がむしゃら 意味。 「ストイック」って褒め言葉なの?「がむしゃら」という訳は正しい?疑問を解決します!

「がむしゃら」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

がむしゃら 意味

Contents• ストイックの意味とは?わかりやすく解説 ストイックを日本語で表現すると、どんな言葉になるのでしょうか。 まずは和訳ベースで意味を考えていきましょう。 ストイックとは「禁欲的」という意味 ストイックとは、禁欲的という意味。 禁欲的とは、欲望を抑制し、耐え忍ぶことです。 真っ先に思い浮かぶのは減量期間のプロボクサーでしょう。 私達一般人が、ただ単に食事を抜いてダイエットをするのとはわけが違います。 というのも減量する一方で、筋肉や持久力はできる限り維持する必要があるからです。 ボクサーでなくとも、1日や2日程度であればこなせる人はいるかもしれません。 しかしボクサーの場合は計量日まで何ヶ月もの間、想像を絶するメニューをこなしているのです。 ストイック「stoic」の語源に迫る ストイックの語源は古代ギリシャ哲学における一学派、ストア派の生活態度に由来します。 ストア派の戒律は非常に厳格で、自らの欲望を徹底的に抑え込みます。 ストア派の姿勢や態度にちなんで、「ストア派のような姿勢・態度」という言い回しが誕生したのです。 ストア派のよう、すなわち禁欲的という形容表現ですね。 「がむしゃらに」という意味は間違い? ストイックを「がむしゃらに」と解釈する考えもあります。 やや意訳の要素がありますが、間違いともいえません。 がむしゃら(我武者羅)とは、一つの目的に向かって夢中で取り組むこと。 一心不乱と同義ですね。 言葉の単位で考えれば禁欲的であることと、がむしゃらであることは必ずしもイコールではありません。 しかし日本語表現上では、ストイックはがむしゃらという意味合いで使われることがあるのです。 日常生活でストイックを正しく使うには?使い方を例文で確認 ストイックは日常生活でも使われる言葉です。 誤用を防ぐためにも、正しい使い方を身につけましょう。 用法を例文付きで紹介します。 ストイックに生きる ストイックに生きるとは、禁欲的に生きるという意味です。 がむしゃらに生きるというよりも、自分を律して理性的に生きるという意味合いが強い表現といえます。 ボクシングは自分との戦いで決まるスポーツなので、プロのボクサーは誰もがストイックだ。 中でもチャンピオンになった人達は、誰にも真似できないほどのトレーニングを積んでいる。 ストイックの類語や言い換えをチェック ストイックには類語や言い換え語がいくつかあります。 代表例を3つ紹介します。 無欲・克己的 無欲・克己的とは、欲がなく己を制している様をいいます。 克己というと難しく聞こえますが己を克服する、つまり自分に打ち勝つという意味ですね。 一心不乱・没頭 一心不乱や没頭もストイックの類語です。 他のものに目もくれず、一つの物事にひたすら打ち込むことを指します。 一生懸命 一生懸命は全身全霊に近い意味合いで、命を懸けるような意気込みで物事に取り組むことです。 ストイックの対義語をチェック ストイックには対義語も存在します。 代表的なものを3つ紹介します。 貪欲・強欲・欲張り 貪欲・強欲・ 欲張りとは、いずれも自分の欲を丸出しにする様を表します。 欲求を抑えきれないという意味で、禁欲的とは正反対の言葉ですね。 エピキュリアン エピキュリアンとは快楽主義者・享楽主義者のこと。 エピキュリアンは古代ギリシャの哲学者、エピクロスの教義に由来します。 人生の目的は精神的快楽にある、というものです。 つまりエピクロスの教えに共感した人々を、エピキュリアンというわけですね。 快楽主義的 快楽主義的とはエピキュリアンのような、という形容表現です。 つまり、エピキュリアンのように快楽や享楽を追求している様を快楽主義的といいます。 ストイックな生活はどうすれば送れるの? ストイックな生活なんて、普段は縁のないものだと思いがち。 確かに、普通の人がいきなり明日からボクサーやボディビルダーと同じライフスタイルを実践するのは無謀です。 とはいえ、誰にでもストイックに生きるチャンスはあります。 必ずしもボクサーのような専門家になることが条件ではありません。 ストイックの類語として、克己的という言葉があります。 ただ単に禁欲といっても、アプローチの仕方はイメージしにくいものです。 克己とは己を律し、自らを克服すること。 つまり自分の欲を抑え、制御することが肝心なのです。 ストイックには一心不乱や一生懸命という意味もあります。 しかし語源に立ち戻ればわかる通り、一番大事なのは自らの欲を抑え、理性を保つことです。 克己の精神を持ち、実践することによってストイックな生活を送ることができるのです。 ダイエットにせよスポーツにせよ、自分との戦いは必ずついて回ります。 ストイックってかっこいい!?褒め言葉なの? 現代日本において、ストイックであることはカッコいいとみなしてよいでしょう。 文明・経済ともに発達しており、不便なことはできる限り排除していくのが現代日本です。 日本では手を伸ばせば届く範囲で、あらゆる欲や享楽が存在しています。 衣食住をはじめ、娯楽・エンターテイメントなど枚挙に暇がありません。 ところで反対語として紹介したエピキュリアンの本質は、享楽を追求することですよね。 ストイックとは、享楽と真逆の生き方をするということ。 つまり、自ら進んで享楽を放棄するに等しいのです。 大げさにいえば、日本においてストイックであるということは苦行に等しいのです。 並大抵の精神力では達成できないばかりか、想像や挑戦すら危ぶまれる。 ストイックな生き方とは、それほどに困難だと考えられています。 つまりストイックであることがカッコいいというのは、実践者の強靭な精神力を称えているわけですね。 やはり、ストイックとは褒め言葉なのです。

