新型 コロナ 市販 薬。 新型コロナウイルスと市販薬について。

新型コロナウイルスと市販の風邪薬「ルル」との飲み合わせ

新型 コロナ 市販 薬

前回、新型コロナウイルスの治療薬とワクチンについて取り上げました。 こうした中で、新型コロナウイルスについて、新たにわかってきたことも出てきて、さらに治療薬や新型コロナウイルスで重症化しやすい人の情報も出てきています。 そこで3月23日(月)松井宏夫の「日本全国8時です」(TBSラジオ、月曜あさ8時~)で、、新型コロナウイルスに関するここ最近の動きを取り上げました。 ただそんな中、この新型コロナウイルスの生存期間について1つの研究結果が発表されました。 それは新型コロナウイルスが「エアロゾル」状態でも、3時間以上生存する、ということです。 エアロゾルとは霧のように空気中を漂う状態のことです。 その状態でも、新型コロナウイルスは3時間たっても生きていられるということがわかったと、アメリカの国立衛生研究所が発表しました。 エアロゾル状態というのは、くしゃみなどの飛沫よりも、長時間空気中に漂うことになる。 ということは、ウイルスも3時間以上、空気中に漂っているということになる。 飛沫感染だけでなくて、今度はエアロゾル感染、というのも出てくる可能性がある。 今、誰もいない部屋でも、3時間前に感染者がいた所なら空気感染のリスクがある。 さらに、ウイルスが様々な素材に付着した場合の生存期間についての発表もありました。 それによりますと、10円玉などの銅は最長4時間、段ボール紙は24時間。 ステンレスは48時間(=2日間)、プラスチックでは最長72時間、生存していたということ。 感染者が72時間前に触ったプラスチックなどに触れると、ウイルスが付くリスクがある。 接触感染にも十分な注意が必要ですし、アルコール消毒が欠かせないこともわかります。 それは、炎症や痛みなどを抑え熱を下げるために使われるイブプロフェンという薬。 市販薬の「イブ」や「バファリン」などに入っていて、「成分」のところにイブプロフェンとあるものが、 これに当たります。 このイブプロフェンを服用すると、感染を悪化させる要因になる可能性があるとフランスの保健大臣が指摘したんです。 このイブプロフェンは抗炎症薬と呼ばれ、免疫が過剰反応して炎症を起こさないよう、免疫機能を低下させます。 免疫が低下すると新型コロナウイルスではリスクとなるから、というのが注意喚起の理由のよう。 そして、フランスの保健大臣は、発熱がある場合は「解熱・鎮痛薬のアセトアミノフェンを使うよう」呼びかけました。 こちらは市販薬では、「新セデス錠」や「ノーシン」などです。 ただ、WHOの対応が混乱しています。 当初は「イブプロフェン」の注意を呼びかけ、「アセトアミノフェン」服用が望ましいとしていました。 しかしその後、イブプロフェン服用について「控えることを求める勧告はしない」と表明。 治療に当たっている医師への調査の結果、通常の副作用以外に、症状を悪化させるという報告はなかったと説明しました。 これを受けてのフランスの保健大臣の発言はなく、世界中で議論になっている状況です。 新型コロナでは確定するまでまだ時間がかかる。 個人で判断する場合はより安全を意識したほうがいいかもしれません。 処方薬をもらっている方は、医師の指導に従えば大丈夫でしょう。 新型コロナウイルスの治療薬に「アビガン」という抗インフルエンザの薬が有効かもしれない、ということで注目されていることを取り上げました。 このアビガンが、中国で新型コロナウイルス感染症患者の治療薬として、臨床試験で有効性が確認され、中国は後発医薬品を量産することを、発表しました。 肺炎の症状を抑えるだけでなく、「感染予防」にもなると期待しています。 現在わかっているのは高齢者、糖尿病・高血圧・心不全、それからぜんそくや慢性閉塞性肺疾患などの呼吸器疾患がある人、人工透析を受けている人。 また、免疫抑制薬や抗がん剤などを使っている人です。 高齢者に関しては、免疫力の低下が影響するほか、新型コロナウイルスは、肺や気管支などにウイルスが感染して肺炎になるとされているため、それに関わる病気がある人は注意が必要。 加えて、日本禁煙学会が新型コロナウイルスと喫煙に対して、今回の臨床で分かったことを報告。 それによると、今、そして過去に喫煙歴のある人は、非喫煙者と比べて重症化リスクが 2・19倍もあったそうです。 さらに、人工呼吸器装着もしくは死亡リスクは、非喫煙者の3・24倍に跳ね上がっていました。 重症リスクの高い人は、より徹底した感染症予防に取り組んでください。 ただ、家に閉じこもってばかりいては、運動不足で免疫力は低下します。 ウォーキング程度の運動が免疫力アップには効果的です。 人の少ない道をウォーキングするのは問題ありません。 ぜひ実践してください。

