グラブル マグナ ハイランダー 土。 【改・実戦編:土ハイランダー対決!マグナVSマッチョ比較】かっぺきくうし様の日常#132

土マグナ編成&風マグナ編成

グラブル マグナ ハイランダー 土

編成自体の火力はそれなりですが、マグナ編成はバフでの伸びが非常に大きくキャラ編成次第で非常に火力が高くなります。 問題点としては連続攻撃が貧弱なこと、渾身に火力を依存するため高難易度フルオが難しいことです。 バスコンやってきたらマジで(ry マグナでハイランダーとかマジェ?武器ごみやんけ?って思っていましたが実際組んでみたら普通に強かったです。 やっぱ上限UPは正義。 編成武器候補 M方陣 デメリットを緩和できるのであれば、M攻刃枠はオールドペルセルスが優秀です。 渾身技巧編成の場合は技巧確定の為、斧3が確定します。 EX攻刃 上限up・通常枠 リミ武器を入れるとしたら、精々一期位。 通常枠は強武器入れても、加護のりませんし通常攻刃バフ効果の効率低下も考慮するとあまり得しません。 メイン武器候補 何気にドラポン奥義強いですよね~ 武器種が弓なので使えませんが。 連続攻撃を確保するのが難しいので、オメガメインも低難易度なら普通に有り。 2100ポチ短縮要員 古戦場対策 ページが長くなったので別稿へ。 バフの重要性 マグナ編成はバフで大きく火力が伸びます。 旧式渾身技巧マグナ両面終末5凸渾身をbaseに 通常攻刃バフ マグナは通常攻刃枠スカスカなので火力が非常に伸びます。 694倍になります。 44 これだけで677万に火力が伸びます。 イクサバ6本の火力を超えています。 属性バフ 両面編成の場合属性バフで火力が結構伸びます。 13倍になります。 5 別枠バフ系 奥義でストレングスが捲けます。 倍率max 1. 3倍です。 上記装備でモンクでアストラル杖を振り回して上記キャラでバフを炊くと 最終火力が1002万になります。 上限upが無いので火力は結局トホホのホですが。 マグナハイランダー比較 編成火力時点では渾身技巧の方がやや高いです。 バフ込み低防御相手ならハイランダーでも上限出ますので、上限値の差でハイランダーの方が圧倒的に強いです。 高防御相手の場合には渾身技巧編成の方がダメージが通りますが上限値が低い為、編成火力を活かせません。 また高防御コンテンツ=被ダメ大なので渾身維持が困難でしょう。 ハイランダーではやや火力が低くなる為上限値をボコスカ出す事は難しくなりますが、クリが発動すれば上限値でますし、防御も高いですし、最近のアビダメ環境においても上限UPは有効です。 ハイランダーの方が圧倒的に強い、渾身ゴミ!っていうほどの差は無いと思います。 まとめ なんか弱そうだけどなんか強い。 それがカイムマグナハイランダー。

