ズーム パソコン 使い方。 Zoomズームの使い方【基本編】部屋の立ち上げ方や操作方法を簡単に紹介します!

無料のWeb会議ツール「Zoom(ズーム)」の使い方【テレワーク】

ズーム パソコン 使い方

もくじ• 内蔵カメラは液晶モニターの上部に埋め込まれており、モニター自体がカメラのモニターの役割を兼ねています。 インターネット環境が整っている場所であれば、モニターを通じて(正確にはカメラ)フェイスチャットを行うことができます。 「顔を見ながら話す必要性がない」「チャットする機会がない」という方もいるかもしれませんが、ビジネスでノートパソコンを使う場合には、マシンの使用範囲がさらに広がるのでビジネスマンには特におすすめです。 例えばカメラを使って単純にデジタルカメラの代わりに利用したり、もしくは在宅で作業をしているようなリモートワークのビジネスマンなら、カメラを使って取引先と顔を見ながら打ち合わせをすることもできます。 スピーカーとマイクも駆使して大規模な会議にも対応できる 前の章では、ビジネスシーンでのチャットにも使える、とお話しました。 担当者との打ち合わせのほかにも、大人数での会議でもカメラを使うことができます。 例えばどこか大きな会議室で打ち合わせをする場合、大勢の人が同じ室内にいる場合はスピーカーを設定しておきます。 するとイヤホンやヘッドセットを使わなくても、ノートパソコンのスピーカーから声が聞こえてくるので便利です。 同時に発言する側はマイクを設置することで周囲の音が拾いやすく、不特定多数の人が発言しやすくなります。 頻繁に会えなくても顔を見ながら話すことができるので、電話のように「顔が見えないから寂しい」「もっと孫と会いたい」といった場合でも不自由することなく会話ができます。 カメラを使うときはソフトを起動させて会話をする必要がありますが、大抵のソフトは無料でダウンロードができるうえ、インターネットを通じた会話するので無料でコミュニケーションができるのも魅力のひとつです。 Skypeやメッセンジャーを使えばもっと便利に! ノートパソコンの内蔵カメラを使うときはフリーの会話(チャット)用ソフトを使用しましょう。 大半のソフトが無料で手に入るので費用は必要ありません。 またWi-Fi環境でなければ、映像どころか音声もままならないことがあるので回線が強い環境で使いましょう。 Wi-Fi環境が確保できたらソフトをダウンロードしましょう。 有名どころではSkypeやYahoo! メッセンジャー、Apple製品の場合はFaceTime(Apple製品に内蔵済)などがあります。 これらを介してチャットを行います。 どのソフトもチャットへの接続は簡単にできますので、各ソフトの説明に従ってつなげてみましょう。 つなげる場合は通話する相手も同じソフトをたちあげている必要がありますので、事前に会話する日時を決めておくとスムーズです。 ビジネスシーンで活用されるWEB会議ツールZoomとは? 上に挙げたソフトの他に、特にビジネスシーンで活用されるものとして、WEB会議ツールのZoomがあります。 Zoomは、複数人でのWEB会議を快適に行うことができるツールで、参加者が別々の場所にいる場合であっても、オンライン上でミーティングを実施することが可能になります。 Zoomでは、参加者がそれぞれカメラとマイクを使って、オンライン上のWEB会議でやり取りをします。 そのため、内蔵カメラを使えば、自身の顔を映しながら参加することができます。 リモートワークをしている時などでも、お互いの顔を見ながら複数人でのミーティングを行うことができるため、よりスムーズなコミュニケーションが実現します。 こういった背景から、活用される機会がとても増えているツールです。 Zoomには、さまざまな拡張機能が使える有料プランがありますが、無料でも十分に基本的な機能を使うことができます。 まずは無料アカウントで、ZoomでのWEB会議を試してみると良いでしょう。 どう使い分ける?ZoomとSkypeを比較 従来から広く使われているSkypeと、近年になって利用される機会が増えたZoom。 この2つの通話ソフトの使い分けに悩まれる方もいるかもしれません。 Skypeは、個人のアカウント同士で繋がるビデオ通話ソフトです。 もちろんグループ通話をすることもできますが、参加者がお互いのIDを事前に登録しておく必要があります。 一方、Zoomは個人のアカウント同士でのID登録が不要です。 招待URLのクリックもしくはミーティングIDの入力によって、オンライン上の会議室に集合する形を取っていることが大きな特長です。 同時に参加できる人数は、Skypeは最大25人、Zoomは最大50人。 また、Zoomには録画・録音やホワイトボード共有などの機能があります。 Skypeに比べ、Zoomはビジネスシーンでの活用を想定した機能が充実しています。 このような特長を踏まえ、目的や場面に応じて使い分けるのがベストと言えるでしょう。 いかがでしたか? ビジネスマンやフリーランサーにとって、インターネットを介して打ち合わせや会議ができると、仕事範囲が格段に広がってビジネスチャンスにもつながりますよね。 普段は目立たない内蔵カメラですが、いざという時は役に立つすぐれもの。 ぜひこの機会に、カメラを活用してみてはいかがでしょうか。

