中田 絵里奈 ブログ。 モデルの中田絵里奈が空間プロデュース、ライフスタイル提案型ネイルサロンの1号店オープン

【画像・写真】中田絵里奈ちゃん&160センチの旦那

中田 絵里奈 ブログ

スポンサーリンク アイキャッチ画像は非常に大事である アイキャッチ画像とは記事の先頭に表示される画像のことで、はてなブックマークで表示されるサムネイル画像としても使用しているか方が多いと思います。 このアイキャッチ画像は人の目を引いて記事を読みに来られた方を引き込む効果があり、アイキャッチ画像1つで「記事が良いか悪いか」を判断され、記事を読まれるかどうかが決まります。 「メラビアンの法則」ブログの第一印象は3秒で決まる 人は見かけで判断をするという「メラビアンの法則」をご存知でしょうか? アメリカの心理学者アルバート・メラビアン(1939年~)は言語によるメッセージと非言語メッセージを比較してどちらが重要かを調査し、様々な人間の感情やコミュニケーションに関する研究を行っています。 アルバート・メラビアンの実験により、人の心理というのは話の内容よりも見た目が心理的に及ぼす影響が強いことを示しています。 「メラビアンの法則」はブログでも当てはまり、記事を見に来た方が記事の先頭に表示されるアイキャッチ画像を見て「お!面白そう」と興味を持つかどうかがでそのあとに読まれる記事の印象が変わってきます。 極端に言えば、アイキャッチ画像一つで記事の評価が変わるということです。 著作権を意識してフリー素材の写真を掲載する アイキャッチ画像を掲載する際に良い写真や魅力的な画像を使いたいわけですが、ブログに写真や画像を掲載する場合、みなさんはどのようにして用意されていますか? 著作権の問題を考えれば一番良いのは自分の足で撮影した写真を利用することです。 例えば旅行に行ったことを記事にしたり、新発売のカップ麺のレビューをするといった時はスマホで撮影した写真などをブログに掲載するといった使い方をするかと思います。 しかし、こういった写真ではなく、インターネット上にある写真を使ったりしたことはないですか? 世の中にはフリーで使える写真や画像があるので、規約を守り使用することには問題がありませんが、著作権フリーではない写真を使うといった著作権法に抵触するようなことは避けなければなりません。 私はそうした問題を避けるため、自分で撮影した写真以外をブログの記事に掲載する際は以下の3つのWebサービスを利用しています。 スポンサーリンク 自分で撮影した写真でも個人情報が特定されないように工夫する フリー素材ではなく自分で撮影した写真を使う場合でも気を付けて使用する必要があります。 例えば、観光地に行ったことを記事として書く場合に使用する写真は、個人情報が特定されないように自分自身や私物が写っていない写真を使用します。 また、第三者が写っている場合でも個人が特定されるような写真の使用は避けています。 このように個人で撮影した写真をブログで使用する際に、どこまで気を付ければいいのか線引きは難しいですが、 写真にブログ運営者個人を特定するものが写り込んでいて、匿名で行っているはずのブログ運営が誰かにばれてしまうということは避けなければなりません。 私は過去に同僚がブログ運営を行っていることを記事の写真から偶然特定してしまったことがあります。 詳細は以下の記事で触れています。 ブログ運営は匿名で行っている方が大半だと思いますが、そうした苦労が写真一枚で水泡に帰すということが起こり得ます。 また、誰かにばれると些細なきっかけから会社に知られることとなり、副業がばれるということに繋がりかねません。 会社が副業禁止の場合は処罰されることもある為、自分が撮った写真の使用は最新の注意を払って使用することをお勧めいたします。 スポンサーリンク ブログで掲載するための最適な解像度について ブログに掲載する画像サイズはブログのテーマにもよりますが、ある一定以上の解像度があったとしても見え方が同じということがあります。 そして以下の画像の解像度は 760x428 pixelです。 あれ?解像度が違うのに何で同じサイズに見えるの? このように不思議に思うのではないでしょうか。 