ブラッド オレンジ ワイン。 成城石井 ブラッドオレンジジュース 1000ml

ブラッドオレンジ・ヴィタ・ヴィーノ

ブラッド オレンジ ワイン

「アポロン」とはギリシャ神話の太陽神。 オリンポスの主神ゼウスと最も心優しき女神レトとの子が太陽神「アポロン」と言われています。 現在、天吹酒造では「風神」「雷神」という日本の古来からの天に纏わる神様の名前をお借りしていますが、今回は日本酒とブラッドオレンジという東洋と西洋の粋が相交わることで太陽神「アポロン」の名を冠すこととなりました。 燦々と煌めく太陽に育まれ成熟するイタリア産ブラッドオレンジ。 イタリア国旗を連想させる情熱的な"ラテンの赤"と、独特の風味が特長の、個性派オレンジの代表格です。 真っ赤な色の秘密は「アントシアニン」という色素にあります。 赤ワインのサラサラ成分としても知られるポリフェノール 抗酸化物質 の一種で、視力や肝機能にも役立つといわれています。 天吹酒造の最大の特徴「花酵母」の日本酒とイタリアの「ブラッドオレンジ」が出会い、ここに新たな梅酒が誕生しました。 燦然と輝く太陽の光を一身に浴びたブラッドオレンジは果肉にその太陽の赤々しさを表し、豊熟された味わい、濃厚な甘酸っぱさ、感度を燻 くすぶ る魅惑的な香り、そしてホロ苦さもありつつ快楽にも似た余韻…。 花酵母の名手「天吹」の新たな世界をお楽しみください。

次の

世界中で大流行!オレンジワインとは?

ブラッド オレンジ ワイン

国産もある? ブラッドオレンジの産地と旬について ブラッドオレンジの産地として代表的なのは原産国の イタリアと、イタリアからもたらされ栽培がスタートした アメリカです。 加えて日本国内では 愛媛、和歌山といった地域で作られた国産のブラッドオレンジが出回っています。 国内ではイタリア産のブラッドオレンジはほとんどジャースに加工されて輸入されますが、その多くがタロッコ種を使用したものです。 生食用ではアメリカ産のモロ種と国産のタロッコ種、モロ種が旬の時期に流通しています。 アメリカのモロ種は年明けから春先頃までが旬です。 一方の国産はモロ種が2月ころから春先に流通、タロッコ種が3月から5月頃までを目安に流通します。 流通量は他の柑橘類と比べると少なめで、置いてあるお店は比較的限られているといえるのではないでしょうか? Amazonでの買い物の機会が多い方はいちどAmazonチャージでAmazonギフト券で買い物するのがオススメ。 じつはいま 現金で5000円以上チャージするとチャージ額の最大2. 特にプライム会員だともらえるポイントが多くなるので、とよりおいしいです 1ヶ月の無料お試し期間中でも適用! で初回チャージのさいに1000円分のポイントまでついてきます。 現金払いなどいくつかチャージするさいの注意点はありますが、Amazonで買い物される方はメリットしかないのでぜひチェックしてみましょう。

次の

天吹 ブラッドオレンジ梅酒 『アポロン』 720ml

ブラッド オレンジ ワイン

宇和島産ブラッドオレンジを使用したフルーツワインを発売する(16日、松山市) JAえひめ南(愛媛県宇和島市)は宇和島産のブラッドオレンジのみを使用したフルーツワインを開発し、23日から県内の飲食店などで発売する。 同JAは、糖分を加えず同オレンジ果汁だけで醸造したワインは世界でも初めてとしている。 フルーティーで飲みやすいとして女性らにPRし、産地の知名度向上を図る。 「ブラッドオレンジフルーツワイン」は1本300ミリリットル入りで2500円。 2019年に収穫した果実10トンを原料に6000本製造した。 赤い果肉が特徴のブラッドオレンジは、愛媛県が全国の生産量シェアの9割以上を占める。 同JAでは19年に栽培面積約32ヘクタールで335トンが生産された。 ワインは知名度向上を狙った同JAなどが、6年かけて開発した。 同オレンジの糖度は12度前後で、ブドウの20度以上に比べると低い。 糖分を加えずに醸造するのは困難だったが、果汁を濃縮することで商品化に成功したという。 秋田県内の企業が製造し、同JAと卸売業の名門サカイ(宇和島市)が販売を手掛ける。 愛媛県内のほか、東京などの飲食店や百貨店での提供を目指す。 同社の松為教輔社長は「ワイン好き以外にも、低アルコールを好む層にも楽しんでもらえたら」と話す。

次の