どく タイプ 弱点。 ポケモンのタイプ相性表、弱点相関図(ポケモンGO、さかさバトル対応)

ポケモンの複合タイプまとめ 相性まとめもあるよ!

どく タイプ 弱点

他のについては を参照のこと。 や、にヘドロ…が触れるとを引き起こしそうなが勢ぞろい。 をもつとしてやの複合が多いほか、をにした非的なもいる。 のが図鑑でひたすら恐ろしく解説される傾向があるように、 どくタイプのはにおいてとにかく危険であることが解説されている。 「に つつまれると も 2びょうで たおれる。 「を す かふんを オニの ように ばらまく。 「あしあとに さわっただけで どくに おかされる。 …の達のが心配である。 または技が持つ「どくタイプ」と、 にがかかるの「どく」「もうどく」は別物。 のころはどくタイプの率が高く、の半数がどくタイプを併せ持っていた。 全種類中どくタイプはなんと33種類にも及んだ。 しかし以降で追加されたどくタイプは現時点で総計27種類とかなり少なめ。 初代当時は全の内がどくタイプだったが、は種類中69種類、割合にして8弱まで減らしている。 どくタイプを含むは発見されているだけで69種類。 その中でしないorを終えたは種類。 また、どくタイプのみのは16種類(うちしないorを終えたは6種類)。 ・が存在しない一のだったが、第七世代でが登場したことによりこののが全でそろうこととなった。 最後発のにすら後れを取ったのは性質上、向きの設定を作りにくかったからなのかもしれない。 「まどわし らせ どくを くらわせる…… まさに へんげんじざいあやしの わざ よ!」とあるが、どくタイプにはさせる技も眠らせる技もない。 わざのほとんどがどくかもうどくにする技で、その他は相手のを下げる技が多くを占めている。 ちなみに何のもない技も、相手がどくなら2倍の効果になると、新しく追加されたゲップのみである。 タイプ固有能力• の「どく」「もうどく」にならない。 を効にしないどくタイプが場に出たとき、自分の場にある「どくびし」を消し去る。 「どくどく」が必中になる。 の技はでやすいためそこまで脅威ではないが、のが弱点なのは厳しい。 耐性はどく単体で5つもある。 くさ技、むし技は以前は弱かったものの最近着々と強化されており有利に働く。 中でもなを半減できるのが最大の長所。 のに多いやでも弱点を突かれず、の技は怖いものの格闘と範囲が被るため採用率は低いことが理由。 このように耐性では優秀なで、特にに向く。 固で「どく」状態にならないのも一役かっている。 第代でへの耐性が追加され、その防御はさらに盤石になった。 反面、どく半減はどくタイプの攻撃技は一致でも僅かしか使われていなかったためあまり意味がなかった。 の大技である「」を覚えられるが多く、対策などの理由で採用率も高いため注意が必要。 それを効にする「」を持つやは相性の上では非常に優れている。 ばつぐんが2種類、いまひとつが4種類、こうかがないが1種類で耐性側がどが。 残念だが上は不利だらけといわざるを得ない。 初代ではにもばつぐんだったのだが、第代からは等倍になってしまった。 への攻撃も、自身が弱点が多いため他のの方が効率がいい有様であった。 しかし、第代から追加されたにばつぐんが取れるようになり、こちらはどく以外でははがねでないと弱点がつけないため、技を使う機会も増加しつつある。 どくタイプの攻撃技は第四世代までに追加された技全てがを持つ技となっている。 どくタイプの攻撃をで採用するより、を期待した補助的な的で使用されることが多いだろう。 第五世代からは条件下で強に作用する技が出てきた。 (第6世代以降)使用者が「毒タイプ」なら相手に必ず当たる。 まさにどくタイプを代表する補助技。 が相手をもうどく状態にしてまでねばったりするのに使われる。 自身がこのどくどくに弱い場合が多い。 が存在しほぼ全てが覚えられることからどくタイプに限らずに広く普及している。 使用者がどくタイプである必要は全くないためで使われることの方がかに多く、それを憂慮してか第代からはどくタイプのが使用すると必中になった。 相手がを掘ってもを飛んでも当たる。 一致どくどく使用時は「」と同じ効果になると考えて良い。 ポケモンが交換されるときに踏んだ相手を「どく」「もうどく」にする。 撒き物系技の1つ。 一度ばら撒けば場に出てきたを次々に「どく」状態に、二度撒けば「もうどく」状態になる。 が元から効かないや浮いているに効果はない。 蓄積のは非常に優秀だが、効化するがあまりに多いのが難点。 の数が多い方がに出来る相手も多くなるため33より66で重宝する技。 どくびしを使った時点で場にいるはに出来ない。 また、どくびしを相手のどくタイプが踏むと除去されるので注意。 自分の体をドロドロにして打撃に強くなれる技。 あまりどくタイプらしくはない。 初代ではヘドロのとのがこの技を覚える。 で初登場した高性な積み技。 「ビルップ」「」「つめとぎ」の。 ・・といったもしくはそれに類する外見をもつが使える。 でのこの技にお世話になった人も多いはず。 ちなみに「塒を巻く」という言葉には「ある場所にを据えて動かなくなる」という意味もある。 