次の

【新型コロナ】飲んでいい薬と飲まない方がいい薬|INMYDAYSUN

新型 コロナ 市販 薬

3月14日、フランスのベラン保健相はツイッターで、 「 イブプロフェンなどの成分を含む 解熱剤は、 コロナウイルスの症状を悪化させる恐れがある」 などと発信。 浜松医療センターの矢野邦夫副院長が言うには、 「新型コロナは歴史が浅いので、投薬によってどんな作用が起きるかわかりません。 副作用が少なく安全なアセトアミノフェン以外の解熱剤や鎮痛剤は、使いたくないのが正直なところです」 肺に穴が… さらに、薬学博士で近畿大薬学部元教授の松山賢治氏はこう指摘するのだ。 「イブプロフェンだけでなく、新型コロナ感染が疑われた時には、同じ 非ステロイド性消炎鎮痛薬( NSAIDs; エヌセイドと読み上げる方が多い)であるアセチルサリチル酸を含む『 バファリンA』や、ロキソプロフェンを含む『 バファリンEX』『 ロキソニンS』なども避けるべきでしょう」 ウイルスが体内に入ると、感染した細胞を攻撃するため、白血球などの免疫系細胞がサイトカインというたんぱく質を放出するのだが、 「 NSAIDsを服用することで、この サイトカイン放出が過剰に起こり、免疫が働きすぎて健康な細胞まで攻撃してしまう『サイトカインストーム』を引き起こす危険があるのです。 新型コロナ患者の場合は肺の組織が破壊され、肺水腫や、さらに進んで 肺に穴が開き死に至る こともあり得ます」(同) 2003年のSARS流行時、香港では 多くの若年層がサイトカインストームで亡くなっている。 yahoo. 専門家は忙しくてそのような論文を読んでいないのでしょうか? 以下に4本の論文を紹介させていただき、研究結果の図も追加しておきます。 イブプロフェンやコルチゾンのような抗炎症薬が感染症を悪化させることを証明した論文 (『薬のチェック』速報No184より抜粋) イブプロフェンは感染症を重症化させる(論文3報より) イブプロフェンは水ぼうそうウイルス(水痘)後の細菌感染症を10倍以上増やす。 水ぼうそう後の壊死性筋膜炎に対するイブプロフェンの害を3つの研究よりまとめたグラフ。 〔 より〕 水ぼうそうにかかると、時に細菌感染を合併して、壊死性の筋膜炎など、皮下組織に細菌感染を起こし、重症化することがあります。 このような患者を症例とし、合併症をおこすことなく治った水痘患者を対照として、イブプロフェンなどきつい解熱剤の使用状況を調べた症例-対照研究が3件ありました[ 7-9]。 0009) 7. Zerr DM, Alexander ER, Duchin JS, Koutsky LA, Pediatrics. 1999 Apr;103 4 Pt 1 :783-90. PMID:10103303 8. Pediatrics. 2001 May;107 5 :1108-15. PMID: 11331694 9. Souyri C, Olivier P, Grolleau S, Lapeyre-Mestre M; French Network of Pharmacovigilance Centres Clin Exp Dermatol. 2008 May;33 3 :249-55. PMID:18261144 ステロイド剤をウイルス感染後の早期に使用するほど死亡率が増加することを証明した実験 ウイルス感染後ステロイド剤投与開始が早いほど死亡率が高い。 〔より〕 エンテロウイルス71 EV71 というウイルスは、手足口病や、ヘルパンギーナといった軽い感染症を起こします。 通常は軽い感染症ですが、中国やタイなどで、小児に時として脳症や無菌性髄膜炎を起こしたりしたと報告されています。 また、 重症化した状態では、サイトカイン・ストーム(註)を起こしているために、それを鎮めるために、しばしばステロイド剤が用いられていました。 しかし、ステロイド剤が逆に症状を悪化させているのではないかと疑われて、動物実験が実施されました[14]。 上図はそのうちの1つの実験結果です。 ウイルス(エンテロウイルス71:EV71 をマウスに接種後1、3、4、8日目にデキサメサゾンを開始した場合と、1日目から生理食塩液を投与した場合の生存率を比較しました。 1日目にステロイド剤を投与するとウイルスが死滅せず増殖するためなのです。 Shen FH, Shen TJ, Chang TM, Su IJ, Chen SH. Virology. 