大河 ドラマ 渋沢 栄一。 作・大森美香、主演・吉沢 亮 日本資本主義の父・渋沢栄一を描く! 大河ドラマ 青天を衝(つ)け |NHK_PR|NHKオンライン

青天を衝け/キャスト相関図一覧とあらすじネタバレ紹介!随時更新

大河 ドラマ 渋沢 栄一

綺麗な顔立ちで今、人気急上昇中の吉沢亮さん。 2018年のViVi「国宝級イケメンランキング」では、見事1位を獲得しました。 そんな吉沢亮さんが、なんと、2021年の大河ドラマ のキャストに選ばれたのです。 しかも、主演なので驚きです。 若手俳優が、大河ドラマの主演に選ばれるなんて、なかなかないと思います。 これは、異例の大抜擢と言っても過言ではないでしょうか。 他にも、2021年の大河ドラマは「4Kフル撮影」という事でも、話題を集めています。 ドラマの内容も気になる所ですが、吉沢亮さんが、主演に選ばれた理由も気になりますよね。 そこで今回は、吉沢亮さん主演の大河ドラマの事や、その他のキャストについても調べてみました。 <スポンサードリンク> 吉沢亮主演の大河ドラマは? 吉沢亮さん主演の大河ドラマ とは、どんな内容のドラマなのでしょうか。 他にも、吉沢亮さん以外のキャストは誰に決まったのでしょうか。 大河ドラマ「 青天を衝(つ)け」 吉沢亮さん主演の大河ドラマは、「 青天を衝(つ)け」というタイトルです。 舞台は、幕末から明治にかけてになります。 幕末と言えば、徳川幕府が終わりを告げ、政権が天皇に変わる怒涛の時代ですね。 この時代は、戊辰戦争に函館戦争と、新政府との戦いも頻繁に起こっていました。 そんな時代を生き抜いたのが、今回の大河ドラマの主人公、渋沢栄一なのです。 吉沢亮演じる渋沢栄一とは 渋沢栄一は、江戸末期から明治時代にかけ、活躍し「資本主義の父」とも言われた方なのです。 渋沢栄一は、農民の子として生まれましたが、武士を目指します。 そして、政治の世界に飛び込んだと思えば、最後は実業家として生きていきました。 「 青天を衝(つ)け」は、新一万円札の顔に選ばれた、渋沢栄一の波乱万丈な人生を描いたドラマです。 今では当たり前の銀行から、「保険」「製紙」「鉄道」「ガス」「電気」などの仕組みを生み出しました。 まさに「日本の基礎」を作った、とも言える人なのではないでしょうか。 さらに晩年では、「ノーベル平和賞」の候補に二度も選ばれた実績を持ちます。 そんな凄い人を吉沢亮さんが、演じる事になりました。 大河ドラマのキャスト 「 青天を衝(つ)け」のキャストとして、主人公渋沢栄一役に吉沢亮さん他、「豊川悦司」さん「和久井映見」さん「草彅剛」さんの出演が決まっています。 ただ、まだ吉沢亮さん以外のキャストは、どの役を演じるのかなど詳しい事は発表されていません。 「 青天を衝(つ)け」のヒロインは、渋沢栄一の妻になると思います。 ただ、渋沢栄一は2度の結婚をしていますので、2人の女優が選ばれるのは?と言われています。 <スポンサードリンク> 吉沢亮主演の大河ドラマはいつから? 吉沢亮さん主演の大河ドラマ「 青天を衝(つ)け」は、いつから放送開始なのでしょうか。 「 青天を衝け」はいつから始まるの? 吉沢亮さん主演の大河ドラマ「 青天を衝け」の制作発表会は、2019年9月に行われたのですが、その翌年の2020年の大河ドラマは長谷川博己さん主演の「麒麟が来る」ですよね。 実はなんと、「 青天を衝け」は2021年1月放送予定なのです。 という事は、2年前から製作が始まり、放送開始より1年前には撮影に入るのでしょうか。 大河ドラマと言えば、ほぼ1年間の放送がありますからある意味納得ですね。 なぜ吉沢亮が大河ドラマの主演に選ばれた? 大河ドラマの主演と言えば、ほとんどが経験の長い俳優さんが選ばれると思うのですが、なぜ吉沢亮さんだったのでしょうか。 その新一札の顔は、渋沢栄一が70代の時のものなので、年配のイメージだと思います。 しかし、制作側の人たちは、渋沢栄一の事を調べた結果「若い」イメージが湧いたのだそうです。 そこで若い俳優の起用を考えていた所、吉沢亮さんが思いついたのだとか。 実際、吉沢亮さんの出演した舞台や、映画を観た製作総指揮の菓子浩さんは「この人だ!」と確信したのです。