これはブログのテーマにより表示される最大サイズが異なるので一概に言えませんが、私が使用しているブログのテーマ「Brooklyn」では 記事の最大幅が760 pixelである為、760 pixcel以上の写真を掲載したとしても、縮小されて表示されます。 縮小されるといっても 「表示が縮小されるだけ」なのでデータ容量はそのままなので、大きな画像を掲載した場合は、それだけ表示速度が落ちるため、ユーザーエクスペリエンスが低下します。 *ユーザーエクスペリエンスとは「ユーザーが得る体験や経験、ユーザーの利便性」 あなたが通勤中にwebサイトをスマホで見ていたとして、開くのに時間がかかるwebサイトがあった場合どうしますか? 余程読みたい記事ならロードされるのを待ちますが、 ロードに時間がかかるのを嫌って開くのを止めたりしませんか? 写真や画像を掲載する際に無駄な容量を生まないようにブログ運営をすることは、読者にとって快適なブラウジングに繋がり、その結果記事が読まれやすくなるという双方にメリットがあるわけです。 そういった記事ではフルHD(1920x1080)の写真が何枚も掲載されているようなケースがあり、ブログで表示される見た目のサイズを遥かに上回るサイズのデータをロードしなければいけません。 スポンサーリンク 精度を必要としない写真は圧縮してしまおう 画像のデータ容量は画像サイズが同じでも圧縮形式によってデータ容量が異なります。 もちろん圧縮幅が小さいほど画質がきれいなわけですが、不必要に高精細な画像はそれだけでロードに時間がかかる為、ロードを嫌ってページを開くのを止めてしまうユーザーが出てきます。 圧縮形式はいろいろあるのですが、私は扱いやすく汎用的なフォーマットの一つである「. jepg」を使用しています。 jepg」でも低圧縮から高圧縮まであり、圧縮率で容量が大きく異なります。 以下の画像は 低圧縮での「. jpeg」形式の画像ですが、 容量は321Kbyteあります。 そして、以下の画像は 高圧縮の「. よく見れば画質が荒いことがわかるのですが、容量に5倍もの差があるようには思えません。 私は画質の精度を必要としない画像については可能な限り高圧縮のjpeg画像を使用して、記事を見に来ていただけた方にストレスを感じさせないようにロード時間をできるだけ短縮するように心がけています。 jpeg画像でオンラインイン上で圧縮してくれるwebサービス jpeg画像を用意される環境が無いという方にお勧めのwebサービスがあります。 圧縮が完了したファイルは、各サムネイルから個別にダウンロードするか、ZIP形式でまとめてダウンロードが出来ます。 画像にキャプションを付けて検索されやすいようにする ブログの記事に写真や画像を掲載する際に 「キャプション」を付けると、検索される際に画像に詳細情報が設定されている為有利になります。 キャプションの付け方は簡単で、画像を掲載する際に「張り付け時に詳細を設定する」にチェックを入れて「選択した写真を張り付ける」を押します。 「写真の詳細設定」で画像にキャプションを設定して最後に「記事編集画面に張り付ける」を選択するだけです。 はてなブログの基本的な機能でキャプションを設定できるので、一度お試ししてみてはいかがでしょうか。 スポンサーリンク 最後に ここまで私がブログ運営で画像や写真を掲載する際に行っているテクニックや気をつけている点についてお話ししてきました。 ブログは基本的に文字ベースのメディアですが、 写真や画像を掲載することで読者の目を引く効果や正確に情報が伝えることが出来るため、多くの方が多用しています。 写真を使用する際は著作権の問題が無いように気を付けて、また第三者を特定できるような情報を避けて、ブログ運営を匿名で行っているのならば個人情報が特定されないようにも気を付ける必要があります。 その他、ブログの記事として最適な解像度と最適な圧縮率を意識することが重要で、ロード時間を可能な限り減らすことは、ブログ運営においても読者にとってもメリットとなります。 ブログに写真や画像を掲載する際はこのようなことを意識しておくと、円滑に運営ができるので是非ご参考ください。