2014 Sep;464-465:218-227. PMID: 25104614 フランスに衝撃を与えたある若者の死 以下はヤフーニュースに掲載された今井佐緒里(さおり)さんからのフランスレポートです。 3月22日、 南仏のニースで 28歳の 男性が、新型コロナで亡くなった。 当時は最も若いフランスの犠牲者だったこともあり、ニュースになった。 急速に発症した急性呼吸窮迫で、救急車がかけつけたのだが、間に合わずに自宅で亡くなった。 検査で新型コロナウイルスの陽性反応が出た。 彼は、最近 椎間板ヘルニアを患っており、 イブプロフェンで痛みを和らげていた。 これを受けて、ニース中央病院の医療委員会長であるティエリ・ピシェは、地元紙『ニース・マタン』で、 抗炎症薬と コルチゾンの使用は「 新型コロナウイルスを保有する人にとって、呼吸器症状の悪化の原因となる、非常に現実的なリスク」を提示していると警告した。 彼の死は、医師の処方であっても服用には注意を払い、少しでも異常を感じたら医者に相談するべきだという教訓になっているだろう。 引用:『イブプロフェンに対するスペイン・ポルトガルの反応。 この方のように感染から平均約8日で亡くなってしまう方がイタリアを中心に増えしなっているのです。 悲しいことです。 オリーブオイルはイブプロフェンと同じ作用をもつ 15年前のNature誌にこの論文を発見しました! Phytochemistry: ibuprofen-like activity in extra-virgin olive oil ( エキストラバージンオリーブオイルのイブプロフェンのような活性) Nature. 2005 Sep 1;437 7055 :45-6. イブプロフェンとエキストラバージンオリーブオイルの分子構造は似ていませんが、プロスタグランジン生合成経路で同じシクロオキシゲナーゼ酵素を阻害するそうです。 風邪薬としてイタリア人はオリーブオイルを飲む習慣がある イタリアで は 風邪を引くとオリーブオイルを飲むという習慣があるので、今回の新型コロナで重症化してしまっているのではないかと心配です。 エキストラバージンオリーブオイルにはイブプロフェンと同じ働きをする オレオカンタールというピリッとした成分が入っています。 イタリアや スペインはオリーブオイルをたくさん摂っていて、 毎日コップ一杯飲むと長生きになるとかいう療法を実践してる人がイタリアには多いそうです。 イブプロフェンやオリーブオイルは控えて、早く終息することを強く希望します。 注意:このイブプロフェンの情報が発せされてから、「医者から処方されているが(イブプロフェンを)恐くて飲めない」という方が続出した。 そこでフランスの厚生大臣はツイッターでの発言の後に、しばらくは「慢性疾患があって、医師の処方でイブプロフェンを服用している人は、勝手に服用をやめないで、必ず医師に相談してください。 勝手にやめると、持病の疾患のほうに悪い影響を与える可能性があります」と、盛んに情報発信が行われていた。 Seigoの追記 それではもしコロナにかかって体が不調をうったえたらどうしたらいいのでしょうか? 体を温めて横になるのが一番ですが、もしなにか欲しいときは葛根湯や麻黄湯などの漢方薬が良いそうです(中国でもアビガンと一緒に漢方薬が処方されていました)。 しかし漢方薬は長期間飲むと副作用や農薬による悪影響もあるので4日間くらいまでで止めた方がいいとのことです。 感染予防になる食材は? 上記の漢方薬は4日より長期間は飲めないので、普段の予防に役立つものはないのでしょうか? あります。 それはネバネバ成分をもつ 海藻(フコイダンが有効)や 納豆、そして飲み物は 緑茶が、 ウイルス感染予防に役立つとされています。 結局は日本が昔から愛してたべてきた食べ物が、やはり新型コロナには有効だということでしょうか? 納豆は日本にいつ頃からあったかご存知でしょうか? 発掘調査では、中国の歴史よりも古く、さらにはエジプトの歴史よりも古い、1万年前から日本列島に納豆というものがあったそうです。 その歴史的に大切にされてきた食べ物が今の日本人を新しいウイルスからも守っている気がします。 日本人に生まれてとても良かったです。 今回の新型コロナの死者数をみても日本人は桁違いに少ないのです。 海藻に含まれるフコイダンや緑茶のカテキンなどが、ウイルス感染からまもってくれているという科学的エビデンスを見つけましたので、機会がありましたらまた動画にします。 それでは海藻や、納豆、そして緑茶を飲んでリラックスして、新型コロナに対処しいきましょう!• , , ,• コメント:•

