今夏が目標だということで、到底、今夏の東京オリンピックまでに特効薬の開発が間に合うとは思えません。 特効薬の完成を期待して待つよりは、Sarsの時と同様に 感染が確認された 患者の隔離と、検疫の徹底強化により終息するという方法が、一番的確なのでしょうね。 結論として、 個人にできる「感染を未然に防ぐ」ことが一番早い終息への道のようです。

次の

コロナウィルス(新型肺炎)の終息(収束)期間はいつ?SARSとMERSのデータから予想

コロナ 収束 は いつ

こんにちは。 トゥモローこと、橋口友比古です。 新型コロナウイルスが猛威を振るってますね。 毎日増えていく感染者数を見て、 不安になっている人も多いんじゃないでしょうか。 ここしばらくメルマガを書けていなかったので、 今日の本題に入る前に、 「コロナウイルスはいつ収束するのか」について、 お伝えしようと思います。 コロナが収束するには、 2つのパターンが考えられます。 1、ワクチンや治療薬が開発される 2、日本が、集団免疫を獲得する 1の、ワクチンや治療薬が開発されるには、 通常 1年から1年半かかると言われています。 実はすでに、ラットを使った実験で、 治療成分が見つかっています。 (コロナに効く成分ってやつです) ですが、それでもまだこれから、 1年以上かかるそうです。 というのも、 ラットで成功しても、そのあと、 実際に人間で治験を行って、 その効果や、副作用の有無を確かめて、 認可を通るまでに、めちゃ時間がかかるんだそうです。 人権の観点から見ると、 「治験」と「人体実験」は紙一重なわけで、 安全性を最大限に確保しながら、十分なデータを集めるという、 『強烈なブレーキ』が、ここにかかっているわけですね。 そうするともうひとつの、 2、日本が、集団免疫を獲得する というほうに注目が集まります。 風邪やインフルエンザは、 一度かかって治ってしまえば、 「抗体」ができるので、 同じ病気にかからなくなるわけです。 伝染病の怖いところは、 人から人に伝染していくときに、 複利のように、倍々ゲームに感染者が増えていくところで、 これが一定の数を超えると 「感染爆発」を起こすわけですね。 国民の6〜7割が「抗体」を持っていると、 感染爆発は起こらなくなるんですね。 この状態を、 「集団免疫の獲得」と言います。 一言で言うと、 「さっさとみんな、コロナウイルスにかかって、 治ってしまえばいい」 ってことです。 でも、そういうわけにはいかないのが、 「医療崩壊」の問題です。 新型コロナウイルスは、 10代〜60代は、 感染しても死亡率は0・数%と言われています。 70代以上で2〜3%、80代以上で10%だそうです。 実はそれほど死亡率は高くないんです。 ただし、イタリアのように、 感染爆発が起きてしまうと、 病院の受け入れキャパシティ以上に感染者が増えてしまうので、 「重篤患者数人に対して、人工呼吸器やECMOが1台しかない」 「どの患者の命を救って、どの患者を見捨てるか」 という、地獄のような状態になってしまいます。 この状態のことを 『医療崩壊』と呼びます。 医療崩壊してしまうと、死亡率はグンと上がってしまうわけです。 整理すると、今、日本が抱えているのは、 2つのジレンマです。 1、治療薬が開発されるまで経済活動自粛をすると、経済がメタメタになってしまう 2、早めに多くの人に抗体を獲得して欲しいけど、急に進みすぎると医療崩壊しちゃう この2つです。 ただ自粛をしているだけでは、 コロナで死亡に至る人より、自粛で職を失って自殺する人のほうが多い、 という本末転倒な状況に陥ってしまいます。 だから、 医療崩壊が起こらないくらいのペースに感染の拡大をコントロールしながら、 抗体が獲得されるか、治療薬が開発されるまで待っている、 というのが、現状です。 でもこのままだと、 1年以上かかっちゃうんですよね、今んところ。 そんな中でも、2つ希望があるのが、 「集団免疫の獲得を早める方法」と 「アビガン」です。 