次の

がむしゃら(我武者羅)

がむしゃら 意味

では、この「がむしゃら」とはどう意味なのでしょうか? がむしゃらの意味 脇目も振らずにひたすら突き進んで行動するという意味。 辞書には「がむしゃらに勉強する」と書かれてあります。 一つの目的に向かって脇目も振らずに突き進んでいくので 「がむしゃらに取り組んでなんとか目標達成した」などで使われています。 がむしゃらの語源 がむしゃらの語源は不明確ですが、次のような説があります。 1、わがままな武者による説。 2、我が強い意地っ張りな人による説。 3、我貪(がむさぼり)が変化した説。 <わがままな武者による説> がむしゃらは漢字で「我武者羅」と書き、我は「我がまま」から来ているので 我がままな武者がむちゃくちゃに行動することから出たとされています。 <我が強い意地っ張りな人による説> 我の強い人間が、自分の主張を曲げようとしない意地っ張りな人で その人が「むしゃくしゃ」「むちゃくちゃ」な人だったことから、連想しているのではないかとされています。 <我貪が変化した説> がむしゃらとは「貪る(むさぼる)」ということでもあるため 我貪の「がむさぼり」という読みが変化して「がむしゃら」となったのではないかと言われており 3説の中ではこの説が有力とされています。 -- 以上、がむしゃらの意味と語源とはでした。

次の

「ストイック」って褒め言葉なの?「がむしゃら」という訳は正しい?疑問を解決します!

