マスク 予防 に ならない。 マスクの予防効果について|内科・腎臓内科・健康診断・大手町

「風邪予防にマスクは効果がない」は嘘!!

マスク 予防 に ならない

「飛沫感染」とは、せきやくしゃみなどによって飛び散る飛沫(直径5マイクロメートル=1千分の5ミリメートル=以上の水分)に含まれる病原体が、口や鼻などの粘膜に直接触れて感染することを言います。 飛沫は1メートルくらい飛んでから落下しますので通常は1~2メートル以内の至近距離で飛沫を浴びることで感染します。 風邪のウイルスやインフルエンザウイルスがその代表です。 ウイルスそのものは直径0・1マイクロメートルくらいで、普通のマスクの網目よりずっと小さいため、ウイルス自体をマスクで防ぐことはできません。 しかし、ウイルスを含んだ水分の「飛沫」はマスクに引っかかりますので、感染した本人が飛沫を出さないためにマスクをすることは、周囲の人たちにとって十分効果的です。 一方、外出時にマスクをしても、至近距離からせきやくしゃみを浴びることがなければ、予防策としてあまり意味はありません。 ただし、花粉は直径30マイクロメートルくらいなので花粉症対策としては効果があります。 どのくらい効果があるかは不明ですが、マスクの着用にはもう一つ「口元の加湿」という意味もあるようです。 ウイルスは細菌と違って湿度が高いと生存時間が短くなるので、口元の湿度を上げておけば、いくらか効果があると思われます。 マスクをする際は必ず鼻まで覆うように、そしてできるだけ顔とマスクとの間に隙間ができないように装着することが重要です。 しかし、残念ながら飛沫は目にも入ってきて、その粘膜から感染することも多いので、ゴーグルのようなものを着けないと本当の飛沫感染対策にはなりません。 日常生活でそこまではちょっと難しいですね。 感染した本人のマスク着用は重要ですが、周囲の予防としては前回お話しした「手洗い」の方がもっと重要です。 飛沫感染する病原体は当然、接触感染も起こすからです。 ある学生寮での研究で、「マスク着用と手洗いの両方をした群」は「両方しない群」と比べインフルエンザ様症状の人が35~51%に低下したのですが、「マスク着用のみの群」は有意な低下が認められなかったと報告されています。 手洗いとマスクの両方を実践することが重要なのですね。 一方、「うがい」については専門家の間でも賛否両論あります。 「ウイルスは目や鼻からも侵入するのでほとんど予防効果がない」という意見がある一方、水道水によるうがいは、しない場合に比べかぜの発症率を40%抑えたという研究結果もあります。 結論は出ていませんが、しないよりはした方が良いというくらいです。 私の個人的な印象ですが、ベテランの先生、とくに小児科の先生はかぜをひくことが少ないように思います。 これは数えきれないほどかぜのウイルスを浴びていて、ウイルスに対する免疫が強くなっているからかもしれません。 感染に神経質になりすぎて、病原微生物と全く接触しないのも、免疫がつかないという意味で問題があるかもしれませんね。 <アピタル:弘前大学企画・今こそ知りたい! 感染症の予防と治療> (弘前大学大学院医学研究科臨床検査医学講座准教授 齋藤紀先).

