膀胱 炎 治す に は。 膀胱炎を自力で治すことができる方法を【八選】集めました

膀胱炎を治す方法&よく効くおすすめの市販薬はこれ! 3日で治ったよ

膀胱 炎 治す に は

まず、膀胱炎とはどんな病気なんでしょうか。 主に尿道から大腸菌などの細菌が入ることが原因で起こり、その細菌が膀胱内に萬栄することで炎症を起こしてしまう病気です。 症状としては、頻尿、排尿痛、残尿感、ひどくなれば血尿、陰部の痛み、腹痛、発熱、腰痛も出現してきます。 膀胱炎の初期症状としては頻尿、排尿痛がありますが、この時点では自然治癒も不可能ではありません。 それでは、自力で治す方法をお話していきましょう! まず 一つ目、 たくさん水分補給をすること。 水をたくさん飲むことによって尿をこまめに出し、 膀胱内の細菌も尿とともに流しだす方法です。 二つ目、 トイレに行くことを我慢しないこと。 せっかく水分補給をしっかりしているのに、排尿を我慢していると菌を排出できません。 お仕事などで席をはずすことが難しい場合もあるかもしれませんが、できるだけ我慢しないようにしてくださいね。 三つ目、 身体を温めること。 膀胱炎は、免疫力が落ちるとなりやすいと言われています。 そこで、身体を冷やさず温めることで免疫力アップです! また、 睡眠時間も十分取り、規則正しい生活をすることも免疫力アップにつながります。 生活習慣の見直しも大切ですね。 スポンサーリンク 四つ目、 デリケートゾーンを清潔に保つこと。 排尿後、トイレットペーパーで拭くときは前から後ろに拭いて、尿道に細菌が入らないようにしましょう。 何をするにしても、デリケートゾーンを清潔に保つようにしてください。 五つ目、 漢方を飲むこと。 猪苓湯や五淋散、清心蓮子飲といった漢方は、膀胱炎に効果があると期待されています。 これらを飲用する場合は、医師や薬剤師に一度相談してみることをおすすめします。 六つ目、 市販薬を服用すること。 今では市販薬も豊富で、膀胱炎に作用すると言われているお薬も多用に販売されています。 購入の際は、薬局の薬剤師さんに相談の上、購入してくださいね。 七つ目、 クランベリージュースを飲むこと。 酸っぱくて日本人には馴染みがないかもしれませんが、 クランベリーには細菌付着防止・増殖防止作用、利尿作用があると言われています。 クランベリーの他にも利尿作用を高める食材、例えばブルーベリー、ヨーグルト、玉ねぎなどもあるので、積極的に食べたいところですね。 最後に、八つ目、膀胱炎に効くと言われている ツボを押すこと。 中極(おへそより指4本分下へ下がったところ)、気海(おへそより3センチほど下のところ)、腎兪(肋骨の一番下の先端と同じ高さのところ)が膀胱炎に効くと言われています。 これらのツボを押すことで、血行不良を改善し、老廃物を血管に流してくれる効果が期待されています。 是非試してみてください!.

次の

膀胱炎はどう治す?知っておきたい原因や治療・予防法|尿もれ・頻尿お役立ち情報|UUI(切迫性尿失禁)相談室|ファイザー

膀胱 炎 治す に は

【下半身を温める】 ・私はまず 膀胱付近(下腹部)にカイロを貼って 足首には夏場でもレッグウォーマーをはきます。 カイロは直接お肌に貼ると火傷しちゃうので 下着の上に貼って、それでも熱すぎる場合は ハンカチやハンドタオルをかまして温度調整をしてください。 ・お風呂で温める。 お風呂だと下半身全体が温まるのでオススメです。 【水分をとる】 ・とにかく水やお茶を飲みます。 膀胱に溜まっている菌をなるべく早く流すためです。 泌尿器科の先生に1日に1. 5〜2リットルは飲むように進められています。 【生姜をとりいれる】 ・体の内部から温めるため、生姜をすりおろしてお湯に溶かし はちみつを混ぜて飲んでいます。 ) 痛みが続いている場合は必ず病院で診察してくださいね。 ちなみに、私は泌尿器科に通っていますが、以前は内科、婦人科でも 診察を受けたことがあります。 まずは、かかりつけの病院で相談してみてくださいね。 様々な原因はありますが、なぜ冷えるとなりやすいのか? 体が冷えると免疫力が低下します。 免疫力が低下したことによって普段はスルーできる常在菌に 負けちゃうんです! また、 食べ物でも膀胱炎の原因になるものがあります。 コーヒーや酸味の強い食べ物は、膀胱炎を悪化させることがあります。 高タンパク質や高糖質の摂りすぎにも注意しましょう。 私は甘いものが大好きで1日1回甘いものを食べないと 気が済まないのですが、実はこの甘いものに含まれる 砂糖って体を冷やしちゃうんですよね・・・>< 甘いものが好きな方は注意してくださいね。 膀胱炎の予防の仕方 膀胱炎にならない為の予防は 免疫力を低下させない!! 【免疫力を低下させない為に…】 ・しっかり睡眠をとる ・ストレスを溜めない 【体を冷やさない】 ・生姜を取り入れた料理を食べる ・甘いものは控えめに… 【生理中や性行為後は注意!】 生理中や性行為後は膀胱に菌が増殖しやすい状態です。 生理中に使用しているナプキンやおりものシートはこまめに交換するようにしましょう。 特に男性より女性は尿道が短いために尿道口から膀胱に菌が侵入しやすく 膀胱炎になりやすいので、 性交渉後は排尿するやシャワーを浴びて 陰部を洗い清潔を保ちましょう。 【水分をとる】 普段から1日1. 5〜2リットルの水分をとるように心がけ 尿と一緒に菌を体外へ排出しましょう。 まとめ いかがでしたか? 今回は 『膀胱炎を早く治す方法まとめ! 痛みを繰り返す原因や予防の仕方も紹介! 』 について紹介しました。 膀胱炎は繰り返しやすく、治療が遅れてしまうと 腎盂腎炎になりやすいので普段から予防の生活を心がけてくださいね。