次の

吉沢亮主演大河ドラマ!渋沢栄一役!子孫はイケメン?共演者は?

大河 ドラマ 渋沢 栄一

期待!大河ドラマ主演に抜てきされた吉沢亮 2021年の大河ドラマの制作・主演発表会見が9日にNHK放送センターで行われ、新たに制作が発表された「青天を衝(つ)け」の主演を務めるとともに制作統括のが登壇し、吉沢を抜てきした理由を明かした。 この日は、脚本を担当するも姿を見せた。 大河ドラマの第60作となる本作の主人公は、新一万円札の顔としても注目される渋沢栄一。 制作統括の菓子は、吉沢を渋沢役に抜てきした理由について「お札の肖像も歳をとってからのものですし、渋沢栄一というと完成された人というイメージがあると思うんです。 青春ということで、みずみずしくて若々しい渋沢像を作りたいと思った」と語る。 [PR] 続けて、菓子は「ですから、お願いする役者さんも20代で活躍されていて、お芝居を託せる方を探していて。 そのときに見つけたのが吉沢さんでした」と述懐。 そんな菓子は、吉沢が出演した映画『』『』や舞台などを観て「高い演技力に注目していましたので、お迎えすることができて嬉しいです。 吉沢さんが演じる渋沢で、パワフルでチャーミングな大河をお届けしたい」と晴れやかな顔を見せた。 また脚本を担当する大森は、大河ドラマを手掛けるのは今回が初となる。 「(連続テレビ小説の)『あさが来た』を書いていたときに、後年の渋沢が出てきて、そのときに調べてみるとこんなに面白い方なのかと思っていました」と振り返る。 そして「もし私が大河を書くなら幕末をやりたいと思っていたのですが、渋沢さんなら農民だったり尊皇攘夷の志士だったり、徳川慶喜の家来としてフランスに行ったりと、いろいろな経験のある方なので、違った視点から幕末を描けると思いました」とコメント。 さらに大森が「お札のイメージの渋沢さんだけではなく、いろんな時代を駆け抜けたフレッシュな方ということで、吉沢さんと一緒にここから頑張らないとな、という気持ちです」と意気込むと、一方の吉沢も「渋沢さんについて、もっと掘り下げていきたいと思います」と気合いを入れていた。 (取材・文:壬生智裕) 大河ドラマ「青天を衝(つ)け」は2021年1月より放送スタート.