命中率の上がった「にらみ」や「テール」といった技を軸に言葉通りに居座られる姿は、相手からすると面倒な事この上ない。 から追加された。 どくタイプの特殊の補。 それまでのどく技が最大でものヘドロこうげきであったため、名前て。 の発動率もと高めでヘドロばをギリギリで耐えられた!と思ったらどくに侵されてバタン…が期待できる。 で初登場。 ヘドロばより僅かに威が高いがには期待できない。 ・トリプルでは敵味方問わず攻撃する点で異なる。 味方はどくやはがねにするなど、味方巻き込み技の中では一工夫必要な技。 にちからずくの、に採用される。 で初登場。 威はと低めだが相手の特防を確実に2段階下げる。 純な補助技としても十分な2段階下げに加え、威までついているのでなかなかお得な効果である。 第5世代ではにが使いそのを底上げしていた。 で初登場。 類似の技に「くろ」があるが、こちらはついでにも与える。 積み崩しに優秀で、必中であるため回避を上げられても関係ない。 しかしに効かず、にも。 連続で出すと失敗しやすい。 で追加された。 「る」同様相手のあらゆる攻撃を筆ぎ、直接攻撃をしてきた相手に「どく」を与えることができる。 理屈の上では「る」の技であるが、他にまひやりを使用するがいる場合や、自分で「どくどく」を使いたい場合などはが邪魔になってしまう時もある。 直接攻撃を体とする相手には実質消費しで「どく」を与えることができ、その後はそのままこの技でを稼げるという自己した技であるが、非接触攻撃相手にはどくを付与出来ないため「どく」撒きをこのワザだけに頼ると安定しない。 からの新技のひとつ。 通常では使うに値しない威しかないが、相手がどく もうどく 状態だと一転、 を上回る威(一致で威1)の大技と化す。 どくびしと特に相性がいいが、どくタイプの相性的な貧弱さから通常はあまり使いやすいとはいえないが、第7世代になって登場したならば高いと、の相手に対して必ずに当たる「なし」を持つため、威1(一致)のワザとして使用できる。 どくタイプ攻撃技の2つ。 違いは威と命中率。 威重視なら、確実性重視ならどくづきを。 似たような性の他の技にべてどくづきはが、はの率が高めに設定されているが、これもどくタイプやどくの効果の弱さゆえなのであろうか。 第代ではの命中率も向上した。 そして実はで威を出せる技は意外と重である。 ではのが使用。 にを口説くのにどくづきして動けなくさせていた。 初登場は第四世代。 「どくタイプ版きりさく」といった性の技であり、率が高く、 オマケ程度ではあるがどくのもある。 のが使えば、思いがけない突破を生むことも。 ただ、素の威がなく、どく技自体弱点を突きづらいこともあり、対戦でのはいま一つ。 最終進化系 種族値表 タ イ プ 1 タ イ プ 2 H P 攻 撃 防 御 特 攻 特 防 素 合 計 くさ どく 5 むし どく 5 どく - 69 8 どく じめん 76 5 どく じめん 81 5 くさ どく 0 むし どく 0 くさ どく 0 みず どく 5 どく - () どく あく どく どく - 0 (ル) どく 0 むし どく 0 どく ひこう 5 みず どく 4 どく むし 3 どく - 4 どく - 8 くさ どく 5 どく あく 4 どく あく どく かくとう 86 0 むし どく 69 5 どく - 474 くさ どく 4 どく 4 どく みず 1 5 どく ほのお 111 1 4 いわ どく 47 0 どく 1 0 でんき どく 2 (「」 「」発動時) 1 5 5 均 禁止級・除く 78 4 どく くさ 5 むし どく 15 5 どく 0 均 禁止級除く・込み 76 78 1 どく 6 均(全て含む) 78 86 78 7• 各につき、最もの伸びがいいものを、伸びにくいものをで表してます。 均値は点以下を。 発見されているどくタイプのの最終系を均した場合、攻撃、特攻、特防が高めに設定されている感じがある。 とはいえ、ごとの向き不向きは他の以上に。 どくタイプだからが得意、とは中々断定できないだろう。 強いて傾向を見出すとすれば、やはり向けなが多い。 相性上は較的防御に優ているため 相手をどく状態にし、じわじわと追い詰めていくのがどくらしい戦い方かもね。 どくポケモン全表 図鑑別 No. ~ 002 003 013 014 015 0 024 029 0 0 0 033 0 0 042 043 0 0 0 069 0 0 0 0 0 0 0 0 No. 1~ 1 169 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- ~386 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- No. 3~3 6 4 4 1 2 3 4 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- No. 4~9 3 4 5 5 569 0 1 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- ~1 6 6 No. 2~9 747 7 7 3 3 4 ル No. どくタイプ.