次の

【グラブル】終末4凸土マグナ2100万EX+1ターン肉集め編成を複数パターン紹介

グラブル マグナ ハイランダー 土

現在なら6周年配布で5凸が1本、メインクエスト16章クリアで3凸1本が手に入ります。 メイン火力となるゆぐ剣を集めて強化しながら、とりあえず残りの装備枠を埋めていきましょうねーといった感じ。 マシン・ボウ2本にはツッコミを入れたくなりますが、 これは多分サイドで取れるEX土属性武器がコレしかないからか。 とりあえずのEX攻刃枠を穴埋めしろという解釈したらそこまで変でもないはず。 ゴブロ斧の性質上、過渡期が非常に作りにくいのでしょうがないと言えばしょうがない。 一応1本~2本でもゆぐ剣と入れ替えても基本的には強くなります(多分) 育成的に気になるポイントとしては、これまでに必死に育てたゆぐ剣が全然入らなくなるというところか。 とても懐かしいけど今でも大雑把な配分としてはこれいいはず。 マグナ1装備段階ではいわゆる二手、三手、渾身、背水といったスキル効果を気にする必要は殆どない。 あくまで大体の目安で考えてOK、編成で装備入れ替えた時の予測ダメージをそのまま信用しても大丈夫。 これがマグナ2コンテンツの大きな特徴で武器を集めるだけでは終わらず、エレメント在庫との戦い、マグナ2のアニマ集めというさらなる試練が待ち受けています。 大正義自発赤箱なのはマグナ1から同じですが、救援に入る場合は青箱or6位圏内に入らないとかなり入る意味が薄いです。 000 ブローディア 304. 5人分なので18連戦の場合、全員が青箱ラインまで稼ぐのは不可能。 半額期間中の連戦は数を稼ぐか、それともある程度人数絞った連戦に参加するかは実力次第で考えたいところ。 AT中は基本的に奥義ブッパ勝負になりがちなので数をこなすのも大事。 とりあえずこれ3本集めてしまえば土マグナは戦えるともっぱらの評判。 グラブルの渾身武器って何となく強いイメージがありますが、イクサバや一期一振と違ってゴブロ斧には攻刃が付いていません。 つまりHPが減っていく毎にこいつはただの技巧(大)武器になるってわけだ! さらに言うとゴブロ斧を編成に3本入れてる関係でマグナ攻刃そのものも不足しがち。 かといって他に強い武器も特にない。 この辺、古戦場フルオートまで見据えると本当に怖いポイント。 2100万選手権用にゴブロ斧を集める場合は4本でOK。 実際、通常攻撃が複数体だったり多段攻撃だったりするボスには割と発動するので古戦場ボスだとそこそこ使えそう。 この後出てくるメッサーに比べれば全然有能。 とは言えゆぐ剣5凸のコストは非常に高い。 両方作るのは大変。 ゴブロ斧を作る過程でゴブロ刀が集まっているのであれば刀を優先して作ってもいいが最終的には使い分けになる感じ。 フルオート編成はゴブロ斧に不安要素があることから始まってみたらゆぐ剣とゴブロ刀ありったけ積んだほうが強いという可能性もある。 ゆぐ剣も5凸を作れとは言わないが、4凸はなんだかんだで無駄にはならないはず。 最終的にルシHに土マグナで挑む事を考えると最大4本まで(3本でも十分行ける)編成に入ったりはする。 まだゴブロ斧が未完成の人にとってはゴブロ斧を完成させながら作るオプション装備程度の位置付けで考えておいていいかもしれない。 ニーベルン・メッサー(ゴブロ短剣) いらない子。 はい次いこう。 狙って落とすのは難しいがマグナ2ボス、アーカルムの転世でへろっと落ちる事もある、落ちたら大事に取っておこう。 どうせバフモリモリでないと上限出ないんでしょう?って思うじゃん。 ゴリラ使ったら割と簡単に出るゾ。 というわけで最近は本当にこっちを実用しています。 ただし編成例の装備だと終末5凸、オメガ武器の渾身パワーでダメージを出している感は否めない。 装備の要求レベルも高く、それでいてゴブロ斧編成の弱点として挙げた渾身依存の問題も大して解決はしてなかったりする。 EX攻刃武器比較 EX武器の攻刃量まとめ 武器名 効果 補足 シナリオイベント武器 15. 副次効果目的なら3本目もアリだとは思う。 ただし3本目まで積むと流石にEX攻刃過多になる、せっかくのアストラルウェポン5凸パワーもそこまで活きないのは覚えて置いたほうがいいかもしれない。 アルH~ルシHのメイン装備候補。 といった感じ。 ただし支配の天秤とのWハイランダーをするとアストラルウェポンが入らなかったり、アンダリス+天秤と上限は大して変わらなかったりとかなりロマン先行の編成にはなりそう。 まとまらないよ! ということで次回はもっと半額期間想定で、その他の武器とマルチ連戦の立ち回りなど中心に考察していく予定。

