ロール カーテン 付け方。 意外と知られていない【カーテンの処分方法】一般的な処分方法からリサイクル方法までご紹介

意外と知られていない【カーテンの処分方法】一般的な処分方法からリサイクル方法までご紹介

ロール カーテン 付け方

洗える生地なら、簡単に洗えます お手軽価格で人気のあるロールスクリーン。 普段のメンテナンス方法は、ほこりを払うことですが、最近はウォッシャブルタイプのスクリーンも増えてきました。 その場合、簡単に洗えます。 時にはスクリーンを洗って、すっきりするのもいいですよ。 先日、タチカワブラインドの新宿ショールームで「ロールスクリーンのメンテナンスをしてみよう」というセミナーに参加したので、その手順をご紹介します。 まず、生地が洗えるかどうかをチェック まずは生地が洗えるかどうか、生地の裏側についている洗濯絵表示をチェックしましょう。 生地が洗えるなら、さっそくロールスクリーンを洗濯してみましょう。 【手順】• ロールスクリーン本体を取り外す• スクリーンを取り外す• スクリーンを洗う• スクリーンを本体に取り付ける• ロールスクリーン本体を取り付ける カーテンに比べると、ロールスクリーン本体を取り外すのがひと手間かかりますが、さほど難しくはありません。 まずはこのブラケットからロールスクリーン本体を取り外します。 高いところの作業になるので、足場はしっかりと確保します。 巾の狭い窓の場合には1人での取り外しもできますが、両手を広げた以上に大きな窓の場合は、2人で作業をしたほうが無難です。 手順2:スクリーンを取り外す 次はメカ部分からスクリーンを取り外します。 必要な道具は、六角レンチ(3mm)。 購入時の付属品です。 本体を取り外したら、平な所に置きます。 そして、巻き取りスクリーンブラケットの脇についているキャップを外します。 スクリーンを巻き取りパイプが見えるまで引き出します。 洗濯絵表示をチェックして! 洗濯機で洗えるものが増えています。 洗濯機で洗う場合のポイントは、ネットに入れたり折りたたんだりしないで、そのままの放り込むこと! きれいに折りたたむと、かえって折りシワがつきやすいそう。 弱で洗濯し、脱水も2~3分と短時間で済ますといいでしょう。 洗い終わったら、シワをとるように伸ばして影干しします。 手順4:スクリーンを取り付ける 取り外した反対の手順でスクリーンを取り付けます。 スクリーン下部にウエイトバーを差し込みキャップをします。 この時、ウェイトバーの溝がある側をスクリーンの下側にくるようにします。 次に、プルコードサポートを取り付けます。 そして、スクリーンの表裏を確認します。 表を上にして、スクリーン押さえをパイプの溝に押し込んでいきます。