次の

中田絵里奈・旦那の写真や妊娠・不妊の真相は。暴露をしないブランド力

中田 絵里奈 ブログ

スポンサーリンク アイキャッチ画像は非常に大事である アイキャッチ画像とは記事の先頭に表示される画像のことで、はてなブックマークで表示されるサムネイル画像としても使用しているか方が多いと思います。 このアイキャッチ画像は人の目を引いて記事を読みに来られた方を引き込む効果があり、アイキャッチ画像1つで「記事が良いか悪いか」を判断され、記事を読まれるかどうかが決まります。 「メラビアンの法則」ブログの第一印象は3秒で決まる 人は見かけで判断をするという「メラビアンの法則」をご存知でしょうか? アメリカの心理学者アルバート・メラビアン(1939年~)は言語によるメッセージと非言語メッセージを比較してどちらが重要かを調査し、様々な人間の感情やコミュニケーションに関する研究を行っています。 アルバート・メラビアンの実験により、人の心理というのは話の内容よりも見た目が心理的に及ぼす影響が強いことを示しています。 「メラビアンの法則」はブログでも当てはまり、記事を見に来た方が記事の先頭に表示されるアイキャッチ画像を見て「お!面白そう」と興味を持つかどうかがでそのあとに読まれる記事の印象が変わってきます。 極端に言えば、アイキャッチ画像一つで記事の評価が変わるということです。 著作権を意識してフリー素材の写真を掲載する アイキャッチ画像を掲載する際に良い写真や魅力的な画像を使いたいわけですが、ブログに写真や画像を掲載する場合、みなさんはどのようにして用意されていますか? 著作権の問題を考えれば一番良いのは自分の足で撮影した写真を利用することです。 例えば旅行に行ったことを記事にしたり、新発売のカップ麺のレビューをするといった時はスマホで撮影した写真などをブログに掲載するといった使い方をするかと思います。 しかし、こういった写真ではなく、インターネット上にある写真を使ったりしたことはないですか? 世の中にはフリーで使える写真や画像があるので、規約を守り使用することには問題がありませんが、著作権フリーではない写真を使うといった著作権法に抵触するようなことは避けなければなりません。 私はそうした問題を避けるため、自分で撮影した写真以外をブログの記事に掲載する際は以下の3つのWebサービスを利用しています。 スポンサーリンク 自分で撮影した写真でも個人情報が特定されないように工夫する フリー素材ではなく自分で撮影した写真を使う場合でも気を付けて使用する必要があります。 例えば、観光地に行ったことを記事として書く場合に使用する写真は、個人情報が特定されないように自分自身や私物が写っていない写真を使用します。 また、第三者が写っている場合でも個人が特定されるような写真の使用は避けています。 このように個人で撮影した写真をブログで使用する際に、どこまで気を付ければいいのか線引きは難しいですが、 写真にブログ運営者個人を特定するものが写り込んでいて、匿名で行っているはずのブログ運営が誰かにばれてしまうということは避けなければなりません。 私は過去に同僚がブログ運営を行っていることを記事の写真から偶然特定してしまったことがあります。 詳細は以下の記事で触れています。 ブログ運営は匿名で行っている方が大半だと思いますが、そうした苦労が写真一枚で水泡に帰すということが起こり得ます。 また、誰かにばれると些細なきっかけから会社に知られることとなり、副業がばれるということに繋がりかねません。 会社が副業禁止の場合は処罰されることもある為、自分が撮った写真の使用は最新の注意を払って使用することをお勧めいたします。 スポンサーリンク ブログで掲載するための最適な解像度について ブログに掲載する画像サイズはブログのテーマにもよりますが、ある一定以上の解像度があったとしても見え方が同じということがあります。 そして以下の画像の解像度は 760x428 pixelです。 あれ?解像度が違うのに何で同じサイズに見えるの? このように不思議に思うのではないでしょうか。 これはブログのテーマにより表示される最大サイズが異なるので一概に言えませんが、私が使用しているブログのテーマ「Brooklyn」では 記事の最大幅が760 pixelである為、760 pixcel以上の写真を掲載したとしても、縮小されて表示されます。 縮小されるといっても 「表示が縮小されるだけ」なのでデータ容量はそのままなので、大きな画像を掲載した場合は、それだけ表示速度が落ちるため、ユーザーエクスペリエンスが低下します。 *ユーザーエクスペリエンスとは「ユーザーが得る体験や経験、ユーザーの利便性」 あなたが通勤中にwebサイトをスマホで見ていたとして、開くのに時間がかかるwebサイトがあった場合どうしますか? 余程読みたい記事ならロードされるのを待ちますが、 ロードに時間がかかるのを嫌って開くのを止めたりしませんか? 写真や画像を掲載する際に無駄な容量を生まないようにブログ運営をすることは、読者にとって快適なブラウジングに繋がり、その結果記事が読まれやすくなるという双方にメリットがあるわけです。 そういった記事ではフルHD(1920x1080)の写真が何枚も掲載されているようなケースがあり、ブログで表示される見た目のサイズを遥かに上回るサイズのデータをロードしなければいけません。 スポンサーリンク 精度を必要としない写真は圧縮してしまおう 画像のデータ容量は画像サイズが同じでも圧縮形式によってデータ容量が異なります。 もちろん圧縮幅が小さいほど画質がきれいなわけですが、不必要に高精細な画像はそれだけでロードに時間がかかる為、ロードを嫌ってページを開くのを止めてしまうユーザーが出てきます。 圧縮形式はいろいろあるのですが、私は扱いやすく汎用的なフォーマットの一つである「. jepg」を使用しています。 jepg」でも低圧縮から高圧縮まであり、圧縮率で容量が大きく異なります。 以下の画像は 低圧縮での「. jpeg」形式の画像ですが、 容量は321Kbyteあります。 そして、以下の画像は 高圧縮の「. よく見れば画質が荒いことがわかるのですが、容量に5倍もの差があるようには思えません。 私は画質の精度を必要としない画像については可能な限り高圧縮のjpeg画像を使用して、記事を見に来ていただけた方にストレスを感じさせないようにロード時間をできるだけ短縮するように心がけています。 jpeg画像でオンラインイン上で圧縮してくれるwebサービス jpeg画像を用意される環境が無いという方にお勧めのwebサービスがあります。 圧縮が完了したファイルは、各サムネイルから個別にダウンロードするか、ZIP形式でまとめてダウンロードが出来ます。 画像にキャプションを付けて検索されやすいようにする ブログの記事に写真や画像を掲載する際に 「キャプション」を付けると、検索される際に画像に詳細情報が設定されている為有利になります。 キャプションの付け方は簡単で、画像を掲載する際に「張り付け時に詳細を設定する」にチェックを入れて「選択した写真を張り付ける」を押します。 「写真の詳細設定」で画像にキャプションを設定して最後に「記事編集画面に張り付ける」を選択するだけです。 はてなブログの基本的な機能でキャプションを設定できるので、一度お試ししてみてはいかがでしょうか。 スポンサーリンク 最後に ここまで私がブログ運営で画像や写真を掲載する際に行っているテクニックや気をつけている点についてお話ししてきました。 ブログは基本的に文字ベースのメディアですが、 写真や画像を掲載することで読者の目を引く効果や正確に情報が伝えることが出来るため、多くの方が多用しています。 写真を使用する際は著作権の問題が無いように気を付けて、また第三者を特定できるような情報を避けて、ブログ運営を匿名で行っているのならば個人情報が特定されないようにも気を付ける必要があります。 その他、ブログの記事として最適な解像度と最適な圧縮率を意識することが重要で、ロード時間を可能な限り減らすことは、ブログ運営においても読者にとってもメリットとなります。 ブログに写真や画像を掲載する際はこのようなことを意識しておくと、円滑に運営ができるので是非ご参考ください。