次の

【ポケモンGO】GOロケット団のセリフ別使用ポケモン&オススメの対策パーティ

どく タイプ 弱点

他のについては を参照のこと。 や、にヘドロ…が触れるとを引き起こしそうなが勢ぞろい。 をもつとしてやの複合が多いほか、をにした非的なもいる。 のが図鑑でひたすら恐ろしく解説される傾向があるように、 どくタイプのはにおいてとにかく危険であることが解説されている。 「に つつまれると も 2びょうで たおれる。 「を す かふんを オニの ように ばらまく。 「あしあとに さわっただけで どくに おかされる。 …の達のが心配である。 または技が持つ「どくタイプ」と、 にがかかるの「どく」「もうどく」は別物。 のころはどくタイプの率が高く、の半数がどくタイプを併せ持っていた。 全種類中どくタイプはなんと33種類にも及んだ。 しかし以降で追加されたどくタイプは現時点で総計27種類とかなり少なめ。 初代当時は全の内がどくタイプだったが、は種類中69種類、割合にして8弱まで減らしている。 どくタイプを含むは発見されているだけで69種類。 その中でしないorを終えたは種類。 また、どくタイプのみのは16種類(うちしないorを終えたは6種類)。 ・が存在しない一のだったが、第七世代でが登場したことによりこののが全でそろうこととなった。 最後発のにすら後れを取ったのは性質上、向きの設定を作りにくかったからなのかもしれない。 「まどわし らせ どくを くらわせる…… まさに へんげんじざいあやしの わざ よ!」とあるが、どくタイプにはさせる技も眠らせる技もない。 わざのほとんどがどくかもうどくにする技で、その他は相手のを下げる技が多くを占めている。 ちなみに何のもない技も、相手がどくなら2倍の効果になると、新しく追加されたゲップのみである。 タイプ固有能力• の「どく」「もうどく」にならない。 を効にしないどくタイプが場に出たとき、自分の場にある「どくびし」を消し去る。 「どくどく」が必中になる。 の技はでやすいためそこまで脅威ではないが、のが弱点なのは厳しい。 耐性はどく単体で5つもある。 くさ技、むし技は以前は弱かったものの最近着々と強化されており有利に働く。 中でもなを半減できるのが最大の長所。 のに多いやでも弱点を突かれず、の技は怖いものの格闘と範囲が被るため採用率は低いことが理由。 このように耐性では優秀なで、特にに向く。 固で「どく」状態にならないのも一役かっている。 第代でへの耐性が追加され、その防御はさらに盤石になった。 反面、どく半減はどくタイプの攻撃技は一致でも僅かしか使われていなかったためあまり意味がなかった。 の大技である「」を覚えられるが多く、対策などの理由で採用率も高いため注意が必要。 それを効にする「」を持つやは相性の上では非常に優れている。 ばつぐんが2種類、いまひとつが4種類、こうかがないが1種類で耐性側がどが。 残念だが上は不利だらけといわざるを得ない。 初代ではにもばつぐんだったのだが、第代からは等倍になってしまった。 への攻撃も、自身が弱点が多いため他のの方が効率がいい有様であった。 しかし、第代から追加されたにばつぐんが取れるようになり、こちらはどく以外でははがねでないと弱点がつけないため、技を使う機会も増加しつつある。 どくタイプの攻撃技は第四世代までに追加された技全てがを持つ技となっている。 どくタイプの攻撃をで採用するより、を期待した補助的な的で使用されることが多いだろう。 第五世代からは条件下で強に作用する技が出てきた。 (第6世代以降)使用者が「毒タイプ」なら相手に必ず当たる。 まさにどくタイプを代表する補助技。 が相手をもうどく状態にしてまでねばったりするのに使われる。 自身がこのどくどくに弱い場合が多い。 が存在しほぼ全てが覚えられることからどくタイプに限らずに広く普及している。 使用者がどくタイプである必要は全くないためで使われることの方がかに多く、それを憂慮してか第代からはどくタイプのが使用すると必中になった。 相手がを掘ってもを飛んでも当たる。 一致どくどく使用時は「」と同じ効果になると考えて良い。 ポケモンが交換されるときに踏んだ相手を「どく」「もうどく」にする。 撒き物系技の1つ。 一度ばら撒けば場に出てきたを次々に「どく」状態に、二度撒けば「もうどく」状態になる。 が元から効かないや浮いているに効果はない。 蓄積のは非常に優秀だが、効化するがあまりに多いのが難点。 の数が多い方がに出来る相手も多くなるため33より66で重宝する技。 どくびしを使った時点で場にいるはに出来ない。 また、どくびしを相手のどくタイプが踏むと除去されるので注意。 自分の体をドロドロにして打撃に強くなれる技。 あまりどくタイプらしくはない。 初代ではヘドロのとのがこの技を覚える。 で初登場した高性な積み技。 「ビルップ」「」「つめとぎ」の。 ・・といったもしくはそれに類する外見をもつが使える。 でのこの技にお世話になった人も多いはず。 ちなみに「塒を巻く」という言葉には「ある場所にを据えて動かなくなる」という意味もある。 命中率の上がった「にらみ」や「テール」といった技を軸に言葉通りに居座られる姿は、相手からすると面倒な事この上ない。 