次の

ブラインドの取り付け方法|DIYショップRESTA

ロール カーテン 付け方

スクリーンが上がらない• スクリーンの巻き乱れで斜めになる• スプリングが外れた• スクリーンがほつれた• チェーンが切れた このようなものが挙げられます。 「スクリーンが上がらない」とか「巻き乱れで斜めになる」というのは、故障というよりも不具合なのですぐに直せる場合があります。 では、壊れてしまったロールスクリーンに保証期間はあるのでしょうか? 大手国内メーカーの「ニチベイ」「タチカワブラインド」「TOSO(トーソー)」の商品は、 購入から3年の保証期間があります。 ロールスクリーンの 正しい使い方をしているにも関わらず故障した場合の保証ですが、 故障の原因や部位によって期間が異なります。 つまり 部品の故障や破損(内部構造の破損)に関しては 3年保証。 生地や 操作コード類に関しては 1年保証ということになります。 但し、激しい操作などでコードやチェーンが切れてしまった場合は、その対象外となるので注意しましょう。 保証書と取扱い説明書があれば対応がスムーズ 修理の際には、国内メーカーの場合、購入時の保証書が必要になります。 またロールスクリーン本体にはメンテナンスシールがついているので、予め確認しておけば、スクリーンの「仕様」や「生産日」が判明しやすく、メーカー側の対応もスムーズです。 取り扱い説明書とセットで保管しておきましょう。 ロールスクリーンを通販で購入した場合の保証期間は? ではネットで購入した場合も、同じ期間内での保証が受けられるのでしょうか? 調べたところ、殆どのネットショップでは 1年保証になっています。 中には 2年保証(メーカー保証1年間+販売店の保証1年間)というお店もあるので、購入時の販売店に確認してみましょう。 ロールスクリーンの保証期間についてまとめると、 取扱説明書に記載通りの正常なご使用状態で、万一故障した場合は、商品の引き渡し日より 3年間は無料にて修理。 消耗品部(操作コード等のコード類)は初期に不具合があった場合を対象とし、その 保証期間は1年。 「生地部」は保証の対象外。 外観不良については、商品の引き渡し後7日以内が原則。 下記のような場合は 無償保証期間内でも修理等に関しては有償となります。 保証期間内に正常な使用状態で故障した場合には無料で修理。 消耗部品(操作コードなど)の無料修理サービスは購入から 1年以内。 トーソーではロールスクリーンの部品(パーツ)が直接購入できます。 故障した部品が特定できれば早く欲しいときに便利ですね。 TOSO(ロールスクリーンパーツオンラインショップ) ロールスクリーンの耐用年数(寿命)は? では、ロールスクリーンはどれくらい長持ちするのでしょうか? ロールスクリーンの耐用年数は、メーカー担当者の話では約5年~8年だそうです。 ほぼ妥当な年数だと思いますが、ロールスクリーンはメカ製品。 カーテン等の繊維製品とは違い、使い方でも故障を早める原因となります。 比較的に早い段階で壊れるケースというのは、やはり使用頻度が高いことが挙げられるでしょう。 また、スクリーンを 手で巻き上げすると、冒頭でお伝えしたように「巻き乱れ」や故障の原因につながります。 基本的な使い方として、 ゆっくりと水平に開閉するようにしましょう。 壊れた部品を特定し交換ができるのか ロールスクリーンは、壊れた部品を特定することで自分でも交換できる可能性があります。 自分で修理する 自分でできる範囲の修理であれば、わざわざ業者に頼まなくても直せますので、DIYが得意な方はチャレンジしてみると良いです。 壊れた箇所が特定できていれば、まずはメーカーに部品の在庫があるか確認しましょう。 但し、廃盤で生産が終了している可能性もあるので、部品がなければ修復できないことも…。 その場合は新しいロールスクリーンに交換するか、あるいはカーテンやブラインド等の別のアイテムに変えるという選択肢もありますね。 修理店に問い合わせる ロールスクリーンの修理をしてくれるお店もあります。 購入時のお店が分からないときは、修理店に問い合わせてみると解決法がみつかるかもしれません。 まとめ 今回は、「ロールスクリーンの故障」こわれたときの対処法についてお伝えしました。 最後に記事をまとめます。 壊れた部品を特定すれば自分で交換もできる(部品の在庫がある場合) 正しい使い方をしていても、原因不明の不具合が生じる可能性は十分あります。 故障だと感じたら、まずは購入時のお店やメーカーのお客様相談を利用して、気軽に問い合わせてみましょう。

次の

ロールスクリーンを取り付け方!自分で出来る綺麗なやり方 [DIY・日曜大工] All About

ロール カーテン 付け方

洗える生地なら、簡単に洗えます お手軽価格で人気のあるロールスクリーン。 普段のメンテナンス方法は、ほこりを払うことですが、最近はウォッシャブルタイプのスクリーンも増えてきました。 その場合、簡単に洗えます。 時にはスクリーンを洗って、すっきりするのもいいですよ。 先日、タチカワブラインドの新宿ショールームで「ロールスクリーンのメンテナンスをしてみよう」というセミナーに参加したので、その手順をご紹介します。 まず、生地が洗えるかどうかをチェック まずは生地が洗えるかどうか、生地の裏側についている洗濯絵表示をチェックしましょう。 生地が洗えるなら、さっそくロールスクリーンを洗濯してみましょう。 【手順】• ロールスクリーン本体を取り外す• スクリーンを取り外す• スクリーンを洗う• スクリーンを本体に取り付ける• ロールスクリーン本体を取り付ける カーテンに比べると、ロールスクリーン本体を取り外すのがひと手間かかりますが、さほど難しくはありません。 まずはこのブラケットからロールスクリーン本体を取り外します。 高いところの作業になるので、足場はしっかりと確保します。 巾の狭い窓の場合には1人での取り外しもできますが、両手を広げた以上に大きな窓の場合は、2人で作業をしたほうが無難です。 手順2:スクリーンを取り外す 次はメカ部分からスクリーンを取り外します。 必要な道具は、六角レンチ(3mm)。 購入時の付属品です。 本体を取り外したら、平な所に置きます。 そして、巻き取りスクリーンブラケットの脇についているキャップを外します。 スクリーンを巻き取りパイプが見えるまで引き出します。 洗濯絵表示をチェックして! 洗濯機で洗えるものが増えています。 洗濯機で洗う場合のポイントは、ネットに入れたり折りたたんだりしないで、そのままの放り込むこと! きれいに折りたたむと、かえって折りシワがつきやすいそう。 弱で洗濯し、脱水も2~3分と短時間で済ますといいでしょう。 洗い終わったら、シワをとるように伸ばして影干しします。 手順4:スクリーンを取り付ける 取り外した反対の手順でスクリーンを取り付けます。 スクリーン下部にウエイトバーを差し込みキャップをします。 この時、ウェイトバーの溝がある側をスクリーンの下側にくるようにします。 次に、プルコードサポートを取り付けます。 そして、スクリーンの表裏を確認します。 表を上にして、スクリーン押さえをパイプの溝に押し込んでいきます。

次の