次の

コロナウイルスにかかったら飲んではいけない!イブプロフェン市販薬一覧|ごぶろぐ

新型 コロナ 市販 薬

「バファリン」「ロキソニン」…。 この件に関して、調査中とするWHO の発言は二転三転、またもや歯切れの悪い展開をみせた。 しかし、調査中だと言われても、頭痛薬や風邪薬など、多くの市販薬にも使われ、普通に購入できる身近な薬のことだ。 今現在でわかっている薬の特性は、我々も知っておくべきだろう。 「イブプロフェン」に関する発言も、二転三転したWHO WHO が「イブプロフェンを自らの判断で服用しないで!」発言を修正したのは、正しかったのか? 事の発端は、3月14日、フランスのオリビエ・ベラン保健相が自身のツイッターで、新型コロナウイルス感染者がイブプロフェンなどの抗炎症薬を服用すると、感染を悪化させる要因となる可能性があり、熱がある場合はパラセタモール(別名:アセトアミノフェン)の服用を推奨する、というメッセージを発信したことにある。 この件に関して、WHOのリンドマイヤー報道官は3月17日、国連ヨーロッパ本部の定例記者会見で、「イブプロフェン」が新型コロナウイルスによる症状に与える影響について、「より高い死亡率につながるのかまだ証拠がなく、WHOの専門家が調査を進めている段階だ」と述べた。 そのうえで、新型コロナウイルスに感染している疑いがある場合について、「『イブプロフェン』を自らの判断で服用しないでほしい」とし、代わりに解熱鎮痛薬の「アセトアミノフェン」を使うよう呼びかけた。 (NHK NEWS WEB) これはあくまで、発熱や頭痛などで、家で市販薬を服用する場合に対してのことであり、「医療の専門家に処方されたのであれば、それは彼らの判断だ」と付け加えた。 また、イギリスの国民保健サービス(NHS)のウェブサイトは当初、アセトアミノフェンとイブプロフェンの両方を推奨していたが、 「イブプロフェンがCOVID-19を悪化させるという強い証拠はないが、(中略)我々がさらなる情報を得るまで、医師からアセトアミノフェン(原文では、パラセタモール)が合わないと言われていない限りは、新型ウイルスの症状にはアセトアミノフェンを服用すること」と助言を変更。 また、「医師にイブプロフェンを処方されている人は、医師に確認せずに服用をやめるべきではない」としている。 (BBC NEWS JAPAN) 一方で、3月18日WHOはツイッターの公式アカウントを更新し、17日の発言を修正した。 新型コロナウイルスに感染している疑いがある場合に抗炎症薬の「イブプロフェン」を服用することについて、「控えることを求める勧告はしない」。 理由については、「通常の副作用以外には症状を悪化させるという報告はされていない」としている。 (NHK NEWS WEB) またしてもグズグズな対応に、不信感だけが残るが…。 ともかく、この機に問題となっている薬の違いについて、基本的なことだけでも理解しておきたい。 インフルエンザでは、処方しないのが常識! 今回話題に上っているイブプロフェンなどのNSAIDsは、インフルエンザの際に用いると、インフルエンザ脳症を発症した場合に悪化する恐れがあるとされ、日本でも、解熱にはアセトアミノフェンを用いることが推奨されている。 とくに、小児や妊婦などには処方されず、広くではないが一般にも知られている事実のようだ。 東京都済生会中央病院・薬剤部技師長の楠見彰宏氏に話を聞くと、 「イブプロフェンは非ステロイド系消炎剤(NSAIDs)に分類される薬剤のひとつです。 医師や薬剤師の間では、インフルエンザ感染時に熱を下げたい場合、非ステロイド系消炎剤(NSAIDs)の使用は、禁忌ではありませんが、避けるのが常識とされています。 