から追加された。 どくタイプの特殊の補。 それまでのどく技が最大でものヘドロこうげきであったため、名前て。 の発動率もと高めでヘドロばをギリギリで耐えられた!と思ったらどくに侵されてバタン…が期待できる。 で初登場。 ヘドロばより僅かに威が高いがには期待できない。 ・トリプルでは敵味方問わず攻撃する点で異なる。 味方はどくやはがねにするなど、味方巻き込み技の中では一工夫必要な技。 にちからずくの、に採用される。 で初登場。 威はと低めだが相手の特防を確実に2段階下げる。 純な補助技としても十分な2段階下げに加え、威までついているのでなかなかお得な効果である。 第5世代ではにが使いそのを底上げしていた。 で初登場。 類似の技に「くろ」があるが、こちらはついでにも与える。 積み崩しに優秀で、必中であるため回避を上げられても関係ない。 しかしに効かず、にも。 連続で出すと失敗しやすい。 で追加された。 「る」同様相手のあらゆる攻撃を筆ぎ、直接攻撃をしてきた相手に「どく」を与えることができる。 理屈の上では「る」の技であるが、他にまひやりを使用するがいる場合や、自分で「どくどく」を使いたい場合などはが邪魔になってしまう時もある。 直接攻撃を体とする相手には実質消費しで「どく」を与えることができ、その後はそのままこの技でを稼げるという自己した技であるが、非接触攻撃相手にはどくを付与出来ないため「どく」撒きをこのワザだけに頼ると安定しない。 からの新技のひとつ。 通常では使うに値しない威しかないが、相手がどく もうどく 状態だと一転、 を上回る威(一致で威1)の大技と化す。 どくびしと特に相性がいいが、どくタイプの相性的な貧弱さから通常はあまり使いやすいとはいえないが、第7世代になって登場したならば高いと、の相手に対して必ずに当たる「なし」を持つため、威1(一致)のワザとして使用できる。 どくタイプ攻撃技の2つ。 違いは威と命中率。 威重視なら、確実性重視ならどくづきを。 似たような性の他の技にべてどくづきはが、はの率が高めに設定されているが、これもどくタイプやどくの効果の弱さゆえなのであろうか。 第代ではの命中率も向上した。 そして実はで威を出せる技は意外と重である。 ではのが使用。 にを口説くのにどくづきして動けなくさせていた。 初登場は第四世代。 「どくタイプ版きりさく」といった性の技であり、率が高く、 オマケ程度ではあるがどくのもある。 のが使えば、思いがけない突破を生むことも。 ただ、素の威がなく、どく技自体弱点を突きづらいこともあり、対戦でのはいま一つ。 最終進化系 種族値表 タ イ プ 1 タ イ プ 2 H P 攻 撃 防 御 特 攻 特 防 素 合 計 くさ どく 5 むし どく 5 どく - 69 8 どく じめん 76 5 どく じめん 81 5 くさ どく 0 むし どく 0 くさ どく 0 みず どく 5 どく - () どく あく どく どく - 0 (ル) どく 0 むし どく 0 どく ひこう 5 みず どく 4 どく むし 3 どく - 4 どく - 8 くさ どく 5 どく あく 4 どく あく どく かくとう 86 0 むし どく 69 5 どく - 474 くさ どく 4 どく 4 どく みず 1 5 どく ほのお 111 1 4 いわ どく 47 0 どく 1 0 でんき どく 2 (「」 「」発動時) 1 5 5 均 禁止級・除く 78 4 どく くさ 5 むし どく 15 5 どく 0 均 禁止級除く・込み 76 78 1 どく 6 均(全て含む) 78 86 78 7• 各につき、最もの伸びがいいものを、伸びにくいものをで表してます。 均値は点以下を。 発見されているどくタイプのの最終系を均した場合、攻撃、特攻、特防が高めに設定されている感じがある。 とはいえ、ごとの向き不向きは他の以上に。 どくタイプだからが得意、とは中々断定できないだろう。 強いて傾向を見出すとすれば、やはり向けなが多い。 相性上は較的防御に優ているため 相手をどく状態にし、じわじわと追い詰めていくのがどくらしい戦い方かもね。 どくポケモン全表 図鑑別 No. ~ 002 003 013 014 015 0 024 029 0 0 0 033 0 0 042 043 0 0 0 069 0 0 0 0 0 0 0 0 No. 1~ 1 169 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- ~386 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- No. 3~3 6 4 4 1 2 3 4 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- No. 4~9 3 4 5 5 569 0 1 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- ~1 6 6 No. 2~9 747 7 7 3 3 4 ル No. どくタイプ.