次の

【グラブル】終末4凸土マグナ2100万EX+1ターン肉集め編成を複数パターン紹介

グラブル マグナ ハイランダー 土

目次 前回との変更点 前回は両面土マグナ編成での運用でしたが、ハイランダー編成で上限を伸ばす形に変更しました。 武器編成 巷では英雄武器より終末武器をメインに持つ方がマルチ等で見られますが、私は英雄武器を推したいなって思っているので「ヘルムホルツ」を使用しています。 後、アビダメキャラが増えてきたので終末武器の第2スキルを「アビダメ上限」に変更しています。 キャラ・EXアビリティ 前回カリオストロを入れていた枠にマギサを 電撃加入! 更にドラムマスターEXアビリティ「律動共振」を取得することが出来たので採用しました。 ライジングフォースを運用するにあたって「アンリーシュザフューリー」は必須ですね。 運用方法 トライアルバトルで動かし方は解説していきます。 ジョブ武器と終末武器の差に付いても少し解説しています。 ハイランダーですので召喚石はどちらかに属性石を持ちます。 おすすめはやはり「ゴリラ」でしょうか。 手持ちに1枚もウリエルがないならウリエル推奨です。 1ターン目 1.ウリエルを召喚 2.各アビリティ発動 律動共振の奥義ゲージ40%を主人公に与えることで1ターン目に2チェイン発動することが出来ます。 この時メイン武器に終末武器を装備していると「クリスマスマギサ」の刻印数が3になるので、 2ターン目にクリスマスマギサ2アビを使うことでモラクスの 援護攻撃効果が追加されます。 今回は終末武器をメイン武器に設定していないので1ターン目に切ってしまいます。 奥義ダメージの倍率や第2スキルを「アビダメ上限」にすることでウシュムガルのような追加ダメージが発生し約150万ほどダメージを盛れます。 今回の編成ですと奥義1回につき 約500万ほどのダメージが出ます。 すると奥義ゲージが フルチェインを打てる形になります。 土属性追撃分が勿体ないと思われる方はマキラ3アビは温存でも良いですね。 もちろんこの枠はマキラでなくとも大丈夫です。 楽器得意か杖得意であれば「虚空の拝腕」の効果が乗ります。 ただ、バフの量が安定しないと真化を発揮できないのでバッファーキャラをおすすめします。 ユグドラシル召喚で調整もできますが、召喚演出も相まって冗長であるかと思いますので、キャラ枠でバフを盛りたいところです。 2ターン目以降 2ターン目はマキラの追撃効果を活かして素殴りします。 オクトーの奥義効果も相まって連撃もしてくれます。 マキラがシングルアタックで奥義ゲージが20%しかありません。 しかし主人公「アンリーシュザフューリー」を使用すると… ここで一気に増やすことが出来て、 オーバーチェインを発生させることが出来ます! オクトー1アビの効果がギリギリ残っているのでいいダメージがまだ出てます。 マキラの1アビはこの後打つことで 最大限のバフを受け取ることが出来ます。 このバフ効果のお陰で こうなってしまったパーティでも それなりに連撃しながらそれなりのダメージを出してくれます! 両面土マグナであればクリティカルが確定しているので上限近くまで出ます。 その後ですが、 「アンリーシュザフューリー」とマギサ3アビ「グラウンド・イラプト」をリキャストごとに打つ感じになります。 アンリーシュザフューリー使用時 <使用前> <使用後> 簡単に5チェインできちゃいます。 10ターン目以降 マギサ3アビ「グラウンド・イラプト」使用時 <使用前> <使用後> <更に律動共振+ウリエルやノビヨ召喚> これで最大チェイン数の6回を本当に簡単に叩き出すことが出来ます。 おまけ 主人公1アビ未使用時の奥義ダメージ集 テンション0(通常時) テンション2 テンション4(MAX) ジョブ武器の奥義効果でハイテンションになるイカれた(シナリオ仕様)ジータちゃん。 被ダメージで解除されてしまうテンションアップですが、やはりこれだけの伸びを見せてくれるとついつい「ヘルムホルツ」を手にとってしまいますね…。 以上で、「【中期戦向け】土マグナハイランダー編成のすすめ【ライジングフォース】」を終わります。 土がダメージレースに参加出来るマルチが少ないので「リヴァイアサン・マリス」の登場が待ち遠しいです…。

次の