次の

写真ブログを始めてみよう

中田 絵里奈 ブログ

- 先ず目を見張ったのが、中田絵里奈さんの最終学歴。 青山学院大学卒業 つう。 しかも OLとしても働きながらモデルをされていた時期もあったとかなんとか。 ということは、あの雰囲気は全て緻密な計算に基づき導かれた 腹黒 すーぱーコーデ。 あいや冗談です。 なのでご自身の愛称という感じではないかと。 まあ中田絵里奈さんのプロフについて、本記事ではそこまで重要でないのでサラッとね。 して、本題の中田絵里奈さんの旦那さんの写真・・ 遂に見つけちゃいましたよウフフ。 証拠は?証拠をもってこい! 文字数増やすために以下ご説明していきます。 ズバリ 中田絵里奈さんの大学時代の彼氏 =旦那様 だからっす。 html 付き合ってから10年ということは 「大学時代からお付き合いされていた男性=旦那である」ということが裏付けできます。 また、2009年3月26日に中田絵里奈さんのexciteブログ内で、大学卒業の旨を記載しております。 excite. お美しいですね。 肌襦袢姿を想像し して先ほどご紹介した画像をご覧いただくと、中田絵里奈さんが同じ着物で男性と映っていますよね。 その男性こそまさに 中田絵里奈さんの彼氏=旦那様でしょう。 復習を兼ね、もう一度載せておきます。 因みにもう一つの画像は、原宿でモデル撮影をされた際に載せていた一枚で、この時は「記念に彼氏さんと一緒に撮影してもらった」と僕は踏んでいます。 ブログ内では「彼氏」とは書かれてはおりませんでした。 が、上の卒業画像の男性と背格好やお顔が 酷似しているため同一人物と断定します。 それに違うオトコの人と一緒な画像、何度もプライベートに近いブログに載せないでしょ。 流石にイケメン。 しかも青学卒。 イケメンハイスペックという新人類に、どうしたらジェラシーを抱かず接触できるのか。 (今後の僕の人間としての課題の1つ) 中田絵里奈さんの旦那様の写真は特定出来たのですが、やはりお名前については一般男性のため公表はされておりません。 いえ、分かっても公表いたしません。

次の