次の

膀胱炎の正しい知識と治し方

膀胱 炎 治す に は

意外と悩んでいる方の多い膀胱炎。 今回は膀胱炎の正しい知識と治し方についてご紹介します。 膀胱炎の分類 膀胱炎にも種類があり、原因によって下のように分けることができます。 膀胱炎 ・急性(単純性)膀胱炎 ・複雑性膀胱炎 ・出血性膀胱炎 ・間質性膀胱炎 いわゆる膀胱炎について 一般によくいわれている膀胱炎は急性(単純性)膀胱炎のことで、頻尿、排尿の終わりごろの痛み、残尿感といった症状があり、発熱はほとんどありません。 持病がない方に起きる膀胱炎で、性的活動期の女性に多い病気です。 本来、閉経前の女性は膣の常在菌が膣内を強い酸性に保ち、有害な菌が繁殖しないように守っているのですが、性行為等によって大腸菌が繁殖すると発症しやすくなってしまいます。 一方、閉経後の女性は膣内の常在菌が減少しており、膀胱炎を繰り返しやすい環境になっています。 また、夏は汗をかいて脱水傾向になりやすく、尿量が減って細菌を洗い流しにくいため、冬より膀胱炎を起こしやすくなります。 最近は薬剤耐性菌も増えているので、効果が不十分な場合は抗生剤の種類を変えます。 抗生剤が効いて尿検査の結果も改善しているにも関わらず症状が続く場合は、猪苓湯(ちょれいとう)や五淋散(ごりんさん)等の漢方が使われることもあります。 治療中は十分な水分摂取を心掛け、排尿とともに細菌を体外へ排出するようにしましょう。 治療が遅れると腎臓まで菌が昇り、腎盂腎炎になって高熱が出たり腎不全になってしまうことがあるので、症状が続く場合は泌尿器科もしくは内科を受診しましょう。 水分を多めにとる。 尿を我慢していると膀胱内に細菌が繁殖しやすくなるので、なるべく我慢しない。 性行為の後は排尿する。 腰まわりを冷やさないようにする。 排尿・排便後の拭き方に注意し、前から後ろに拭く。 温水洗浄便座は膣内の細菌を尿道に押し込むことがあるので、膀胱炎を繰り返しやすい人は使用を控える。 その他の膀胱炎について 間質性膀胱炎• 膀胱の内側の粘膜の防御機構が破綻し、尿が膀胱の壁に浸み込んで炎症が続く原因不明の病気で、患者の9割が女性です。 他の膀胱炎と違い、尿が貯まってくると痛みが出て、排尿すると痛みが軽くなります。 膀胱鏡という機械を膀胱まで挿入し、膀胱の粘膜を観察して診断します。 細菌は関与しないので、抗生剤は効きません。 さまざまな治療方法が試みられていますが、いまだ根本的な治療方法はなく、症状を軽くさせるために抗アレルギー薬、抗うつ薬、漢方薬などを使いますが、難治性です。 まとめ 膀胱炎には細菌の関与する膀胱炎と関与しない膀胱炎がありますが、ほとんどの原因は大腸菌です。 普段は予防方法を心掛け、もし頻尿や排尿時痛、残尿感等の症状が続く場合は早めに泌尿器科もしくは内科を受診し、検査を受けましょう。

次の