アビガンは、既存のインフルエンザの治療薬で、 すでに認可が下りている薬で、 「ある程度は新型コロナウイルスにも効きそうだ」 というデータもあります。 (効くと断定、まではされてない段階ですね) ですが、このアビガン、 もともと扱っている病院とそうでない病院があり、 「副作用」がある薬です。 患者が「同意書」にサインをしないと処方できない 条件付きの薬で、 服用した人が、その後出産をすると、 奇形児が生まれる可能性があるものなんですね。 (男性が服用しても同様の影響があるとされています) しかも、薬を服用してから、 その副作用がどれくらいの期間、体内に残るのか、 どれくらい経てば、その副作用が消えるのかの データも無いので、 「若者は服用をしないほうが無難」な薬だとも言えますよね。 アビガンが、 死亡リスクの高い高齢の感染者に、 「よく効く薬」だとすれば、 これが希望のあるニュースの一つ目。 もう一つが、 「集団免疫の獲得を早める方法」 ですね。 新型コロナウイルスって、かかっても、 無症状の人が一定確率でいるんです。 つまり、風邪の症状なんてひとつもなかったけど、 実はすでに感染して、体内で抗体ができている人、 というのも、すでに日本にいる、っていうことです。 この人たちは、すでに抗体を持っているので、 感染を爆発させる心配がありません。 なので、 「抗体キット」を開発して、 「抗体があると判定された人」から、 通常の経済活動に戻ってもらう、という考え方ですね。 さらに突っ込んで考えると、 今回のウイルスは、健康な若者にとっては、 風邪の一種に過ぎないわけですから、 「持病を持っている人」と「70代以上」を、 ポジティブな形で隔離して、 かかっても平気な人たちには、 普通の生活をしてもらう、という案も出ています。 この考え方はアメリカの一部の州では、 実行することを前提に、 具体的な方法論の議論が始まってます。 日本も、仮にそういう「成功例」が出ると、 「不安から来る、自粛同調圧力による停滞状態」から一歩進んで、 日本でこれを実行するにはどうしたらいいか、 という風潮が出てくるはずです。 今すぐには無理でも、 2〜3ヶ月後には 「1年間、今の状況を続けるのは、 明らかな自殺行為だ」 という『風潮』が出てくるはずです。 個人的な予想では、今の自粛は半年ほど、 その後、通常のモードに戻るのかな、 と考えています。 そうなるまでは、 「今の状況でできること」に集中しましょう。 嘆いていても、批判していても、 コロナは広がりますし、しばらく自粛ムードなのも変わりません。 自治体や政府のみなさんも、がんばってくれてますし、 今この瞬間に治療薬を開発してくれている人もいます。 僕らは、僕らにできることに集中です。 じゃあ、今、僕らにできることってなんでしょう? これが今日の本題です。 そして、この答えは、きっともう、 みなさんお分かりですよね。 笑 この件は、めっちゃしつこい男、トゥモローです。 そうです。 YouTubeですよ! YouTubeなら、コロナの影響なく、できますからね〜。 自宅で撮影、自宅で編集、自宅からアップロードで、 全世界に向けて発信ができます。 しかも、 後から自分に戻ってくるリターンも、 めちゃくちゃ大きいです。 チャンネルが成長すればするだけ、 YouTubeさんが、あなたのコンテンツを、 あなたをまだ知らない人にオススメしてくれますから。 一ヶ月ほど前には、 「トゥモローはYouTubeって言ってるけど、忙しいしな」 なんて思って、聞き流してた、そこのあなた。 働き方、もう一回考えてみてくださいね〜。 先日、 鈴木実歩さんにお呼ばれして、 「ゼロから始めるYouTube」について、 オンラインでセミナーをさせていただきました。 そのときの動画がなんと、 実歩さんのYouTubeチャンネルにアップされたようなので、 ぜひ、見てみてください。 笑 無料です。

次の