理由は、インフルエンザ脳症の誘発や発症時の悪化等の可能性があり、WHOやフランス保健相が言っているように、比較的安全と言われているアセトアミノフェンで代用できるからです。 代用できるものがあるのに、あえてリスクを冒す必要はないとの考え方です。 インフルエンザの場合は、非ステロイド系消炎剤(NSAIDs)を原則使いません。 2000年11月には日本小児科学会から、インフルエンザに伴う発熱に対して使用するのであれば、アセトアミノフェンが適切であり、NSAIDsの使用は慎重にすべきである旨の見解が公表されています」(楠見彰宏氏 以下同) ただの風邪なら問題はないが、風邪らしき症状があるときに、インフルエンザの可能性だってある。 今は、新型コロナウイルスに感染している可能性もないわけではない。 現在、イブプロフェン等のNSAIDsと新型コロナウイルスとの関連性を証拠付ける情報はないが、インフルエンザと同様、何らかの悪影響が出ないとも言い切れない。 そう考えると、頭痛や発熱などの症状を抑えたいと思っても、市販薬を自分で選ぶのには注意が必要だ。 「イブプロフェン」より「非ステロイド系消炎剤(NSAIDs )」で認識すべき イブプロフェンは、様々な市販薬に使用されているため、自分で薬を選ぶ際には注意が必要だ。 しかも、今回はイブプロフェンの名前だけが取り上げられているが、気にするべきは非ステロイド系消炎剤(NSAIDs)というグループ。 その中には、聞き覚えのある薬品名がいくつもある。 「非ステロイド系消炎剤(NSAIDs)は、イブプロフェンだけ ではありません。 フランスのベラン保健相にしろ、最初のWHOの発言にしろ、リスクを回避するためには、自己判断でのイブプロフェン等の服用は避け、アセトアミノフェンで代用したほうがいい、ということなのだろう。 「新型コロナウイルス患者へのイブプロフェン服用による影響についてはまだわかっていません。 解熱を目的とする場合、他に比較的安全と言われている代替薬としてアセトアミノフェンがあるので、そちらを使用するようにということだと思います」 欧州のドラッグストアでは、アセトアミノフェンを成分とした医薬品が品切れしているという情報も むやみに不安がらず、きちんと知っておきたい!薬の違い <非ステロイド系消炎剤(NSAIDs )とは> イブプロフェンもその1種。 ステロイドではない抗炎症薬。 市販薬の主な用途は、月経痛、頭痛、歯痛、咽頭痛、関節痛、筋肉痛、神経痛、腰痛など。 悪寒、発熱時の解熱。 代表的なNSAIDsには、アセチルサリチル酸(商品名アスピリンなど)、イブプロフェン、ロキソプロフェン(ロキソニンなど)、ジクロフェナク(ボルタレンなど)がある。 <アセトアミノフェンとは> アセトアミノフェンまたはパラセタモール。 解熱鎮痛薬の一種。 脳の体温調節中枢や中枢神経などに作用して熱を下げたり、痛みを抑えたりする。 発熱、寒気、頭痛などの症状改善に用いられ、一般医薬品の感冒薬や解熱鎮痛薬に広く含有される。 抗炎症作用はほとんどない。 NSAIDsに比べ効果は緩やかだが、副作用が少なく比較的安全とされる(ただし、過剰摂取による肝機能障害の発現には注意が必要)。 日本の厚生労働省は、3 月18 日「購入を考える方は、店舗や薬局の薬剤師あるいは登録販売者とよく相談をしてください」と答えにならない答えを述べたが、やはり避けられるリスクは、避けたほうがいい。 また、アセトアミノフェンも合わない人はいるので、購入する際にはきちんと相談するべき。 自己判断で薬を飲み続けず、症状が続く場合には医師に相談するのが肝心だ。

次の