次の

夏マスクで熱中症にならないために必要な知識

マスク 予防 に ならない

コロナウイルス関連でマスクが売り切れたりと注目されています。 元々、インフルエンザの流行の時期や花粉対策でマスクをしている方も多いようです。 マスクの感染予防効果についてまとめたコラムです。 マスク予防効果の理論• マスクの実証試験• 有効な(と期待出来る)マスクの使い方• 職場での感染予防としてのマスクについて の順に記載します。 マスク予防効果の理論 風邪予防にマスクといった風潮があります。 病院のスタッフもよくしていますし、なんだか悪い物が鼻や口から入ってくるのを防いでくれそうな雰囲気です。 マスクの通気性(網目の大きさ)と防ぎたい物質の大きさをみてみましょう。 空気感染(飛沫核感染)するウイルスならその論理で良いのですが インフルエンザやコロナの飛沫感染はウイルスに水分や埃が付着して飛んでいます。 (それ未満を飛沫核と呼びます) マスクの網目の大きさより飛沫も小さいのですが、飛沫感染に関してもマスクで(全ては無理ですが)少しトラップ出来そうです。 理論的にはある程度は飛沫感染(エアロゾル)や接触感染を減らせそうです。 とはいえマスクを通さず鼻の横などの隙間からの流入には無防備です。 こういった背景があってマスクが予防に有効か無効か、理論だけでは断定できないために実証試験が行われています。 ということで、健常者がマスクを着用することによる感染予防効果についてまとめたものを紹介します。 マスクの実証試験 日常的なマスク着用による感染予防効果について 結論だけ書きますと、所謂マスク(サージカルマスク)に感染予防効果はありませんでした。 なんと、感染者自身がマスクしても同居の家族の感染率は変わらないという研究も出ています。 インフルエンザにおいては、感染しないさせないどちらにも無効でした。 大事なのは手洗いです。 ちなみに結核のときに使われるN95マスクもインフルエンザへの予防効果がサージカルマスクと差がないことも検証されています。 院内のインフルエンザ発症予防におけるN95マスクとサージカルマスクの有用性の比較 実証試験では効果のなかったマスクですが、 マスクは無駄!無意味!ではがっかりしてしまうと思いますので少しお話します。 有効な(と期待出来る)マスクの使い方 じゃあなんで医療現場でマスクしているの?ということも少し説明します。 普通の白衣でマスクしているのは(感染予防としては)意味ありません。 正しい状況で正しく使用する必要があります。 ・ゴーグル、ガウン、グローブとセットで着用すること ・汚染(不潔)エリアで防護して、出る時に正しい手順でそれらを外して廃棄すること に意味があります。 上のマスクが無効という研究も、日常場面でのマスクの着用を調べています。 不潔エリアで普通の格好でマスクだけして、気分で外して飲食したり目をこすったり鼻をかんでいては何の意味もありません。 ですので患者さん以外では、隔離された感染病棟(病室)をもつ医療機関に務めるスタッフのみがコロナ関連でマスクが必要です。 それでも一般の方が少しでも 効果を期待してマスクを使うとしたら、• 隙間がないよう正しい手順でマスクを付ける• マスクや周囲を触らない• マスクをずらさない、ずらして飲食しない• 外すときにはそのまま捨てて正しい手洗いをする などでしょうか。 マスク着用とセットで こまめな手洗い、 首から上を極力触らない、触る時(顔をかいたり飲食など)には必ず手洗いや消毒後の手で行うと良いと思います。 スマホに付着したウイルスは8時間以上生存していたという研究もありますので帰宅時などに スマホの消毒も良いかもしれません。 これを心がけて使ったから有効というエビデンスはもちろんありません。 誰か試験組んで(僕の思いつきを)証明してくれたら嬉しいです。 ただ、マスクが感染予防に無意味という訳ではありません。 感染者が咳エチケットとしてマスクをするのは有効とされています。 咳やくしゃみで、ウイルスの含まれた唾液が空気中に放出される量を抑えると考えられているためです。 そもそも発症前の潜伏期間は感染力の弱い時期(ゼロではない)とされていますし、咳もくしゃみもない方が話したりした時に飛ぶ唾液からのエアロゾルをマスクが少なくする根拠はありません。 ちなみに、インフルエンザウイルスの実験であってコロナウイルスじゃないと考える方もいそうですがどちらも同じ感染経路(接触感染と飛沫感染)のウイルスです。 様々な風邪ウイルス(従来のコロナ含めて)、インフルエンザウイルス全て同じ感染経路で感染対策も同じようにとられます。 R0に差はあっても予防策の効果も同等と考えられています。 マスク着用は、やって悪くはない、と言えそうですが現状は転売ビジネスやマスクの品薄に加担する事となってしまいます。 WHOから症状のない方はマスクは不要とアナウンスされています。 CDCのガイドラインでも同様の扱いです。 花粉症なのに!という反応を見かけましたが花粉症で鼻水、くしゃみ、咳など症状が出る人はして下さい。 隔離病棟で働く医療スタッフや花粉症の方にマスクが行き渡ると良いですね。 スマホやPCを使って相談出来ます。 医師が対応しますので医療機関の受診による感染のリスクを懸念される方、出歩くことを避けたい方はご利用下さい。 イオン、接客時のマスク着用「原則禁止」 風邪の予防もできないのか…現場から悲鳴 雇用主、被雇用者、顧客とそれぞれの立場がありますが正確な知識が議論の前提には必要だと思います。 健康な方が自分の感染予防にマスクは無意味です。 職場の感染予防を行いたければ• 顧客含めて咳のある感染者はマスクをする• 加湿器で湿度を保つ• 加温して温度が下がりすぎないようにする• 30秒以上の手洗いうがい• 手の触れる蛇口やドアノブのアルコール消毒(ノロウイルスでは次亜塩素酸) などが正しい予防策です。 今はマスクはアクセサリー感覚の方もいますので、 医学的な根拠だけが職場の服飾規定の決定要因になるわけではありませんが、 『せめてもの予防もさせてもらえない職場に不信感しかありません』 というのは見当違いかと思います。 せめてもの予防とやらの為でしたらマスクするより手洗いうがいを頑張る方がいいです。 繰り返しになりますが雇用主、被雇用者、顧客の三方得の解決策があるかは分かりませんが、 正確な根拠を元により良いルールを作るよう議論する方が皆が幸せになれると思います。 花粉症対策のマスクについて 花粉症対策としては有効です。