次の

【初心者向け】web会議システムzoom(ズーム)の使い方

ズーム パソコン 使い方

スポンサードリンク パソコン版のZoom を起動させる方法について 基本的な設定は、パソコンが自動的にやってくれるので不要です。 インストール後には、すでに通話・ビデオ会議が出来る状態なので、すぐにでもWEB会議を始めることができます。 パソコンメニューの中から「Start Zoom」を起動させます。 起動させると、以下のような画面が表示されます。 これからたくさんお世話になる、Zoomのスタート画面です(2020年4月3日時点)。 新規ミーティング 新規ミーティングのボタンをクリックすると、すぐにミーテイングが開始されます。 会議室IDが用意されていますので、WEB会議に参加する方にお伝えしましょう。 Zoomは、「会議ID」というものが必要です。 会議IDは、その名の通り「会議室の数字のこと」です。 同じお部屋(会議ID)に招待をすることで、はじめてWEB会議が可能になります。 会議IDを手に入れる方法は4つあります。 例えば、毎日同じ時間に定例ミーティングを開催するときには不向きなので、 定期で開催する場合は、「マイ個人ミーティングIDを使う」か、 「定期ミーティングのスケジュールでID」を発行して、お互いに共有しておきましょう。 参加 このボタンは、すでに開始している通話(WEB会議)に参加したい場合に選択します。 招待URLを入力すると通話に参加することができます。 セミナー主催者から連絡をいただくなど、一般的にはZoomのホストから連絡が届きます。 スケジュール 通話のスケジュール作成に使用します。 日時を決めてスタートする場合に、事前に参加者にメッセージを作成します。 定例ミーティングを行う場合、WEB会議を行う場合に便利です。 画面共有 通話機能ではなく、画面のみ公開したい時に使用します。 初めての方は、使う機会は少ないと思います。 以上の4つです。 分かりやすいメニュー表示なので簡単にスタートできます。 会議開始前に、ビデオのオン・オフ、音声のミュートの方法など、基本操作を習得しておくことをおすすめします。 スポンサードリンク 基本的なZoomの使い方・操作方法 では、Zoomのミーティングを開始しましょう。 「新規ミーティング」をクリックすると以下の画面が表示されます。 「コンピューターでオーディオに参加」の方を選択します。 下記の画面に遷移します。 接続するイヤホンやスピーカーについてもこちらで設定します。 相手と画面共有する時、リモート操作の時に使います。 個別メッセージのやり取りもできます。 このボタンをクリックするとミーティングを終了するか退出しますか?と出てきます。 状況で選択し、終了させましょう。 スポンサードリンク Zoomのトラブルシューティング・ヘルプ・解決法 音が出ない時は慌てずに対処しましょう。 動画の画面共有で音声も共有させるにはひと手間必要!! わりと多いトラブル「雑音」「ハウリング」 Zoomで主催者になってミーティングを開催してみよう ミーティングIDについて知ろう!! ミーティング中の便利機能!!Zoomの魅力的な機能を活用しよう!! 招待がきたらZoomミーティングに参加してみよう 有料版Zoomへアップグレードする方へ 無料版でも十分な機能を兼ね備えていますが、制限などで不便を感じる方もいるでしょう。 有料版をお考えのかたは是非こちらを参考にしてみてください。 有料アカウントでのオススメ機能【共同ホスト】について まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は Zoom初心者必見!!パソコン版Zoomの基本的な機能と操作方法を簡単解説ということで簡単に基本操作をご紹介いたしました。 Zoomの立ち上げはとてもシンプルなので簡単に通話を始めることができます。 まずは基本操作をマスターしZoomを使いこなしてみてください。 こちらの記事もおすすめです.