次の

【ポケモンGO】どくタイプの一覧表/弱点と相性

どく タイプ 弱点

各記号の意味は以下の通り。 4倍・いまひとつで0. 714倍・「無効」で0. 51倍となる。 タイプに関係なく様々なポケモンが持つ特性で、該当するポケモンはスカイバトルに参加できる (一部例外あり) 特性: もらいび ・・・ 炎タイプの技を無効化 (その以降、そのポケモンによる炎攻撃のダメージが1. 全てのタイプの対応した実が存在する 技: うちおとす ・・・ 岩タイプの攻撃。 この技を受けたポケモンには、地面攻撃が当たるようになる (「ふゆう」などにも有効) 技: でんじふゆう ・・・ 使ったポケモンには、地面タイプの技が無効になる (5ターン持続) 技: テレキネシス ・・・ この技を受けたポケモンには、ほとんどの技が命中率に関係なく必ず当たるようになる。 ただし、地面タイプの技は当たらなくなる (3ターン持続) 技: じゅうりょく ・・・ 場に出ている全てのポケモンの命中率が上がり、地面タイプの技が当たるようになる。 また、「そらをとぶ」などの技が使えなくなる (5ターン持続) 技: はねやすめ ・・・ HPを全体の半分だけ回復する技。 技を発動してからターン終了までの間、そのポケモンの持つ飛行タイプに対する相性が無効になる 技: ねをはる ・・・ 使うとそれ以降、毎ターンHPを回復。 地面タイプの技が本来無効なポケモンにも効くようになる 技: ミラクルアイ ・・・ 使うとそれ以降、相手の回避率アップが無視される。 ・タイプが2つあって、両方が弱点ならダメージは4倍になります。 ・逆に、両方のタイプが耐性を持っていれば、ダメージは4分の1になります。 ・片方のタイプが弱点で、片方のタイプに耐性があるなら、ダメージは等倍です。 ・片方のタイプが「効果なし」なら、もう片方のタイプに関係なく技は無効です。 ・あと、ご存知だと思いますが、そのポケモンの持つタイプの技だと威力が1. 5倍になります。 ・「ハロウィン」などの特殊な技で、一時的に所持タイプが2つよりも多くなることがありますが、この場合も全てのタイプの相性が掛け算されます(たぶん) ・一撃必殺技などダメージが固定な技は、技が無効化されるケースのみが適用されます。 ・炎タイプは「やけど」、毒タイプと鋼タイプは「毒(猛毒)」、氷タイプは「こおり」、電気タイプは「マヒ」の状態にならないため、それに関係する技や追加効果も無効化されます。 ・その他、技固有の仕様による例外もありますが、それについては気になったら調べてみてください(草タイプには「粉系」の技が効かない等) XYで追加された「フリーズドライ」「フライングプレス」など、例外的に相性ルールを変えてしまう技も存在するので注意。 ・初代にあった「とくしゅ」に分類されるタイプについては、今はもう不要なので無視しました。 ・「炎・草・水・電・地」などの有機的なタイプと、「普・闘・超・霊・悪」などの無機的なタイプを分けて考えるとわかりやすいかも。 有機タイプと無機タイプの間には相性関係がないとか、無機タイプの技は所有タイプに関わらずいろんなポケモンが覚えられるとか。 ・ 「四すくみ」については、面倒なので調べてませんw ・タイプ一致技で最も多くの弱点を突けるタイプは 「氷+格闘」 「氷+地面」 で、9つのタイプに対応できる。 ただし今のところ該当するのはマンムー系のみ。 ・弱点が1つだけになる複合タイプは 「普霊(悪)」 「水地(草)」 「毒悪(地)」 「虫鋼(炎)」 「霊悪(妖)」 (カッコ内は弱点)。 これも該当するポケモンは少ない。 ・最も耐性が多いのは 「普鋼」 「電鋼」 「霊鋼」 でそれぞれ12タイプ、最も弱点が多いのは 「草氷」 「草超」 「草悪」 「闘岩」 「超岩」 「岩悪」 でそれぞれ8タイプ。 ・「エスパー+ゴースト」は、弱点が複数あるのに2倍弱点がない(4倍弱点しかない)唯一の組み合わせとなる。 ・フェアリー以外にも、実際には 「大人の事情」で設定された相性もたくさんあるんだろうなぁ。 ・攻撃面で有利になる分、基本的には単タイプより複合タイプのほうが有利かな? 単タイプにも何か特別なメリットがあればいいんだけど。 ・単体タイプのポケモンを「草単」「水単」とか呼ぶのがポケモンファンの間に浸透してるみたい。 ・攻撃が跳ね返ってしまうとか、必ず一撃必殺になってしまう、とかいう相性関係があっても良かったかも?... いや、それは極端すぎるかw ・一撃必殺技は反則な感じもするので、こうかがいまひとつの相手にも効かない( or 半減する or 命中率ダウンする)ほうが良い気がしないこともない。 ・片方のタイプが効果なしでも、もう片方が弱点なら、半分ダメージっていうのもありかもしれない。 ・ トレーナーにもタイプを設定して、手持ちを全員そのタイプを持つポケモンにするとタイプ一致補正が1. 5倍よりも大きくなる、というのはどう? 他には、各タイプに設定されたスペシャル技を戦闘中に1回だけ使えるとか。 ジムリーダーが同じタイプばかり揃える理由も、こういうシステムがあれば納得できるし、悪くないと思う。 ・あとは、 全ての技を同じタイプで揃えると、何かアドバンテージが生じる、というのも良さそう。 これもタイプ一致補正が強化される、とか。 ・ 「炎+飛行」 対 「草+虫」 は、両方のタイプが完全弱点になる唯一の組み合わせだったりする。 ・タイプ一致補正が2. 0倍になってしまう特性「てきおうりょく」は反則な気がする。 「へんげんじざい」もズルい。 ・弱点が多いポケモン用に「効果が抜群な攻撃を受けると攻撃力が上がる特性」とかあったらいいのに。 ・「こうががいまひとつ」なら、一定確率で発動する技の追加効果が無効になる、っていうのも悪くない気がする。 ・技用にしか存在しないタイプ、があっても良いかもしれない。 ・自分のステータス等を変化させる技のタイプって、特に意味はないのかな?? ・弱点となるタイプが2つだと打たれ強そうだし、3つだと打たれ弱い感じがする。 この辺が微妙なとこだなぁ。。 ・もし、タイプ1と2が同じポケモンがいたら、それなりに強かったりして!? (二重にダメージ計算されるなら。 ただし弱点も4倍... ) ・タイプが2つあるポケモンでも、どちらかのタイプが主になることが暗黙の了解だから、 「ほのお」&「みず」のようにイメージが違いすぎる2つのタイプを持ったポケモンは登場しないってことかな? ・初代ポケモンでは、片方のタイプが弱点でもう片方に耐性がある場合、ダメージ時になぜか「ばつぐん」の効果音が出たりしたのが懐かしいw ・原則として、タイプが2つある場合の表記の順番はそのタイプの優先順位で決まるみたいだけど、一部例外もあるみたい。 ・タイプが新しく追加されたことで、既存のポケモンのタイプが突然変わるのって、一体どういうことだ!? ・フェアリータイプの正式発表前に「妖精タイプが追加されるのではないか」と予測してた人がいたらしい。 すごい! (ちなみに「音タイプが新登場」という説もあったとか無かったとかw) ・フェアリータイプの追加は、見た目の可愛いポケモンにバトルでの活躍の場を作りたい、という意図が少なからずあったと思う。 しかし、フェアリーに対抗できるのが毒や鋼だから、絵的にイマイチなポケモンもどんどん起用されてしまうというw ・フェアリータイプは毒状態のダメージが多めになる、とかあってもいいと思う。 これで不利なタイプでも一矢報いられるし、毒状態に火傷にはないメリットが生まれるし。 ・ノーマルタイプと他のタイプの複合は無くても良かった気がする(他のタイプとの区別化のため) ・ダブルバトルやトリプルバトルで、タイプの同じキャラが同時に場に出ることに何かメリットが欲しいところ。 ・ノーマルにゴーストが効かないのって、ノーマルに防御面でのメリットを何か用意したかっただけなんだと思うw ・ノーマルタイプか格闘タイプかは何を基準に決まるんだろうw ・ダメージ固定技もタイプ相性の影響を受けていいと思う。 「がむしゃら」とか反則だし... ・一般的な攻撃技でも、悪意を持って攻撃すると悪タイプになるのはなぜだろうw 「かみつく」は本来ノーマル技のはずなのに。 ・しかし今度は、マイナーなタイプの攻撃でしか弱点をつけないわりに、3つの主要タイプの弱点をつけるフェアリータイプが強すぎる気もw ただ、タイプとしては強くても、属するポケモンが弱めになっているのかもしれない。 何しろ妖精なんだから。 ・明らかに妖精じゃないのにフェアリータイプなポケモンがいないこともないw ・XY版相性表の発表前、フェアリーの弱点は毒は間違いないと思ってたけど、鋼は正直意外だった。 ・岩タイプは若干弱いイメージがあるので、フェアリー攻撃が岩タイプに普通に効いてしまうのは以外だった。 ・炎タイプがフェアリーに耐性を持つことには、何か制作サイドの深い意図がありそうだなぁ。 ・正直、炎がフェアリーに耐性があるのに、炎攻撃がフェアリーに効果抜群ではない理由付けがなかなか思いつかないw ・ついでに言うと、草とフェアリーにも何らかの相性関係がありそうな気がしてならない。 ・鋼タイプって、XYで守備的なタイプから一転して攻撃的なタイプになった感がある。 ・電気タイプは、なんといってもピカチュウがいるので存在感が大きい。 しかも新作が出る度にピカチュウ風の電気ポケモンが追加されてるようなw ・「でんじは」は地面タイプに効かないのに「さいみんじゅつ」は悪タイプに効くとか、そういうのがちょっとややこしい。 それによってタイプ設定の意味がなくなってる技もあるし。 技のもつイメージで覚えるしかないのかな? ・BWまでは「でんじは」でマヒする電気タイプのポケモンっていうのが妙な感じだったけど、XYでマヒしなくなったので解消。 ただ「しびれごな」なんかも効かないので、それはそれで違和感。 っていうかそれ以前に麻痺するほどの電磁波なんて恐ろしい!? ・タイプ名と同じ名前の「ゴースト」というポケモンがいるのは、よく考えるとなんか不思議。 ・ゴーストタイプには、なぜ岩や鋼などの物理攻撃が当たるんだろう...。 ・ゴースト以外で、タイプ相性により物理系の攻撃が効かない、っていうのがいまいちピンとこない。 とりあえず当たればダメージは与えられそうな気がw ・幽霊の弱点っていうのが、なんかイメージできない(強いて言えばエスパーな気がする) ・タイプ1「ノーマル」タイプ2「ゴースト」、コレ結構好きかも。 ・タイプ1「ゴースト」タイプ2「あく」は、フェアリー追加以前は弱点が無いから厄介だった。 フェアリーの追加はタイプ的に弱点が無くなるのを防ぐ意図もあったのかな? ・しかし、よく考えると悪攻撃と霊攻撃は性質が極めて近いので、攻撃面ではイマイチか。 ・XYの相性変更でも悪とゴーストが同じように変更されたけど、なぜこの2つのタイプを区別化しようとは思わなかったんだろう? ・管理人は、ゴースト攻撃はもともと鋼には等倍で通るべきだと思ってましたw だって幽霊は物体をすり抜けるし...。 悪はやっぱり効きにくいイメージがある。 ・「ゴースト+鋼」のポケモンが追加されると聞き、ゴーストタイプの弱点を鋼でうまくカバーできてると思ったら、見事にその部分の相性が変更されてしまうとはw ・格闘タイプがエスパー攻撃に弱いのは、筋肉バカなので超能力にかかりやすいから、という説も? ・「サンダー」に電気攻撃が普通に効くとか、なんかイメージに合わない。 ・特定のタイプの技を無効化できる特性によって、物理技でも吸収できてしまうのが不思議でならないw ・特性「もらいび」とかって、個体によってあったりなかったりするものなのかな!? ・特性「草食」だからと言って、ソーラービームを食べるのは無理でしょw ・実は、水棲の生物は熱に弱いかも!? ・火で毒を「消毒」できたりしないのだろうか。 それだと毒が弱すぎるのかなw ・「どくどく」は毒タイプ以外でも覚えられることが多いけど、体内のどこから猛毒物質を出すんだろう? ・水タイプに水攻撃って、逆に喜んだりして。 (そういう特性はあるけど) ・水辺にも岩は普通にあるから、岩は水に耐性があるような。 岩が水に弱いのは、水に沈んでしまうから?(ある方のご意見) ・実は、本当に純粋な水は電気を通しにくいらしい。 まあ、化学の世界の話だけど。 ・なんとなく、水攻撃は電気タイプによく効きそうな気がする。 ・地面攻撃が効くかどうかに影響する要素が多すぎる気がする。 ・地面攻撃に汎用性があるのは、飛行タイプ以外にも無効化する方法があることを考慮してのことなのかな? ・「地面属性」と「地面にいるモンスター」は、ちょっと違う気がw ・地面タイプは地球以外の星に行ったらどうなるの? 月なら月面だけどww ・飛行タイプは電気ではなく雷だけに弱いのでは? ・飛行タイプが有利なタイプのポケモンは大抵岩タイプの技を覚える、っていうのがなんか理不尽w ・地面タイプと岩タイプがカブっている気がする。 地面+岩だとダブル弱点のタイプが2つあるのが辛い。 ・4倍弱点も、そのタイプの技を誘っておいて、すぐに交代して特性で吸収、みたいなこともできるので必ずしもデメリットとは言えないのが面白い。 ・浮遊特性(=地面攻撃無効)と飛行属性をたまに混同してしまうw ・電気タイプだけが、弱点が1つしかなく自身のタイプで弱点を突くこともできる。 なんか優遇されてる? ・唯一弱点が無い、電気タイプ+浮遊特性はズルいと思う。 ・電気+氷は攻撃面での相性補完が素晴らしい。 ・草タイプと岩タイプは弱点が多すぎw ・草の打撃技を炎タイプに当てるのは、かなり危険なのでは? 燃え移りそうw ・草タイプに水攻撃って、場合によっては成長させてしまう? ・炎に氷攻撃は、温度の低下により燃焼に支障をきたすかも。 ・物理系の水攻撃って、氷タイプになってしまうのでは?! ・水タイプに氷技を使うと、凍ってしまって効果抜群になりそう!? ・っていうか水攻撃って、氷に対して効果があるのかな?? ・「ねっとう」は絶対氷タイプに効くと思う。 というか、あらゆるタイプに有効な気がするw ・「ぜったいれいど」は、氷タイプには絶対効かないと思うw ・こおり状態になっても相性には全く影響しないフシギ。 その後の氷攻撃のダメージは等倍でいいのかな? ・こおり状態が炎攻撃で治るなら、やけど状態も水攻撃で治せたらいいのに。 ・明らかに水棲のポケモンが陸上でどうやって戦うのかが謎w ・飛行タイプは風タイプでもあるのかもしれない。 風攻撃なら炎タイプに効きそう。 ・飛行タイプって、弱点の攻撃をされた時に飛んでいなければ問題ないのでは? ・飛行タイプ単体だと、相性的には「飛行+電気」が完全上位になってしまうから、なんか虚しい。 ・そういえば「はねやすめ」を飛行単体のポケモンが使ったらどうなるんだろうw ・「うちおとす」で地面に落ちても飛行タイプの弱点はそのままなのはナゼ!? ・というか飛行タイプって、その気になればほとんどの攻撃を避けられそうな気がする。 ・飛行タイプだけど、あんまり飛べそうにないポケモンもいたりする。 ・空からの攻撃は、地面タイプなら地中に潜って避けられるかも? ・氷や岩が割れるのは、打撃技全般が当てはまる気がする。 ・というか、氷は割れても、氷モンスターは割れないはずだけど。。 ・エスパーが毒に強いという不可解な関係が、バランス崩しになる一因だったなぁ^^; ・フェアリー追加以前は毒タイプのメリットって少なかったよなぁ...。 格闘対策ってことなら、せめて攻撃も効果が抜群なら毒ポケモンにももっと出番があったのに。 ・岩には効いて鋼には効かないという不思議がいくつか。 ・アニメでは、相性が悪い相手にノーマル技で強引に対抗して倒してしまうシーンが多い気がするけど、気のせい? w ・アニメ版の演出を見る限り、「いわおとし」は空中に岩を出現させる技らしい。 これって「岩」じゃなくて「エスパー」技じゃない?! ・アニメでピカチュウが電気技をサイドンの角に当てて倒してしまったのは、さすがに設定壊しすぎw ・岩タイプや鋼タイプの特殊技って、考えるのが難しかったと思うw ・草タイプと虫タイプもカブっている気がしてならない。 ・エスパーは虫で気が散って超能力に集中できない、という説もあるが、それは攻撃側の話だよなぁ。。 ・エスパーへのゴースト攻撃は、初代は設計ミスで効果があったとかなかったとか。 ・初代最強ポケモンのミュウツーがエスパータイプってことは、開発時からエスパーがバランス崩しってことがわかってたのかな? ・「格闘+悪」対「エスパー+悪」だと、前者のほうが有利になるっていうのが、なんか不思議だ。 ・岩、氷、鋼は「固体タイプ御三家」と言ったところか。 ・岩タイプや鋼タイプに「噛みつく」が普通に効いてしまうのが妙。 攻撃した方もダメージを受けちゃいそうだけどw ・岩+鋼は相性が重なる部分が多くて、それはそれで面白い。 ・鋼に電気が普通に効くのはある程度電気を通すから? 水はなぜだろう? ・「はがねタイプ」より「メカタイプ」のほうがしっくりくるかな? ポケモンにもよるけど。 しかもフェアリーが相手だと完全不利になってしまうというのは、なんかドラゴンらしくない。 ・ドラゴンタイプの攻撃は、以前は相性的にはノーマルタイプの完全上位互換だった。 フェアリーの追加で一気に崩れたけど。 ・XY発売前のアナウンスでは「強かったドラゴンに対抗できるフェアリータイプ」的な言い方だったけど、どちらかといえば格闘に強いことのほうが大事な気もしなくもない。 ・タイプ変更により、ピッピ等が突然格闘攻撃に耐性を持つようになったのはどういうことなのか、誰か説明してほしいw ・正統派な伝説のポケモン「ノーマル+ドラゴン」を見てみたい。 タイプ的には優秀とは言えないが...。 ・ドラゴン攻撃が無効化されるケースができたことだし、そろそろ「竜の一撃必殺技」も追加されればいいのに。 (できれば命中5割くらいで、っておいw) ・タイプ一致技だけで全てのポケモンに等倍以上のダメージを与えられるタイプは存在しない(フェアリータイプがなければ「炎+ドラゴン」のみ該当) ・妖精って、戦闘シーンに出てくるイメージがあんまりない。 ・見た目だけだとタイプが全く想像できないポケモンがたまにいる(ゴルーグとかw) ・また、「はがねのつばさ」「せいなるつるぎ」のように、何タイプなのかわかりにくい技がたまにあるw ・「ゲノセクト」は、虫の形をしてるだけで虫タイプになってしまったのかな!? (改造された説あり。 っていうかどこまで人の手が加えられたらポケモンじゃなくなるんだろう??) ・ゴーストタイプのポケモンって、生きてるの? 死んでるの? ・ゲンガーは悪ゴーストにしか見えないけど、第一世代では悪タイプが無かったから仕方ない。 知ってました? ・もし岩タイプのポケモンを進化させるアイテムがあるなら「何のいし」になるんだろw ・進化することでタイプが消えるポケモンを一度見てみたい。 (追記: キレイハナがいましたw) ・2回進化するポケモンで、1回目も2回目もタイプが変化するのはいないのかな? ・水ポケモンが進化して氷ポケモンに、なんてことはないのかなぁ。 ・水ポケモン以外が水上でバトルできるのかが疑問。 スカイバトルよりも、まずは水上バトルを作るべきだったのでは!? ・飛行タイプや明らかに飛んでいるのにスカイバトルに参加できないポケモンが可哀想すぎるw ・スカイバトルって、飛行に有利なタイプを持つポケモンはちょっと反則? ・たまには、相手のポケモンのタイプを知らずに効果がない技を使ってしまうCOMトレーナーがいてもいいと思う ・初代ポケモンの最初の3匹の選択では、ライバルがこちらが選んだポケモンに有利なタイプのを選んでくるけど、あれってほとんど意味なかったw 御三家を最後まで使う人少ないから... ・というか、御三家のタイプが「炎・草・水」であることにこだわる必要ってあるのかな? ・対となる伝説のポケモンの片方がもう片方に対してタイプ的に有利、っていうのはちょっと違和感がある。 ゼルネアスは草妖精ならイベルタルとの関係がしっくりくるのに。 ・もう新しいタイプが追加されたり相性の設定が変更されることはないのかなぁ。 今後も「変えてほしい」というファンの声はありそう。 ・個人的には、タイプを追加しても既存の相性の変更はしないでほしかった。 頭の中の相性表を修正するのに時間がかかるからw (BW系も現役だし) ・個体によって強さが違うポケモンがいるのなら、タイプが違うポケモンがいてもいいと思う。 あとは、季節や曜日によってタイプが変わったりするのも面白そう。 対戦では使いにくいかもだけどw ・一番あり得ないタイプの組み合わせは「じめん」&「ひこう」かな?... と思ったらいるんかいっ!(グライガーとか) じゃあ、「炎&氷」とか「電気&毒」とか「虫&ドラゴン」とかw って、いくらでもありそう!? ・タイプの組み合わせは全324種類。 いずれは、明らかにあり得ない組み合わせを除く全ての複合タイプのポケモンが登場するのかな? ・「無属性ポケモン」がいてもいいかもしれない。 ノーマルとの区別化が必要だけど。 ・カードゲーム版のタイプ相性って、本編とは違い過ぎると思うw 無理やりタイプが統合されてるからなぁ。 ・対戦アクションゲーム「スマブラX」に登場するポケモンにもタイプ相性の概念があることは、あまり知られていない。

次の