がむしゃら 意味

> がむしゃらに働くことに意味はあるの?働く理由について考える がむしゃらに働くことに意味はあるの?働く理由について考える 作成 2017年4月24日 (2017年10月24日更新) 「がむしゃらに働くことは大切!。 」すっかりと大人になった人は、20代のこれから働く人達に向けてこんなことを言ったりしますね。 さも、自分はすでにそれを成し遂げたかのように・・・。 誰だって辛いことは嫌なもの。 できれば避けたい。 そんなことは当たり前です。 それなのに、「がむしゃらに働くこと」は、美化された側面を持ち、経験すべきこととして推奨されます。 言葉どおり受け止めてよいものか?何かの罠なのか?用心したくなりますね。 Contents• がむしゃらに働くとはどういうことか そもそもがむしゃらに働くとはどのような状態のことを指すのでしょうか? 朝礼前の8時に出勤し、終電間際の11時まで、1日14時間くらい勤務し、土日もほぼ出勤。 数をこなす作業に黙々と取り組み、先輩に言われたらすぐに動く。 できないと思うことも全力を尽くして、うまくいかなくても何度も挑戦する・・・ そんな働き方を想像します。 でも、本当にこれを実行できる人っているのでしょうか?やろうと思って一生懸命になっても、なかなかできることではありません。 思っているほど仕事はできていない 人間の集中力はたかが知れています。 1時間みっちりと集中できることなんて、稀でしょう。 1日に14時間、会社にいたとしても、先輩からの指摘を話半分で聞いている時間や、考えることはすくない作業をしている時間など、フルパワーではないことが多くの時間を占めているはずです。 長時間労働によって、体も頭も確かに疲労しますが、相応の成果が伴っているとは限りません。 一生懸命やっていて、気づいたら時間がたっていた・・・という人が多いのではないでしょうか。 もし、がむしゃらに働くことによって、自分一人の力で毎日、何万円、何十万円もの利益を出せていると実感できたならば、サラリーマンなんてとっくに辞めているでしょう。 作業をしてはいるけれども、これでいいのかわからない。 だからこそ、とりあえず、時間めいいっぱいやるしかない。 そんな状況がみえてきます。 辛くなった時にみえてくるもの たとえ話としてよくあげられるのが、筋トレの話です。 「もうだめだ」と思ったときにあと何回かやること・・・極限状態で取り組む数回の筋トレに意味があって、そこまでのプロセスは準備段階に過ぎない・・・。 仕事においても、同じようなことが言えます。 とにかく全力でやってみて初めて「このやり方じゃダメだ」とか、「これってもしかして・・・」という気づきが訪れる。 そういうことがあるのは事実ですが、やれば必ずそういう得られるものがあるとも限りません。 でも、追い込まないことには始まらないんですよね。 まぁ要領の良さや運などもありますが、辛い状況には、そういう、魔物のような意味はありますね。 取り組めることがある幸せ 人生は長い暇つぶしともいえます。 年を取って、気力も体力もなくなったならば、仕事をする楽しさは持てません。 何らかの仕事を任され、指示された作業や使命があって、それを行うことでお金を得て生活をしていく・・・。 これは、人生の中でも、教育を修了した大人から体が動かなくなる老人の手前までの 限られた期間にだけできる活動です。 病気で働けない人などの発言からも、 健康で働けることの幸福さは見聞きすることがあるでしょう。 自分の意志でがむしゃらに働くことのすすめ ブラック企業の過酷な労働や、それによって、心や体の調子を壊してしまうニュースが増えてきています。 辞めたくても辞められない状況に陥ってしまい、正しい判断ができなくなったり、自分をコントロールできなくなると、危険です。 自分の限界をある程度把握していて、頑張りたいからがむしゃらに働くというのであれば、よいのかもしれません。 と言っても、限界を知るためには、無茶をして倒れる経験なども必要なのかもしれませんが・・・。 うつ病になったり自殺をしてしまったりという取り返しのつかないことになる前に、仕事はいくらでもあるから、いつでもやめればいいという最後の予防線を張っておければいいですね。 そういうしたたかなことも含めて、 がむしゃらに働くということは経験のひとつです。 がむしゃら具合やそれによって得たものも人によってそれぞれですが、「やってみよう」と取り組むことには、価値はあるでしょう。 人生において、働く時間はそれなりに長くあります。 ずっと楽な仕事をすることや、だらだらと働くことは、最高に楽しいことでは決してありません。 どこかで、がむしゃらに働く時期がくるのなら、早めに経験しておくことで、 その後の働き方の選択肢が広がります。 人気記事.

次の