次の

【Zoomアプリの使い方】スマホを使ったWeb会議の開催と参加方法|Zoom×日商エレクトロニクス

ズーム パソコン 使い方

スポンサードリンク パソコン版のZoom を起動させる方法について 基本的な設定は、パソコンが自動的にやってくれるので不要です。 インストール後には、すでに通話・ビデオ会議が出来る状態なので、すぐにでもWEB会議を始めることができます。 パソコンメニューの中から「Start Zoom」を起動させます。 起動させると、以下のような画面が表示されます。 これからたくさんお世話になる、Zoomのスタート画面です(2020年4月3日時点)。 新規ミーティング 新規ミーティングのボタンをクリックすると、すぐにミーテイングが開始されます。 会議室IDが用意されていますので、WEB会議に参加する方にお伝えしましょう。 Zoomは、「会議ID」というものが必要です。 会議IDは、その名の通り「会議室の数字のこと」です。 同じお部屋(会議ID)に招待をすることで、はじめてWEB会議が可能になります。 会議IDを手に入れる方法は4つあります。 例えば、毎日同じ時間に定例ミーティングを開催するときには不向きなので、 定期で開催する場合は、「マイ個人ミーティングIDを使う」か、 「定期ミーティングのスケジュールでID」を発行して、お互いに共有しておきましょう。 参加 このボタンは、すでに開始している通話(WEB会議)に参加したい場合に選択します。 招待URLを入力すると通話に参加することができます。 セミナー主催者から連絡をいただくなど、一般的にはZoomのホストから連絡が届きます。 スケジュール 通話のスケジュール作成に使用します。 日時を決めてスタートする場合に、事前に参加者にメッセージを作成します。 定例ミーティングを行う場合、WEB会議を行う場合に便利です。 画面共有 通話機能ではなく、画面のみ公開したい時に使用します。 初めての方は、使う機会は少ないと思います。 以上の4つです。 分かりやすいメニュー表示なので簡単にスタートできます。 会議開始前に、ビデオのオン・オフ、音声のミュートの方法など、基本操作を習得しておくことをおすすめします。 スポンサードリンク 基本的なZoomの使い方・操作方法 では、Zoomのミーティングを開始しましょう。 「新規ミーティング」をクリックすると以下の画面が表示されます。 「コンピューターでオーディオに参加」の方を選択します。 下記の画面に遷移します。 接続するイヤホンやスピーカーについてもこちらで設定します。 相手と画面共有する時、リモート操作の時に使います。 個別メッセージのやり取りもできます。 このボタンをクリックするとミーティングを終了するか退出しますか?と出てきます。 状況で選択し、終了させましょう。 スポンサードリンク Zoomのトラブルシューティング・ヘルプ・解決法 音が出ない時は慌てずに対処しましょう。 動画の画面共有で音声も共有させるにはひと手間必要!! わりと多いトラブル「雑音」「ハウリング」 Zoomで主催者になってミーティングを開催してみよう ミーティングIDについて知ろう!! ミーティング中の便利機能!!Zoomの魅力的な機能を活用しよう!! 招待がきたらZoomミーティングに参加してみよう 有料版Zoomへアップグレードする方へ 無料版でも十分な機能を兼ね備えていますが、制限などで不便を感じる方もいるでしょう。 有料版をお考えのかたは是非こちらを参考にしてみてください。 有料アカウントでのオススメ機能【共同ホスト】について まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は Zoom初心者必見!!パソコン版Zoomの基本的な機能と操作方法を簡単解説ということで簡単に基本操作をご紹介いたしました。 Zoomの立ち上げはとてもシンプルなので簡単に通話を始めることができます。 まずは基本操作をマスターしZoomを使いこなしてみてください。 こちらの記事もおすすめです.

次の