次の

新型コロナウイルスにマスクは効果なし!?予防するための方法と対策は?|AchieveRog

マスク 予防 に ならない

Contents• マスクはウイルス感染の予防効果があるか 先に断っておきますが、私は感染症を専門としている者ではありません。 主に生活習慣病の疫学を専門としている医師です。 論文の検索法や読み方は熟知しているつもりですが、感染症の専門知識はあまりないので、その点ご容赦を。 この記事では、 サージカルマスクをつけることにより、健常な人がウイルス感染にかからないという意味の予防効果があるかどうか、科学的に検証しました。 2つメタ解析を紹介します。 マスクのインフルエンザ予防を検証した論文()と、医療従事者でのマスクの効果を検証した論文()です。 このトピックのメタ解析としては最新のものです。 マスクによるインフルエンザ予防効果はあったか? 2017年のメタ解析()ですが、personal protective measureとして主に手洗いとマスクの2009年インフルエンザパンデミックでの予防効果を検証しています。 16—1. 結果を説明 ・対象となった研究で ランダム化研究は1つだけで、これはcluster RCTといって 個人でなく集団をランダム化する試験です。 03-0. 92)。 サンプル数が少ない問題もありますが、effect sizeは大きく、家族全体でマスクをしていると家族内感染は予防できることを示唆しています。 16—1. 71 と有意な効果は認められませんでした。 18—0. 92 と有意な予防効果を示していますが、試験デザインが異なるものをメタ解析するのは基本的にNGです。 推察できるだけです。 「マスクをつけている人の感染率が低いか」(相関関係)と「予防効果があるか」は別の話です()。 医療従事者でのマスクの効果はあるか? 2017年のメタ解析で、医療従事者でのマスクの予防効果を検証しています()。 46—0. 77)。 46—0. 14—0. 82 を抑えると報告されました。 また、N95はサージカルマスクより強い予防効果が認められました。 ・サージカルマスクとマスク無しの比較はされていませんが、そのメタ解析も可能です。 自分で計算してはいませんが、Figure 2を見る限り、 少なくとも上気道感染予防については有意な予防効果が示されそうです。 03—0. インフルエンザpH1N1に対する有意な予防効果はありませんでした。 解釈は? サージカルマスクでも有意な予防効果が示されそうですが、解釈には注意が必要です。 ・メタ解析しても統計的なpowerが足りない ・質の高いランダム化研究が行われていない ・マスクをしっかりと着用できているかの検討が研究によってバラバラ ・どれだけ感染の危険性にある状態か異なる よって はっきりした結論は出せません。 ただし、 感染予防効果はあるかもしれず、医療従事者はルーチンにマスクをつけることが推奨されています。 サージカルマスクの疫学研究ついて私の解釈 2018年以降も「サージカルマスクvsマスクなし」の大規模なランダム化研究は行われていないようです。 ちなみに「サージカルマスクvs N95マスク」の大きなcluster RCTが2019年に発表されて、病院でのインフルエンザ予防に効果なしと結論されています()。 十分なエビデンスがないため、予防効果があるかははっきりいえない、というのが正しい解釈でしょう。 その上でデータを深読みした個人的な解釈ですが、おそらく リスクの高い場所ではある程度マスクによる予防効果があるのではないかと思います。 インフルエンザ予防効果を検証したメタ解析では、観察研究ですがかなりオッズ比が低かったこと、医療従事者ではRCTにて予防効果がありそうであったことからです。 深読みですが。 これらの研究を踏まえてのアメリカCDC の推奨 CDCは感染予防に関する科学的根拠を網羅した上で声明を出すため、非常に信頼性が高いです。 コロナウイルス感染予防を目的にサージカルマスクをつけるべきか、という質問に対し、次のように回答しています()。 Most often, of respiratory viruses from person-to-person happens among within 6 feet. Recent studies indicate that people who are infected but do not have symptoms likely also play a role in the spread of COVID-19. CDC recommends everyday preventive actions to prevent the spread of respiratory viruses, such as avoiding people who are sick, avoiding touching your eyes or nose, and covering your cough or sneeze with a tissue. People who are sick should and not go into crowded public places or visit people in hospitals. Workers who are sick should follow CDC guidelines and. 結論 マスクの感染予防効果に関するエビデンスは不足しているので、あるとも無いとも言えない。 データを深読みすると、リスクが高い所では予防効果があるかもしれない。 感染予防に大事なことは、マスク以外に沢山ある。 ではまた。

次の