次の

渋沢栄一とは 簡単にいうと?「青天を衝け」2021年NHK大河ドラマ

大河 ドラマ 渋沢 栄一

大河ドラマを担当するのが初めてという大森美香さんは、「幕末ドラマを今までにない目線で描けないか」と、考えていました。 そこで渋沢さんです。 近代の実業家として有名な渋沢栄一さんですが、そうなる以前は埼玉深谷の【農民】、またあるときは農作物を売る【商人】、またあるときは【尊王 攘夷 の志士】、またあるときは将軍に仕える【幕臣(武士)】として、幕末から新時代の荒波を生き抜いた貴重な方です。 2015年の連続テレビ小説「あさが来た」では渋沢さんを、主人公を導く【銀行の神様】として描かせていただきましたが、今度は神様ではない、青空を衝く勢いで時代を駆け抜けた、血気盛んな人間味あふれる一人の男として、カッコいい面も、そうでない面も、丁寧に描いていけたらと思っています。 と語っています! あらすじ 官尊民卑 かんそんみんぴ なんて、くそくらえ。 百姓からの脱却を決意!栄一は、藍染めの原料となる藍玉づくりと養蚕を営む百姓の家に生まれました。 頭の回転は早いのですが、大人や権力にものおじしないやんちゃ坊主に育ちます。 商才に 長けた父・市郎右衛門の背中に学び、栄一は商売のおもしろさに目覚めていきました。 しかし17歳のころ、人生を変える最初の事件が起こります。 御用金を取り立てる代官に刃向かい、理不尽に罵倒されたのです。 栄一は、官尊民卑がはびこる幕府の身分制度に怒りを覚え「虐げられる百姓のままでは終われない。 武士になる」と決意! 目指せ、攘夷の志士!ところが計画中止、追われる身へ・・・。 栄一は、 従兄の 惇忠や喜作とともに、尊皇攘夷に傾倒していきます。 栄一たちは江戸に出入りして同志を集め、ある暴挙を企てました。 高崎城を乗っ取り、横浜の外国人居留地を焼き討ちするという一大攘夷計画です。 ところが、京の情勢に通じた惇忠の弟・長七郎の猛反対にあい、実行前夜にしてあえなく断念。 逆に幕府に追われる立場となり、喜作とともに京へ逃げます。 そんな彼らに助け船を出したのは、一橋慶喜の側近・平岡円四郎です。 一橋家の家臣となるか、幕府に捕らわれて死ぬか、という二者択一を迫られました。 心ならずも幕臣に。 パリ行きが人生を開く!栄一は持ち前の商才で一橋家の財政改革に手腕を発揮し、慶喜の信頼を得ます。 ところが、慶喜が将軍を継承したことで、倒幕を目指すどころか幕臣になってしまいました。 失意の栄一に、またとない転機が。 パリ万国博覧会の随員に選ばれたのです。 産業発展めざましいフランスに渡った栄一は、「株式会社」と「バンク」の仕組みを知り、さらに官と民が平等である社会に大きな衝撃を受けます。 「攘夷なんてとんでもない。 民間が力を発揮する西洋の国づくりを日本も吸収すべきだ!」。 そんな折、日本から大政奉還の知らせが届き、無念の帰国へ・・・。 まさかの新政府入りで、続々改革。 33歳でいよいよ民間へ。 帰国後、様変わりした日本に衝撃を受ける栄一。 約260年続いていた徳川の時代はすでに終わり、惇忠や喜作は「 彰義隊」を結成。 戊辰戦争、そして函館戦争と新政府軍との戦闘を続けていました。 栄一は、静岡で 隠棲する慶喜と再会し、身をやつした姿に涙。 そして、民間に身を置きながら、慶喜をそばで支えることを決意しました。 しかし突然、明治新政府から大蔵省への仕官を命じられて上京。 「 改正掛」を立ち上げ、租税・鉄道・貨幣制度など次々と改革を推し進めること3年半。 栄一はある決意を胸に辞表を提出しました。 このとき、33歳。 幼いころから家業である藍玉の製造・販売や養蚕を手伝い、商才を磨きます。 農民から攘夷の志士を目指し、一橋家の家臣から幕臣、明治新政府への仕官を経て、実業家に転身。 幕臣として渡ったパリ時代に、株式会社やバンクの仕組みを学び、帰国後に合本組織「商法会所」を立ち上げ、日本初の銀行「第一国立銀行」の設立に尽力しました。 生涯で約500の企業の育成に関わり、女子教育の普及など約600もの社会公共事業に貢献。

次の